【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

「丹下健三」の建築物見て歩き、東京都庁舎や大聖堂に驚く!【東京・新宿区】

「丹下健三」の建築物見て歩き、東京都庁舎や大聖堂に驚く!【東京・新宿区】
東京都庁舎

世界的な建築家であった丹下健三氏。

丹下氏の設計した建築物は、今でも東京の地で異彩を放っています。代表的な設計建築物の一つである東京都庁舎を中心に、新宿近辺の丹下氏の建築物を紹介します。

ちょっと驚きの形状の教会などもご紹介!

『東京都庁舎と建築家・ 丹下健三』

新宿副都心にある東京都庁舎ビル。

建物は1990年代に造られたものだが、現在も新宿で一番高いビルだ。東京都政の中枢を担うビルであるとともに、新宿西側の街の一部になっています。

そんな東京都庁舎ビルを、今改めて建築物として眺めてみたいと思いました。

そんなことで、東京都庁舎ビルの訪問とともに、当ビルの設計者であり建築界の巨匠であった丹下健三氏の建築物をいくつか巡ってみましたのでご紹介します。

丹下健三(たんげけんぞう)(1913-2005年)。

日本を代表する建築家の一人。戦後の復興後から高度経済成長期にかけて、多くの国家プロジェクトを手がけた建築家。

また、日本人建築家としては最も早い時期に国外でも建築や都市計画を世界中で手がけ、「世界のタンゲ」とも呼ばれた。

代表的な建築物は、広島平和記念資料館(1952年)、国立代々木競技場(1964年)、東京都庁舎(1990年)、フジテレビ本社ビル(1996年)など多数。

『東京都庁舎見学』 新宿のランドマーク

「東京都庁舎」は新宿で一番高いビルであるのみならず、副都心を象徴するランドマークタワー的な建物の一つでしょう。

1990年のバブル景気期に建てられ、当時丸の内にあった旧庁舎から業務が移されて以来、東京都都政の中枢う場所となります。

都庁舎は今もって見ても物凄い規模の建築群ですね。コンクリート然とした雰囲気なので、建物としての好みは分かれるかもしれません。

建物群は第一本庁舎・第二本庁舎・都議会議事堂の3棟から構成されています。

東京都庁舎
第一本庁舎

パリのノートルダム寺院の大聖堂の様な、と比喩される第一本庁舎のシルエット。

遠目で見ると、建物全体の形は簡単にデッサンできそうな、特徴あるツインタワー。

東京都庁舎
第一本庁舎

しかし、近づいてまじまじ見ると何だか複雑なデザインなんですね。窓も、格子戸の様なデザインの一部になっています。

東京都庁舎

「展望台」 スカイツリーや東京タワーが

都庁舎の展望台へ行かれた事が無ければ、機会があれば一度上がってみることをオススメします。

なにせ地上202m・45階、新宿一高いビルからの絶景がタダで楽しめますからね。それと、東京の新旧の景色が見えるのも興味深いんですよ。

東京都庁舎

展望台から東向き (新宿駅方向) の景色。

「太陽にほえろ」な(笑)、昭和から続く高層ビルの景色が健在です。

左の白いビルは通称・三角ビルこと住友ビル。黒っぽいのが新宿三井ビル、その右手の茶色っぽいのが新宿センタービルです。

東京都庁舎ができるまでは、「西新宿の顔」だった面々ですなあ。

東京都庁舎

北東方向中央奥にはスカイツリーが見えます。

東京都庁舎
新国立競技場が見えます

代々木方面。

左手の背の高いビルは通称・新宿のエンパイアステートビルこと、NTTドコモ代々木ビル。その足元に見える円盤形の建築物が新国立競技場。

中央右手奥には東京タワーが見え、そのずーっと先の東京湾の入口辺りまで見えます。

いやはや絶景。

東京都庁舎

展望台から見た建物側面が見えます。

複雑な形状に見えますが、四角い柱状に三角の出っ張り部分がくっ付いた形状になっている様です。

東京都庁舎

展望台には飲み物や軽食などの販売、また、東京土産なども販売されています。

東京都庁舎

「都庁おもいでピアノ」。

芸術家の草間彌生(やよい)監修のもと、設置されたピアノ。誰でも5分以内で演奏できるピアノです。とても斬新なデザインだわあ。。。

都庁展望台展望台案内ページ
入室料金:無料
休室日:第2及び第4月曜日(北展望室)、第1及び第3火曜日(南展望室)、祝日に重なる場合は開室しその翌日を休室、年末年始(12月29日~31日、1月2日及び3日)及び都庁舎点検日は両展望室とも休室

