【最新記事:2023.2.6】「水戸城跡」の巨大空堀は凄いぞ!大手門・櫓が復元され見どころ多い【茨城・水戸市】

日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

日光街道の宿場町として栄えた埼玉県杉戸町を歩く「日光街道、すぎと七福神めぐり」を、実際に歩いての紹介になります。

こちらはスタンプラリーも用意されており、通年楽しく参加できますよ。

コースは川沿いや田園風景広がるのどかな田舎チックな風景のルートが多く、のんびり歩くと心も体もリフレッシュできます!

『日光街道 すぎと七福神めぐり』紹介

七福神めぐりとは?

七福神は福をもたらす神様で、七福神を祀っている社寺を巡って参拝するのが「七福神めぐり」
巡ると7つの福が頂けるといわれます。

元々は正月の松の内に巡拝して、新年の開運を祈願する習慣なんですね。
ですが、現在は全国で通年開催の地域も多くあり、ウォーキングや街歩きがてら気軽に参加できちゃいます。

専用の御朱印台紙や御神体の人形が用意されているコースもあり、これらを頂きながら歩くものも達成感があってこれまた楽しいですよ。

日光街道・すぎと七福神めぐりとは?

杉戸町は江戸時代には日光街道の宿場町として栄えました。

「日光街道 すぎと七福神めぐり」は、その名のとおり日光街道(現、国道4号線)沿いを中心に七つの寺院を巡るコースです。

道中は宿場町の面影を探す楽しみもあります。

また、各寺院に用意されている七福神色紙(一枚800円)を購入して、これに各寺院にあるスタンプを押しながらお参りするスタンプラリーという楽しみ方もあります。

『すぎと七福神をめぐる!』 姫宮駅から

ルート概要、馬頭院探しスタート

杉戸町 七福神めぐり

さあ、すぎと七福神めぐりを歩いてみます。

順路に決まりは無いですが、南側(春日部・東京方面)から、日光方面に向かうことにしました。

東武鉄道の駅でいうと、姫宮駅からスタートし、東武動物公園駅周辺を歩き、北側の和戸駅・杉戸高野台駅辺りまで歩く感じ。

距離にすると大体15kmくらいで、結構歩き応えありますよ。(歩けるかな。。。)

まずは、姫宮駅に降り立ってスタートです。

杉戸町 七福神めぐり

”杉戸宿めぐり”パンフのラフな地図頼りでしたが、国道4号線沿いなので何とかなるっしょという感じだった。

東に向かって歩くと大落古利根川(おおおとしふるとねがわ) が流れており、それに沿って国道4号線が走っているはず。

で、大落古利根川にぶつかったが。。。最初のお寺は丁度向こう岸あたりだが、ありゃ?渡るにはどうすれば良いのだ?

しばし橋を求めて歩く。
天気が良くて、ちょっと汗ばむ陽気だ。。。

杉戸町 七福神めぐり

程なく国道4号線に合流で、ほっ。

最初の「馬頭院」は、東武動物公園駅周辺の他の寺院とはポツンと離れている。

スタートラインに着くまでが、ちょこっと大変だった。

「馬頭院」~大黒天~

杉戸町 馬頭院

そんな感じで、一寺目の「旦照山 馬頭院観音寺」に到着。

こちらは真言宗智山派の寺院で、馬頭観音菩薩を本尊としています。

杉戸町 馬頭院

弘法大師の像が出迎えてくれますよー。

杉戸町 馬頭院
本堂

まずは本堂でお詣り。

杉戸町 馬頭院

行く先々で文化財に出会うのも楽しみ。

「文永七年銘板石塔婆」は鎌倉時代の文永7年(1270年)と彫られており、紀年銘があるものとしては杉戸町で一番古い石塔だそうだ。

杉戸町 馬頭院

馬頭院には大黒天が祀られます。

大黒天(だいこくてん)は、インドでは仏法を守る神様。

頭巾をかぶり知恵が詰まった大きな袋を背負っています。
そして、財宝が出る打ち出の小槌を持ち、米俵に乗っかってます。

子孫繁栄・学業成就・福寿円満・五穀豊穣を祈願する福の神です。

こちらの寺院で、七福神めぐりの色紙を購入して最初のスタンプを押して頂きました。

住職さんに「これから巡られるのですか?気を付けて」と、ご親切に激励のお言葉とペットボトルのお茶を頂きました。

ありがとうございます、頑張ります!

馬頭院
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町堤根4254(GoogleMapで開く

「来迎院」~恵比寿~

杉戸町 来迎院

次の来迎院は2km程歩いた場所で、周囲はだいぶ街中の様相になってきました。

日光街道から折れた杉戸町役場の近くに、真言宗豊山派の寺院「花光山 来迎院」はありました。

杉戸町 来迎院
十三仏像

本尊の不動明王は800年余り前に作られ、眼病を直す不動明王として伝わるそうです。(専門分野的なご利益ですね。)

杉戸町 来迎院
不動明王像

こちらの不動明王像は、ちょっと怖そうだな。

杉戸町 来迎院

恵比寿(えびす)さんの優し気な表情にほっ!

