MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (40)埼玉県 (101)千葉県 (9)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (3)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (2)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (55) (21)七福神巡り (2) (30)古墳 (6)古い町並み (16)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (13) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (1) (29)紅葉 (5)ダム (1)博物館 (16)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (7)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (20) (5) (9) (1)特集記事 (10)ピックアップ (5)旅のキーワード (3)

馬出空堀に圧倒!佐倉城は江戸時代の巨大な土の城【千葉・佐倉市】

本ページには広告が含まれています

千葉県にある佐倉城跡は、江戸時代に整備された城郭の跡です。
台地に築かれた平山城で自然の地形を要害とし、さらに土塁や空堀により守りが固められていました。
城址公園には多くの土塁や空堀の遺構が残り、見ごたえがあります。

また代々譜代大名が城主を勤め、出世城として名高い一面があったりもします。
そんな歴史も交えながら、日本百名城の一つ佐倉城の見どころを紹介します。

目次

『佐倉城跡』 広大な城郭で土塁や空堀をめぐる

「大手門跡」 城門の古写真が残る

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

今回は京成佐倉駅より、徒歩で佐倉城城址公園に向かいました。

公園少し手前で広々した空間が現れ、特徴的な土塁が見えてきました。
「大手門跡」で、このあたりは佐倉城の表玄関口だったようです。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

発掘調査により、この周辺の空堀は幅13~17m、深さ3.5m以上、長さは南北約120mあることが判明したそう。
かつての土塁と空堀の一部が復元されています。

深さは浅めに復元されていますね。

佐倉城は明治に入り廃城になりますが、その後は陸軍歩兵連隊の兵営所が置かれました。
その際城内の建物は取り壊され、造成されました。

大手門周辺も土塁は壊され、空堀の大半は埋められたそうです。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

大手門には「升形」と呼ばれる空間がありました。
入口四方を土手や壁で囲み、敵の直線的な侵入を防御するものですね。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

ところで、佐倉城に関して非常に興味深いのが、建物が取り壊される直前の古写真が残っていること。
当時の大手門には、屋根にシャチホコが乗った立派な2層の城門が建ってたんですね!

城内配置を描いた絵図や文献も残っており、佐倉城城内を知る資料が多く存在しています。

「佐倉城址公園センター」 百名城スタンプや天守閣模型も!

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

次に城址公園東端の「佐倉城址公園センター」へ立ち寄り。
駐車場の一角にあるので、車で訪問の際にも立ち寄りやすい場所だ。

百名城スタンプは、こちらに設置されています。
スタンプは建物内外の二か所にあり、24時間365日対応です!

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

センター内には、かつての城門や櫓の貴重な古写真が飾られており、しばし見入りました。

天守閣(御三階櫓)の1/200模型もありましたよ!
土台部分に2段構えの段差があるのが特徴的ですな。

「佐倉城址公園」 江戸を取り巻く要衝の城

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

佐倉城の本丸・二の丸・三の丸だったエリアは、現在は緑豊かな城址公園として整備されています。
国立歴史民俗博物館や植物園が隣接しており、歴史を感じられる市民の憩い場となっています。

佐倉城の歴史概要
天文年間(1532~1552年):戦国時代中期に、千葉氏の一族である鹿島幹胤(かしまもとたね)が中世城郭として築城。
慶長15年(1610年):江戸時代に入り、譜代大名の土井利勝(どい としかつ)が佐倉に封ぜられる。
慶長16年(1611年)~元和3年(1617年)頃:土井利勝は徳川家康の命により、戦国時代の城郭を原型とし近世の佐倉城を築城。
以降は江戸を取り巻く要衝として、譜代大名が次々と封ぜられた。
明治維新後:廃城令により、建物のほとんどが撤去される。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

佐倉城は、標高30m前後の、馬の背状の台地先端に位置していました。
その台地は、北に印旛沼、西と南に鹿島川・高崎川が流れる低地に突き出ています。

縄張りは、本丸・二の丸・三ノ丸が一列に並ぶ連郭式平山城です。
地形を利用しつつ、水堀・空堀・土塁などを築き、防御を固めていました。

台地の東側には、武家屋敷と町屋などを配した城下町がつくられました。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

三の丸手前にあたる公園入口付近では、土塁と空堀が見られます。
当時の空堀は、もっと深さがあったんでしょうねえ。

佐倉城は江戸時代に改修された城ですが、石垣を用いていないのも特徴の一つです。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

クランク状の公園入口を抜けると、かつては三の丸の入口の「三の門」があった。
2階造りの木造の門で、大きさは幅六間(約11m)・奥行き三間(約5.5m)だったそう。
現在残るのは案内板のみでした。

三の丸にはかつて家老屋敷が置かれていましたが、現在は森林公園風に整備されています。
植えられている木は桜ですね。

公園内には約740本の桜が植えられていて、県内でも有数の桜の名所なんだそうですよ。
佐倉の桜は、語呂も良いよね(笑)。

「富士塚(浅間神社跡)」

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

三の丸内にあった、浅間坂という小道を進んでみます。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

かつてはこちらには、富士山を信仰する浅間神社があったそうだ。
こんもりとした盛り土は、富士塚跡なんですって。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

