【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

難攻不落!!「忍城址」、石田三成の水攻めに耐えた関東七名城の一つ【埼玉・行田市】

難攻不落!!「忍城址」、石田三成の水攻めに耐えた関東七名城の一つ【埼玉・行田市】

埼玉県行田市の忍城址は戦国~江戸時代にあった城郭の址です。

豊臣秀吉の小田原征伐の際、石田三成の水攻めに耐えた城として知られ、映画・のぼうの城の題材にも取り上げられています。

続日本100名城の一つでもある忍城址の見どころや歴史を紹介します。

『関東七名城と呼ばれた忍城』

「忍城の概要」 続日本100名城

埼玉県行田市 忍城址

忍城は現在の埼玉県行田市にかつてあった平地の城で、立地としては北に利根川、南に荒川と天然の要害を持った攻め辛い城でした。

かつては関東七名城の一つともいわれ、現在は続日本100名城の一つに数えられています。

  • 忍城の概略
  • 文明10年(1478年)頃:山内上杉家の家臣・成田顕泰(あきやす)が築城したとされる。
  • 天正18年(1590年):豊臣秀吉の小田原征伐による攻撃を受ける。石田三成らによる水攻めにも果敢に耐えた。その後、小田原城の降伏に伴い開城。
  • 寛永16年(1639年):将軍・徳川家光の老中・阿部忠秋が忍城主となり大改築に着手。その後、御三階櫓や城門土塀が完成。
  • 文政6年(1823年):伊勢の桑名から松平忠堯(ただたか)が移封。忠誠のとき、明治維新を迎えた。
  • 明治維新後:廃城となる。

現在、城址公園内復元された建物や僅かながら残る遺構などについては、主に江戸時代以降のものと考えられます。

「石田三成の水攻めに耐えた」 映画・のぼうの城

埼玉県行田市 忍城址
駐車場側からの入口

忍城が歴史上良く知られるようになったのは、やはり戦国時代の豊臣軍の攻めに耐えたことによるものですね。

当時小田原北条氏に味方していた成田氏の忍城も、小田原征伐の渦中となりました。

石田三成率いる豊臣軍の兵約2万人に対し、忍城側は兵と領内の農民併せて3,000人が立て籠って応戦。

自然の川に囲まれた立地を逆手に取った石田三成は、力にモノをいわせ一週間程度で城の周囲28kmに及ぶ大堤防を築いた。そしてそこに利根川・荒川からの水を流し込み水攻めにした。

しかし、忍城はこれに耐え落城しなかったことから「浮き城」の別名が生まれました。

その後、小田原城の降伏を受けて忍城も開城しました。元々水害対策で本丸は高い位置に配置されていた、というのが沈まぬ理由だったようだ。

忍城の水攻めのエピソードが広く知られるようになったのは、忍城を舞台とした2012年の映画「のぼうの城」です。

主演の野村萬斎(まんさい)が、忍城の総大将・成田長親(ながちか)をひょうひょうと演じました。映画は大ヒットして、第36回日本アカデミー賞では作品賞を始め10部門での優秀賞を受賞しました。

「忍城縄張図と現在の忍城址」 城址公園に

埼玉県行田市 忍城址

写真は公園内にある「忍城今昔地図」で、平成12年(2000年)の測量図に、文政6年(1832年)の忍城絵図を重ねたという興味深い物。

本丸~三ノ丸を取り囲んでいる水色は堀、濃い青は土塁、広範囲に渡る橙は武家屋敷です。江戸時代の城郭も水堀に囲まれており、周囲には城下町が築かれていたことがわかりますね。

公園となっている忍城址は、本丸の一部にとどまるエリア。城郭全体の敷地はというとこの公園エリアにとどまらず、現在の行田市市街を含む広範囲に渡っています。

城内の構造物は明治時代の廃城後ほとんど撤去され、本丸エリアは公園となりました。その後、昭和に入り戦後に御三階櫓(ごさんかいやぐら)が外観復興され、現在は「行田市郷土博物館」を中心とした城址公園となっています。

『忍城址公園は本丸跡』

「進修館表門」 忍藩藩校の現存門

埼玉県行田市 忍城址

まずは駐車場の傍にある、古そうな門が目に入ってきます。こちらは「進修館表門」。

これは江戸時代、武士の子弟に教育を行う忍藩藩校の「進脩館」の表門だったとされます。墨書銘で天保3年(1832年)に造られた旨が書かれています。

現存する行田市唯一の武家屋敷の表門として、貴重な歴史的建造物だそうです。

「本丸土塁跡・忍城櫓の石垣」 現存遺構

埼玉県行田市 忍城址

さらに駐車場近辺には、元々あった本丸周辺の土塁が一部旧状を残しています。

埼玉県行田市 忍城址

こちらは城内にあった櫓に使用されてた石垣だそうです。

公園内で多くの石垣を見受けますが。。。そちらは復元の石垣という理解で良さそうですね。

「鐘楼」 二ノ丸にあった鐘楼

埼玉県行田市 忍城址

公園内へ進んで行くと「行田市郷土博物館」の入口が見えてきます。

博物館は一通り散策した後、最後に見学します。

埼玉県行田市 忍城址

公園内の北側にそびえている「鐘楼(しょうろう) 」は貴重な現存遺構の一つです。

元々の所在は本丸内では無く、二ノ丸の東側隅だったそうです。

明治時代に取り崩された後、当時の進修館小学校校庭に時の鐘として再建されました。(贅沢な始業ベルですな。。。)

