【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

「八幡山古墳」は石室露出で驚き!関東の石舞台を紹介【埼玉・行田市】

「八幡山古墳」は石室露出で驚き!関東の石舞台を紹介【埼玉・行田市】

埼玉県行田市は埼玉古墳群を中心に、古墳の多いエリアとして知られます。

歴史ファンはそんな行田の「八幡山古墳」は必見!ここでは”関東の石舞台”とも呼ばれる、巨大な石室が見られます。

歴史好きなら「これは凄い!」と思わず唸るであろう、意外と知られていない穴場スポットを紹介!

行田、古墳が多数発見されている地

行田市 八幡山古墳

埼玉県行田市には埼玉(さきたま)という地名があり、そこは埼玉県名発祥の地といわれます。

行田には様々な時代の多様な歴史スポットがありますが、埼玉地区を中心に点在する古墳に関しては全国的にも特筆すべきものがあります。市内には10個の古墳群があり、150基以上の古墳が確認されているんですよ!

それら古墳群の中心となるのは、全国的に見ても有数の大型古墳群であり、発掘された鉄剣が国宝に指定された「埼玉(さきたま)古墳群」です。

その埼玉古墳群から約2km程離れた場所にある若小玉古墳群。そこに今回紹介する驚きの風貌が見れる古墳、「八幡山古墳」があります。

『八幡山古墳石室』 関東の石舞台

若小玉古墳群と「八幡山古墳」について

行田市 八幡山古墳
若小玉古墳群は県内では埼玉古墳群に次ぐ規模の古墳といわれ、約230軒の竪穴住居跡と約60基の古墳跡などが確認されています。

時代的には埼玉古墳群より後の年代の古墳群で、新興勢力によるものと見られています。

若小玉古墳群は富士見工業団地というエリア周辺にあり、八幡山古墳公園も街中からは少し離れたひっそりとした場所にありました。

行田市 八幡山古墳

これですね。

行田市 八幡山古墳

昭和54年(1979年)の復元記念の碑があります。

埼玉古墳群は全国規模で知られてますが、八幡山古墳公園はほとんど知られてないんじゃないかな。県民である私も、最近までこの古墳の存在を知りませんでしたからねー。

「石室外観の様子」

行田市 八幡山古墳

おー、関東近郊でこんな形状の古墳が見れるとは思いませんでした!

八幡山古墳は元々直径約80mの大型の円墳で、7世紀前半に造られたものとみられます。

埼玉古墳群の一番大きい円墳である丸墓山古墳が直径105mなんで、その比較でも比較的大型の円墳だと思います。

発見経緯ですが、昭和9年(1934年)に近隣沼の干拓事業の為に古墳の封土を崩した際、石室が出現。発掘調査の結果、石室は前・中・後室の3室からなる全長16.7mの巨大な石室であることが分かりました。

行田市 八幡山古墳

現在復元されている姿は、円墳の盛土をどけて石室だけ露出させている状態のものです。

行田市 八幡山古墳

石室に使っている石は、各室とも秩父地方から運搬された巨大な緑泥片岩(りょくでいへんがん)と安山岩で築造されているそうです。

わざわざ秩父から、ってだけでも埋葬者がかなり有力者であることがうかがえますよね!

行田市 八幡山古墳

こうやって全景を見ると”関東の石舞台”と呼ぶにふさわしい、ロマンあふれる古代の遺跡然としてませんか!?

「石室内部の様子」

行田市 八幡山古墳

扉越しに除いた石室の様子です。

実はここ、石室の中まで立ち入ることができます。土曜日・日曜日・祝日が公開日

ただし、訪問した際は新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、平日事前に電話予約をしないと入れないことになっていました。本日は柵の隙間からのぞくにとどまり。。。、残念!