今でも富士塚からは富士山が見える、とのことで登ってみましたが。。。
本日はご覧の通りでしたわ。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

浅間神社跡の脇には、台地の下部に通じる道があった。
ここを進むと、本丸裏手の出丸に出れるようだ。(後で気づいたのだが。。。)。

台地の平地部から少し外れると、平山城を感じさせる地勢が確認できます。

「佐倉城は老中の城!?」 開国に貢献した堀田正睦

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

二の丸入口手前には、道を隔てて2つの銅像が立っていました。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

こちらは歴代佐倉藩主の中では、歴史上良く知られる堀田正睦の像。

堀田正睦(ほった まさよし)(1810~1864年)は、文政8年(1825年)に佐倉藩主となりました。
文武奨励により藩士の意識高揚をはかり、さらに人々の生活の向上にも注力するなど、藩政改革をおこないました。

その後、天保12年(1841年)には江戸幕府の老中に就きます。
そこで開国を唱え、アメリカ総領事タウンゼント・ハリスと「日米修好通商条約」を結ぶ交渉に全力を傾けました。


ちなみに、歴代佐倉城主(佐倉藩主) は堀田正睦を含め、なんと9人が幕府の要職である老中に抜擢されているのが凄い!

これは全国最多で、「老中の城」と呼ばれたそうですよ。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

こちらは、アメリカ総領事タウンセント・ハリスの像。

日本の開国実現のために、大統領の親書を携え幕末に来日。
正睦らとの交渉をへて、日米修好通商条約を結びました。

2つの像は、日米修好通商条約150周年を記念して建立したものだそうです。

「巨大な空堀内を歩く」 旧陸軍の遺構も

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

堀田正睦とハリスの像の東側は、なにやら谷のような地形になっていますね。
どうやら空堀らしいので下ってみます。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

谷底に到着。

元々の地形を生かし、さらに土塁で補強された感じかなあ。
写真の土塁の上は公園入口付近なので、広範囲にわたる空堀ですね。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

空堀の中には、昭和初期に造られた「旧佐倉連隊脂油庫」がありました。

これは旧陸軍(歩兵第五十七連隊等、通称佐倉連隊)が、銃の手入れ用の油を保管したものだそう。
戦争遺構として貴重なんだそうです。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

あずまや風の休憩所には、将棋を楽しむ人々が。
地元の憩いの場であることを感じる一コマ。

ちなみに堀田正睦像近くにある茶室「三逕亭(さんけいてい)」では、茶道の先生が点てたお茶を頂くことができます(有料)。

茶室・三逕亭
開園時間:10:00~15:30午後3時30分
料金:一服 800円(子ども 400円)

「二の丸に残る礎石跡」

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

再び台地上へ。
先程の堀田正睦とハリスに挟まれた道を進み、二の丸に向かいます。

二の丸入口にも、かつては2階造りの「二の門」がありました。

近くには、明治27年(1894年)に佐倉の地を訪れた、正岡子規の句碑がありました。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

二の丸には、かつて「二の丸御殿」がありました
実質の政務は本丸ではなく、二の丸を中心におこなわれていたようですね。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

二ノ丸西側の「礎石跡」。

明治時代には、ここに旧陸軍の営所がありました。
その造営の際、兵舎の基礎の主柱が建つ位置には、旧佐倉城の礎石がそのまま転用されたそうだ。

礎石の表面には、柱を入れるためであろう穴が確認できます。

「巨大な角馬出しの空堀」 V字型の薬研堀

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

主要な曲輪に通じる北側端の入口には、「椎木門(しいのきもん)」がありました。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

その椎木門を守る防御施設が、こちらの特徴的な「角馬出し(かくうまだし)」
佐倉城跡の最大の見どころの一つといえます。

馬出しは虎口(出入口)の外側に堀を隔てて設けられた、小さな曲輪です。
内部の人馬の出入を敵に知られぬよう、土手が築かれています。

また、弓矢や鉄砲で外敵を攻撃する際、兵を待機させる機能も持ちます。

空堀は明治時代に埋められていましたが、発掘調査により長辺121m・ 短辺40m のコの字型で、深さは5.6mの規模と確認されました。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

長辺・短辺は元の規模のまま、深さは約3mで復元されています。
いやー、これは当時の様子が見事に復元されており、迫力がありますね!

