MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (40)埼玉県 (101)千葉県 (9)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (3)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (2)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (55) (21)七福神巡り (2) (30)古墳 (6)古い町並み (16)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (13) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (1) (29)紅葉 (5)ダム (1)博物館 (16)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (7)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (20) (5) (9) (1)特集記事 (10)ピックアップ (5)旅のキーワード (3)

見沼の竜神様を祀る!氷川女体神社は武蔵国一宮の女体社【埼玉・さいたま市】

本ページには広告が含まれています

さいたま市にある「氷川女体神社」の周囲には、かつて見沼と呼ばれる巨大な沼がありました。

氷川女体神社はその見沼との関連が深く、見沼の主である竜神様が祀られていたらしいんですよ!
竜伝説に関連する遺跡まで残っています。

そしてこの神社は、武蔵一宮氷川神社の女体社として、武蔵国一宮を形成した一社ともいわれています。

そんな、ミステリアスなロマンを感じる古社の参拝に出かけてみましょう。

目次

『氷川女体神社』武蔵一宮として竜神を祀る神社

見沼たんぼの台地上に鎮座

氷川女体神社(埼玉県さいたま市) 

「氷川女体神社」が所在するさいたま市南東部のこの辺りには、「見沼たんぼ」と呼ばれる広大な緑地が広がっています。
その見沼田んぼは、かつての古代の海の名残である「見沼」という巨大な沼でした。

氷川女体神社の境内は、写真のもっこりとした小山の上にあります。
この台地は見沼につき出た場所にあたり、その見沼と非常に関係の深い神社となっています。

武蔵国一宮の女体社とされる

氷川女体神社(埼玉県さいたま市)

では、境内へと登って行きます。

氷川女体神社は、奈良時代に建立されたとされる有数の古社です。

氷川女体神社(埼玉県さいたま市)

氷川女体神社の「女体」は祭神である女性の神様、稲田姫命(いなだひめのみこと)に由来します。

そして、鳥居に掲げられた扁額には、「武蔵国一宮」の文字が刻まれています。
あれ?武蔵国一宮といえば大宮氷川神社なのでは?

ということで「武蔵国一宮」に関する言い伝え。

大宮氷川神社は、須佐之男命(すさのおのみこと)を御祭神とする男体社とされます。
そして、氷川女体神社は稲田姫命を祀り、須佐之男命の姫君にあたる女体社という説です。

そしてもう一社、息子の大己貴命(おおなむちのみこと)を祀る、同じ市内にある「中山神社」。

この三社が「武蔵国一宮」である、とするファミリー説があるんですねー。

この三社の立地、地図上で一直線上に配置されている、と言われてるんですよね。
ホントかなー、なんて思いましたが。。。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次