【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

日光街道「春日部宿」歩きガイド、歴史と野外アートで散歩が楽しい!【埼玉・春日部】

日光街道「春日部宿」歩きガイド、歴史と野外アートで散歩が楽しい!【埼玉・春日部】

江戸時代には日光街道の宿場町があった、埼玉県春日部市の街歩きを紹介!

街の歴史に出会えると共に、「まちかどアート」なども楽しめる散策コースです。ちょっと変わったポップなアートに出会ったりも!

「クレヨンしんちゃん」一家が案内人をつとめる春日部の街へ、いざ!

春日部市と粕壁宿

クレヨンしんちゃんの街!

埼玉県春日部駅
春日部駅西口

春日部市は埼玉県東部に位置しており、都心からも50km圏内にあります 。

交通の便も良く、鉄道は東西南北に向けて東武鉄道が縦断。

さらに、東武伊勢崎線は東京メトロ日比谷線や半蔵門線、東急田園都市線などへ乗り入れしてます。都心への移動も至極便利そうですね~。

車に関しても東西に国道16号線が、南北には国道4号線が縦断しており、こちらも便が良いです。

そしてそして、春日部市は人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の舞台になっている街なんですね~。

しんちゃん一家は”まちの案内人”として春日部市を応援!駅前からすでにクレヨンしんちゃんの街ですよ。

宿場町「粕壁宿」について

そんな春日部には、江戸時代の五街道のひとつ「日光街道」が通っていました。

江戸・日本橋から、徳川家康公を祀る日光山・東照宮への主要道路として整備された、全長約142kmに及ぶ街道です。

日本橋を出て千住宿を過ぎると、次の宿場町からは現・埼玉県に入り、草加宿・越ヶ谷宿・粕壁宿・杉戸宿・幸手宿・栗橋宿と続きました。

現春日部にあった「粕壁宿」は、日光街道中4番目の宿場町でした。

江戸からの距離は約35.6km、宿場内の通りの長さは約2.7km。

現在のかすかべ大通りに位置した宿場町の町並みは、江戸時代の天保14年(1843年)頃には家数773軒、人口3,701人を数えたそうです。

そんな春日部の街を歩いてみます。

「ぷらっとかすかべ」 街の情報を入手

埼玉県春日部市「ぷらっとかすかべ」

春日部駅東口から歩いて2~3分の場所に観光情報発信施設「ぷらっとかすかべ」があります。

まずはこちらに立ち寄って街の情報収集をします。こちらも、しんちゃん色全開ですね!

市内には、文化・歴史・自然・芸術などをテーマに、コースとウオーキングマップが用意されました!

宿場町ウォーク・いにしえウォーク・フラワーウォーク・アートウォーク・大凧ポタリング・ファミリーウォーク・産直の里ウォーク・古利根ウォークの以上8種類。

いや~、これは街歩きが楽しそうだなあ。

クレヨンしんちゃんの漫画で取り上げられたスポットを巡るコースなども、あるみたいですよ。

春日部情報発信館「ぷらっとかすかべ」
住所:埼玉県春日部市粕壁一丁目3-4(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:30
休館日:原則毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日、翌日が祝日の場合はその翌日、以後同じ)、12月29日~1月3日 ※臨時に休館・開館する場合あり

宿場町ウォーク

「彫刻のあるまち」 アートを楽しむ

本日は「宿場町ウォークコース」を歩いてみます。

市街地から大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)まで抜けて、川沿を歩き、また市街地へ。そんな感じのコース。

約3.4Kmほどのコースをの~んびり歩いてみました!

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

歩きはじめて最初のスポットが、春日部ゆかりの俳人「加藤楸邨(しゅうそん)旧居跡」の看板。

加藤楸邨は日本の現代俳句を代表する俳人の一人で、旧制粕壁中学校(現在の春日部高等学校)の教師時代に俳句と出会ったとのことです。

建物などは残っていません。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

おっと。その通りの向かいには粕壁宿のシャッターアートがありますね!

