【最新記事:2022.9.23】「亀戸天神社」は東の太宰府天満宮、菅原道真公の御神徳を!【東京・江東区】

戦国ファン注目!行田に「石田堤」という忍城水攻めの遺構があるぞ!【埼玉】

戦国ファン注目!行田に「石田堤」という忍城水攻めの遺構があるぞ!【埼玉】

現在の埼玉県行田市に忍城がありました。「石田堤」は戦国武将・石田三成がこの忍城を水攻めする為に広大な範囲に作った堤防のことです。水攻めについては映画「のぼうの城」の中でも紹介されました。

でも、実際のところ伝説の堤防はどんなもんだったの?現在残っている石田堤の遺構を訪ねて歩き、当時造られた堤の姿に思いを馳せてみます。

『石田堤とは』

戦国時代から江戸時代にかけて、現在の埼玉県行田市に忍城(おしじょう)という城がありました。

忍城は室町時代に成田氏によって築城されたといわれ、利根川や荒川などの自然の防御を利した造りの城でした。

戦国時代後期の天正17年(1589年)、豊臣秀吉は天下統一のために小田原城の後北条氏と、関東の支城を攻撃する「小田原征伐」を実施。後北条氏方についていた忍城も石田三成率いる豊臣軍の兵に攻め入られました。

天正18年(1590年)、石田三成は忍城周囲の広大な範囲に大堤防を築き、利根川・荒川から水を引き城を水攻めにしました

しかし、忍城はこの水攻めで落城しませんでした。 忍城はそこから「浮き城」と呼ばれ、堤防は後世には石田堤と呼ばれました。この話は映画「のぼうの城」に取り上げられ、良く知られるものとなりました。

そんな石田堤の遺構が、埼玉県の行田市と鴻巣市の境目あたりに残っているということで訪ねてみました。

『石田堤歴史の広場・石田堤の並木』

石田堤歴史の広場について

行田市 石田堤歴史の広場

私の車の古いカーナビにはドンピシャの住所が載っておらず心もとなかったが、なんとか石田堤見学者用駐車場の看板を見つけられました。ほっ!。ちょっと街から外れた場所にあります。

こちらは行田市「石田堤歴史の広場」で、282mの石田堤の遺構が残っており埼玉県指定史跡になっています。住所も堤根というそれっぽい地名ですな。

また、この先南側の忍川(おしかわ)を越えた鴻巣市に入った所には、更に300mの遺構が残っています(後述)。

石田堤歴史の広場は、地元で「石田堤を守る会」が結成されており、除草・清掃等の保存活動がされているそうです。ありがたいですね!

石田堤の遺構について

行田市 石田堤歴史の広場

写真右側の石碑は江戸時代末期に造られた石田堤碑です。

石田堤歴史の広場の説明看板は概要記載が客観的で、分かり易かった。特に、堤の規模については興味深い。

  • 石田堤の規模推定について
  • ■ 大正2年(1913年)に地元の郷土史家・清水雪翁(せつおう)氏が実地調査と地形や言い伝えから、約14kmの堤を推定復元したとあります。これが一つ、スタンダードになる調査結果の様です。
  • ■ 全長を28kmとする説(これ、一般に良くいわれる規模)。
  • ■ 自然堤防を利用しており、実際に築いたのは4km程度(これまた小規模。。。)。

という具合に、諸説あるようです。

そして構築においては、地点ごとの地形に合わせた方法が採られていたそうです。この地域には古墳が点在しており、それを取り崩した土なども利用されたみたい。文化財が。。。

