【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

早稲田「漱石山房記念館」、漱石ゆかりのスポットを巡る!【東京・新宿区】

早稲田「漱石山房記念館」、漱石ゆかりのスポットを巡る!【東京・新宿区】

国民的文豪・夏目漱石は新宿で生まれ育ち、そしてその生涯を新宿で終えました。

漱石終焉の地に建てられた「漱石山房記念館」に向かいつつ、漱石ゆかりのスポットが多い早稲田の町を巡ります。

漱石に関連するエピソードを振り返りながら楽しむ散策を紹介します。

早稲田・漱石の散歩道

文豪・夏目漱石の生誕150周年を記念して、2017年に東京都新宿区が「漱石山房記念館」を開設しました。

記念館ができた早稲田周辺や神楽坂には、漱石ゆかりの場所が多くあります。新宿区では「漱石の散歩道」と題した、周辺の町歩きルートを紹介しています。

これを参考に早稲田の漱石ゆかりのスポットに立ち寄りながら、「漱石山房記念館」見学へと向かう散策を紹介します。

『夏目漱石誕生の地』 散歩スタート!

最初の夏目漱石ゆかりのスポット「夏目漱石誕生の地碑」は、東京メトロ東西線早稲田駅の2番出口を上がってすぐの場所にあります。

黒御影石に”夏目漱石誕生之地”と刻まれた記念碑は、生誕100年を記念して1966年(昭和41年)に漱石の生家があった場所に建てられた記念碑です。

引きの写真を撮ろうとすると、どうしても定食屋・やよい軒の入口の映り込みが回避できませんね(笑)。

ま、街中ではこんな立派な石碑が残っているだけでも、上々なのかもしれませんね。

夏目漱石誕生の地碑
住所:東京都新宿区喜久井町1(GoogleMapで開く

『夏目坂と小倉屋』 赤穂浪士 堀部安兵衛ともゆかり

夏目坂

夏目漱石誕生の地碑の前には、「夏目坂」と名付けられた坂道があります。

道しるべによると。。。、

この辺りの名主だった漱石の父・直克が、自分の名を付けて呼んでいたものが広まった、と漱石の随筆「硝子戸の中」で語られているそうです。

父上も地元の名士だったのですね。

夏目坂

さらに漱石誕生の碑のすぐ近くにある「小倉屋」という酒屋は、かつて漱石の生家の隣にあった酒屋だそう。

見た目は至って普通の酒屋ですが、さりげに看板に”SINCE 1678”(=延宝6年!)とあるようにかなりの老舗ですね!漱石の随筆「硝子戸の中」の中でも触れられている酒屋です。

