【最新記事:2022.9.23】「亀戸天神社」は東の太宰府天満宮、菅原道真公の御神徳を!【東京・江東区】

「小江戸・佐原」伝統的町並みと伊能忠敬ゆかり地散策【千葉・香取市】

「小江戸・佐原」伝統的町並みと伊能忠敬ゆかり地散策【千葉・香取市】

千葉県香取市佐原(さわら)の町は、江戸時代の中頃から水運で栄えた水郷の町で「小江戸」と称されました。

関東地方で初めて重要伝統的建物群保存地区に選定された町で、現在も昔ながらの風情ある町並みが楽しめます。

また、日本で初めて実測による全国地図を作った伊能忠敬が、30年間住んでいた町としても知られます。

そんな、伝統的で美しい風景が楽しめる佐原の町の見どころや歴史を紹介します。

『小江戸の風景と伊能忠敬をめぐる散策』

「小野川沿いの重要伝統的建物群保存地区」

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

千葉県北東部に位置する香取市は、利根川付近の都市の一つです。

ここはかつて、江戸時代中頃から昭和初期にかけて水運で栄えた水郷の商業都市です。

町を流れる利根川支流の小野川沿いには河岸問屋や醸造などが軒を連ね、その景観は「小江戸」と称されました。

本日は、今もその町並みが残るといわれている佐原の町に、小江戸散策にやって来ました!

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

いや~、この江戸時代の町並みを思わせる景観は凄いですね!古い建物が軒を並べ、あたかも町中が時代劇のセットのようだ。

ここ佐原の町は、平成8年(1996年)に関東で初めて「重要伝統的建物群保存地区」に選定された町なんですよ!

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

この道端に続くシダレヤナギが、小江戸と称される響きにマッチしますねー。川沿いには、土蔵(どぞう)造りの立派な商家の建物が多く残ります。

こちらでは現在も家業を引き継いで継続している商家が多いみたい。そのため「生きている町並み」、な~んて呼ばれ方もされるみたいですよ。

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

遊覧船ですね!水上を涼し気に進む様子は、川の町ならではの風景で絵になりますな~。約30分の町並み遊覧が楽しめる有料サービスです。

写真の奥に、川に降りる石の階段が見えます。これは「だし」と呼ばれる荷揚げ場の跡。遊覧船の発着場にも使用されていますよ。

「伊能忠敬旧宅」 忠敬が30年過ごした家

佐原の町の見どころは小江戸の町並みですが、「伊能忠敬が住んでいた町」というもう一枚の町の看板があります。

伊能忠敬は江戸時代に日本地図を作った人だよな、って程度の知識だな。今日は勉強して帰ろっと。

そんなわけで、まずは伊能忠敬ゆかりのスポットから巡ってみます!

千葉県香取市 佐原・伊能忠敬旧宅

樋橋(とよはし)越しに見えるのが「伊能忠敬旧宅」。これまた絵になるねえ。

ちなみに、旧宅前の荷揚げ場が遊覧船の発着所です。

千葉県香取市 佐原・伊能忠敬旧宅

伊能忠敬(1745~1818年)は江戸時代の商人で、天文学者・地理学者・測量家でもあった人物。日本で初めて実測による全国地図を作った人です。

  • 伊能忠敬関連概略
  • 延享2年(1745年):上総国山辺郡小関村(現、九十九里町)で、神保三治郎として生誕。
  • 宝暦12年(1762年):17歳、下総野国香取郡佐原村の商家・伊能家の婿養子となりミチと結婚。実業の合間に天文暦学の勉強を続ける。
  • 寛政6年(1794年):49歳、隠居し江戸に出て本格的に勉強を始める。
  • 寛政12年(1800年):55歳、この年から10回に分けて全国測量を行った。
  • 文政元年(1818年):73歳、死去。
  • 文政4年(1821年):大日本沿海輿地(よち)全図が完成。

隠居後さらに勉強し、それでもって55歳から測量の全国行脚を始めるって、なかなか凄いよね。

10回の測量に際し歩いた日数は3736日、距離は約3万5千kmとのこと。情熱と根気強さの持ち主だと感じますわ。

千葉県香取市 佐原・伊能忠敬旧宅

そんな伊能忠敬が17歳から50歳までの30年余りを過ごしたのが、ここ「伊能忠敬旧宅」。

主な家業だった酒造業を営んだ家で、江戸時代の店舗と母屋が残されています。国指定史跡ですが、無料で気軽に見学できますよ!

