【最新記事:2022.9.23】「亀戸天神社」は東の太宰府天満宮、菅原道真公の御神徳を!【東京・江東区】

「草加神社」は宿場町に鎮座した総鎮守、季節感ある御朱印も楽しい!【埼玉・草加市】

「草加神社」は宿場町に鎮座した総鎮守、季節感ある御朱印も楽しい!【埼玉・草加市】

埼玉県草加は、江戸時代は日光街道の宿場町として栄えました。その宿場町を見守ってきたのが総鎮守・草加神社です。

歴史を感じさせる建物が残っていると共に、何度でも参拝してみたくなるような工夫を感じさせる神社なんですよ!

そんな草加神社を訪問したので紹介します。

『草加神社』 宿場町を見守ってきた総鎮守

松尾芭蕉も訪れた草加宿の紹介

日光街道は江戸時代に整備された五街道の一つで、江戸・日本橋から徳川家康公を祀る東照宮がある日光山への主要道路として整備された街道です。

埼玉県草加には、日本橋から数えて千住宿に次ぐ2番目の日光街道の宿場「草加宿」が設置され、にぎわいました。

草加といえば忘れちゃいけない名物”草加せんべい”ですが、さかのぼるとやはり街道沿いの茶屋から生まれたヒット商品だったようですよ!

市内の綾瀬川岸沿いには、街道の風景を再現した松並木の道「草加松原」があります。

かつて「おくのほそ道」の旅で松尾芭蕉も草加の地を歩いており、芭蕉をモチーフにした雰囲気ある散策路が続いています。国の名勝地にも指定されてるんですよ。

そんな街道沿いの街にあり、宿場町の発展とともに崇敬を集めてきた、草加の総鎮守「草加神社」を参拝してきました。

「二の鳥居」 花手水がお出迎え

草加神社は東武線・草加駅からもほど近いロケーション。ですが、駅前の通りからはちょいと奥まった場所にあるため、静かで落ち着いた雰囲気でした。

鳥居の脇の駐車場に車を入れさせて頂き、早速参拝!と、思いつつ振り返ると。。。少し離れた場所にもう一つ鳥居が見えますねえ。どうやら境内入口の鳥居は二の鳥居の様です。

一の鳥居へは後ほどのご挨拶でご勘弁を。たぶんこれは。。。、草加神社参拝あるあるの様な気がします(苦笑)。

草加神社

江戸時代の宿場町との関わりが深い草加神社ですが、始まりはそれより前の安土桃山時代の天正年間頃(1573~1585年)です。大宮氷川神社からの分霊が起縁とされます。

どうやら当時は小さな祠があっただけの、簡素な感じでの創始だった様ですよー。

創始以来氷川神社の社名でしたが、明治時代に草加町内の諸神社12社が合祀され、その際現在の草加神社へと改称されています。

草加神社

鳥居のたもとでフリフリのカーネーションの花手水がお出迎。

神社での花手水は癒されますよね!特に冬場は街中でなかなか花に出会えないので貴重!

「狛犬」 昭和の狛犬さん

草加神社

境内参道の狛犬は結構高い位置に鎮座してますね~。台座の文字からすると、昭和の狛犬の様です。

草加神社

帰ってから調べると。。。、元々は現在より一回りから二回り大きい、青銅製の狛犬があったそうな。

そちらは残念ながら、戦時中に金属として回収されてしまったらしいですわ。

草加神社

令和4年の干支である寅の絵馬。モノトーンの荒々しいタッチで描かれてますね。

「手水舎」 不思議な彫刻達

草加神社

手水舎。

草加神社

時世柄か、手水舎も花手水になっていました。

こちらは淡い色合を中心に、爽やかで瑞々しい雰囲気にまとまってます!

草加神社

手水舎の屋根裏に目を向けると、凝った感じの彫刻が施されていました。

何の動物かな?とマジマジ見てみると、う~ん、見慣れない動物が見え隠れしてる気がする。

草加神社

右はウサギに見える。左は一見ウサギだが、妙に爬虫類っぽい身のこなしに見えません?