宿場町の雰囲気を演出していて素敵だ。ちなみにこの絵は、昭和初期のこの近辺の様子の再現らしいですよ。

市内には30を超えるシャッターアートがあるそうです。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

通りを歩いて行くと、彫刻に出会います。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]
これは街角でアートを楽しめる様、「彫刻のあるまちづくり」として設置されたもの。

トータル23体が市内各所に設置されています。

宿場町ウォークコースのメニューには入ってませんが、彫刻を見て歩くのも楽しそうです。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

「隣空いてますか?」と、思わず声を掛けたくなる教育センター前の彫刻。

春日部郷土資料館
住所:埼玉県春日部市粕壁東3-2-15(教育センター内)(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:45
休館日:毎週月曜日、祝祭日(月曜日が祝祭日と重なる場合は、火曜日も休館)。臨時休館日あり
入場料:無料

「春日部市郷土資料館」 粕壁宿の模型

春日部市郷土資料館

春日部市教育センターの一角にある、「春日部市郷土資料館」に立ち寄ります。

それ程大きな資料館ではないので、春日部の歴史をギュギュっとコンパクトに学べます。

春日部市郷土資料館

粕壁宿の江戸末頃の様子を復元した、ジオラマ模型が見どころ。

200分の1の縮尺の模型で、結構細かい造りになってますよ!

春日部市郷土資料館
住所:春日部市粕壁東3-2-15(教育センター内1階)(GoogleMapで開く
入場料:無料
開館時間:9:00~16:45
休館日:毎週月曜日、祝祭日(月曜日が祝祭日と重なる場合は、火曜日も休館)。臨時休館日あり

「八坂神社」 夏まつりの起源

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]八坂神社

教育センターから先へ進むと「八坂神社」が現れます。

この辺りは、粕壁宿の入口にあたる場所だったそうです。

八坂神社は、江戸時代には牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれ、古くから粕壁宿の守護神として厚い信仰を受けていたそうです。

神社の祭礼は、現在の春日部夏まつりの起源でもあるそうです。
埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]八坂神社

こちら、2010年(平成22年)に放火被害にあっており、現在の社殿はその翌年に再建されたものだそうです。

神社に放火とは罰当たりですな!

八坂神社
住所:埼玉県春日部市粕壁東4丁目1-18(GoogleMapで開く

「東陽寺」 松尾芭蕉の宿泊地?

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]東陽寺

かすかべ大通りに出ると「東陽寺」があります。

東陽寺は元々は文明年間(1469~1487年)に、八幡神社の東隣に創建されたと伝わります。

寛永元年(1624年)に焼失し、寛文2年(1662年)に現在の場所に再建されたそうです。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]東陽寺

粕壁宿には、松尾芭蕉が「おくのほそ道」の紀行で、元禄2年(1689年)に一泊してるんですよ

泊まった場所が、この東陽寺だったという説があるそうです!

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]東陽寺
本堂の階段下には、芭蕉に同行していた弟子・河合曾良(そら)の日記の記載文が刻まれた石碑があります。

「廿七日夜 カスカベニ泊ル 江戸ヨリ九里余」。

石碑はおくのほそ道紀行300年を記念して、平成元年に建立されたものです。

泊まった場所に関しては、他にも諸説あるそうですけどね。

東陽寺
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目12-20(GoogleMapで開く

「国立薬用植物栽培試験場跡」

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]国立薬用植物栽培試験場跡

次のポイントは、「日本初の国立薬用植物栽培試験場の跡」

日本初の国立薬用植物栽培試験場が、大正11年(1922年)にこちらに開設され、その後の昭和55年(1980年)につくば市に移転しました。

ここには記念碑のみが残ります。
春日部市民文化会館

この記念碑ですが、最初、道端にあるものだと思いウロウロ探しましたが、見つからず。

やむなく近くの市民文化会館の警備の方に尋ねたら、路上ではなく会館の敷地内にありました!

