【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

「足袋とくらしの博物館」と足袋蔵巡り!ドラマ・陸王の町を歩こう【埼玉・行田市】

「足袋とくらしの博物館」と足袋蔵巡り!ドラマ・陸王の町を歩こう【埼玉・行田市】

埼玉県行田市は足袋作りの町として知られ、最盛期には全国の8割のシェアを誇りました。

そんな行田には足袋を保管した蔵が70棟程残り、県内では川越に次ぐ蔵の街です。近年では小説「陸王」の舞台になり、ドラマ化の際には撮影ロケが行われました。

そんな行田の町で、足袋の製造見学をしたり、足袋蔵や陸王のロケ地などを巡る町歩きを紹介します!

『行田と足袋のまちについて』

「行田と足袋とドラマ陸王」

昔から埼玉県行田といえば”足袋のまち”と聞きますが、自身も周囲も和服を着る習慣が無く、「そうなのね~」程度の認識でした。

行田市 足袋蔵のまち
行田では江戸時代中頃から足袋作りが盛んになり、明治20年代以降に産業として発展しました。

その後の昭和13年頃の最盛期には、年間約8,500万足・全国シェアの約8割の生産がされました。

シェア8割は凄いですね!

近年、行田の足袋のキーワードに出会ったのが。。。そう!2016年に発表された池井戸潤の小説「陸王」のテレビドラマ化でした。

「陸王」は足袋作りの老舗工場が、会社の存続を賭けてランニングシューズ開発に挑む物語。主役の役所広司ほかの熱演で、行田の足袋の技術と伝統を再び全国に広めました。



行田市 ぶらっとぎょうだ

そんな行田市には、現在でも足袋を保管していた「足袋蔵」が市の中心部に70棟余り残っているそうなんですよ!ドラマにも取り上げられた、伝統の足袋の町の散策を紹介します。

本日は車で訪問し、町の中心部の行田市商工センターに駐車させて頂いた。

同じ建物内の「観光情報館ぶらっとぎょうだ」に立ち寄って、町歩きのパンフやマップを物色させて頂いた。

観光情報館ぶらっとぎょうだ
住所:埼玉県行田市忍2丁目1(GoogleMapで開く
営業時間:9時~17時
定休日:年末年始(12月29日〜1月3日)
アクセス:
電車)
・JR高崎線「吹上駅」北口下車、バスで佐間経由「新町一丁目」下車(所要約20分)、徒歩3分、又は、バスで前谷経由「商工センター」下車(所要約20分)、徒歩1分
・秩父鉄道「行田市駅」南口下車、徒歩6分
車)
・圏央道「白岡菖蒲IC」より約50分
・関越道「東松山IC」より約45分
・東北道「羽生IC」より約35分
・駐車場50台(行田市商工センター)

「足袋蔵まちづくりミュージアム」 県内初の日本遺産

次にNPO法人が運営している日本遺産ガイダンスセンター「足袋蔵まちづくりミュージアム」に立ち寄ってみた。入場は無料。

行田市 足袋蔵まちづくりミュージアム

2017年に行田市のストーリー「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」が、県内初の日本遺産に認定されています。

日本遺産ってなんだっけ?という輩へ簡単にご紹介。

「日本遺産」は2015年に創設された、比較的新しい文化財制度のことです。

地域に点在する史跡・伝統芸能などの文化財をパッケージ化して、文化・伝統を語るストーリーとして文化庁が認定するもの。

現在104件のストーリーが認定されています。(2021年9月現在)

訪問者側にしても一貫したテーマで周り易くなりますが、いかんせん日本遺産自体の認知度はイマイチ低い気がします。今後、盛り上げの工夫が必要な気がしますねえ。

行田市 足袋蔵まちづくりミュージアム

施設として利用されている「栗代(くりだい)蔵」は、明治39年(1906年)に足袋商店が造った蔵を活用しています。

建物は、間口(=正面幅)5間、奥行き3間の2階建て土蔵(どぞう)です。1間口は約181.8cmなので、幅約9.1m・奥行き約5.5mくらいですね。

町中の説明板でも間口という単位が使われているので、サイズ感を覚えておくと役に立つかも!