店舗に使われた建物は、忠敬が婿養子に入る以前に建てられた古い時代の建物だそうだ。

千葉県香取市 佐原・伊能忠敬旧宅

書院。忠敬はこちらで勉強をされていたんでしょうね。

千葉県香取市 佐原・伊能忠敬旧宅

測量に使用された機器の模型があります。

右の大きい機器は、象限儀(しょうげんぎ)と呼ばれるもの。緯度を求めるために北極星などの高度を観測した器具です。分度器に望遠鏡を取り付けたような装置みたい。この形は忠敬のシンボルとして町中で時々見かけますわ。

左の機器は半円方位盤(はんえんほういばん)で、遠くの山や島の方位を測るための方位磁石盤です。

千葉県香取市 佐原・伊能忠敬旧宅

敷地奥の「土蔵」は観音開きが普及する以前の引き戸式扉の物で、江戸時代中期の古い様式のものとして貴重。

確かに古い土蔵の扉って観音開きのガチっと重そうなイメージがあるんで、珍しい気がする。

千葉県香取市 佐原・伊能忠敬旧宅

伊能忠敬先生之像があります。

細身に見えますが、結構体力をお持ちだったんでしょうなあ。

伊能忠敬旧宅
住所:香取市佐原イ1900-1(GoogleMapで開く
休館日:年末年始(12月29日から1月1日まで)
開館時間:9:00~16:30
入場料:無料

「じゃあじゃあ橋」 日本の音風景100選に

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

伊能忠敬旧宅前に掛かる「樋橋(とよはし)」は、通称”じゃあじゃあ橋”と呼ばれています。

樋橋は、もとは対岸にある水田へ用水を送るために造られた、江戸時代の大樋(とい)だった。

戦前にコンクリートの橋になりましたが、大樋の水が小野川に「ジャージャー」と音を立ててあふれ落ちるので「じゃあじゃあ橋」の通称が付いたそうです。

現在の橋は観光用で、30分ごとに落水させています。この落水の音は「残したい日本の音風景100選」の一つに選ばれているそうです。

「残したい日本の音風景100選ってどんなのがあるの?」と興味ある方は、こちら「残したい日本の音風景100選(環境省)」 へどーぞ。

「国宝展示 伊能忠敬記念館」 映画 大河への道

千葉県香取市 伊能忠敬記念館

じゃあじゃあ橋を渡った先にある、「伊能忠敬記念館」を見学してみます。

千葉県香取市 伊能忠敬記念館

実は伊能忠敬関連の資料2345点は、国宝に登録されているんですよ!

資料群は地図・絵図類のみならず、文書類や器具類など広範囲に渡ります。記念館ではその資料一部の公開と、地図製作の具体的方法や忠敬の生涯について紹介されてます。

千葉県香取市 伊能忠敬記念館

館内では一部写真撮影可能なエリアがありました。

忠敬と弟子たちが全国を歩いて作った「大日本沿海輿地全図」は、現代の日本地図と比較してもかなり精度が高いものだったそうですよ。凄いですね!

千葉県香取市 伊能忠敬記念館
敷地内にある象限儀

ところで、訪問した少し前に伊能忠敬を題材にした映画「大河への道」が公開されました(2022年5月公開)。撮影に際しては当地の小野川沿いの町並みや、佐原駅前ロータリーなどでロケが行われています。

企画まで行った中井貴一が主演のこの映画、意外にも映画の元ネタは落語家・立川志の輔の創作落語だそうです。

立川志の輔が伊能忠敬記念館で忠敬の正確な日本地図を見て感動し、これをなんとか落語に!ということで作ったそうなんですよ。へえ~、ですね。

映画は後日拝見したいと思います。

伊能忠敬記念館公式ページ
住所:千葉県香取市イ1722-1(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:30
一般入館料:大人 500円、小・中学生 250円
休館日:月曜日(国民の祝日は開館)、年末年始
アクセス:
電車)JR成田線佐原駅から徒歩15分
車)東関東自動車道「佐原香取IC」から10分

「中村屋商店」 町のランドマーク

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

伊能忠敬のについて学んだところで、次は古い町並みを巡ってみましょう。

多くの建物に目移りしちゃうので、県の有形文化財指定の建築物を中心にまわってみました!

保存地区の中心部に掛かる忠敬橋(ちゅうけいばし)に面した「中村屋商店」。形の良いこちらの建物は町のランドマーク的な存在かな。

母屋は江戸時代後期の安政2年(1855年)の建物。明治時代は雑貨や畳材などを扱っていた店です。

母屋は現在は喫茶店になっており、さつま芋のモンブランが人気のようです。香取市は、実はさつま芋の名産地なんですよ!