ちょっと分かり辛かったポイント。探すのも楽しいけどね(笑)。

国立薬用植物栽培試験場跡(春日部市民文化会館内)
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目8-61(GoogleMapで開く

「碇神社のイヌグス」 川沿いを散策

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]碇神社のイヌグス

川沿いの道へと景色が変わります。

散策路として整備されており、良いお散歩コースです!

大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)は、春日部市の市街地の北から南東方向に向けて流れる一級河川です。

江戸時代以前は利根川本流がこの河道を流れ、東京湾へ注いでいたそうですよ。
埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]碇神社のイヌグス

こちらが「碇(いかり)神社のイヌグス」。

実は。。。イヌグスってなに?このお狐さまのこと?なんだ?と一人でざわざわしましたが(苦笑)。この大きな樹木の品種名でした。

イヌグスはクスノキ科の常緑高木です。この木は推定樹齢600年で、県指定の天然記念物だそうです。

江戸時代、大落古利根川を通る舟にとって、当時付近にあった舟着き場を探す際の目印になっていたそうです。

灯台的な役割として、舟運を見守ってくれてたのですね~。

碇神社のイヌグス
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目1(GoogleMapで開く

「古利根公園橋」 巨大なオブジェ

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]古利根公園橋

やがて見えてきた「古利根公園橋」には、ベンチや小さな親水公園が備わっていました。

ここは川沿い散策の際の、憩いスポットとなっていることでしょう。

橋の中央部分にある、一風変わったメタリックなオブジェが印象的です!

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]古利根公園橋

こちらは県鳥シラコバトをデザインした風見鶏と、麦わら帽子の組み合わせのイメージだそうですよ。

あー、確かにクチバシがありますねえ。

ところで橋上公園には、馬車がモチーフとなったレリーフがありました。

明治時代、千住から春日部までレールの上を馬車で人や荷物を運搬する、千住馬車鉄道があったそうです。

その後の東武鉄道の開業に伴い廃止されたそうですが、粕壁から千住までの約40kmを3時間かけて運行してたそうですよ。

へえ~、知らなかったなあ。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]古利根公園橋

夜はライトアップしています。

季節毎に色が変わるなんで、凝ってますな~。

古利根公園橋
住所:埼玉県春日部市粕壁1(GoogleMapで開く

「新町橋」 江戸時代の船着き場

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]新町橋

こちらは、古利根公園橋より少し北にある「新町橋」。

江戸時代前期には大橋・粕壁大橋などと呼ばれました。

橋のたもと付近には、喜蔵河岸(かみきぞうかし)という船着き場があったそうです。
埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]新町橋

江戸時代当時の橋の様子ですね。

歴史ポイントには、この様な雰囲気のある標柱が設置されており、散策者を楽しませてくれます。

当時の船着き場の石垣の一部が残っている、とあるので探してみました。でも。。。どれだか分かりませんでした。

上喜蔵河岸石垣跡地
住所:埼玉県春日部市粕壁3丁目10-45(GoogleMapで開く

「土蔵造りの建物」「粕壁宿の案内板」

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]土蔵造りの建物

古利根公園橋から、再び市街地の方へ移動して行きます。

かすかべ大通りに交差する辺りに差し掛かると、「土蔵造りの建物」が並んでました。よーやく、宿場町風情を感じる街並みと遭遇!

このあたりは、江戸時代に米問屋など、蔵造りの商家や旅籠屋などが多く立ち並んだエリアだそうです。

なかなか風情がありますね。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]土蔵造りの建物

現存する蔵造りの建物は、火災除けのため幕末から明治期にかけて建てられたものが多いそうです。

「日光道中の道しるべ」 宿場町の名残

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]日光道中の道しるべ

蔵造りの旧商家・東屋田村本店。

丸い懐かしい感じのポストも、チャームポイントですな。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]日光道中の道しるべ

その旧商家の前にあるのが、江戸時代に造られた「日光道中の道しるべ」

天保5年(1834年)に作られたもので、日光・岩槻・江戸の三方面の方角が刻まれています。

“東 江戸”、”北 日光”は読める程度に良く残っていますね。

江戸時代の街道の足跡として貴重な史跡です。
埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

こちら、かすかべ大通り沿いに並ぶ変電ボックスにも特徴が!