恵比寿尊は日本の庶民派の神様。

商売繁盛・無病息災・家門繁栄・交通安全など、めでたいことのご利益事はなんでもござれなマルチな神様ですよ。

実は恵比寿尊は、七福神の中で唯一日本由来の神様なんですよ。

来迎院
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町清地1-6-16(GoogleMapで開く

「延命院」~弁財天~

杉戸町 延命院

次の「倉松山 延命寺」は真言宗豊山派の寺で、来迎院からも近い場所にありました。
山門もある立派な造りの寺院ですね!

杉戸町 延命院

開山は室町時代の長亨元年(1487年)で、領主・一色丹波守直基の帰向によるものとされます。

杉戸町 延命院
本堂

本尊は延命地蔵菩薩。

杉戸町 延命院
弁財天(べんざいてん)の神様は、七福神のなかでは唯一の女神様です。

琴を手にしており豊饒の神・川の神・財福の神として信仰されています。

延命院
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町倉松2-2-32(GoogleMapで開く

「宝性院」~毘沙門天~

杉戸町 宝性院

来迎院と延命院からも程近い場所の「杉戸山 宝性院不動寺尊」は、真言宗知山派の寺院。

江戸時代に建立された、赤門と呼ばれる山門が出迎えてくれます。

杉戸町 宝性院
本堂

本尊は胎蔵界大日如来です。

現在の本堂は昭和9年(1934年)に再建されたもの。
以前の本堂は関東大震災で大破したそうです。

開基は古く、室町時代の永禄3年(1560年)に、幸手城主が安産不動明王を安置したのに始まるとされます。

杉戸が宿場町として発展して行くなかで、多くの信仰を集めたそうです。

杉戸町 宝性院
こちらにお祀りされている毘沙門天(びしゃもんてん)はインドの神様で、仏教と信者を守る四天王の一人。

勇猛果敢ないでたちで勇気を与え、財宝をわけることから勝利の神様ともいわれています。

毘沙門天の像は無かったか、写真撮り忘れしてたか。。。

杉戸町 宝性院

4ヶ所巡ったところで日没により終了。

日を改めて全部巡るぞ!と夕陽に誓い本日は撤収しました。

宝性院公式ページ
埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸1-5-6(GoogleMapで開く

『すぎと七福神をめぐる!』 和戸駅から再開

杉戸町 七福神めぐり

日を改めて再び杉戸の地を訪問。

今度は東武鉄道の和戸(わど)駅からスタートです。
こじんまりとした駅で、駅前にお店などもありませんでした。

前回、実は昼頃からののんびりスタートでした。
本日は気を引き締めて、午前中にスタートラインに立ちましたよ!

例によって、本日も大落古利根川の方向に歩き出します。

杉戸町 七福神めぐり

大落古利根川に突き当たりました。

目指す全長寺と永福寺は、丁度川向こう正面あたりなんだがなあ。。。、またか。
遠く離れた橋に向かって歩きます。

どうも七福神の御利益を頂く試練として、川が立ちはだかる立地になってるなあ。

「全長寺」~布袋尊~

杉戸町 全長寺

本日最初の寺院「高野山・全長寺」に到着。
山門に風格があり良い感じです。

こちらは曹洞宗(禅宗)のお寺で、聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)が本尊です。

杉戸町 全長寺

幸手城城主・一色直朝(いっしきなおとも)の意を受けて、一色氏の冥福を祈るために建立したと伝わります。

前述の延命院・宝性院もそうでしたが、領主の一色氏に関連した寺院が多そうだ。

杉戸町 全長寺
七福神の神様・布袋尊(ほていそん)は、中国唐末期の禅僧。

大きな布袋を持ちつつ、恰幅の良いお腹を出し、福々しい耳を持ち笑顔を絶やさない。
そんな姿から、家庭円満・平和安穏の神様といわれています。

満面の笑みに、なごませて頂きました!