「都議会議事堂」 ローマの様な都民広場

東京都庁舎 都民広場
半円形の都民広場

「都議会議事堂」は地上7階・地下1階の鉄骨鉄筋コンクリート造りで、6階と7階は議場として吹き抜けの造り。

建物に取り囲まれる形で円形の広場があります。

月並みな表現ですが、ローマの円形闘技場・コロッセオを思わせますなあ。

建築物概要

  • ■ 竣工: 1990年12月 / 建築設計者:丹下健三 / 施工:大成建設・清水建設ほか
  • ■ 敷地面積:42,941m2 / 延床面積:380,504m2 / 建築面積:27,487m2
  • ■ 階数・高さ:【第一本庁舎】地上48階地下3階・243m、【第二本庁舎】地上34階地下3階・163m、【都議会議事堂】地上7階地下1階塔屋1・41m

アクセス

東京都庁舎見学案内ページ
住所:東京都新宿区西新宿2-8-1(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・JR「新宿駅」、西開札から徒歩約10分
・都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」
・「新宿駅」西口(地下バスのりば)から都営バス又は京王バス(都庁循環)「都庁第一本庁舎」「都庁第二本庁舎」「都議会議事堂」下車
・JR「新宿駅」西開札、新宿駅西口:バス停から西新宿・都庁本庁舎方面行きの新宿WEバス乗車、「都庁本庁舎」下車

『新宿パークタワー』 都庁舎の兄弟!?

新宿パークタワーの紹介

新宿パークタワー
東京都庁舎の展望台から見た新宿パークタワー

「新宿パークタワー」は、東京都庁舎の施工と比較的近い時期の建築物

ということもあり、東京都庁舎と建物のタッチが非常に似てるんですねー。また、立地も比較的近い為都庁の建物の一部と間違われることも多々ある様です。

実際、兄弟みたいな風貌なので間違えても無理もない。。。

新宿パークタワー

都庁同様シンプルな直方体になっていないのと、屋根部分が三角の傘みたいな形になっているのが特徴でしょうか。三角は明かり取りですかね。

主要部分は賃貸オフィスで、高層部にはホテル・パークハイアット東京が入っています。宿泊費は高いんでしょうなあ。。。

建築物概要

  • ■ 竣工:1994年 / 建築設計者:丹下健三・都市・建築設計研究所 / 施工:鹿島建設、清水建設、大成建設など
  • ■ 敷地面積:26,536m2 / 建築面積:9,553m2 / 延床面積:264,141m2 / 構造形式:鉄骨構造
  • ■ 階数:地上52階地下5階、高さ:235m
新宿パークタワー

アクセス

新宿パークタワー公式ページ
住所:東京都新宿区西新宿三丁目7番1号(GoogleMapで開く)
アクセス:
電車)
・新宿駅南口から徒歩約12分、京王新線 初台駅から徒歩約6分、都営大江戸線都庁前駅A4又はA5出口から徒歩約8分、小田急線 参宮橋駅から徒歩約10分
*新宿駅西口「エルタワー」1階三菱UFJ銀行前から、無料の直通シャトルバス便有(10:10〜19:20にて10~15分間隔)

『東京カテドラル聖マリア大聖堂』 驚愕の建築物!!

次の丹下健三氏の設計した建築物紹介は、新宿区をちょこっと外れお隣の文京区へ。

東京カテドラル聖マリア大聖堂の紹介

東京カテドラル聖マリア大聖堂

聖マリア大聖堂は1964年に作られた教会で、ホテル椿山荘の真向かいにあります。

まずは一望「これはなんだ!どういう形になっているんだ!」と、取り乱したのが第一印象(笑)。

まずは建物の外観を見ながら、敷地の外側をぐるっと一周してみましたよ。

それでも。。。、う~ん、全体がどういう形をしているのか?イマイチ掴みどころのない印象。

東京カテドラル聖マリア大聖堂

入口側から見えてくる建物の様子。例えるなら蝶が羽を広げている感じ?