断面形はV字型の薬研堀(やげんぼり)で、落ちると身動きが取れなくなる形状。
元々はこの2倍近くの深さと考えると、まず這い上がってこれないでしょうねぇ。

この馬出しの外側には「椎木曲輪」があり、上級武士たちの武家屋敷がありました。
現在は、国立歴史民俗博物館が建てられています。

「天守台跡が残る」 本丸御殿は徳川家康・秀忠の宿所

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

今度は城郭の西南端部に位置し、城郭の心臓部である本丸に向かいました。
広々とした曲輪の周囲は、土塁に囲まれています。

本丸入口には、やはり木造2階造りの「一の門」があったそうです。

主要な曲輪入口には、それぞれ2階造りの立派な門があったわけですが。。。
一つぐらい残してくれてればなぁ、なんてちょっとうらめしく思いました。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

本丸は台地の先端部に位置しています。
曲輪の南側・西側には高さ35m程の急崖があり、崖下には水堀があります。

北側と東側には、切り立ったV字型の空堀が造られています。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

こちらが土塁上に残る、御三階櫓が建っていた「天守台跡」です。
2段構えの地形になっているのが特徴的ですね。

本丸側から見ると4階建てで、反対の崖下から見ると3階建てに見えるという。
ちょっとトリッキーな造りですね。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

天守閣は文化10年(1813年)の火災で焼失し、その後は再建されませんでした。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

天守台跡から見下ろした本丸全景。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

本丸御殿の見取り図がありました。
当時はここに400畳余を有する、本丸御殿があったそうですよ!

この本丸御殿は、徳川将軍家康・秀忠が鷹狩に来た際の宿所とされたそう。
そのため、代々城主は年始・五節句など以外は常用せず、二の丸内に居住していたそうだ。
住むには恐れ多い、ということだったそうですわ。

太田道灌建の「銅櫓」があった

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

外周の土塁上には、瓦塀が巡らされていたそうだ。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

土塁上の一角には「銅櫓(どうやぐら)」の跡。
木造2階造りで、銅瓦葺がのった櫓があったそうだ。

これは江戸城の吹上庭内にあった建物を、土井利勝が将軍から拝領・移築したものといわれます。
元々は3層の建物で、太田道灌が造ったものだったといわれます。

明治時代までは残っていたんですよ。
貴重な建物を見たかったですねえ。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

天守台跡付近にある「佐倉城の夫婦モッコク」は、本丸内の庭樹の一つだったとされます。
千葉県の天然記念物に指定されています。

「本丸後方の水堀と薬医門」

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

最後に、本丸の南側後方の水堀を見にゆきました。

城の外側から見てますが、左手の突き出たあたりは「出丸」と呼ばれました。
出丸は外敵に攻撃を仕掛けるための、城郭外側に張り出した曲輪ですね。

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

そして、出丸の一角にはこちらの薬医門があります。
これは元々城内のどこかにあった門らしく、数少ない建築物の遺構です。

廃城後に移築して使用されていたものが、市に寄付され戻ってきたものだそうです。

出丸の場所へは、公園内の二の門跡あたりから下れるみたい。
行き方が分からなかった私は、公園を出てぐるっと大回り。
そのかなりの距離に後悔しましたわ。

佐倉城の御城印

佐倉城跡(千葉県佐倉市)

記念に御城印を購入しました(300円)。

在りし日の御三階櫓と県下有数の桜の名所のイメージ。
そして、藩政を改革した堀田氏の家紋が背景になっています。

御城印販売所
京成佐倉駅前観光案内所
住所:千葉県佐倉市栄町8−7(GoogleMapで開く

JR佐倉駅前観光情報センター
住所:千葉県佐倉市六崎169-17(GoogleMapで開く

佐倉ふるさと広場売店「佐蘭花」
住所:千葉県佐倉市臼井田2714-2714(GoogleMapで開く

ネット販売:佐倉市観光協会(公式ページ

明治時代の初めにはまだこれだけ様々な城が残されていたんですね。
貴重な写真の数々に思わず釘付け!

佐倉城址公園の詳細情報・アクセス

佐倉城址公園

公式ページ
住所:千葉県佐倉市城内町官有無番地(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・京成線「京成佐倉駅」より、徒歩約20分
・JR「佐倉駅」より、徒歩約25分
・京成線「京成佐倉駅」南口、又はJR「佐倉駅」北口より、ちばグリーンバスの田町車庫行き乗車、「国立博物館入口」又は「国立歴史民俗博物館前」下車、徒歩約5分
車)
・東関東道「佐倉IC」から県道佐倉印西線経由で約6km・約15分
・駐車場あり(桜・菖蒲のシーズン中は駐車場が満車になるので注意)

佐倉のランチは事前予約やクーポン利用で、並ばずお得に!!

\ 佐倉の返礼品は農産物や加工品が種類豊富で目移りする!/

佐倉城跡へ出かけてみませんか?

江戸時代に整備された巨大な土の城跡、佐倉城跡を紹介しました。

城址公園の敷地はかなり広大なので、隅々まで歩くと結構な時間を要します。
また今回紹介できませんでしたが、近隣には貴重な武家屋敷が残っており、そちらも是非立ち寄りたいスポットです。

ということで、訪問の際には是非時間に余裕を持ってお出かけ下さい。
佐倉城跡へ出かけてみませんか?

記事の訪問日:2023/8/11

佐倉周辺の立寄りスポットを探して予約しよう!割引プランも!

近隣スポットもチェック!

空堀や土塁が残る城跡をさらにチェック!

さらに「城」に関する記事を探す

関東近郊へは、気軽なバス旅で出かけてみない?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次