【最新記事:2021.6.22】梅雨の季節を花で楽しく!加須市「あじさいロード」と玉敷公園散策【埼玉県】

さあ、歩こう!「杉戸町」宿場町ウォークで楽しくリフレッシュ!【埼玉県】

さあ、歩こう!「杉戸町」宿場町ウォークで楽しくリフレッシュ!【埼玉県】
杉戸町

江戸時代に日光街道の宿場町として栄えた埼玉県杉戸町を紹介します。最近、近所のウォーキングコースに飽きてきてませんか? 街歩きコースが整備されている宿場町スポットは楽しみながらのウォーキングに最適ですよ!宿場巡りマップや街中の説明板なども充実しており、あれもこれもチェックして周ると結構運動量も稼げます!


杉戸町と日光街道「杉戸宿」

杉戸町は埼玉県東部に位置し首都圏40㎞圏内の好立地で、埼玉県の町の中で最も人口の多い町となります。地理的には東に江戸川、西に大落古利根川が流れ、水と緑に囲まれ田園風景も多くみられのどかな感じの町です。

日光街道は江戸時代の五街道のひとつで、江戸日本橋から徳川家康を祀る東照宮がある日光山への主要道路として整備された全長約142kmに及ぶ街道です。日本橋を出て「千住宿」を過ぎると、次の宿場町からは埼玉に入り「草加宿」「越ヶ谷宿」「粕壁宿」「杉戸宿」「幸手宿」「栗橋宿」と6か所の宿場町が埼玉にありました。 「杉戸宿」は日光街道の4番目の宿場町です

「東武動物公園駅」から川沿いを歩く

東武動物公園駅

杉戸宿歩きの近隣駅は東武線「東武動物公園駅」で、西口からのアクセスになります。ちなみに、東武動物公園は駅の西口側にあり、東武動物公園駅の所在地は宮代町になります。駅から宿場町があった旧日光街道まで移動します。

大落古利根川

町の南北を縦断する大落古利根川沿いの道を歩きます。江戸時代には交通に一環としてこの川も活躍した事でしょう。

大落古利根川

川沿いには町のトピックスや歴史をつづった案内板があり歩いていて飽きません。
杉戸町では、夏に「古利根川流灯まつり」が行われているそうです。盆の時期にテレビで精霊流しとか灯籠流しのニュースが流れるけど、埼玉の首都圏でも行っている場所があるんですね。例年、8月初旬に行われますが2020年度は中止されました。2021年は開催できると良いですね。

杉戸町役場
杉戸町役場

目印として分かり易い杉戸町役場に到着。駅からは約1km。本日はこの周辺の旧日光街道沿いを歩いてみます。

杉戸町役場
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町清地2-9-29(GoogleMapで開く

旧日光街道を宿場町歩き

「三本木一里塚跡」なかなか見つからず。。。

杉戸宿

日光街道(国道4号線)と旧日光街道が分岐するあたりにある「三本木一里塚跡」を探しましたが。。。のっけからなかなか見つかりません!同じ場所を行ったり来たりしてようやく民家の垣根と一体化している看板を見つけました (苦笑) 。石でできた道しるべみたいなものを勝手に想像していたかも。宿場町歩きあるあるですかね。一里塚跡は説明板だけです。元々の一里塚は縦横9mってあるので結構でかいものだった様です。

三本木一里塚跡
住所: 埼玉県北葛飾郡杉戸町清地3丁目9(GoogleMapで開く

「みなみがわ散策道」旧街道と並行する散策路

杉戸町 みなみがわ散策道

農業用の水路の跡地を整備した散策道が旧日光街道と並行してあります。始点にはあずま屋風の休憩場もありとても綺麗な散策道ですがこの道沿いには史跡などは無いです。でも気持ちの良い道なので散策道を歩いたり旧街道に戻ったりして気ままに進みました。

杉戸町 みなみがわ散策道

道の断面図を見ると歩道の下水路が通っている様です。

杉戸町 みなみがわ散策道

整備された綺麗な道がずっと続いています。

「関口酒造」約120年前の酒造母屋をリノベーション

杉戸宿 関口酒造

旧街道に戻ります。宿場町っぽい雰囲気の古民家がありますね!
「関口酒造」は1822年(文政5年)創業の蔵元で代表銘柄はその名も「杉戸宿」。建物は約120年前の酒造母屋をリノベーションして住居と事務所として使用されているものです。創業者は今川義元の家老の末裔だそうですよ。

杉戸宿 関口酒造
関口酒造
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町清地2-1-16(GoogleMapで開く