石室内に入れる古墳もそうそう無いと思いますので、是非見学の予約をしてお出かけ下さい。

行田市 八幡山古墳

石室内の案内図。

発掘調査では漆塗木棺の破片や銅鋺などの豪華な遺物が発見されており、それからも葬られていた人物がかなりの権力者であったと考えられています。

聖徳太子に仕えた物部連兄麻呂(もののべのむらじえまろ)という人物の墓ではないか、という説があります。

基本情報・アクセス

八幡山古墳
住所:埼玉県行田市藤原町1-27-2(GoogleMapで開く
石室内の公開:土曜日・日曜日・祝日(年末年始を除く)
※注意:新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、見学は事前に文化財保護課 まで電話予約をした方にのみに限定。(受付時間:月曜日~金曜日の8:30~17:00、 生涯学習部文化財保護課文化財保護担当・電話番号:048-553-3581)
アクセス:
電車)
・秩父線「行田市駅」から市内循環バスで15分(東循環コース・右回り)、藤原町1丁目下車、徒歩約8分
・JR「行田駅」から市内循環バスで15分(南大通コース・工業団地由行き)、藤原町下車、徒歩約5分
車)
・東北自動車道「羽生IC」から約25分(約12km)、「加須・栗橋IC」から約30分(約14km)
・関越自動車道「東松山IC」から約40分(約18km)、「花園IC」から約60分(約32km)
・圏央道「白岡菖蒲IC」から約35分(約18km)

『地蔵塚古墳』

八幡山古墳から1km程離れた近隣に、「地蔵塚古墳」という古墳があるので立ち寄ってみた。

古墳墳頂に地蔵堂があることからその名で呼ばれます。若小玉古墳群の古墳の一つで、埼玉県指定史跡になっています。

行田市 地蔵塚古墳

大きさは一辺約28m・高さ約4.5m・周囲の堀の約1mの方墳だったと考えられます。

この古墳の貴重な点は石室の左右及び奥に線刻画が描かれている点。烏帽子を被った人物、馬、水鳥、家と思われるものが確認できるそうです。

石室の扉を開いてのぞいてみたいですが、残念ながら施錠されています。

行田市 地蔵塚古墳

古墳は階段で登れるようになっています。

行田市 地蔵塚古墳
行田市 地蔵塚古墳

こちらが、古墳名の由来となるお地蔵さんですね。

行田市 地蔵塚古墳

古墳の背面は竹林になっており、裏手には小さな公園がありました。

古墳にも公園にも駐車場は無いですが、古墳前に車を止められそうなスペースがあったので短時間だけ駐車させて頂きました。(私有地なのかなあ。。。)

八幡山古墳からも歩ける距離にあるのでセットでの訪問がオススメです。

地蔵塚古墳
住所:埼玉県行田市藤原町2-28-1(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・秩父線「行田市駅」から市内循環バスで10分(東循環コース・右回り)、若小玉郵便局前下車、徒歩約3分
車)
・東北自動車道「羽生IC」から約25分(約12km)、「加須・栗橋IC」から約30分(約14km)
・関越自動車道「東松山IC」から約40分(約18km)、「花園IC」から約60分(約32km)
・圏央道「白岡菖蒲IC」から約35分(約18km)

まりこふんの古墳ブック [ まりこふん ]

価格:1,650円
(2021/9/23 22:10時点)
感想(2件)

TV番組「マツコの知らない世界」にも出演されていた、まりこふんさんの古墳紹介本。結構本格的な内容ですが、女性ならではの視点で初心者でも読みやすい内容になっています。

都心から行ける日帰り古墳 関東1都6県の古墳と古墳群102 [ 日帰り古墳推進委員会 ]

価格:1,699円
(2021/9/23 22:11時点)

関東1都6県の個性的な古墳が紹介されています。本を手に取ったら古墳に出かけてみたくなるはず!

でかけてみませんか?

”関東の石舞台”はいかがでしたか?観光地とは無縁の雰囲気の場所にポツンとありますが、埼玉古墳群や他のスポットを訪問する際は思い出して是非立ち寄ってみて下さい。

歴史が好きな人であれば、ちょっと興奮できるスポットだと思いますよ!


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/5/2】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県行田市「歴史散策スポット 総ガイド」

埼玉県行田市「埼玉古墳群」

埼玉県行田市「忍城跡」

埼玉県行田市「足袋蔵めぐり」

埼玉県行田市「行田八幡神社」

埼玉県行田市「前玉神社」

埼玉県行田市「古代蓮の里」

Pocket