【最新記事:2023.3.24】日光を超えた!?「妻沼聖天山」の国宝指定の彫刻美を堪能【埼玉・熊谷市】

春日部宿で宿場町ウォーク!歴史、ときどき野外アート!?【埼玉・春日部】

春日部宿で宿場町ウォーク!歴史、ときどき野外アート!?【埼玉・春日部】

埼玉で街歩きするなら、江戸時代に日光街道の宿場町があった春日部で宿場町ウォークをしませんか?
春日部宿(当時、粕壁宿)には、「おくのほそ道」紀行で松尾芭蕉も宿泊しているんですよ。

そして、街を歩くと「まちかどアート」や、ちょっと変わったポップなアートに出会ったりも!

クレヨンしんちゃん一家が案内人をつとめる春日部の街歩きを紹介します。

春日部市と粕壁宿

クレヨンしんちゃんの舞台の街!

埼玉県春日部駅
春日部駅西口

春日部市は埼玉県東部に位置しており、都心からも50km圏内にあります 。

交通の便も良く、東武伊勢崎線は東京メトロ日比谷線や半蔵門線、東急田園都市線などへも乗り入れてるんですよね。

道路も東西に国道16号線、南北には国道4号線が縦断しておりこちらも比較的便利。

そして、駅前写真でもお分かりのように、春日部は人気アニメ・クレヨンしんちゃんの舞台になっている街なんですね。
しんちゃん一家は”まちの案内人”として、春日部市を応援してくれています。

日光街道「粕壁宿」について

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

江戸時代の五街道のひとつ日光街道は、江戸日本橋から、徳川家康公を祀る日光山東照宮への主要道路として整備された全長約142kmに及ぶ街道です。

日本橋を出て千住宿を過ぎると、次の宿場町からは現在の埼玉県に入り、草加宿・越ヶ谷宿・粕壁宿・杉戸宿・幸手宿・栗橋宿と続きました。

現在の春日部にあった「粕壁宿」は、江戸からの距離は約35.6kmで、日光街道中4番目の宿場町でした。
宿場内の通りの長さは約2.7km。

現在のかすかべ大通りに位置した宿場町の町並みは、江戸時代の天保14年(1843年)頃には家数773軒、人口3,701人を数えたそうです。

比較的大きな宿場町だったようですね。
そんな春日部の街を、宿場町の面影を探しに歩いてみました。

 埼玉県内の六宿場町の全体情報はこちらへ。

「ぷらっとかすかべ」 観光案内施設

埼玉県春日部市「ぷらっとかすかべ」

まずは、春日部駅東口から歩いて2~3分の観光情報発信施設「ぷらっとかすかべ」で、街歩きの情報収集です。
こちらも、しんちゃん色全開!

市内の街歩きに関しては、文化・歴史・自然・芸術などをテーマにコースが設定されており、ウオーキングマップも用意されました。

  • ■ 宿場町ウォーク
  • ■ いにしえウォーク
  • ■ フラワーウォーク
  • ■ アートウォーク
  • ■ 大凧ポタリング
  • ■ ファミリーウォーク
  • ■ 産直の里ウォーク
  • ■ 古利根ウォーク

以上8種類。
いや~、目移りしますな。

クレヨンしんちゃんの漫画で取り上げられたスポットを巡るコースなどもあり、大人から子供まで楽しめそうですよ。

春日部情報発信館「ぷらっとかすかべ」
住所:埼玉県春日部市粕壁一丁目3-4(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:30
休館日:原則毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日、翌日が祝日の場合はその翌日、以後同じ)、12月29日~1月3日 ※臨時に休館・開館する場合あり

宿場町ウォーク

「街角アート」が楽しい

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

豊富なコースから、本日は「宿場町ウォークコース」を歩いてみます。

市街地を抜け、町外れの大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)沿いを歩き、再び市街地へ戻るルート。
約3.4Km程のコースをのんびり行きますわ。

学校どおりに入ると、おっ!粕壁宿のシャッターアートがありますね。素敵だ!
市内には30を超える粕壁宿のシャッターアートがあるそうです。

ちなみにこの絵は、昭和初期の駅周辺の再現らしいです。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

シャッタータートの向かいには、春日部ゆかりの俳人「加藤楸邨(しゅうそん)旧居跡」の史跡看板がありあました。

加藤楸邨は日本の現代俳句を代表する俳人の一人で、旧制粕壁中学校(現、春日部高等学校)の教師時代に俳句と出会ったそうです。

残っているのは、説明看板のみでした。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

通りを歩いて行くと、彫刻に出会います。

これは街角でアートを楽しめる様、「彫刻のあるまちづくり」として設置されたもの。
トータル23体が市内各所に設置されています。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

この道はアートウォークのコースと被っているようです。
掛け持ちして回るのも良さそうですね。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

「隣空いてますか?」と、思わず声を掛けたくなる教育センター前の彫刻。

「春日部市郷土資料館」 粕壁宿のジオラマ模型

春日部市郷土資料館

春日部市教育センターの一角にある、「春日部市郷土資料館」に立ち寄ります。
それ程大きな資料館ではないので、春日部市の歴史をギュギュっとコンパクトに学べますよ。

春日部市郷土資料館

江戸時代末期の粕壁宿を復元した、200分の1縮尺のジオラマ模型が見どころ。
結構細かい造りですよ!