しばし見入ってしまった、神社の彫刻の不思議な世界。手水舎の建物年代は未確認です。

「拝殿」 主祭神と御利益

草加神社

手水舎を後にして、拝殿にご参拝です。

草加神社

草加神社の主祭神は、素盞鳴命(すさのおのみこと)と櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の二柱になります。

こちらの神社では安産祈願・初宮詣・七五三詣・厄祓などの人生儀礼を執り行うとともに、家内安全・商賣繁昌・交通安全などの身近なご利益が幅広く頂けるようですよ!

最近腰が痛いので良くなります様に。。。

草加神社

賽銭箱の前にも花手水の演出がされてます。この位置での花手水は、あまり見ない気がする。

草加神社

拝殿脇の花手水。境内各所の花手水のおかげで、ほっこりしますね~。

「本殿」 江戸時代の建造物

草加神社 本殿

本殿は江戸時代後期の天保年間(1830~1843年)の造営、とあります。建物は草加市指定の文化財です。

周囲に柵があるものの、本殿がかな~り近くで見れること自体珍しい。思わずガブリ寄って拝見させて頂いた。

屋根は銅板葺ですが、元々は檜(ひのき)の樹皮を用いた桧皮葺(ひわだぶき)だったそうです。

草加神社 本殿
建物は一間社流造(いっけんしゃながれづくり)という造りです。

流造というのは。。。屋根は横から見ると最頂部から地上に向かって、2つの山形の傾斜面がありますよね。

その2つの傾斜の長さが均等でなく、手前側の庇が長い形状になっている造りです。

言葉での説明はまどろっこしいですね(苦笑)。ぱっと見でわかりやすい写真が無くてスミマセン。。。

草加神社 本殿

構造材はケヤキ材が使用されているとのこと。ケヤキは強靭さが特徴で、建物もガチッとした印象を感じました。

草加神社 本殿

で、本殿の見どころは、壁面を飾る数々の彫刻ですね。立体的で繊細な彫刻が目を惹きます!

これ、彫り出した一枚の板なんだよね、凄いよね~。題材は中国の仙人の物語だそうですが、特に人物の動きに躍動感を感じます。

草加神社 本殿

彫刻は江戸後期の立川流という流派の流れを汲むそうです。

宮掘りと呼ばれる木彫りの彫刻や建物の木組みの工法など、当時の宮大工と呼ばれる職人の技術は素人目で見ても凄いですね~。

「御神木」 樹齢350年

草加神社 御神木

拝殿前の御神木は、樹齢350年を越すといわれる銀杏の木です。

落雷に遭っているにも関わらず、その生命力は衰えていないようですよ!

「御神木に抱き着くと、大いなる力を頂ける」とありますので、ハグしてその生命力の強さにあやかってゆきましょう。

草加神社

御神木の裏手にはトンネル状の絵馬掛けがあります。

この位置なら、御神木パワーが降り注いでいる事間違いなし!

「境内社」 稲荷社ほか

草加神社

拝殿の隣には小型の鳥居があり、境内社への参道入口となっています。

草加神社

こちらにも花手水ですが、プチ注目は境内各所の化粧砂利。これが境内の小綺麗な清潔感を感じさせます。

境内は気持ち良く参拝できる様、良く手入れされているのが分かりますな~。

草加神社

稲荷神社の可愛らしい鳥居とお狐さんを入れてパチリ。

草加神社

と思いましたが、お狐さんは鳥居の真後ろに配置されていて、構図的にチト辛め。。。

草加神社

単独の稲荷神社とは別棟で、八幡社・三峯神社・雷電社の3社一体の祠があります。

雷電社って境内社としてたまにお見掛けしますが、その都度風神・雷神みたいな神様を思い浮かべてしまう。遠からず、かもしれませんが。

「雷という字は、雨が田に降りそそぐ意があり」と説明があります。ふむふむ。それにより五穀豊穣の神様ということなんですね、納得。

「一の鳥居」 草加神社通り沿い

草加神社

ひとしきり参拝した後で恐縮ですが、境内から100m弱ほど離れた一の鳥居へ回ってみました。草加神社通りという道路に面しています。

蛇足ですが。。。、草加市は昭和63年に市政施行30周年を記念して、主要道路名の愛称を公募しました。

草加神社通りもそれにより付いた名称の一つ。

ネーミングはオーソドックスですが、市道xx号とかよりは親しみが湧きますよね!