昭和に入って一旦近隣の東照宮へ移転。その後、平成4年(1992年)にここへ移設されました。

転々としたようですが、しかるべき居場所に落ち着いて良かったですね!

埼玉県行田市 忍城址

鐘は江戸時代の宝暦14年(1764年)に鋳造されたもので、市指定の有形文化財。

現在は取り外されて郷土博物館内で展示されています。

「東門」 雰囲気を感じる復元門

埼玉県行田市 忍城址

東側にある東門。

城址の雰囲気を感じさせる雰囲気ある門ですが、復元による門とのことです。

埼玉県行田市 忍城址

東門の近くに御三階櫓があり、城址公園の雰囲気ある建造物の一つとなっています。

「御三階櫓」 元々は三ノ丸に所在

埼玉県行田市 忍城址

忍城跡のシンボルである復元「御三階櫓」

元々は本丸のど真ん中にどどん!とあったイメージではなく、三ノ丸南側に所在していたよう。場所はもここより少し北東で、現在の水城公園付近だったそうだ。

埼玉県行田市 忍城址

櫓はコンクリート製の外観復元ですが、こうして遠方から見みるとお城然とした雰囲気は楽しめますね。

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、屋根には鯱(しゃちほこ)がのってます。

御三階櫓と東門、そして堀に掛かる橋。城の雰囲気が楽しめる記念写真を撮るならココですかね。

埼玉県行田市 忍城址

御堀にたたずむサギ。「本物の鳥だよな?」と確認したくなるくらいジッと動かず。

埼玉県行田市 忍城址

公園南側の着いた感じの散策路。

「行田市郷土博物館」 三階櫓そびえる博物館

埼玉県行田市 忍城址

一通り巡ったので「行田市郷土博物館」を見学します。

「続日本100名城」のスタンプ設置や、「御城印」の販売もこちらでおこなわれています。

常設展示室は、古代・中世・近世・足袋と行田のエリアに分かれて展示されています。

忍城関連の資料展示はもちろんですが、行田市関連では「埼玉古墳群」が令和2年に国指定特別史跡に指定され、同年「足袋製造用具及び関係資料」が国重要有形民俗文化財に指定されたのに合わせた関連展示も行われていました。

展示物は基本すべて撮影禁止です。

埼玉県行田市 忍城址

御三階櫓へはこの渡り廊下でつながっており、櫓内を見学できます。

櫓内も展示室となっており、2階は「忍城と城下町」に関する展示、3階は「近・現代の行田」に関する展示があり、4階は展望室となっています。

埼玉県行田市 忍城址

御三階櫓内の展望台からの眺望。

展示物に関してはあんまり期待してなかったのですが(失礼な!)、江戸時代以降の忍城関連に関しては結構見どころがあり、興味深く見れた。

実際に使用されていた人力車の籠や、御三階櫓の屋根に乗っている鯱のレプリカなどなど。

中でも面白いと思ったのが「石城日記」の展示(複製)。

江戸時代末期の忍藩に尾崎石城という下級武士がいたが、この武士が日々の生活を綴った絵日記があった。

文字だけだと「漢字読めないなあ。。。」で終わりますが、こちらは絵心豊かにつづられしごく面白い!

【送料無料】 新訂 幕末下級武士の絵日記 その暮らしの風景を読む / 大岡敏昭 【本】

価格:2,750円
(2022/9/26 21:57時点)