春日部市郷土資料館
住所:春日部市粕壁東3-2-15(教育センター内1階)(GoogleMapで開く
入場料:無料
開館時間:9:00~16:45
休館日:毎週月曜日、祝祭日(月曜日が祝祭日と重なる場合は、火曜日も休館)。臨時休館日あり

「八坂神社」 地元夏まつりの起源

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]八坂神社

教育センターから先へ進むと、程なく日光街道(国道4号線)にぶつかり、「八坂神社」が現れます。
この辺りは、旧粕壁宿の入口にあたるそうです。

八坂神社は江戸時代には牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれ、古くから粕壁宿の守護神として信仰を受けていました。
神社の祭礼は、現在の春日部夏まつりの起源でもあるそうです。

小さな神社ですが、地元では古くから崇敬されていた神社のようですね。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]八坂神社

ちなみに神社は平成22年(2010年)に放火被害にあい、現在の社殿はその翌年に再建されたものだそう。
神社に放火とは!罰当たりですな。

八坂神社
住所:埼玉県春日部市粕壁東4丁目1-18(GoogleMapで開く

「東陽寺」 松尾芭蕉の宿泊地?

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]東陽寺

八坂神社から少し北に進んだ場所にある、こちら「東陽寺」。

当初東陽寺は、文明年間(1469~1487年)に八幡神社の東隣に創建されたそうです。
その後の寛永元年(1624年)に焼失、寛文2年(1662年)に現在の場所に再建されました。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]東陽寺

ところで、松尾芭蕉は「おくのほそ道」紀行の旅の際、元禄2年(1689年)に粕壁宿で一泊してるんですわ。
それでもって、泊まった場所がこの東陽寺だった説があるそうですよ!

本堂の階段下には、芭蕉に同行した弟子の河合曾良(そら)の日記記載の文を刻んだ石碑があります。
「廿七日夜 カスカベニ泊ル 江戸ヨリ九里余」。

石碑はおくのほそ道紀行300年を記念した、平成元年建立のもの。
泊まった場所に関しては諸説あるようですね。

東陽寺
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目12-20(GoogleMapで開く

「日本初の国立薬用植物栽培試験場跡」

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]国立薬用植物栽培試験場跡

次の史跡ポイントは大落古利根川手前の「日本初の国立薬用植物栽培試験場の跡」

大正11年(1922年)に、日本初の国立薬用植物栽培試験場がこちらに開設されました。
その後、施設は昭和55年(1980年)につくば市に移転しています。

ここには記念碑のみが残ります。

春日部市民文化会館

この記念碑、最初道端にあるものと思い込みウロウロ探しましたが、しばらく見つからず。
近くの市民文化会館の警備の方に尋ねたら、会館の敷地内にありました!

ちょっと分かり辛かったポイントだった。
探すのも楽しいけどね(笑)。

国立薬用植物栽培試験場跡(春日部市民文化会館内)
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目8-61(GoogleMapで開く

「碇神社のイヌグス」 舟着き場の目印

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]碇神社のイヌグス

日光街道を外れ、今度は大落古利根川沿いの道を進みます。

古利根きらめき通りの名が付いている、良く整備されたお散歩道です。

大落古利根川は、春日部市の市街地の北から南東方向に向けて流れる一級河川。
江戸時代以前は利根川本流がこの河道を流れ、東京湾へ注いでいました。

江戸時代の河川整備により、利根川本流は東へ移りました。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]碇神社のイヌグス

川沿いにある、こちらが「碇(いかり)神社のイヌグス」。

と書きましたが、到着した時は実は。。。イヌグスってなに?犬グス?どれが犬ぐす?という感じでした(苦笑)。

イヌグスはクスノキ科の常緑高木です。
この木は推定樹齢600年で、県指定の天然記念物です。

江戸時代、大落古利根川を通る舟にとって、この木が付近にあった舟着き場を探す際の目印になっていたそうです。

イヌグスは樹木の品種でしたよ。
灯台的な役割として、舟運を見守ってくれていたんですね。

碇神社のイヌグス
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目1(GoogleMapで開く

「古利根公園橋」 馬車鉄道が!?

