【最新記事:2022.5.12】小江戸・栃木「蔵の街」を歴史散策!ハイテク博物館も楽しいぞ【栃木】

南青山「岡本太郎記念館」を紹介、爆発する芸術空間を体感しよう!【東京】

南青山「岡本太郎記念館」を紹介、爆発する芸術空間を体感しよう!【東京】

閑静な東京・南青山の一角に「岡本太郎記念館」はあります。

ここは日本を代表する芸術家である岡本太郎氏が生前アトリエ兼住居として過ごした場所。個性的な作品やオブジェからパワーを感じられる密かな人気スポットです。

青山や表参道に出かけた際に、ちょっと足を延ばみたい「岡本太郎記念館」を紹介します。

『岡本太郎記念館と岡本太郎について』

岡本太郎記念館について

「岡本太郎記念館」は、南青山の骨董通りを少し入った閑静な街角にあります。

ここは日本を代表する芸術家・岡本太郎氏(1911~1996年)のアトリエ兼住居があった場所

84歳で亡くなるまで40年以上彼が生活した空間を改築して、1998年5月より「岡本太郎記念館」として一般公開している記念館です。

アトリエ兼住居の設計は、近代建築の三大巨匠の一人といわれるル・コルビジェに師事した坂倉準三氏の設計となります。

岡本太郎とは?

東京・南青山「岡本太郎記念館」

岡本太郎(1911~1996年)氏の概略紹介から。

出身は神奈川県で、父はマンガ家の岡本一平、母は歌人で小説家の岡本かの子。

1929年、東京美術学校(現・東京藝術大学)退学後、両親とともに渡仏。

両親帰国後もパリに残り、哲学・心理学・民俗学などを学びながら美術動向を知る。なかでもピカソの作品に強く惹かれ、力強い輪郭線と原色を多用した作品を発表しました。

1940年、第二次世界大戦の影響を受けて帰国。中国への出征を経て、1947年、画家としての活動を本格的に再開。

1970年、国内外で活動する中、大阪で開催された万博のテーマ・プロデューサーとなり万博会場で「太陽の塔」を発表。これにより岡本太郎の名前を世に知らしめることになります。

1970年代以降はバラエティ番組やテレビCMにも多く出演し、「芸術は爆発だ」「何だ、これは!」などのフレーズは流行語になりました。(懐かしい。。。)

1989年、フランス政府より芸術文化勲章を受章してます。

『刺激に満ちた館内紹介』

では、「岡本太郎記念館」の館内を紹介します。

1階「アトリエ」

東京・南青山「岡本太郎記念館」

では岡本太郎記念館の館内を紹介します。ちなみに館内の作品のカメラ撮影は全部OK!のとても開かれた記念館なんですよ。

入って1階の奥にある「アトリエ」。

こちらは実際に1954年以降のすべての絵画作品を生み出した、正真正銘、岡本太郎氏が使っていたアトリエです。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

テーブル上の道具や描きかけの作品など、すべてが当時のままだそうです!いや~、生々しい空気感が伝わってきますね。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

金色に輝きながら宙に浮いているのは、1970年の万博会場に造られた”太陽の塔”の「太陽の顔」ですね!

しかし機嫌悪そうな表情だな(苦笑)。不思議と印象に残る顔ですよね。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

すねた巨大な顔とトゲトゲしたオブジェが浮かんでおり、床には原色系のオブジェが並び、か~なりカオスな空間であります(笑)。

こんな刺激物に囲まれた空間から、爆発する様な作品群が生み出されたのですね!

1階「サロン」

東京・南青山「岡本太郎記念館」

「サロン」は、打ち合わせに使われていた応接スペース。

こちらには、かなりリアルな岡本太郎氏のマネキン像があり、今にもガブリ寄って来そうです!リアルなのもそのハズで、なんと本人が全身シリコンに埋まって造ったという、文字通り実物大だそうだ。ははは、徹底してるな。。。

開放的な窓ガラスが庭の景色と一体感を出してます。庭にも色々刺激的なオブジェが見え隠れしてますね。

こちらの部屋も原色系のチェアーと、キラキラなオブジェが相まってとっても刺激的な部屋です。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

こちらの躍動感を感じるオブジェなど、古代的な雰囲気ありません?さながら埴輪か土偶が踊っている感じ。

太郎氏は縄文土器を始め、考古学・民族学の視点での美の探求にも熱心だったそうですよ。

2階「第1展示室」

東京・南青山「岡本太郎記念館」

2階階段の吹き抜けにある写真ポスター。

様々な表情をまとった岡本太郎氏が笑い掛け、眼光鋭く睨みつけられ、はたまた、顔じゃない目からの(笑)視線も注がれます。

しかし、この人の目力は凄いよね。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

2階には2つの展示室があります。

第1展示室は企画展が行われ、その時々で展示物が変わります。訪問時は「暮らしのなかの芸術」という企画展示でした。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