行田市 足袋蔵まちづくりミュージアム

写真は2階の栗代蔵の歴史を紹介するギャラリー。蔵の中結構広いんですねー。

1階は市内の見どころ・食べ処などのマップの配布や案内所です。

足袋蔵まちづくりミュージアム公式ページ
住所:埼玉県行田市行田5-15(GoogleMapで開く
開館時間:10時~16時
入館料:無料
休館日:12/29〜1/3、8/13〜8/16
アクセス: 車)駐車場2台分有り。満車の場合は係員にお尋ね下さい。

『足袋とくらしの博物館』 製造を見学

行田市 足袋とくらしの博物館

では、足袋のまち歩きのスタートは、足袋の町の本丸ともいえる「足袋とくらしの博物館」の見学からです。商工センターの裏手にあります。

建物は大正13年頃に建てられた半蔵造りである「牧野本店」の店舗兼住宅で、全盛期の行田の足袋工場を再現した施設です。

行田市 足袋とくらしの博物館

建物の造りは裏手から見ると分かり易い。

半蔵造りっていうのは文字通り半分が蔵、ということです。隠れてますが、左手の蔵の奥にもう一蔵あります。

「1階・足袋工場」 製造工程を見学

行田市 足袋とくらしの博物館

大人200円の入場料を払っておじゃまします。

博物館というより、足袋工場そのものですね。職人さんのミシン掛けのカタカタという音が、館内に心地よく響いています。

ここでは毎月第2日曜の13時〜15時に、有料・予約定員制で「My足袋作り体験」も開催されていますよ。

行田市 足袋とくらしの博物館

黒板には足袋の製造工程が書かれており、最初に係員の方が見どころを説明してくれます。

作業工程はというと。。。

  • 1. ひきのし布を裁断の為に重ねて整える。
  • 2. 布に足袋の型をあて裁断。
  • 3. 補強テープ付け。・・・後から追記された気配
  • 4. 掛(かけ)通し:甲馳(こはぜ)をかける糸を通す。
  • 5. 掛(かけ)押さえ:通した糸が動かないように止める。
  • 6. ハギマチ:甲馳をつける部分の裏に布を縫いつける。
  • 7. 甲馳付:甲馳を縫いつける。
  • 8. 羽縫(はぬい):表地と裏地を縫い合わせる。
  • 9. 甲(こう)縫い:足袋の甲の部分を縫い合わせる。
  • 10. 尻どめ:かかとのところを丸く縫う。
  • 11. つまぬい:爪先のところを縫う。(これが難しいと言われてるそうです!)
  • 12. まわし:爪先以外のところを縫う。
  • 13. 千鳥:まわし縫いしたところをギャザーにからみ縫いする。
  • 14. 仕上げ:形を整えて完成です。

いや~、結構工程数多いっすね!職人さんが作業されており、実際の工程の一部が見れます。

行田市 足袋とくらしの博物館

裁断用の型がサイズ毎に入っています。

布に当ててバチン!と加重を掛けてカットする、型のかたちの刃物です。

行田市 足袋とくらしの博物館

「押さえ掛止」の様子。

行田市 足袋とくらしの博物館

足袋についているフックみたいなものは、コハゼ(甲馳)って呼びます。

「2階・展示室」

行田市 足袋とくらしの博物館

2階は展示室。

中央の展示台になっている長~い台は、当時は長い布をグワッっと広げるのに使われた台だそうです。

行田市 足袋とくらしの博物館

かつて販売された商品や写真、古い機器などを展示。パッケージや看板がレトロで良い感じです。

基本情報・アクセス

足袋とくらしの博物館公式ページ
住所:埼玉県行田市行田1-2(GoogleMapで開く
開館日:土曜日・日曜日(夏期休暇あり、冬期は12月半ば〜1月上旬まで休館)
開館時間:10時~15時
入館料:200円(小学生は100円)
アクセス: 車)駐車場は商工センター1階と、商工センターの目の前にある駐車場の利用可

『足袋蔵歩き』各所説明板が充実

さあ、足袋作りの過程を理解したつもりになったところで(笑)、足袋蔵を探しながら町を歩いてみましょう!

「武蔵野銀行 行田支店店舗」

行田市 足袋蔵のまち

まずは町の中心を走る県道128号線の通り沿いを歩いてみると、洋風で重厚な建築物が目に入ってきます。

「武蔵野銀行行田支店店舗」は、現役の銀行の建物。カッコいい銀行ですな~。 元々は昭和9年(1934年)に、忍貯金銀行の店舗として竣工されたものです。

戦前の鉄筋コンクリート造の本格的銀行建築として貴重で、国登録有形文化財です。

行田市 足袋蔵のまち

銀行の前には、忍城の高札場跡の石碑があります。

町中にはかつての城下町の面影を示す石碑も多くあります。色々な時代の歴史が楽しめるんですよー、行田市は。

「十万石ふくさや 本店」 十万石まんじゅうの総本山

行田市 十万石 行田本店

「うまい、うますぎる」 のテレビCMで、埼玉県民には良く知られる和菓子「十万石まんじゅう」は行田が発祥の地。十万石ふくさや本店も市街地の中心にあり、しっかりと蔵造りの店舗でした!