ちなみに、石田堤歴史の広場があるこのあたりは、古墳時代・奈良~平安時代・中世の集落遺跡でもあるそうですよ。

行田市 石田堤歴史の広場

築堤期間ですが、一説では石田三成は堤を僅か5日間で築いたと云われれます。

ただし、忍城攻めが始まって約一ヶ月後、堤の補強実施がされていたのが資料により判明しているとのこと。突貫工事の後、補強しながら完成させた様子ですね。

築堤の実際としては、自然堤防や高台を巧みにつなぎ合わせたものだった模様。ここに残っている堤も、自然堤防上に1~2m程盛土をしたものだったそうです。なるほどね。

「石田堤の並木」 江戸時代に松並木を形成

行田市 石田堤歴史の広場

石田堤の遺構は松が植えられた並木道となっていて、街道っぽい景観が続いています。

堤は忍城の開城をもってその役割を終えましたが、この地域では壊されずに残されました。

その後、江戸時代には堤の上に黒松が植えられ、館林道という街道沿いの松並木として活用されたそうです。

ここは石田堤の並木として市指定文化財になっていますが、実は現在残っている松は主に昭和40年代に補植されたものだそうです。

アクセス

石田堤歴史の広場
住所:埼玉県行田市堤根1251(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・JR高崎線「北鴻巣駅」東口から鴻巣市コミュニティバス フラワー号乗車で5分、吹上コース「袋」バス停下車、徒歩15分
・JR高崎線「吹上駅」北口から鴻巣市コミュニティバス フラワー号乗車で15分、「袋」バス停下車、徒歩15分
*「フラワー号」時刻表(鴻巣市)
・JR高崎線「吹上駅」東口から徒歩で約40分(約2.9km)
・JR高崎線「北鴻巣駅」東口から徒歩で約45分(約3.4km)
車)
・駐車場あり

『堀切橋』 堤が決壊した場所

石田堤の並木に沿って南に歩いてみます。

写真は歴史の広場から続く堤のヘリの辺りで 、その先は忍川という元荒川支流の一級河川が流れます。

この辺は水を堰き止めるにはちょっと低い堤に見えるが、どうなんでしょう?

行田市 堀切橋

忍川に架かる「堀切橋」は、ちょっとレトロな感じの柱がアクセントになってます。

ここは埼玉県の土木遺跡に指定されており、その解説ボードがあります。

行田市 堀切橋

竣工は昭和8年で、県内で8ヶ所目の土木学会選奨土木遺産。親柱頂部に尖頭半球が施されているのが特徴。

そして。。。石田三成が忍城を水攻めにした際、この付近で石田堤が破堤したことが堀切橋の名の由来とあります。

堤の決壊は水攻め失敗の一因とされ、石田勢にダメージを与えたといわれます。この辺りがそのトラブル発生地点だったんですねー。

『石田堤史跡公園』

「石田堤史跡公園について」

鴻巣市 石田堤史跡公園

堀切橋を越えると、今度は鴻巣市側の「石田堤史跡公園」があります。

公園はいくつかのゾーンに分かれていて「シンボルモニュメントゾーン」、その南側に「堤修復ゾーン」、北側に「堤跡保全ゾーン」「広場活用ゾーン」があります。

結構きちんと歴史公園として整備されているっぽいですね!市街地からちょっと離れているので、やはり歴史がほんとに好きな人向け、という気はしますが。。。

鴻巣市 石田堤史跡公園

公園の用地は旧吹上町が平成元年から購入の交渉を始め、平成8年度から3ヵ年をかけて史跡公園として整備したそうです。(吹上町はその後、鴻巣市に編入されています)。

結構粘り強い活動で公園整備につながったようですね。えらいぞ、吹上町!

「堤修復ゾーン」 堤の断面が見れる

鴻巣市 石田堤史跡公園

公園整備と同時に発掘調査が行われ、堤の遺構の状態を確認しながら保存修復を行ったそうです。

鴻巣市 石田堤史跡公園

堤の断面図が公開されています(周囲が写り込んで見辛いですが。。。)。

なかなかマニアックな見学ポイント。歴史好きにとっての「萌え断」ってやつですかな。

断面は地層みたいな感じに見え、元々あった堤を固めながらその上に盛土した過程が読み取れます。

鴻巣市 石田堤史跡公園

断面展示の上部は見晴らし台になってます。この先も堤の遺構は綺麗に続いてますね!

