【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

日光街道 【埼玉六宿場】の歩き方ガイド、御宿場印も楽しいぞ!

日光街道 【埼玉六宿場】の歩き方ガイド、御宿場印も楽しいぞ!

江戸時代、日光街道が整備された時に埼玉には草加宿・越ヶ谷宿・粕壁宿・杉戸宿・幸手宿・栗橋宿の六つの宿場町が設置されました。

そんな旧宿場町を、街道の面影を探して歩く歴史散歩を紹介します。

それぞれの宿場町で販売されている「御宿場印」を集める新しい楽しみ方も紹介してますよ!

日光街道と埼玉の宿場町歩き

日光街道と「埼玉六宿場」について

日光街道は江戸時代の五街道のひとつ。江戸日本橋から徳川家康を祀る東照宮がある日光山への主要道路として整備された、全長約142kmに及ぶ街道です。

街道沿いの宿場町は、日本橋を出て千住宿の次から現在の埼玉県に入り、草加宿(現、草加市)・越ヶ谷宿(現、越谷市)・粕壁宿(現、春日部市)・杉戸宿(現、杉戸町)・幸手宿(現、幸手市)・栗橋宿(現、久喜市)と6か所の宿場町が設置されました。

宿場町としての面影が今も残る、これら埼玉六宿場の街歩きポイントについて紹介します。

「日光街道・日光西街道 御宿場印めぐり」について

日光街道・日光西街道 御宿場印プロジェクト
日光街道・日光西街道 御宿場印

~歴史を偲び、楽しい思い出を集めながら宿場町を漫遊する、それが新しい旅のかたち「御宿場印めぐり」です。~

ということで、2021年から日光街道とその脇街道・日光西街道の宿場町・全30か所の御宿場印の発売が始まりました

今までも御朱印や御城印などありましたが、地域(=宿場町)で取り組む御宿場印はまた少し違った新しい試みだと思います。

『日光街道・日光西街道 御宿場印』
価格:御宿場印 各300円、御宿場印帳 2,200円
販売場所:日光街道・日光西街道 御宿場印のプロジェクトページで最新情報を確認下さい。

『草加宿ガイド』 ~草加松原で芭蕉を思う~

宿場町の概要
  • ■ 現在の所在地:埼玉県草加市
  • ■ 最初の千住宿に続く、日光街道で江戸から数えて2番目の宿場町
  • ■ 日本橋からの距離:4里16町(約17km)
  • ■ 宿場の規模:家数723軒、本陣1、脇本陣1、旅籠屋67

宿場町歩きのポイント


千住宿に続く、江戸から2番目の宿場町であった「草加宿」。

綾瀬川沿いに広がる国の名勝指定「おくのほそ道の風景地 草加松原」の景観はオススメのポイントですね!

江戸時代の”松原の道”を復活させ、かつて草加宿を歩いた松尾芭蕉をモチーフに公園と遊歩道が整備されており、雰囲気のある散策が楽しめます。

旧日光街道側を歩くと、宿場町の面影を残す古い建物や本陣跡の石碑などが建っており宿場町の面影をたどれます。また、150年前の蔵をリノベーションしたカフェで、食事を楽しむこともできますよ!

古い建物は軒数的には少なめかな。

 詳細なレポートはこちらへ!

『越ヶ谷宿ガイド』 ~徳川将軍の御殿があった~

宿場町の概要
  • ■ 現在の所在地:埼玉県越谷市
  • ■ 江戸から数えて日光街道3番目の宿場町
  • ■ 日本橋からの距離:6里8町(約25km)
  • ■ 宿場の規模:家数1005軒、本陣1、脇本陣4、旅籠屋52

宿場町歩きのポイント


越谷宿

草加宿に続く江戸から3番目の宿場町「越ヶ谷宿」。

日光街道では千住宿に次ぐ規模を誇り、埼玉六宿場の中では最も大きな宿場町でした。

旧街道沿いには旧商家の木造建築物や土蔵が多く残っており、埼玉六宿の中では最も旧宿場町らしい雰囲気が味わえると思います。

越ヶ谷宿は徳川家康・秀忠が度々鷹狩りで訪問した場所で、家康・秀忠が訪問の際に宿泊した越ヶ谷御殿の跡碑や、徳川将軍が立ち寄ったといわれる天嶽寺などもあります。

食事や喫茶を楽しめる古民家カフェが幾つかあるのも、越ヶ谷宿歩きのオススメポイントですね。

 詳細なレポートはこちらへ!

『粕壁宿ガイド』 ~多彩なウォーキングコースあり~

宿場町の概要
  • ■ 現在の所在地:埼玉県春日部市
  • ■ 江戸から数えて日光街道4番目の宿場町
  • ■ 日本橋からの距離:9里2町(約36km)
  • ■ 宿場の規模:家数773軒、本陣1、脇本陣1、旅籠屋45

宿場町歩きのポイント


春日部宿

江戸から4番目の「粕壁宿」。

早朝に江戸を出発すると丁度夕方に粕壁宿に到着し、多くの旅人が宿泊しました。「おくの細道」紀行中の松尾芭蕉と弟子の河合曾良(そら)も、粕壁宿に宿泊してますよ!

歴史スポットでは案内板等が整備されており、また、街中の粕壁宿をテーマにしたシャッターアートなども楽しい。

宿場町らしい風情は春日部駅東口側の旧日光街道・かすかべ大通り沿いに集中しており、土蔵造りの建物や道しるべの石柱が残ります。

散策コースは歴史やアートを楽しむコースもあれば、「クレヨンしんちゃん」のキャラクタースポットを巡るコースもあり家族で歩くのもよろし。

多彩なウォーキングコースがあるのが、粕壁宿歩きのオススメポイントです。

 詳細なレポートはこちらへ!