後の赤穂浪士・堀部安兵衛が高田馬場の決闘に駆けつける際、この店で升酒を飲んだと伝えられます。

『穴八幡宮』 徳川将軍吉宗が流鏑馬を奉納

穴八幡宮

「穴八幡宮」は早稲田通り沿いにある神社です。立派な神社ですね~。

まずは鳥居の足元をちょっと見て下さい。靴下でも履いている様に見えますが、亀の形の石が鳥居を支えているんですね。珍しいし、お茶目な感じで可愛らしいね。

この神社は平安時代の康平5年(1062年)に、源義家がこの地に兜と太刀を納め八幡神を祀ったのが起源と言われます。

歴史ある古社なんですね。

穴八幡宮

神社の入口には「高田馬場流鏑馬 (やぶさめ) 」の像があります。

1728年(享保13年)に徳川8代将軍・吉宗が流鏑馬を奉納したのがきっかけで、ここで行われる風習ができたそうです。

昭和になって古式流鏑馬を保存する為に流鏑馬が復活され、現在も都立戸山公園で年一回体育の日に流鏑馬が行われていますよ。

穴八幡宮
ここは漱石の奥様・鏡子(きょうこ)さんが漱石の虫封じにお参りした神社なんだそうです。

虫封じは、本来小児の夜泣きなどの疳(かん)の虫を治める為のお祈り。大人の漱石の為にお祈りしたのも、ちょっと不思議なエピソードです。

漱石は年齢と共に病気がちになり、肺結核・トラホーム(眼の結膜炎)・神経衰弱・痔・糖尿病、そして亡くなる原因となった胃潰瘍まで、様々な病気を抱えていたそうです。

なーんとなく神経質そうなイメージはありますが、ここまで病気持ちとは知りませんでしたなあ。

穴八幡宮

現在の建物は昭和から平成にかけて再建されたものです。

元々の建物は残念ながら、昭和20年(1945年)の東京大空襲で焼失しています。

穴八幡宮

訪問した際は梅の花の季節でした。

こちらの神社では、冬至から節分までの間限定で頒布する「一陽来復御守」が人気だそうです。

金運のお願いごとに効き目があるそうですよ!それは頂きに来たいな~。

穴八幡宮
住所:東京都新宿区西早稲田2-1-11(GoogleMapで開く

『誓閑寺』 新宿区内最古の梵鐘

誓閑寺

次に「誓閑寺(せいかんじ)」という、夏目坂通り沿いにあるお寺に向かいます。

細い路地に入った所にあったので、しばし見つけられずウロウロしてしまいました(苦笑)。

誓閑寺

漱石の随筆「硝子戸の中」では西閑寺という名前で、小説「二百十日」では寒磬寺(かんけいじ)の名前で登場するお寺だそうです。

誓閑寺

「誓閑寺」の梵鐘(ぼんしょう)は、天和2年(1682年)に鋳造された新宿区内最古の梵鐘だそうです。

古いものですが綺麗な状態で残っているもんですね。

誓閑寺
住所:東京都新宿区喜久井町61(GoogleMapで開く

漱石山房通りを歩く

漱石山房通り

漱石山房記念館方面の標識に導かれて、静かな住宅街の道へ。ここは「漱石山房通り」の名が付いています。

漱石山房通り

立派な造りの小学校を見かけました。

『漱石公園と漱石山房記念館』

「漱石公園(終焉の地)」

漱石山房記念館

漱石終焉の地には「漱石公園」があり、公園に併設される形で「漱石山房記念館」があります。

漱石公園は入場料無料で見学ができ、入口には夏目漱石の像があります。

漱石山房記念館
新宿で生まれた漱石は、大正5年(1916年)に亡くなるまでの約9年間、この地に「漱石山房」と呼ばれた住まいを構え執筆活動を行いました。

「三四郎」「それから」「こゝろ」などの作品が、ここから生まれています。

漱石山房記念館

公園内には「道草庵」という資料館があり、漱石山房の紹介パネルなどが展示されています。ちょこっとですけどね。

漱石山房記念館

公園にある「猫の墓(猫塚)」。

「吾輩は猫である」のモデルとなった猫の十三回忌にあたる大正9年(1920年)に、夏目家で飼われた生き物たちを供養するため造らせた物でした。しかしその後の空襲で損壊。

一部欠けてしまったものから、昭和28年(1948年)に再興されたものだそうです。

「漱石山房記念館」 外観

漱石山房記念館

「漱石山房記念館」は全面ガラス張りで、自然光が良く入る明るい造りの建物でした。

漱石山房記念館

「漱石山房再現展示室」

漱石山房記念館

館内の展示物は基本的に写真撮影NGですが、いくつか撮影OKな場所が用意されているのがありがたい。

漱石山房記念館

再現された「漱石山房」です。

漱石山房は、昭和20年(1945年)5月25日の山の手大空襲で焼失しました。しかし山房に残された遺品や写真類は他所に疎開させていた為、焼失を免れたそうです。

漱石山房記念館

残された写真を解析することにより、壁紙の模様の寸法や部屋の広さを特定。かつての書斎を再現したそうです。

地道な復元作業だったのでしょうなあ。

漱石山房記念館

館内では「吾輩は猫である」をモチーフにした猫ちゃんが、所々で行き先案内をしてくれてました!

