【最新記事:2021.6.22】梅雨の季節を花で楽しく!加須市「あじさいロード」と玉敷公園散策【埼玉県】

さあ、歩こう!「春日部」宿場町ウォーク、歴史スポットと街かどアート【埼玉県】

さあ、歩こう!「春日部」宿場町ウォーク、歴史スポットと街かどアート【埼玉県】

近所のコースに飽きたらウォーキングコースの宝庫・春日部をぷらっと歩きませんか?「クレヨンしんちゃん」一家がまちの案内人である春日部は、江戸時代、日光街道の宿場町「粕壁宿」として栄えました。今回は歴史の面影を探しながら街歩きします。街かどアートを発見して時々横道にそれたりします、が。


春日部市と粕壁宿

春日部はクレヨンしんちゃんの街

春日部駅
春日部駅西口ロータリー

春日部市は都心から35キロメートル圏内で埼玉県の東部に位置します。
交通の便は、鉄道は東西方向に東武鉄道(野田線、アーバンパークライン)、南北方向には東武伊勢崎線(スカイツリーラインと、東京メトロ日比谷線、半蔵門線、東急田園都市線乗り入れ)が縦断。車に関しては東西方向に国道16号線が、南北方向には国道4号線等が縦断しておりと便の良い場所です。
春日部市は人気のアニメ「クレヨンしんちゃん」の舞台となっている街で、しんちゃん一家は”まちの案内人”として春日部市を応援しています。駅前からすでにクレヨンしんちゃんの街!

日光街道の宿場町「粕壁宿」について

日光街道は江戸時代の五街道のひとつで、江戸日本橋から徳川家康を祀る東照宮がある日光山への主要道路として整備された全長約142kmに及ぶ街道です。日本橋を出て「千住宿」を過ぎると、次の宿場町からは埼玉に入り「草加宿」「越ヶ谷宿」「粕壁宿」「杉戸宿」「幸手宿」「栗橋宿」と6か所の宿場町が埼玉にありました。
現在の春日部の地にあたる「粕壁宿」は日光街道中4番目の宿場町。江戸からの距離は約35.6km、宿場内の通りの長さは約2.7kmでした。町並みは現在のかすかべ大通りの場所にあたり天保14年(1843年)頃には家数773軒、人口3,701人を数えたそうです。

「ぷらっとかすかべ」で春日部タウン情報を入手

ぷらっとかすかべ

観光の情報発信施設「ぷらっとかすかべ」はで、春日部駅東口から歩いで3分程度の場所なのでまずは立ち寄って街歩きの情報やパンフレットを入手しましょう。もちろんここもしんちゃん色全開ですよ!

ぷらっとかすかべ

漫画で取り上げられた地元の場所が紹介がされているので探して歩いてみるのも楽しそうですね。

春日部情報発信館「ぷらっとかすかべ」
住所:埼玉県春日部市粕壁一丁目3-4(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:30
休館日:原則毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日、翌日が祝日の場合はその翌日、以後同じ)、12月29日~1月3日 ※臨時に休館・開館する場合あり

宿場町ウォーク

「彫刻のあるまち」を楽しみながら街歩きスタート

「春日部ウォーク」と題した街のウォーキングコースを紹介したパンフレットをぷらっとかすかべで頂きました。本日はその中の「宿場町ウォークコース」を歩いてみます。市内を抜けて大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)まで歩き、そこから少し川沿いに歩く様なコース。約3.4Kmのコースをのんびり歩きましたのでその紹介になります。

ファミリー向けにはクレヨンしんちゃんや動物キャラクターを探すコースなど、 ウォーキングコースは全部で8コースあるのでお好みのコースで運動不足を解消しましょう!

春日部

学校通りに入るとすぐ、春日部ゆかりの俳人「加藤楸邨(しゅうそん)旧居跡の標識」があります。加藤楸邨は日本の現代俳句を代表する俳人の一人で、旧制粕壁中学校(現在の春日部高等学校)での教師時代に俳句と出会ったそうです。ここには標識だけがあるのみです。

春日部

おっと、通りの向かいには粕壁宿のシャッターアートがあり宿場町の雰囲気を演出していますね!素敵だ。この絵は昭和初期のこの辺りの様子を再現してるらしいです。シャッターアートはその後も街中各所で見かけました。

春日部

通りを歩いていると幾つかの彫刻に出会います。

春日部

これはまちかどでアートを楽しむ「彫刻のあるまちづくり」としてトータル23体が市内各所に設置されています。他にどんなのがあるか見たくなりますね。彫刻を見て歩くのも楽しそうですね。

春日部

「お隣空いてますか?」と、思わず声を掛けたくなる教育センター前にある彫刻。
宿場町ウォークコースには春日部市教育センター内の「郷土資料館」が順路にあるのですが残念ながらコロナの影響で閉館中でした。粕壁宿の200分の1の模型があるそうなんで見たかったな。

春日部郷土資料館公式ページ
住所:埼玉県春日部市粕壁東3-2-15(教育センター内)(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:45
休館日:毎週月曜日、祝祭日(月曜日が祝祭日と重なる場合は、火曜日も休館)。臨時休館日あり
入場料:無料

「八坂神社」春日部夏まつりの起源

春日部 八坂神社

教育センターから少し進むと粕壁宿の入口にあたる「八坂神社」があります。江戸時代には牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれ古くから粕壁宿の市の守護神として厚い信仰を受けていたそうです。神社の祭礼は現在の春日部夏まつりの起源でもあり江戸時代には毎年六月(旧暦)に行われていたそうです。

春日部 八坂神社

2010年(平成22年)に放火被害にあっており現在の社殿はその翌年に再建されたものだそうです。放火とは罰当たりですな!