『杉戸宿ガイド』 ~復元高札場が宿場町風情を~

宿場町の概要
  • ■ 現在の所在地:埼玉県杉戸町
  • ■ 江戸から数えて日光街道5番目の宿場町
  • ■ 日本橋からの距離:10里23町(約42km)
  • ■ 宿場の規模:家数365軒、本陣1、脇本陣2、旅籠屋46

宿場町歩きのポイント


杉戸宿

江戸から5番目の宿場町「杉戸宿」は、埼玉六宿場の中では比較的小規模の宿場町でした。

旧日光街道沿いには、約120年前の酒造母屋の建物をリノベーションした蔵元の建物や、江戸時代の「高札場(こうさつば)」の復元物、数件残る蔵造りの建築物などが、かつての宿場町の面影を感じさせます。

宿場町を思わせる古い建物の軒数は少なめですが、杉戸町以前の各村の鎮守の神社や、初めて町役場が設置された寺院などあり、杉戸町の歴史をたどる面白さがあります。

日光街道沿いに「日光街道 すぎと七福神めぐり」コースが設定されているので、宿場町歩きと併せてのチャレンジはいかが?

 詳細なレポートはこちらへ!

『幸手宿ガイド』 ~日光御成道と合流する町~

宿場町の概要
  • ■ 現在の所在地:埼玉県幸手市
  • ■ 江戸から数えて日光街道6番目の宿場町
  • ■ 日本橋からの距離:12里12町(約49km)
  • ■ 宿場の規模:家数962軒、本陣1、脇本陣なし、旅籠屋27

宿場町歩きのポイント

幸手宿

杉戸宿に続く江戸から6番目の「幸手宿」は、千住宿・越ヶ谷宿に次ぎ、日光街道で3番目の規模の宿場町だったといわれます。

幸手宿は日光街道のみならず、将軍の日光参拝専用道路・日光御成道との合流点でもあり重要地点と考えられていたようです。

将軍家の休憩所だったと伝わる「聖福寺」や、将軍になる前の徳川家綱が宿泊したとされる「正福寺」などがあります。(どちらも”しょうふくじ”)。正福寺に残る当時の貴重な石の道標も見どころです。

本陣・問屋場跡の説明板や一里塚跡碑などを巡ることができますが、宿場町を思わせる古い建物は少なめに感じます。

幸手宿巡りは、関東でも有数の桜の名所「幸手権現堂公園」にも足を延ばすのもよいですよ。桜以外にも四季折々の花が楽しめます!

 詳細なレポートはこちらへ!

『栗橋宿ガイド』 ~日光街道唯一の関所~

宿場町の概要
  • ■ 現在の所在地:埼玉県久喜市
  • ■ 江戸から数えて日光街道7番目の宿場町
  • ■ 日本橋からの距離:14里15町(約57km)
  • ■ 宿場の規模:家数404軒、本陣1、脇本陣1、旅籠屋25

宿場町歩きのポイント

栗橋宿

幸手宿に続く江戸から7番目の宿場町で、埼玉六宿場の最後の宿場町となる「栗橋宿」。

県内の宿場町の中では、杉戸宿についで小さかったようです。

この先の利根川を越える為の、日光街道唯一の関所があった要所として知られ、堤防の傍には「栗橋関所跡」の石碑があります。

栗橋宿の総鎮守「八坂神社」にある珍しい狛鯉(こまこい)像は、栗橋が川の街であることを象徴しています。

栗橋駅の駅前には源義経の内妻「静御前(しずかごぜん)の墓」があり、立ち寄りたい。

宿場歩きの見どころスポットは、他の5宿との比較では正直やや少なめに感じますね。

 詳細なレポートはこちらへ!

「埼玉六宿場の御宿場印紹介」 御宿場印帳もある

埼玉六宿場の御宿場印

御宿場印は、宿場名・日光街道の文字と、宿場の特色をイメージしたモノトーンのイラストがベース。それに朱印を押したようなスタイルのデザインですね。印刷された物として販売されています。

特記事項の情報としては。。。「一部日付を入れてくれた販売所もありました」、「越谷では小さな名物のダルマのオマケが頂けた(可愛らしい!)」。そんなとこかな。

御宿場印帳

専用の御宿場印帳が、御宿場印を扱っている場所で販売されてます。

雰囲気あるデザインで、なかなかグッドだと思います。

御宿場印を挟んだ感じを参考にご紹介。

一般的な御朱印帳と同じような蛇腹形式で、簡易的に差し込みが出来る切れ目が入っています。一冊2,200円でした。

購入される場合は、事前に在庫の確認をされると良いかもしれません。

ちゃんと歩ける日光街道・奥州街道 日光道中二十一次/奥州道中十次 [ 八木牧夫 ]

価格:1,760円
(2021/9/23 21:45時点)
感想(3件)

日光街道や奥州街道を歩いてみませんか?持ちやすさや見やすさを考慮した、ハンディサイズがありがたいガイドブック。

広重の浮世絵と地形で読み解く 江戸の秘密 [ 竹村 公太郎 ]

価格:2,530円
(2022/3/3 09:28時点)
感想(1件)

歌川広重の浮世絵に秘められた、江戸の地形や歴史の謎を紐解いてゆくという楽しい試みの本。紹介された名所を実際にあるいてみるも楽しそう!

出かけてみませんか?

宿場町としての日光街道をこれから歩こうという方、埼玉六宿場をこれから歩いてみたい方、御宿場印を集めてみたい方などの参考になれば幸いです。

初めての街を歩くと、隠れた魅力的なスポットが沢山あることに気づきます。宿場町歩きも、そんな街の魅力探しの切り口の一つだと感じます。

宿場町歩きに出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021年2月~7月間の数回】
Pocket