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]古利根公園橋

やがて、ベンチや小さな親水公園が備わる「古利根公園橋」が見えてきます。
川沿い散策の休憩に良さそうな感じ。

橋の中央部の一風変わった、メタリックなオブジェがトレードマークですね。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]古利根公園橋

オブジェは県鳥のシラコバトをデザインした風見鶏と、麦わら帽子の組合わせイメージだそうですよ。
あー、確かにクチバシがあるよ。

ところで橋上公園には、馬車がモチーフとなったレリーフがありました。

明治時代、千住から春日部までレールの上を馬車で人や荷物を運搬する、千住馬車鉄道がこの付近まで通じていた。
その後の東武鉄道の開業に伴い廃止されたそうです。

春日部から千住までの約40kmを、3時間かけて運行してたそうですよ。

へえ~、馬車鉄道が走っていたなんて知らなかったなあ。

古利根公園橋
住所:埼玉県春日部市粕壁1(GoogleMapで開く

「新町橋」 江戸時代は船着き場

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]新町橋

「新町橋」は古利根公園橋より少し北にある橋。

江戸時代前期には大橋・粕壁大橋などと呼ばれました。
橋のたもとには、喜蔵河岸(かみきぞうかし)という船着き場があったそうです。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]新町橋

江戸時代当時の橋の様子ですね。
歴史ポイントには雰囲気のある標柱があり、当時をイメージできたりして楽しい。

当時の船着き場の石垣の一部が残っている、とあるので探してみた。
でも。。。どれだか分かりませんでした。

上喜蔵河岸石垣跡地
住所:埼玉県春日部市粕壁3丁目10-45(GoogleMapで開く

「土蔵造りの建物」 宿場町の面影

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]土蔵造りの建物

大落古利根川沿いから再び市街地の方へ移動して行くと、よーやく、宿場町風情を感じる街並みと遭遇!
街中を通るかすかべ大通りに差し掛かると、土蔵造りの建物が並んでました。

このあたりは江戸時代に米問屋などの蔵造りの商家や、旅籠屋などが多く立ち並んだエリアだそうです。

風情がある街並みが少し残ります。


埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]土蔵造りの建物

現存する蔵造りの建物は、幕末から明治期にかけて建てられたものが多いそうです。

「日光道中の道しるべ」 貴重な史跡

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]日光道中の道しるべ

蔵造りの旧商家・東屋田村本店。
懐かしい感じのポストもチャームポイントですな。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]日光道中の道しるべ

その旧商家の前にあるのが、江戸時代に造られた「日光道中の道しるべ」

天保5年(1834年)に作られたもので、日光・岩槻・江戸の三方面の方角が刻まれています。
“東 江戸”、”北 日光”は良く残っており、読取りも可能でした。

江戸時代の街道の足跡として貴重な史跡です。

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

かすかべ大通り沿いに並ぶ、変電ボックスにも特徴が。

宿場町当時の10の町名と特徴が、絵巻風に描かれています。
市民に地元の歴史を知ってもらうための工夫だそうです。

幕末の粕壁宿には、内出・陣屋・寺町・上宿・中宿・裏町・ 新宿・三枚橋・大砂・新々田の10の町で構成されていたそうです。

大昔にはこのあたりで砂鉄が採れたとも伝えられ、鍛冶屋が点在したそう。

なんだこれは!「面白看板アート」

春日部 看板アート

宿場町ウォークは終了。
ですが、古利根公園橋近隣で一際目を引く看板を見つけたので、ちょっと番外編にて調査。

春日部 看板アート

遠目から見ると凄いリアルな人形も。ニャンだこれ?

春日部 看板アート

うふふ。。。

春日部 看板アート

看板の発信源は、こちらのアートスタジオという会社でした。
こちらは粕壁宿シャッターアートも作成してる会社らしいです!

興味深い会社&センスを紹介して、本日終了とします。

有限会社ビッグアート公式ページ
住所: 埼玉県春日部市八丁目271(GoogleMapで開く

春日部町歩きマップ・ 春日部へのアクセス

今回歩いたスポットをマップにしています。参考にして下さい。

春日部へのアクセス
電車)※最寄駅・東武「春日部駅」
・JR「東京駅」から「北千住駅」で東武スカイツリーライン乗換にて「春日部駅」からまで最短39分
・東武アーバンパークライン「大宮駅」から「春日部駅」まで急行で約21分
車)
・東北自動車道「岩槻IC」から国道16号経由で約20分
・常磐自動車道「柏IC」まで国道16号経由で約30分

ちゃんと歩ける日光街道・奥州街道 日光道中二十一次/奥州道中十次 [ 八木牧夫 ]

価格:1,760円
(2021/9/23 21:45時点)
感想(3件)

日光街道や奥州街道を歩いてみませんか?持ちやすさや見やすさを考慮したハンディサイズがありがたいガイドブック。

春日部宿場ウォークに出かけませんか?

埼玉県春日部市 宿場町「粕壁宿]

春日部の宿場町ウォークを紹介しましたが、いかがでしたか?

宿場町の面影を残す建物自体は、正直一部エリアに限定して残っている感じではありました。
でも各所、宿場町に関連する案内板などがあるので、町の歴史をたどりながら楽しくウォーキングできましたよ。
想定外の面白い物にも色々出会えましたしね。

ウォークのコースは様々なバリエーションが用意されているので歩き比べても良いし、家族連れで出かけても楽しそう。

そんな、春日部に歩きに出かけてみませんか?


サステナブルにお得な買い物ができるって、いいんじゃない。

【記事の訪問日:2021/3/7(一部、2021/7/11)】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県・日光街道【埼玉六宿場】ガイド

埼玉県春日部市「春日部八幡神社」

埼玉県越谷市「日光街道 越谷宿歩き」

埼玉県杉戸町「日光街道 すぎと七福神めぐり」

Pocket