「鯉のぼり、いいねえ。あんな大きな魚が空を泳ぐんだよ。凄いイメジネーションじゃないか。」そんな岡本太郎氏のコメントが添えられていました。

この鯉のぼりも目力あるなあ。。。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

おっと、ありましたよ!「太陽の塔」のミニチュア。

岡本太郎氏の名前を一躍世界に知らしめたのは、やはり1970年の日本万国博覧会会場にそびえ立った高さ70mの「太陽の塔」ですね。

正面の胸(?)にある不満そうな顔が現在を表し、金色の顔は未来を表し、背中には過去を表すえらくダークな雰囲気の黒い顔があります。

何年か前に大阪の万博記念公園で「太陽の塔」の実物を見てますが、新しい様な古い様な、プリミティブな不思議なパワーを感じる今もってインパクトのある塔でしたヨ。

最近は整備されて棟の内部にも入れるそうで、実は内部の地下には第4の顔があるらしいっすよ。機会があれば入ってみたいなあ。

2階「第2展示室」

第2展示室は自然光が入り込む明るい感じの展示室だ。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

スポーティーな服装の、でも個性的なイラストのシャツを着た岡本太郎氏の人形が立っている。いやあ、こちらもリアルだなあ。。。

岡本太郎人形がかぶっている帽子の焼肉屋っぽい(?)マークに見覚えがあるだろうか? そう、現在のプロ野球チーム・オリックスバファローズの前身、近鉄バッファローズのトレードマークだ。

これも実は岡本太郎氏のデザイン(私も初めて知った。。。)。親友だった千葉茂監督就任の際の1959年、「バファロー」の新チーム名称に合わせてデザインされたモノなんだって。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

素敵な柄のネクタイ。絞めるにはちょっと勇気がいりそうだけど。。。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

これは使って楽しそうなトランプですね!ジョーカーは「来た~」という雰囲気が伝わてきます。ババ抜きしているイメージの話です。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

ちょっと不気味な感じのデザインも。。。刺激的であります。

東京・南青山「岡本太郎記念館」

誰かいるのかな?と思ったら(ウソです)、太陽の塔だった。可愛らしさを感じる佇まいですな。

1階「庭」

東京・南青山「岡本太郎記念館」

こちらお庭も刺激で溢れている空間でした。んー、混沌としたジャングルの様ですね。

太陽の様に燃える様なオブジェからは、パワフルでポジティブなイメージが伝わってくるね!

東京・南青山「岡本太郎記念館」

躍動感あふれる!

東京・南青山「岡本太郎記念館」

誰かの視線を感じて見上げると(ウソです)、太陽の塔に見られてました。

1階「ミュージアムショップとカフェ」

東京・南青山「岡本太郎記念館」

一通り見学したら、入口後方にあるミュージアムショップをのぞいてみましょう。100冊を超える関連書籍と沢山の関連グッズがあります。

家でも岡本太郎氏のパワフルワールドを楽しめる様な、面白グッズを探してみてはいかが?

東京・南青山「岡本太郎記念館」

外側の一角にカフェが併設されています。カフェのみ利用の場合は入館料は不要。

カフェからは庭のアートを見ることができるので、ティータイムを過ごす為にちょっと立ち寄る、っていうのも良さそうだ。

基本情報・アクセス

岡本太郎記念館公式ページ
住所:東京都港区南青山6-1-19(GoogleMapで開く
開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28~1/4)及び保守点検日。
観覧料:一般 650円、小学生 300円
アクセス:
電車)
・東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」より徒歩8分

世界でいちばん素敵な建築の教室 [ 田所辰之助 ]

価格:1,650円
(2022/3/3 23:04時点)
感想(1件)

「死ぬまでに見たい世界の名建築」や「構造・工法」などがQ&A形式で分かりやすく紹介されてゆきます。今更聞けない建築物の見方・楽しみ方を知ることができますよ!

名建築で昼食を オフィシャルブック [ 「名建築で昼食を」製作委員会 ]

価格:1,540円
(2022/3/3 23:19時点)
感想(2件)

テレビ大阪で放映されたドラマ「名建築で昼食を」のオフィシャルブック。東京のノスタルジックでかわいらしい名建築と、名建築での食事が紹介されます!

でかけてみませんか?

いかがでしたか?

見学中は一時無国籍なアート空間に迷い混んだ感を楽しめ、作品やオブジェからはエネルギッシュな「爆発」パワーを感じました。

そんな、元気がもらえる岡本太郎記念館に是非一度立ち寄ってみて下さい。


旅の予約はポイントも付く楽天トラベルがお得!

【記事の訪問日:2021/5/9】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

東京都中央区「築地本願寺」

東京都渋谷区「丹下健三の建築見て歩き」

東京都新宿区「漱石山房記念館」

東京都新宿区「花園神社」

Pocket