【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

埼玉の城跡歩き!比企城館群、鉢形城・忍城・川越城など全8城【埼玉】

埼玉の城跡歩き!比企城館群、鉢形城・忍城・川越城など全8城【埼玉】

城郭跡を歩いて楽しむ!の視点で選んだ埼玉県にある代表的な城郭跡を紹介します。

遺構が良く残り戦国時代の山城歩きが楽しめる比企城館群の代表的な4城と、鉢形城。そして、史跡公園のみならず、かつての城下町の痕跡をもとめて町中歩きもしてみたくなる忍城、岩槻城、川越城など。

全部で8つの城郭跡を紹介します。

比企城館跡群について

埼玉県中央部に位置する比企地域は、戦国時代に城郭が非常に多かったエリアです。

これは、戦国時代前期は公方(くぼう)足利氏・山内(やまのうち)上杉氏・扇谷上杉(おうぎがやつうえすぎ)氏らによる争乱の激化・長期化が背景にあります。

比企城館跡群のうち「比企城館跡群」と呼ばれ国指定史跡にもなっている、代表的な4城館跡を紹介します。

『菅谷館跡』 畠山重忠の屋敷跡

埼玉県嵐山町「菅谷城跡」
本郭

嵐山町にある菅谷館跡は、平地の台地の上に造られた平城(ひらじろ)跡になります。

元々は平安~鎌倉時代に活躍した坂東武士・畠山重忠の屋敷跡といわれます。現在の城郭跡としての姿は、その後の15世紀後半に山内上杉氏によって戦いに対応すべく改修された姿といわれます。

16世紀後半には、小田原北条氏の軍事上重要な場所として使用されました。城郭跡には当時の郭や土塁、空堀などが比較的綺麗な状態で残っています。

また敷地内には「埼玉県立嵐山史跡の博物館」が併設されており、菅谷館の情報をはじめ比企城館跡全体の概要を知ることができてありがたい。それと畠山重忠公の銅像があるのもオススメポイントですよ!

菅谷館跡の詳細なレポートはこちら!

菅谷館跡(埼玉県立嵐山史跡の博物館)
住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷757(GoogleMapで開く

『杉山城跡』 戦国の築城の教科書

埼玉県嵐山町「杉山城跡」
南二の郭の虎口から

杉山城跡は嵐山町にある山城跡で、城ファンには「築城の教科書」として良く知られる城郭跡です。

山の高低差を巧みに利用し、縄張跡では戦国時代の様々な築城の技巧が披露されています。これらの遺構が綺麗な状態で残ってるんです!

比較的狭い範囲に集中して技巧的な見どころがあり、敵になったつもりで侵入して行くと、常に上からの攻撃を受ける造りであることがわかりヒヤヒヤ感が味わえます。

そして、主要箇所の高木が伐採されており、縄張りの造りが非常に見やすくなっています。歩道も歩き易く、管理状態の素晴らしさも特筆すべき特徴です!

見学者にやさしい城郭跡で、山城歩きの初心者が教科書を広げるには良い城郭跡としてオススメしたいですね。

杉山城跡の詳細なレポートはこちら!

杉山城跡
住所:埼玉県比企郡嵐山町杉山513ほか(GoogleMapで開く

『小倉城跡』 石積みのある小田原北条氏の城

埼玉県ときがわ町「小倉城跡」
郭1(本郭)への虎口

小倉城(おぐらじょう)跡はときがわ町にある山城跡です。立地としては幹線道路の中間点にもあたり、河川・陸路の交通を監視する為にこの場所が選ばれたようです。

16世紀半ばから最盛期を迎え、16世紀後半まで使われた模様。小田原北条氏の重臣・遠山氏、あるいは上田氏が城主だったといわます。

小倉城は関東では珍しい石積みを使った山城なのが特徴。郭や土塁なども分かりやすい形で残っています。

城跡がある山は約140mの高さの低山ですが、散策路は良く整備されていてハイキングにも最適!景勝地・嵐山渓谷も比較的近い場所です。

小倉城跡の詳細なレポートはこちら!

小倉城跡
住所:埼玉県ときがわ町大字黒田字城山1184(GoogleMapで開く

『松山城跡』 越後上杉氏・甲斐武田氏とも争う

埼玉県吉見町「松山城跡」
本曲輪とニノ曲輪の間の深い空堀

松山城跡は吉見町にあった平山城(ひらやまじろ)です。

比企丘陵地帯のヘリに位置しており、荒川の支流・市野川(いちのかわ)を天然の堀として利用しています。

15世紀後半、扇谷上杉氏側の拠点の城として築城されたと言われます。

16世紀後半には、城を巡り小田原北条氏・越後上杉氏・甲斐武田氏による合戦が繰り広げられ、要所であったことが伺えます。主に小田原北条氏勢力下の上田氏による支配が長く続きました。

曲輪や土塁などの遺構が比較的綺麗に残っていて、山城歩きを体感できるスポットです。空堀の中を歩けたりもできます!