八坂神社
住所:埼玉県春日部市粕壁東4丁目1-18(GoogleMapで開く

「東陽寺」松尾芭蕉が泊ったかもしれないお寺

春日部 東陽寺

かすかべ大通りに出ると「東陽寺」があります。「東陽寺」は元々は文明年間(1469~1487年)に八幡神社の東隣に創建したと伝えられ、寛永元年(1624年)に焼失し、寛文2年(1662年)に現在の場所に再建されたそうです。

春日部 東陽寺
春日部 東陽寺

「おくのほそ道」の紀行で、元禄2年(1689年)に松尾芭蕉は粕壁宿に一泊しています
本堂の階段の右手には、道中同行していた河合曾良(そら)による曾良日記の「廿七日夜 カスカベニ泊ル 江戸ヨリ九里余」の記載文と芭蕉と曾良の絵が刻まれた石碑があります。
石碑はおくのほそ道紀行300年を記念して平成元年に建立されたものですが、松尾芭蕉が泊ったのは東陽寺だったという説があるそうです。(他にも諸説あります。)

春日部 東陽寺

少女には見えないんだが。。。

東陽寺
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目12-20(GoogleMapで開く

「国立薬用植物栽培試験場跡」は文化会館敷地内

春日部 国立薬用植物栽培試験場跡

「日本初の国立薬用植物栽培試験場の跡」。 日本初の国立薬用植物栽培試験場 は大正11年(1922年)に開設され、昭和55年(1980年)につくば市に移転しました。ここは記念碑のみあります。
この場所をマップで探しながらしばしウロウロし、やむなく春日部市民文化会館の警備の方 (かな?) に場所を聞いたら、「そこに」と。市民文化会館の敷地内の一角にありました。文化会館内と注釈入れてくれないとこの場所は分かり辛い。

春日部市民文化会館
春日部市民文化会館

市民文化会館の向かいの居酒屋さんにもシャッターアートがありました。

国立薬用植物栽培試験場跡(春日部市民文化会館内)
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目8-61(GoogleMapで開く

「碇(いかり)神社のイヌグス」 推定樹齢600年

春日部 碇神社のイヌグス

市内の中心部を流れる大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)沿いを歩いて行きます。

春日部 碇神社のイヌグス

イヌグスって犬グス?これ狐じゃないの?とかトンチンカンなこと考えましたが(苦笑)、このでっかい樹木の品種名のことでした。
イヌグスはクスノキ科の常緑高木の事で、この木は推定樹齢600年で県指定の天然記念物。江戸時代には大落古利根川を通る船にとって当時付近にあった船着き場を探す際の目印になっていたそうです。ずーっとここで街を見守っていたわけですね、この木。

春日部 碇神社のイヌグス
碇神社のイヌグス
住所:埼玉県春日部市粕壁東2丁目1(GoogleMapで開く

「古利根公園橋」巨大なオブジェが

春日部 古利根公園橋

「古利根公園橋」はこれまた一風変わったメタリックな巨大なオブジェが置かれている。これは、県鳥シラコバトをデザインした風見鶏と麦わら帽子の組み合わせをイメージしたアーチだそうです。

春日部 古利根公園橋

上のあれがクチバシですかね?

馬車鉄道の馬車がモチーフとなったレリーフが橋上公園にはあります。 明治時代、千住から春日部までレールの上を馬車で人や荷物を運搬する千住馬車鉄道があったそうです。その後東武鉄道の開業に伴い廃止されたそうですが、粕壁から千住までの約40kmを3時間かけて運行してたそうですよ。

春日部 古利根公園橋

夜はライトアップしています。素敵だ!