建物は明治16年(1833年)に建てられらた店蔵で、元々は江戸時代から営んでいた呉服商の建物でした。

昭和44年(1969年)より十万石ふくさやの店舗として利用されており、後にナマコ壁(下の格子状の部分)が設けられています。

建物は行田を代表する店蔵で、国登録有形文化財に指定されています。

行田市 十万石 行田本店

バラ売りもしているので、一個購入してパクリ。うますぎます!可愛らしいサイズと、薄皮が特徴的ですなあ。

十万石まんじゅうは、戦後に旧忍藩十万石の地自慢のお米の形をしたまんじゅうとして誕生しました。

大昔からありそうな雰囲気ですが、意外にも戦後のお菓子なんですねえ。

「小川源右衛門蔵」昭和初期の蔵

行田市 足袋蔵歩き

通りに入って南下してみます。

八幡通りにある「小川源右衛門蔵」は、昭和7年(1932年)に建設した大谷石組積造2階建ての倉庫。

足袋蔵ではないそうですが、昭和初期を代表する大型の石蔵だそうです。

行田市 足袋蔵歩き

町歩きしていて感心したのは。。。、蔵めぐりコースの古い建物には、それぞれ由緒掛かれたにきちんとした解説板が掛けられている事。これ、地味に素晴らしい!

町ぐるみで、っていう感じに好感が持てます。

行田市 足袋蔵歩き

地面にも洒落た道標が点在しており、地図無しでもぷらっと町歩きができるのもイイね!(これ、マンホールなのかね?)

「大澤蔵」 鉄筋コンクリート組

行田市 足袋蔵歩き

埼玉古墳群に通じる古墳通り沿いの「大澤家住宅旧文庫蔵(大澤蔵)」は、行田唯一の鉄筋コンクリート組煉瓦造の2階建て足袋蔵だそうだ。

大正15年(1926年)に関東大震災の教訓を踏まえて竣工させたもの。貴重な近代遺産として国の有形文化財に登録されています。

ちなみに行田の足袋商店は店ごとに独自ブランドで展開してるのが特徴だそうで、こちらの大澤商店は”花形足袋”の商標で知られたそうです!かっこええなあ~。

「Cafe閑居・足袋蔵ギャラリー門」

行田市 足袋蔵歩き

こちらは複合施設チックに、色々施設が集まっているようです。

蔵造の建物は”ほうらい足袋” ”栄冠足袋”の商標で知られた「奥貫忠吉商店」が、大正5年(1916年)に建てた足袋蔵。

写真左手のカフェ「閑居(かんきょ)」は、元々は初代行田市長・ 奥貫賢一氏が暮らしていた昭和5年(1930年)築の高級木造住宅だった建物。

こちらは落ち着いたお屋敷で、庭園を楽しみながら食事や喫茶が楽しめる人気のお店デス。

行田市 足袋蔵歩き

奥まっているこちらの建物は、行田唯一の3階建ての土蔵。赤茶の窓周りの配色が特徴的だ。(元々は黒壁だったみたい。)

現在は、建築設計事務所として使用されています。

行田市 足袋蔵歩き

右手の土蔵は手前がパン屋、奥がギャラリーになっています。

Cafe閑居公式ページ
住所:埼玉県行田市行田7-3 (GoogleMapで開く
営業時間:11時~17時(ランチLO 15:00 / カフェLO 16:30)
定休日:月曜日 ※祝日は営業

「蕎麦 あんど(奥貫蔵)」

行田市 足袋蔵歩き

白い壁が日に映える、2階建ての土蔵。間口9間(約16m)ですからかなり大きい建物ですね。

大正時代~昭和初期頃に建設された足袋蔵で、現在は蕎麦・創作料理の店「あんど」として活用されている。

現役の店舗やオフィスとして使われている蔵も多いですね!ちなみに、昼食はここで蕎麦!って思ったけど。。。、「そば終了しました」って札が、グスン。

蕎麦 あんど公式ページ
住所:埼玉県行田市天満3-13(GoogleMapで開く
営業時間:ランチ 11:30~14:00(L.O. 13:30)、ディナー 17:30~21:30(L.O. 20:30)
定休日:月曜・第二火曜

『イサミ スクール工場』 陸王「こはぜ屋」のロケ地!