漱石山房記念館

おっと!書斎を抜け回廊を進むと漱石の人形があるのですが、これがリアルでびっくり。

遠目に見ると本当に人が座っている様な感じに見えて、一瞬どきっとしましたわ。

ここでは漱石と一緒に記念写真が撮れますよ。

二階は「展示室」、地下1階は「図書室」

漱石山房記念館

2階の展示室では、パネルや映像などにより漱石と彼の作品の紹介があります。草稿や書簡、初版本などの貴重な資料の展示もありました。(撮影は不可。)

漱石山房記念館

地下1階は「図書室」になっており、漱石作品や関連図書が閲覧できます。また、講座室では講座やイベントが開催されるそうです。

1階の再現展示・2階の資料展示室の見学は有料ですが、それ以外の無料で見学できる展示物もあります。

また、1階には漱石作品や関連図書を読みながらゆったりと過ごせる、ブックカフェ「カフェ・ソウセキ」があります。

基本情報・アクセス

新宿区立漱石山房記念館公式ページ
住所:東京都新宿区早稲田南町7(GoogleMapで開く
開館時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
 ※漱石公園開園時間:4月~9月:8時~19時、10月~3月:8時~18時 / ブックカフェ利用時間:10時~18時(ラストオーダーは17時)
休館日:月曜日(月曜日が休日の場合は、直後の休日でない日)、年末年始(12月29日~1月3日)、その他設備維持のため等の臨時休館日
 ※漱石公園は年中無休、カフェ・ソウセキは当面の間、漱石山房記念館の休館日および火曜日・水曜日を休業(祝・休日の場合は営業)。
観覧料(通常展):一般300円、小・中学生100円
 ※特別展等の開催時の観覧料は、内容により変更、小・中学生は以下の学校休業中については観覧料を免除。土曜日・日曜日、国民の祝日(振替休日を含む)、都民の日(10月1日)、新宿区立小中学校の夏季・冬季・春季休業日

『早稲田大学』 漱石が講師を務めた

早稲田大学

早稲田大学の早稲田キャンパスに立ち寄りました。

漱石は明治25年(1892年)~明治28年(1895年)まで、現在の早稲田大学で講師を務めたそうです。 (当時は東京専門学校)

写真は早稲田大学のシンボル的な建物「大隈記念講堂」。ヨーロッパ調のゴシック様式建築物で地下1階、地上3階建ての建造物。

創立者・大隈重信が逝去後の、昭和2年(1927年)に竣工された建物で国の重要文化財に指定されています。


早稲田大学

早稲田を象徴するもう一つの建造物「大隈重信像」にご挨拶したところで、本日の夏目漱石の早稲田ゆかりの地の散策を終了します。

早稲田大学 大隈記念講堂
住所:東京都新宿区戸塚町1-104(GoogleMapで開く

今回の訪問スポットマップ

周辺まち歩きマップ(漱石山房記念館)

硝子戸の中 (岩波文庫 緑11-2) [ 夏目 漱石 ]

価格:440円
(2022/8/2 21:11時点)
感想(1件)


晩年の漱石の日常が綴られた随筆集。漱石山房の硝子戸の中から外を見渡した時、漱石の目に入ってきた風景とは?

出かけてみませんか?

歩いたことが無い街を歩くのは意外な発見があり楽しいですよね。その際、新宿にゆかりのある文豪の関連スポットというテーマがあるとよりワクワクしますよ。

本日のコースは歩くだけなら1時間半~2時間程度で歩けると思いますが、半日くらい時間を取って早稲田での食事や喫茶を楽しみながらゆっくり過ごすのも良いかなと思いました。

皆さんも出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/3/5】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

東京都新宿区「新宿歴史博物館」

東京都新宿区「熊野神社」

東京都新宿区「新宿七福神めぐり」

東京都新宿区「丹下健三の建築見て歩き ~東京都庁舎ほか~」

Pocket