「杉戸宿高札所」杉戸宿開宿400年記念で復元

杉戸宿 高札所

高札場(こうさつば)とは、江戸時代に幕府や領主による法令を書き記した木の札(=高札)を掲示する施設で、これを復元したものです。当時はもう少し東の位置にあった様です。

杉戸宿 高札所

これは、2016年(平成28年)に杉戸宿開宿400年プロジェクトの一環として町企業と地元の日本工業大学の連携作業で復元させたもので、宿場町「杉戸宿」のシンボル的存在。宿場町の雰囲気を盛り立ててます。

杉戸宿高札所(復元)
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町清地1丁目2(GoogleMapで開く

「近津神社」地元の清地村の鎮守

杉戸町 近津神社

宿場町では多くの神社を見掛けます。この「近津(ちかつ)神社」は地元・清地村の鎮守。2001年(平成13年)に不審火で本殿が焼失しています。”本殿の彫刻は類を見ない素晴らしいものだった”とあるので非常に残念。

杉戸町 近津神社
杉戸町 近津神社

見返りしている狛犬。よそ見(?)している狛犬は珍しいかも。

杉戸町 近津神社

浅間大神を祀る富士塚。江戸時代は富士塚を富士山に見立てて山頂にある浅間神社をお参りする富士信仰が流行りました。

近津神社
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町清地1丁目1-29(GoogleMapで開く

「杉戸キリスト教会」埼玉で2番目に古い

杉戸キリスト教会

1885年(明治18年)に設けられた清地会堂を母体とし、1953年(昭和28年)に創設されたプロテスタント教会。同じ杉戸町にある和戸教会に次いで県内2番目に古い教会だそうです。杉戸は県内のキリスト教の歴史において由緒がある町なんですね。

杉戸キリスト教会
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町清地1丁目1-30(GoogleMapで開く

「東福寺」初代杉戸町役場跡

杉戸町 東福寺

日光街道沿いからは少し外れた場所の「東福寺」。創立年代は不詳ですが、1461年(室町時代)の火災で焼失、再建したが1554年再び火災に会い本堂を新築などの記録が残っており古い起源のお寺であることがわかります。

杉戸町 東福寺

1889年(明治22年)に初めての杉戸町役場が東福寺境内に設置されており杉戸町の歴史上ポイントとなるお寺。

杉戸町 東福寺

東福寺の参道が杉戸宿と清地村の境目でした。

香取山東福寺公式ページ
埼玉県北葛飾郡杉戸町清地1-9-3 (GoogleMapで開く

「神明神社」 杉戸宿新町の鎮守

杉戸町 神明神社

旧街道に戻ります。「神明(しんめい)神社」は杉戸宿新町の鎮守で神明様として親しまれています。毎年7月の八坂祭りは天王様と呼ばれ夏祭りで賑わうそうです。

神明神社
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町12(GoogleMapで開く

「巴湯」レトロな建物が目を引く

杉戸町 巴湯

神明神社近くにある「巴湯」の建物はレトロなフォルムで目を引きます。中にも入れそうな感じで「ん?営業してる?」と思いましたが、廃業されてました。後で調べたら明治末期以来100年以上の創業で、2018年(平成30年)に残念ながら廃業されたそうです。

「明治天皇御小休止跡碑」「本陣跡地」

杉戸町 明治天皇小休止跡碑
明治天皇小休止跡碑

「明治天皇御小休止跡碑」は、銀行の前にポツンとポストと一緒に並んでいます。明治9年(1876年)、明治天皇は奥羽御巡幸の途中、杉戸に立ち寄りここで5分間の休憩をとられたとのことです。ちなみにこの題字は、西郷隆盛の甥の西郷従徳(じゅうとく)の手によって書かれたものだとか。へえ~。

明治天皇小休止跡碑
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2丁目13-12(三井住友信託銀行 杉戸支店前)(GoogleMapで開く
杉戸町 本陣跡地前

「本陣跡地前」の交差点。ここもウロウロポイントだったのですが。。。本陣跡地があるはず!少なくとも形跡が。交差点の周辺を行ったり来たりしたのですが(笑)、それらしき物は発見できず。後に確認したところ、一般公開はしていないが「長瀬清兵衛邸」という個人宅で当時の門構えの一部が見れるらしいです。事前調査、重要ですね。