全長寺
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野443(GoogleMapで開く

「永福寺」 ~寿老人~

杉戸町 七福神めぐり

次の永福寺は善長寺からも近いです。

初日の国道沿いや街中の景色とは変わり、畑などの風景が多い、の~んびりした感じのルートです。

杉戸町 永福寺

「龍燈山 永福寺」は真言宗豊山派の寺院。

本尊は神亀3年(726年)の行基の作と伝えられる、阿弥陀如来です。

杉戸町 永福寺

この寺院では、毎年8月22・23日に特別施餓鬼(おせがき)法要というものが行われます。

その際、池にどじょうを放す習慣(=放生) から「どじょう施餓鬼」と呼ばれて、関東三大施餓鬼のひとつだそうです。

へえー、変わった法要ですね~。

杉戸町 永福寺
こちらに祀られる七福神の神様・寿老人(じゅろうじん)は、中国出身の神様。
難を払う象徴の団扇と、三千年の象徴である白鹿を従えています。

安全と健康を守る長寿の神様です。


杉戸町 福正院

そうそう。
七福神めぐりのスタンプですが、本堂や社務所付近にスタンプと朱肉が置いてあります。
これをセルフで色紙に押します。

自分で押す分若干出来にムラが発生しますが、それも味ということで(笑)。

永福寺公式ページ
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野396(GoogleMapで開く

道中の田園風景と木々子神社

杉戸町 七福神めぐり

永福寺から、最後の福正院までは約2.5kmとちょっと距離があります。

周囲がすっかり田園風景となった中、のんびりと足を進めてゆきます。

杉戸町 七福神めぐり

田園風景の中にポツンとある神社を見つけたので、ちょっと立ち寄り。

「木々子(このこ)神社」という神社で、鳥居の先には富士塚。
山頂には浅間大社が祀られてました。

杉戸町 七福神めぐり

社には厳島・稲荷・三峰の三社が祀られており、江戸時代の文書にも残る古くからの神社とのこと。

昔より田畑を見守ってきた”地元の神様”、という佇まいが良いです。

「福正院」~福禄寿~

杉戸町 福正院

そして、七福神めぐり最後の一ヶ所「薬王山 福正院」に到着。
こちらは真言宗智山派の寺院で、本尊は薬師如来です。


杉戸町 福正院
本堂

開山は元和8年(1622年)とされます。
当時この辺りの疫病を鎮めるために、薬師如来の秘法が行われたのが始まりだとか。

杉戸町 福正院

これで、すぎと七福神全部回ったぞ、おー!

す、すいません、思わず福禄寿(ふくろくじゅ)さまに代弁させてしまいました(笑)。

福禄寿は中国の長寿の神様で、招福・招縁・招寿の三つをつかさどっているとされます。

はい、これにて七つの服を頂戴しました。
全部回ってなかなかの達成感がありましたよ!

帰路につくために杉戸高野台駅へ移動しました。

福正院
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸1-5-6(GoogleMapで開く

すぎと七福神色紙・すぎと七福神マップ

杉戸町 七福神めぐり

こちらが、購入した台紙(色紙)にそれぞれスタンプを押したものです。
なかなか、楽しげでしょ?

参考情報・杉戸町へのアクセス

日光街道宿場めぐり「杉戸宿」マップについて
今回のすぎと七福神めぐりは、杉戸町観光協会作成の『日光街道宿場めぐり「杉戸宿」』のパンフレットの地図を参考に歩きました。

杉戸町のホームページで配布場所の案内やパンフレットの閲覧も出来るので、ご確認下さい。
東武線「東武動物公園駅」までのアクセス
電車)
・「渋谷駅」から半蔵門線直通急行で約80分
・「大宮駅」から東武アーバンパークラインで約30分(春日部乗換)
・「柏駅」から東武アーバンパークラインで約43分(春日部乗換)
車)
・東北自動車道最寄りICは「蓮田スマートIC」、または「久喜IC」
・圏央道最寄りICは「白岡菖蒲IC」、または「幸手IC」
・車でアクセスする場合、「姫宮駅」「和戸駅」近辺には駐車場が無いので、「東武動物公園駅」「杉戸高野台駅」近辺での駐車スペースの確保がおすすめ。

御朱印でめぐる関東の百寺 坂東三十三観音と古寺 (地球の歩き方 御朱印シリーズ) [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,650円
(2021/9/23 10:53時点)

坂東三十三観音と他の寺をあわせた、関東の百寺を紹介。「地球の歩き方シリーズ」なのでしっかりした内容!

すぎと七福神めぐりを歩きませんか?

杉戸町 七福神めぐり

実際に歩いてみた、すぎと七福神めぐりをご紹介しましたが、いかがでしたか?

すぎと七福神のコース、私的には。。。思ったよりは少しハードでした!

でも、エリアによって「街中編」「田畑編」と景色の変化も楽しめ、メリハリがあり飽きないコースでありました。

なにより全部巡った達成感を感じますしね!

皆さんもウォーキング・ハイキングを兼ねて、福を頂きにチャレンジしてみませんか?


サステナブルにお得な買い物ができるって、いいんじゃない。

【記事の訪問日:2021/4/11、4/30】

他の七福神巡りの記事も読んでみる? 【あわせて読みたい】

「新宿七福神めぐり」

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県杉戸町「日光街道 杉戸宿歩き」

埼玉県・日光街道【埼玉六宿場】の歩き方

埼玉県久喜市「鷲宮神社」

埼玉県宮代町「象設計集団の不思議な建築物」

Pocket