忍藩松平氏の家臣・尾崎石城という武士の書いた絵日記に基づく本。下級武士の日々の暮らしが生き生きと綴られています。

「御城印」 博物館内で販売

埼玉県行田市 忍城址

博物館で御城印を購、1枚200円也。

行田市商工センター内の観光物産館「ぶらっとぎょうだ」でも購入できます。そちらでは続日本100名城スタンプも設置対応されています。

忍城跡の基本情報・アクセス

行田市郷土博物館行田市の案内ページ
住所:埼玉県行田市本丸17-23 (GoogleMapで開く
一般入場料:大人 200円、大学・高校生 100円、中学・小学生 50円
開館時間:9:00~16:30(最終入館受付16時まで)
休館日:毎週月曜日(祝日・休日は開館)、祝日の翌日(土曜日・日曜日は開館)、毎月第4金曜日(テーマ展・企画展の開催中は開館)、年末年始、その他の臨時休館日
*忍城址は終日営業・年中無休・入場無料。ただし、忍城御三階櫓は郷土博物館の営業日でないと入場できません。
アクセス:
電車)
・JR高崎線「行田駅」東口から: 市内循環バス西循環コース(右回り)「忍城址・郷土博物館前」下車すぐ、又は、市内循環バス西循環コース(左回り)「行田市バスターミナル」下車徒歩約5分、又は、市内循環バス観光拠点循環コース(右回り)「行田市バスターミナル」下車徒歩約5分
・JR高崎線「吹上駅」北口から: 行田折返し場・行田市駅・総合教育センターゆき朝日バス(前谷経由)「忍城」下車すぐ、又は、行田折返し場・総合教育センター・工業団地ゆき朝日バス(佐間経由)「新町1丁目」下車西へ徒歩約10分
・秩父鉄道「行田市駅」南口から徒歩約15分
車)
・東北自動車道「羽生IC」より約25分、関越自動車道「東松山IC」より約40分、圏央道「桶川北本IC」より約30分

目指せ!全国制覇 御城印ガイド お城版“御朱印”をもらおう! [ 萩原さちこ ]

価格:1,870円
(2022/10/10 16:00時点)

『諏訪神社・東照宮』 忍城内にあった神社

埼玉県行田市 諏訪神社 東照宮

忍城跡の道路を挟んだ向かいに、忍城と関連が深い「諏訪神社」があるので立ち寄ります。敷地内には「東照宮」も祀られています。

埼玉県行田市 諏訪神社 東照宮

「諏訪神社」は、成田氏が延徳3年(1491年)に忍城を構築した際、持田村の鎮守諏訪社を城鎮守としたのが始まりとされます。

元々は城郭の中にあった神社。

埼玉県行田市 諏訪神社 東照宮

「諏訪神社の大木」の説明板に、忍城の廃城後に関する興味深い記載があった。

忍城は江戸に一番近い親藩だったので、明治4年の府県官制とともに、城は何物も残さず取り壊しが命ぜられた。(そうなんですね。。。)

しかし、建物の数が多いので取りこわす費用が無い。そこで、入札形式で払い下げ、建物を取りこわしの費用としたそうだ。また、忍藩に貸金していた家はそれで棒引きとされたそうな。

そんな経緯で、家の門や倉が忍城にあった建物という家が近年まで多かったそうです。

ただ、現在では加須市の総願寺・黒門だけが唯一の完全な建造物だそうだ。

埼玉県行田市 諏訪神社 東照宮
東照宮 本殿
「東照宮」は、元々徳川家康の外孫・松平忠明公が大和国郡山城内に創建した。

松平家の移封に伴い各地に遷座の後、文政6年(1823年)に桑名藩(現、三重県)より忍城内に遷座させたものだそうだ。

その後、明治時代に現在の地に移ったそうです。

忍諏訪神社・忍東照宮
住所:埼玉県行田市本丸12-5(GoogleMapで開く

『ぎょうだ歴史ロマンの道と街中の石碑』

「ぎょうだ歴史ロマンの道」 埼玉古墳群までの散策路

埼玉県行田市 忍城址
ぎょうだ歴史ロマンの道(忍城近辺)

忍城周辺には「ぎょうだ歴史ロマンの道」と称する散策路が設定されてます。

埼玉県行田市 忍城址

忍城の外堀跡を整備した「水城公園」を抜け、忍城攻めの際に石田三成勢が陣を張った丸墓山古墳がある「埼玉古墳群」までの約3kmの散策ルートです。

歴史の面影を楽しみながらの散策もオススメです!

「街中の忍城石碑」 高札場跡など

埼玉県行田市 忍城址

本丸以外の城郭跡は現在は街の景色に変わり遺構も無いですが、城の主要部分だった場所には石碑が設置されております。

写真は「高札場 (こうさつば) 跡」の碑。高札場は江戸時代に法度や掟書などを記した板札を掲げる場所ですね。こちらは、武蔵野銀行・行田支店の前にあります。

蔵づくりの家屋が多く残る行田の街並みも見どころ十分なので、散策がてら石碑を追ってみるのも楽しいと思います。 元々の城郭の広さも実感できますしね。

でかけてみませんか?

埼玉県行田市 忍城址

いかがでしたか?

忍城関連の代表スポットである忍城跡を中心に散策しました。

周囲にも忍城に関連したスポットが色々あり、範囲を広げて歩くのも楽しそうです。(私は石田堤を訪ねてみたくなりました!)

行田市には忍城跡のみならず、街中に古い足袋蔵が多く残っていたり、歴史上貴重な埼玉古墳群などもありますので、忍所跡を中心に色々歩いてみるのが楽しいと思います!


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/8/28】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県行田市「歴史散策スポット 総ガイド」

埼玉県行田市「石田堤跡」

埼玉県行田市「足袋蔵めぐり」

埼玉県行田市「埼玉古墳群」

埼玉の城跡歩き

Pocket