鴻巣市 石田堤史跡公園

この辺の堤は結構な高さで続いています。

ここの先には駐車場とトイレ施設があります。

「シンボルモニュメントゾーン」 小さなミュージアム

鴻巣市 石田堤史跡公園

シンボルモニュメントゾーンと称するこのエリアはちっちゃな野外ミュージアムみたいな空間。ここは上越新幹線の線路の高架下で、なんでこんなところに。。。って感じの場所にあります(笑)。

中央の櫓チックな建物の下に入ると、人感センサーで石田堤紹介の音声が流れます。急に音が出てちょっとびっくりしました。

俵のオブジェがありますが、堤構築の際に人夫へ支払われた賃金が書かれています。そんな情報も残ってるのか。
昼は銭六十文+米一升、夜は銭百文+米一升 。残業あり。。。ということかな。

鴻巣市 石田堤史跡公園

忍城の水攻めに関連する朱印状の紹介がいくつかあります。

写真の朱印状は、豊臣秀吉が天正18年(1590年)6月20日に石田三成に宛てたもの。

内容はというと、「水責の普請を油断なく行うように」「浅野弾正(長吉)・真田(昌幸か)の両者を遣わすのでよく相談するように」「普請ができたら使者を派遣して見にいかせる」といった内容が記されているそうです。

浅野長吉はのちの浅野長政。真田昌幸ほか、石田三成のみならずその後も歴史上に名を残す武将達の参戦もありました。

ちなみに巨大な堤を造り水攻めにしたのは、一説によるとその威厳を見せつけたかった豊臣秀吉の意向だったともいわれます。

鴻巣市 石田堤史跡公園

手前シンボルモニュメントゾーン、奥が堤修復ゾーン。

「堤跡保全ゾーン・広場活用ゾーン」

鴻巣市 石田堤史跡公園

広場活用ゾーンと堤跡保全ゾーンは遺構の跡を残しつつ、緑地公園に整備されています。

鴻巣市 石田堤史跡公園

あずま屋風の休憩所。

鴻巣市 石田堤史跡公園

木造の見張り場が設置されています。登ってみましたが、周囲は畑が見えるばかりだな。。。

鴻巣市 石田堤史跡公園

見張り場には一帯の航空写真が埋め込まれています。

忍城と、忍城周囲を見渡せる場所として三成軍が陣地に選んだ、埼玉古墳群の丸墓山古墳などの位置が示されています。

周辺を一日かけて歩いたり、サイクリングで巡るなんていうのも面白そうだな。

アクセス

石田堤史跡公園
住所:埼玉県鴻巣市袋326-1(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・JR高崎線「北鴻巣駅」東口から鴻巣市コミュニティバス フラワー号乗車で5分、吹上コース「袋」バス停下車徒歩5分
・JR高崎線「吹上駅」北口から鴻巣市コミュニティバス フラワー号乗車で15分、「袋」バス停下車徒歩5分
*「フラワー号」時刻表(鴻巣市)
・JR高崎線「吹上駅」東口から徒歩で約30分(約2.3km)
・JR高崎線「北鴻巣駅」東口から徒歩で約35分(約2.5km)
車)
・駐車場あり

目指せ!全国制覇 御城印ガイド お城版“御朱印”をもらおう! [ 萩原さちこ ]

価格:1,870円
(2022/9/27 20:59時点)

でかけてみませんか?

鴻巣市 石田堤史跡公園

いかがでしたか?

堤の断面を見たりとか、いささかマニアックな歴史スポットではありますが(苦笑)、忍城と併せて立ち寄ってみると歴史好きにとっては興味深く見れるスポットだと思いました。

出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/10/24】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県行田市「歴史散策スポット 総ガイド」

埼玉県行田市「忍城跡」

埼玉県行田市「埼玉古墳群」

埼玉県行田市「八幡山古墳」

埼玉県行田市「足袋蔵めぐり」

埼玉県行田市「行田八幡神社」

Pocket