行田市 イサミコーポレーションスクール工場

テレビドラマ「陸王」で、100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」としてロケ地になったのがこちらの「イサミコーポレーションスクール工場」。

行田で現存する最も古い大規模足袋工場で、現在も被服工場として使用されています。

行田市 イサミコーポレーションスクール工場

建物は外側からしか見れません。

大正時代に建築された木造洋風工場や旧事務所、昭和13年(1938年)建設のコンクリート製の足袋蔵などがあり、戦前の大規模足袋工場の面影が良く残っているそうですよ。

行田市 イサミコーポレーションスクール工場
テレビドラマ「陸王」は、主役の役所広司が老舗足袋業者の四代目社長を人間味たっぷりに演じました。

復活を目指すマラソンランナー役に注目の若手俳優・竹内涼真を配役。多彩なベテラン俳優が脇を固めて熱い人間ドラマを展開。高視聴率をマークしました。

撮影時は行田市内で4カ月に及ぶ長期ロケが敢行され、その後ロケ地を巡る観光客の増加による波及効果が発生。それにより、町づくりにも一体感が生まれたということです。

「陸王」のロケ受けは、観光資源のある町として一つのターニングポイントにもなった様ですよ。

イサミコーポレーション スクール工場
住所:埼玉県行田市旭町4-1(GoogleMapで開く

『そば屋 忠次郎蔵』 名物 ゼリーフライも!

行田市 足袋蔵歩き
牧禎舎

商工センターの北側にも、少し足を延ばしてみました。

「牧禎舎(まきていしゃ) 」は昭和初期の旧足袋・被服工場と事務所兼住宅を改装した施設。

レンタルスペースや、中長期的に利用出来るアーティストシェア工房があり、藍染体験工房が併設されています。

行田市 足袋蔵歩き
牧禎舎 藍染体験工房

有料で藍染体験が出来ます。一日に染められる量が限られるため、事前予約がオススメです。

しかし、町中には色んな施設があって飽きませんなあ。

牧禎舎公式ページ
住所:埼玉県行田市忍1-4-11(GoogleMapで開く
開館:毎週日曜10時~16時
行田市 そば屋 忠次郎蔵

牧禎舎の先に、蔵造りのイカした蕎麦屋を発見!昼飯を食いっぱぐれてたことを思い出したよ。営業終了ギリの時間帯で飛び込んで、すみませ~ん。

こちらの「旧小川忠次郎商店舖及び主屋(忠次郎蔵)」は、大正14年(1925年)に造られた二階建ての土蔵。

建物の右半分だけ奥まった住居部分を有し、全体がL字になっており独特の形状。こちらも国登録有形文化財に指定されています。

行田市 そば屋 忠次郎蔵
この店は足袋蔵再活用のモデルとして整備されたもので、忠治郎蔵というNPO法人によって運営されています。

文化財活用で町を活性化させる試みは良いと思いますね~。

それにしても、人が入れそうなくらいの大きさの金庫が気になりますな。

行田市 そば屋 忠次郎蔵

行田名物のゼリーフライがあったので、頼んでみましたよ。ちゃんとしたのを食べるのは初めてかも。

揚げたてで美味しいですよ。あえて味を表現しろと言われると。。。んー、パンチの無いコロッケという感じかな(苦笑)。素朴な味わいですよ。

行田市 そば屋 忠次郎蔵

手打ちの二八のもりそばが650円は安いんでないかい?味も格的で美味しいお蕎麦!つゆは上品な感じのものでした。

こちらでは本格的な蕎麦打ち教室も開催されています。

最後に素敵なお蕎麦屋さんで締められて良かったよ。

そば屋 忠次郎蔵公式ページ
住所:埼玉県行田市忍1-4-6(GoogleMapで開く
営業時間:11時~14時、定休日:月曜日

行田「足袋蔵巡り」マップ

本日歩いたマップです。

埼玉のトリセツ 地図で読み解く初耳秘話

価格:1,540円
(2022/9/10 10:34時点)
感想(1件)

地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。広く浅く埼玉を知るには便利な一冊。

でかけてみませんか?

行田市 足袋とくらしの博物館

いかがでしたか?

行田市には色々史跡や遺跡も多く、ピンポイントで埼玉古墳群や忍城跡を訪問したことはあったのですが、改めてじっくり町中を歩いたのは今回初めてでした。

歩いてみて。。。陸王ロケ地も見れ、まんじゅうも食べられ、その他思っていたより盛り沢山で楽しい町歩きができました!

初めて出かける方は古墳や城跡訪問と組み合わせての歴史散歩もオススメですよ!

足袋蔵の町、行田に出かけてみよう!

「陸王」公式BOOK 明日も元気に働こう! [ 集英社 ]

価格:1,540円
(2022/3/12 22:41時点)
感想(3件)

足袋のまち・行田を舞台としたドラマ「陸王」の公式ブック。名シーン&名セリフを多数収録し、ロケ地・行田市の聖地巡礼情報も掲載!
たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/5/2】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県行田市「歴史散策スポット 総ガイド」

埼玉県行田市「忍城跡」

埼玉県行田市「埼玉古墳群」

埼玉県行田市「行田八幡神社」

埼玉県行田市「前玉神社」

埼玉県行田市「古代蓮の里」

Pocket