近隣には史跡「吉見百穴」などもあり、近隣含め一日中歴史トリップができるのはオススメポイント。

松山城跡の詳細なレポートはこちら!

松山城跡
住所:埼玉県比企郡吉見町北吉見298(GoogleMapで開く

『鉢形城跡』 断崖絶壁の小田原北条氏の城

埼玉県寄居町 鉢形城跡

寄居町にある鉢形城跡は戦国時代の代表的な城郭跡で、主に小田原北条氏(後北条氏)が長らく支配した城でした。荒川と深沢川に挟まれた断崖絶壁の上に築かれている平山で、まさに自然の地形を生かした城郭でした。

現在は国指定史跡で、日本100名城の一つに数えられます。

二の曲輪と三の曲輪間の巨大な空堀跡や、小田原北条氏の城郭の特徴である角馬出など多くの遺構が残ります。また、石積土塁や門の一部の復元により、当時の様子が再現されてます。

自然に囲まれた広大な敷地を持つ城郭跡で、山城を体感しながら歩けるオススメの城郭跡です。

鉢形城跡の詳細なレポートはこちら!

『忍城跡』 石田三成の水攻めに耐えた城

埼玉県行田市 忍城跡

忍城は現在の行田市にあった平地の城で、立地としては北に利根川、南に荒川と天然の要害を持った攻め辛い城。かつては関東七名城の一つといわれ、現在は続日本100名城の一つに数えられています。

忍城が歴史上良く知られるのは、戦国時代に豊臣軍だった石田三成の水攻めにあいこれに耐えたので有名。それにより浮き城の異名を持ち、水攻めは映画・のぼうの城の題材にもなっています。

城址公園内には御三階櫓が復元されており、城跡然とした雰囲気を楽しみたければおススメだ。

また公園内には行田市郷土博物館が併設されているので、こちらも是非立ち寄ってみたい。

忍城跡の詳細なレポートはこちら!

『岩槻城跡』 江戸の北側の防御拠点

埼玉県さいたま市 岩槻城跡

室町時代末に築城された城で、当初は太田氏が城主でした。その後、小田原北条氏の城になります。

小田原北条氏滅亡後には徳川家康の配下の城となり、江戸の北側の守りとして重要視されました。

曲輪の一部は岩槻城址公園になっており、公園内には空堀や土塁などの遺構が残っています。また、かつての城門の一部も残されています。

かつての岩槻城は大構(おおがまえ)と呼ばれる外郭が城下を囲んでいました。主要な曲輪や武家屋敷などは現在は町中に埋もれてますが、町中にはそれらの標柱や案内板が立っておりそれらを巡っての町歩きも楽しい。

岩槻跡の詳細なレポートはこちら!

『川越城跡』 貴重な現存本丸御殿

埼玉県川越市 川越城跡

室町時代に扇谷上杉家の家臣だった太田道真・太田道灌親子が縄張りを構築しました。

戦国時代に小田原北条氏の支配する城となったのち扇谷上杉家の反撃を受けますが、小田原北条氏がそれを奇襲による返り討ちにした河越夜戦が良く知られます。

川越城は日本100名城の一つに数えられていますが、城郭の遺構としては全国的に見ても非常に貴重な現存本丸御殿が残っており一般にも公開されています。

その他は中ノ門堀跡などが主だった遺構ですが、街中にはかつての曲輪や門跡を示す標柱がありたどって城郭の規模感を体感するのも楽しい。また、川越城ゆかりの社寺には城をめぐる伝承などが残り興味深い。

川越城跡の詳細なレポートはこちら!

埼玉の城跡にでかけませんか?

埼玉にある歩くのにオススメの城郭跡を紹介しましたが、いかがでしたか?

ご紹介した城郭跡には忍城の御三階櫓をのぞくと、櫓や天守閣がど~んとある様な城郭跡はありません。でも、歩きながら戦国時代の城の仕掛けを感じられる山城や、町歩きしながらの城の痕跡歩きの散策など、結構楽しいので是非お試しあれ。

埼玉の城郭跡を歩いてみませんか?

戦国北条記 (PHP文芸文庫) [ 伊東潤 ]

価格:814円
(2022/7/27 23:52時点)
感想(1件)

北条五代を読み解くことにより、関東の戦国時代百年が見えてくる!戦国ファン必読の一冊。
たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

Pocket