古利根公園橋
住所:埼玉県春日部市粕壁1(GoogleMapで開く

「新町橋」江戸時代は船着き場があった

春日部 新町橋

古利根公園橋からもう少し北にある「新町橋」は、江戸時代前期には大橋・粕壁大橋などと呼ばれ、橋のたもと付近には、上喜蔵河岸(かみきぞうかし)という船着き場がありました

春日部 新町橋

江戸時代の木造の橋の様子が描かれています。当時の船着き場の石垣の一部が残っていると案内にあったので探してみましたが、見つけられませんでした。

上喜蔵河岸石垣跡地
住所:埼玉県春日部市粕壁3丁目10-45(GoogleMapで開く

「土蔵造りの建物」と「粕壁宿の案内板」

春日部 土蔵造りの建物

古利根公園橋から再びかすかべ大通りに戻る道には宿場町の風情を感じる「土蔵造りの建物」の風景が現れてきました(ようやく。。。)。このあたりは江戸時代に米問屋など蔵造りの商家や旅籠屋などが多く立ち並んだエリアだそうです。なかなか風情がありますね。

春日部 土蔵造りの建物

現存する蔵造りの建物は火災除けのため幕末から明治期にかけて建てられたものが多いそうです。

春日部 土蔵造りの建物
粕壁宿

近くにある「日光道中粕壁宿の案内板」付近は、宿場業務を行う問屋場があった場所といわれています。

粕壁宿

近くにある公衆トイレも宿場町風仕様。

「日光道中の道しるべ」 宿場町の名残として貴重

春日部 日光道中の道しるべ
春日部 日光道中の道しるべ

蔵造りの旧商家である東屋田村本店前の「日光道中の道しるべ」。天保5年(1834年)に作られたもので、日光・岩槻・江戸の三方面の方角が刻まれています。”東 江戸”、”北 日光”は読める程度に良く残っています。江戸時代の街道の足跡として貴重な史跡。

春日部 日光道中の道しるべ

赤いポストがワンポイント。右側は旧商家所有者のご自宅でしょうか?そちらにも年代を感じる蔵が見えます。
「変電ボックス」宿場町当時の町名と特徴の描写が

粕壁宿

街角の変電ボックスにも市民に春日部の歴史を知ってもらおうとするちょっとした工夫が見られます。
粕壁宿は、幕末には内出・陣屋・寺町・上宿・中宿・裏町・ 新宿・三枚橋・大砂、新々田の10の町で構成されていました。日光道中の道しるべの向かいあたりの通り沿いは宿場町当時の10の町名と特徴が絵巻風に描かれ た変電ボックスが並んでいます。こちらもチェックましょう。

粕壁宿

大昔にはこのあたりで砂鉄が採れたとも伝えられ、鍛冶屋が点々と見られたそうです。

春日部 新町橋

このかすかべ大通りには普通に使われていそうな蔵のある御宅が所々で見られました。

春日部 新町橋

番外編:なんだこれは!「面白看板アート」

春日部 看板アート

番外編になりますが、古利根公園橋を越えたあたりに目を引く看板を見つけましたので追っかけてみました。 この立体的な看板は一つのみならず。。。

春日部 看板アート

こちらにも。

春日部 看板アート

路地に入って行くと。。。看板の発信源はこのアートスタジオという会社の様だ。

春日部 看板アート

ふふふ。。。

春日部 看板アート

遠目から見ると凄いリアル。この会社がシャッターアートも作成してる会社との事です。興味深いセンス、興味深い会社。

有限会社ビッグアート公式ページ
住所: 埼玉県春日部市八丁目271(GoogleMapで開く

出かけてみませんか?

春日部 看板アート

いかがでしたか? 宿場町としての面影そのものは一部のエリアにしか残っていないんですが、ウォーキングポイントには説明板があるので歴史に想いを馳せながら楽しくウォーキングできました。
「かすかべウォーク」のコースは色々設定されているので、組み合わせても良いし、日によって歩き比べても楽しいと思います。運動不足を感じたら春日部へ歩きに出かけてみませんか?

春日部市「かすかべウォーク」のページ:http://www.city.kasukabe.lg.jp/plus1_days/enjoy/walk.html

【記事の訪問日:2021/3/7】

もっと埼玉の宿場町歩き! 【あわせて読みたい】

宿場町「杉戸」を街歩き

最近近所のウォーキングコースに飽てませんか?そんな貴方に宿場町として栄えた埼玉県杉戸町を紹介します。 街歩きコースが整備されている宿場町スポットは楽しみながらのウォーキングに最適!街中の説明板も充実しており見て周ると結構運動量も稼げますよ!

宿場町「幸手」を街歩き

埼玉県幸手市では江戸時代に建てられた古民家をカフェでランチができます!国の登録有形文化財にも登録されている貴重な建物なんですよ。幸手は宿場町として栄えた歴史があり宿場町の面影がありますので、街道歩きを楽しで、古民家カフェで食事を楽しむのはいかが?

宿場町「越谷」を街歩き

運動不足解消を兼ねて越谷で宿場町ウォークしませんか?日光街道の中では比較的大きな宿場町で、街道の面影を残す建物も残っています。築120年の古民家をリノベーションした洒落た複合施設もあり、食事も楽しめます。誰かを誘って出かけるのも良いですね!

宿場町「草加」を街歩き

草加市の「草加松原」を歩いたことはありますか?このオススメの散歩道は、俳人・松尾芭蕉もおくの細道の旅で通った風光明媚な道。草加で日光街道の雰囲気を残した風情を楽しみ、名物のせんべい屋をのぞいたりランチしたりと、草加の街を歩いてみましょう!

Pocket

街歩きカテゴリの最新記事