「愛宕神社」杉戸宿の鎮守の一つ

杉戸町 愛宕神社

「愛宕神社」は杉戸宿の鎮守の一つで成り立ちは1705年(宝永2年)までさかのぼるとあります。

杉戸町 愛宕神社

境内にある大銀杏の樹は樹齢300年を超えるものと言われています。だいぶ傷んでいる様に見えます。

「渡辺金物店跡」宿場町の雰囲気を残す

杉戸町 渡辺金物店跡

「渡辺金物店跡」は宿場町の雰囲気を残す古い商家跡で、平成に入るまでは営業していたそうです。隣にある板(?)ガラスと書かれた看板の建物も気になりますねえ。

杉戸町 渡辺金物店跡

店舗跡では「クラブ茶屋」という地域交流の会が所有者のご厚意により催されており、その日は店内に入ることができるそうです。(開催日は不定期)

渡辺金物店跡
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸1丁目3(GoogleMapで開く

「角穀跡/小島定右衛門邸」母屋と蔵が並ぶ 貴重な建物

杉戸町 小島定右衛門邸

母屋と蔵が並ぶ「小島定右衛門邸」は元々米穀問屋で、宿場町「杉戸宿」の面影を残す貴重な建物。米の輸送網には大落古利根川が利用されていました。

杉戸町 小島定右衛門邸
杉戸町 小島定右衛門邸

重厚な雰囲気の蔵の扉。

角穀跡/小島定右衛門邸
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸1丁目5-11(GoogleMapで開く

食事処:蕎麦「つちのこ」

杉戸町 蕎麦「つちのこ」

本日宿場町歩きの前に伺い、ランチを頂いた杉戸の蕎麦屋さんを紹介します。場所的には隣駅の和戸(わど)駅から約1kmの場所にあり、東武動物公園駅から歩いて行くにはちょっと遠いかもしれません。本日は車で伺いました。

杉戸町 蕎麦「つちのこ」

二八蕎麦でしたが、コシがある細目の蕎麦でノド越しもなかなか良い美味しいお蕎麦でした。おにぎりのご飯も美味しかった。十割蕎麦もやっている様です。美味しいお蕎麦が食べたけれオススメです。

蕎麦きり「つちのこ」公式ページ
住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町下高野833-8(GoogleMapで開く

本日の杉戸宿歩きルートマップ

アクセス・参考情報(地図入りパンフの入手方法)

東武線「東武動物公園駅」までのアクセス
電車)
・「渋谷駅」から半蔵門線直通急行で約80分
・「大宮駅」から東武アーバンパークラインで約30分(春日部乗換)
・「柏駅」から東武アーバンパークラインで約43分(春日部乗換)
車)
・東北自動車道最寄りICは「蓮田スマートIC」、または「久喜IC」
・圏央道最寄りICは「白岡菖蒲IC」、または「幸手IC」

日光街道宿場めぐり「杉戸宿」マップについて
今回の杉戸宿歩きは杉戸町観光協会作成の『日光街道宿場めぐり「杉戸宿」』のパンフレットを参考に歩きました。杉戸町のホームページで配布場所の案内やパンフレットの閲覧も出来るのでご確認下さい。

出かけてみませんか?

いかがでしたか?宿場町時代の当時の建物がそのまま沢山残っているわけでは無いのですが、街道沿いには各歴史スポットの説明板が設置されているので飽きずに興味深く歩けます。歴史を感じるのがソコソコ好きであれば楽しく歩ける道だと思いますよ。出かけてみませんか?

【記事の訪問日:2021/4/11】

もっと埼玉の宿場町歩き! 【あわせて読みたい】

宿場町「幸手」を街歩き

埼玉県幸手市では江戸時代に建てられた古民家をカフェでランチができます!国の登録有形文化財にも登録されている貴重な建物なんですよ。幸手は宿場町として栄えた歴史があり宿場町の面影がありますので、街道歩きを楽しで、古民家カフェで食事を楽しむのはいかが?

宿場町「春日部」を街歩き

近所のコースに飽きたらウォーキングコースの宝庫・春日部を歩きませんか?「クレヨンしんちゃん」一家がまちの案内人の春日部は、日光街道の宿場町として栄えました。歴史の面影を探しながら街歩きします。街かどアートを発見して時々横道にそれたりします。

宿場町「越谷」を街歩き

運動不足解消を兼ねて越谷で宿場町ウォークしませんか?日光街道の中では比較的大きな宿場町で、街道の面影を残す建物も残っています。築120年の古民家をリノベーションした洒落た複合施設もあり、食事も楽しめます。誰かを誘って出かけるのも良いですね!

宿場町「草加」を街歩き

草加市の「草加松原」を歩いたことはありますか?このオススメの散歩道は、俳人・松尾芭蕉もおくの細道の旅で通った風光明媚な道。草加で日光街道の雰囲気を残した風情を楽しみ、名物のせんべい屋をのぞいたりランチしたりと、草加の街を歩いてみましょう!

Pocket

街歩きカテゴリの最新記事