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

白い壁の3階建ての土蔵部分は、明治27年(1894年)の建築。

こちらの建物は1階で和雑貨や小物の販売がされてました。

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

2階・3階部分は、店の歴史を振り返るようなミニ博物館みたいになっており見学できます。

土蔵の中はこんな風なのね、って感じで古い人形などを見てると時が止まったような感じに。

「正文堂」 サツマイモスイーツ 十三里屋

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

中村屋商店の道を隔てた場所「正文堂」は、元々は江戸時代の享保年間(1716~1736年)から続いた書店だそうだ。あっ、赤い暖簾のお店ね。

建物は明治13年(1880年)のもの。2階の観音開きの戸の内にはさらに引き戸があり、さらにさらに板戸もある3重扉で防火対策バッチリ!なのが特徴。

現在は「十三里屋」というさつま芋を使ったお菓子屋さんが営業されてます。メディアでも取り上げられる人気のお店で、”マツコの知らない世界”にも出てましたよ!

「旧油惣商店」 佐原最古の土蔵

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

「旧油惣(あぶそう)商店」には、江戸・明治・大正・昭和30年までの建物と家財がそのまま維持されているそうだ。

中でも土蔵は寛政10年(1798年)のもので、佐原最古の土蔵といわれてます。

こうして建物を見てまわっていると、案外江戸時代の建物はそう多くないことに気づきます。

実は明治25年(1892年)の大火によって、佐原中心部の町並みは大きな被害を受けたそうだ。

その際、江戸時代の建造物は土蔵造りを除き大部分が焼失。現在の景観を作り出しているのは、その後に再建されたものが多いようだ。

とのことなんですよ。

「三菱館」 大正モダンな建築物

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

最後に少し毛色の違うレンガ造りの建物、「旧三菱銀行佐原支店」を紹介。

こちらは大正3年(1914年)に建築されたもので、レンガをわざわざイギリスから輸入して造った2階建ての洋館です。

佐原の町は江戸時代から昭和初期まで繁栄期が長く続いたことから、レンガ造りやモルタル外壁の洋風建築も点在しているのがこれまた面白いところ。

小江戸の町の違う一面を感じる建物達ですね。

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

建物内も見学できます。内部は吹き抜けのある贅沢な造りになっており、2階周囲には回廊もあります。

アメリカの古い映画で、ギャングに襲われる銀行店舗のイメージだな。

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

建物は市に寄贈されており、ギャラリーなどにも活用されています。

元金庫室の中にも展示物があり覗かせて頂きました。が、見学中この分厚い扉が急に閉まったりしないだろうか?と気になり、ちょっと落ち着かなかった。映画の見過ぎかな。。。

佐原へのアクセス

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり
JR佐原駅は町並みにあわせた和風の駅舎
佐原へのアクセス
電車)
・東京駅から:JR総武線快速約1時間15分で「成田駅」、JR成田線乗換にて「佐原駅」まで約30分
・成田空港から:JR総武線快速約10分で「成田駅」、JR成田線乗換にて「佐原駅」まで約30分
車)
・東京方面から:首都高・京葉道路・北関東道で約1時間~1時間30分「佐原香取IC」が最寄りインター
・成田空港から:一般道で約40分
・東京駅八重洲口から高速バスあり、「佐原駅」まで約1時間30分
・町中に市営駐車場あり *町並み観光駐車場(GoogleMapで開く)、水郷佐原山車会館駐車場(GoogleMapで開く)

にっぽん建築散歩

価格:1,540円
(2022/5/7 20:11時点)
感想(1件)

明治、大正、昭和の街が見えてくる楽しい建築散歩はいかが?

佐原の町へ出かけてみませんか?

千葉県香取市 佐原の小江戸めぐり

小江戸の風情を感じられる佐原の町を紹介しましたが、いかがでしたか?

伊能忠敬が長く住んでいた町ということで伊能忠敬旧宅などを中心にまわってみましたが、多くの建物やお店があるので色々な楽しみ方がありそうです。

食事処も洋食・和食のお店など色々ありますが、人気の店は混む様なのでお目当てのお店があれば予約して出かけるのがベターかもしれません。

香取市には全国の香取神社の総本社・香取神宮もありますので、出かける際には是非参拝にも立ち寄りたいですね!

小江戸佐原の町に出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/6/19】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

千葉県香取市「水郷佐原あやめパーク」

千葉県成田市「成田山新勝寺」

茨城県鹿嶋市「鹿島神宮」

Pocket