草加神社

一の鳥居からニの鳥居へ向かう参道は、短いながらも綺麗に整備されてますね~。

植えられている松が、風光明媚な名所・草加松原の風景を思い起こさせます。

ここから境内に向かうと、凛とした気持ちで参拝に向かえそう!

草加神社

参道の途中には市営の氷川中公園があります。子供向けの遊具もあり、市民の憩いの場となっています。

公園前には、何気に昭和44年まで活躍したSLの陳列がありました!これには、子供のみならず興味深々のおじさんも、思わず近づいて見学してました。あっ、私のことですが(笑)。

「御朱印」 月替わりで季節感

草加神社

本日はこちらの御神木の御朱印を頂きました。御朱印帳に見開きで頂けて、とても素敵です!

草加神社

この御神木の図柄は月替わりで色合いが変わるそうです。社務所の待合室に見本の掲載がありましたが、これは季節感があって楽しいなあ。。。

しかも!1年間・12か月分の御神木の御朱印を頂くと、”御神木御朱印帳”なるものが無料で頂ける特典も用意されている!

いやあ、御朱印好きごころをくすぐるねえ。近所だったら毎月楽しく参拝にきちゃいますね。

草加神社

社務所。待合室が併設されています。

アクセス

草加神社公式ページ
住所:埼玉県草加市氷川町2118-2(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」西口より徒歩5分
車)
・外環自動車道「草加IC」10分
・首都高速川口線「新郷IC」より15分
・駐車場完備(15台分) 

御朱印さんぽ 埼玉・秩父・川越の寺社 (諸ガイド)

価格:1,430円
(2022/3/2 19:06時点)

埼玉県内で人気の高い御朱印のある寺社が紹介されています。手にしたら参拝に出かけたくなる1冊!

42 日本全国ねこの御朱印&お守りめぐり 週末開運にゃんさんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ) [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,760円
(2022/3/4 07:43時点)
感想(4件)

猫にゆかりのある神社とお寺の紹介。見るだけでも癒されます!関東の社寺の紹介が多めです。

「じんじゃ前更科」 蕎麦屋でランチ!

草加神社

ランチは店名に”じんじゃ前”の冠もついてて間違いなさそうな感じの(なんのこっちゃ。。。)、蕎麦屋「更科」へ。

一の鳥居から草加神社通りを越えて、少し歩いたところにあります。

草加神社

更科(天丼)定食を注文。結構ガッツリなのが出てきました。

ボリューム感もさることながら、白く細い蕎麦もコシがあってとても美味しいです。蕎麦屋で蕎麦が美味しいのは当然だが大事。

天丼も見た目ほどクドク無く、しっかりした海老も入ってお得。

御馳走様でした!

じんじゃ前更科
住所:埼玉県草加市氷川町843-4(GoogleMapで開く
定休日:水曜日
アクセス:
電車)東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)「草加駅」より徒歩5分
車)近隣にコインパーキングあり

草加神社に出かけてみませんか?

草加神社

草加の総鎮守・草加神社をご紹介しましたが、いかがでしたか?

大きな神社ではないのですが、歴史を感じる神社でした。特に本殿の装飾は一見の価値あり。

そして、花手水や月替わりの御朱印など季節感を感じさせる創意工夫もあり、地元の方々から愛されている神社だろうな~と感じました!

草加神社へ参拝に出かけませんか?草加の宿場町歩きとセットでの訪問もオススメですよ。

草加・越谷・春日部本【電子書籍】[ ムック編集部 ]

価格:509円
(2022/3/11 10:14時点)

草加・越谷・春日部の名店や、地元トリビアなどを紹介した本。本書片手に草加・越谷・春日部の散策をしてみては?
たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/2/13】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県草加市「草加宿場町ウォーク」

埼玉県越谷市「越谷宿場町ウォーク」

日光街道【埼玉六宿場】の歩き方ガイド

埼玉県さいたま市「大宮氷川神社」

Pocket