ちなみにこちらは、聖堂の入口では無く側面。入口へは左方向に進み、ぐるっと向き直る様な動きで建物に向かいます。

東京カテドラル聖マリア大聖堂
建物表面はメタリックな質感。

鉄筋コンクリート造地下1階/地上3階建て。造りはシェル構造と呼ばれ、壁から屋根が一体となっているコンクリートの壁を垂直に立てた構造。

外装にはステンレスが使われています。
東京カテドラル聖マリア大聖堂

地上から見上げてみても、全体の建物の形状が掴み辛いのもやむをえない。

この建築物は。。。なんと!空から見下ろした時に建物上部が十字架の形になっている、というのが形状の特徴だった!

う~む、やはり凡人が地上から見ても、分かり辛い形状のはずだ。

ちなみに、聖堂のなかも入れますが、撮影は禁止。剥き出しのコンクリートの壁が、独特の雰囲気を出しています。(公式ページで写真をご覧下さい。)

東京カテドラル聖マリア大聖堂
敷地内にある「ルルドの洞窟」

丹下氏は生前カトリックの洗礼を受けていました。

平成17年(2005年)、91歳で死去した際には、自ら設計したこの教会で葬儀が行われました

建築物概要

  • ■ 竣工:1964年12月 / 建築設計者: 丹下健三・都市・建築設計研究所 / 施工:大成建設
  • ■ 敷地面積:15,098m2 / 延床面積:3,650m2 / 建築面積:2,541m2 / 構造形式:鉄筋コンクリート造
  • ■ 階数:地上1階地下1階 / 高さ:39m

アクセス

東京カテドラル聖マリア大聖堂公式ページ
住所:東京都文京区関口3-16-15 (GoogleMapで開く
電車・バス)
・東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」(出口1a)より徒歩15分
・JR山手線「目白駅」より、都営バス 白61系統 “新宿駅西口行き”
・JR山手線「新宿駅」より、都営バス 白61系統 “練馬車庫前行き”
どちらも「ホテル椿山荘東京前」下車徒歩1分

番外『モード学院コクーンタワー』 息子・憲孝氏設計

モード学院コクーンタワーの紹介

東京モード学院コクーンタワー

新宿において変わった形状のビルといえば、この「東京モード学院コクーンタワー」でしょう。

これは、丹下健三の息子の丹下憲孝(のりたか)氏が代表取締役社長を務める、丹下都市建築設計で設計した建物。

元々のオーダーが”見たことがない建物を”という内容なのも驚きだが、それに応えてできた建物も驚きですなあ。

丹下健三氏の先進的なDNAを継ぐ建物としてピックアップ。繭を形どったイメージが、クリエイティブな空間を生み出すことでしょう。

建築物概要

  • ■ 竣工:2008年 / 建築設計者:丹下都市建築設計 / 施工:清水建設
  • ■ 敷地面積:5,172m2 / 延床面積:80,865m2 / 建築面積:3,542m2 / 構造形式:鉄骨造
  • ■ 階数:地上50階地下4階 / 高さ:204m
東京モード学院コクーンタワー

アクセス

モード学園コクーンタワー
住所:東京都新宿区西新宿1-7-3 (GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
新宿(西口)駅前・徒歩3分。JR・小田急・京王・地下鉄から地下街が直結。駅前から歩道橋が直結。

世界でいちばん素敵な建築の教室 [ 田所辰之助 ]

価格:1,650円
(2022/3/3 23:04時点)
感想(1件)

「死ぬまでに見たい世界の名建築」や「構造・工法」などがQ&A形式で分かりやすく紹介されてゆきます。今更聞けない建築物の見方・楽しみ方を知ることができますよ!

名建築で昼食を オフィシャルブック [ 「名建築で昼食を」製作委員会 ]

価格:1,540円
(2022/3/3 23:19時点)
感想(2件)

テレビ大阪で放映されたドラマ「名建築で昼食を」のオフィシャルブック。東京のノスタルジックでかわいらしい名建築と、名建築での食事が紹介されます!

出かけてみませんか?

東京カテドラル聖マリア大聖堂
東京カテドラル

東京都庁舎を中心に、丹下健三氏が設計した建築物を見て周りましたが、いかがでしたか?

丹下氏の設計した建築物は、中途半端ではない独創性を今もって感じました。

そして、丹下健三氏の建築物に限らず、テーマを決めて建築物を見て歩くのも、街歩きの楽しみ方の一つとして面白いと思いますよ!


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2020/10/16~10/28】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

東京都新宿区「新宿七福神めぐり」

東京都新宿区「熊野神社」

東京都新宿区「漱石山房記念館」

東京都新宿区「新宿歴史博物館」

Pocket