宿場町当時の10の町名と特徴が、絵巻風に描かれています。

市民に地元・春日部の歴史を知ってもらおうとする、ちょっとした工夫だそうです。

幕末の粕壁宿には、内出・陣屋・寺町・上宿・中宿・裏町・ 新宿・三枚橋・大砂・新々田の10の町で構成されていたそうです。
埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

大昔にはこのあたりで砂鉄が採れたとも伝えられ、鍛冶屋が点在したそうですよー。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

かすかべ大通り沿いには、まだ使われていそうな蔵を有する御宅を所々でみかけました。

これにて、宿場町ウォークコースの散策を終了します!

番外編:なんだこれは!「面白看板アート」

春日部 看板アート

本日の道中、古利根公園橋を越えたあたりに、一際目を引く看板を見つけました。

この立体的な看板の出どころをプチ追っかけてみたので、最後に番外編としてご報告。

春日部 看板アート

遠目から見ると凄いリアルな、看板?これはニャンだ?


春日部 看板アート

うふふ。。。

春日部 看板アート

看板の発信源は、こちらのアートスタジオという会社でした。

この会社が冒頭紹介のシャッターアートも作成してる会社さんなんですよ!

興味深いセンス、興味深い会社でした。

有限会社ビッグアート公式ページ
住所: 埼玉県春日部市八丁目271(GoogleMapで開く

春日部町歩きマップ・ 春日部へのアクセス

今回歩いたスポットをマップにしています。参考にして下さい。

春日部へのアクセス
電車)※最寄駅・東武「春日部駅」
・JR「東京駅」から「北千住駅」で東武スカイツリーライン乗換にて「春日部駅」からまで最短39分
・東武アーバンパークライン「大宮駅」から「春日部駅」まで急行で約21分
車)
・東北自動車道「岩槻IC」から国道16号経由で約20分
・常磐自動車道「柏IC」まで国道16号経由で約30分

ちゃんと歩ける日光街道・奥州街道 日光道中二十一次/奥州道中十次 [ 八木牧夫 ]

価格:1,760円
(2021/9/23 21:45時点)
感想(3件)

日光街道や奥州街道を歩いてみませんか?持ちやすさや見やすさを考慮した、ハンディサイズがありがたいガイドブック。

広重の浮世絵と地形で読み解く 江戸の秘密 [ 竹村 公太郎 ]

価格:2,530円
(2022/3/3 09:28時点)
感想(1件)

歌川広重の浮世絵に秘められた、江戸の地形や歴史の謎を紐解いてゆくという楽しい試みの本。紹介された名所を実際にあるいてみるも楽しそう!

出かけてみませんか?

いかがでしたか?

宿場町としての面影そのものは一部のエリアにしか残っていないんですが、ウォーキングポイントには説明板があるので歴史に想いを馳せながら楽しくウォーキングできました。

「かすかべウォーク」のコースは色々設定されているので、組み合わせても良いし、日によって歩き比べても楽しいと思います。

どっか街歩きしたいなと思いついたら、春日部に歩きに出かけてみませんか?

草加・越谷・春日部本【電子書籍】[ ムック編集部 ]

価格:509円
(2022/3/11 10:14時点)

草加・越谷・春日部の名店や、地元トリビアなどを紹介した本。本書片手に草加・越谷・春日部の散策をしてみては?
たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/3/7(一部、2021/7/11)】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県・日光街道【埼玉六宿場】の歩き方

埼玉県越谷市「日光街道 越谷宿歩き」

埼玉県杉戸町「日光街道 杉戸宿歩き」

埼玉県杉戸町「日光街道 すぎと七福神めぐり」

埼玉県越谷市「久伊豆神社」

Pocket