MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (41)埼玉県 (102)千葉県 (9)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (3)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (2)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (55) (21)七福神巡り (2) (31)古墳 (6)古い町並み (16)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (13) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (1) (29)紅葉 (5)ダム (1)博物館 (17)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (7)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (20) (5) (9) (1)特集記事 (10)ピックアップ (5)旅のキーワード (3)

実は凄い!「見沼通船堀」は日本最古の閘門式運河【埼玉・さいたま市】

本ページには広告が含まれています

さいたま市にある「見沼通船堀公園」には、約300年前に造られた運河の跡が残っています。

この見沼通船堀は閘門式運河としては日本最古のものといわれ、規模は違えどパナマ運河と同じ方式の運河。
それがパナマ運河より100年以上前の、江戸時代に造られたというのは凄くないですか!?

その歴史をふり返りながら見沼通船堀跡を見学するとともに、周辺にある関連スポットをめぐってみました。

目次

『見沼通船堀と水風景の散策』

「見沼通船堀公園」 東浦和駅から近い

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)

「見沼通船堀公園」は、最寄りのJR武蔵野線・東浦和駅から、徒歩約8分程度の近隣にあります。

県道沿いにの公園入口は、ちょっと目立たない感じの場所。
ここが入口で良いのだよね?って感じで見沼代用水沿いの林に入ってゆきます。

公園内には綺麗な竹林があり、これはなかなか良い雰囲気だ

江戸時代の新田開発と伊奈忠治

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)

竹林は涼やかで良かったのですが、公園内はちょっとした広場がある程度。
本日お目当ての「見沼通船堀」の史跡は、どうやら公園の周囲にあるようだ。

整備された周囲の散策路も、これまた緑豊かな良い雰囲気。

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)

さいたま市東部にあたるこの地域は、「見沼田んぼ」と呼ばれています。

かつてこの地域には、古代の海の名残の「見沼」と呼ばれる大きな沼がありました。

江戸時代初期の寛永6年(1629年)、徳川家康の信頼も厚かった関東郡代・伊奈忠治が、沼を灌漑用水池として造成。
現在のさいたま市と川口市との境近くに、長さ900mにおよぶ「八丁堤(はっちょうづつみ)」と呼ばれる堤防を築きました。

これにより、「見沼溜井(ためい)」と呼ばれる貯水池ができました。

その後、八丁堤より南側の地域で新田開発が進みました。

\ 伊奈氏の功績についてはこちらで!/

井沢弥惣兵衛為永が「見沼代用水路」をつくる

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)
芝川

見沼通船堀公園隣接の散策路を進むと、やがて芝川にでます。
その芝川に架かっているのは「八丁橋」。

伊奈忠治が造った八丁堤がここにあった痕跡となります。

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)
八丁橋から芝川を望む

かつてこの辺に見沼溜井があったようです。

財政難となった8代将軍徳川吉宗の時代になると、享保の改革の一環で、見沼溜井の新田化が進められました。
工事にあたったのが、幕府の役人である「井沢弥惣兵衛為永(いさわやそうべいためなが)」。

享保12年(1727年)に工事に着手。八丁堤を切って見沼の水を排し、芝川を作りました。
排水後、旧溜井を新田に造成。

一方、田んぼには、溜井に代わる水源が必要となる。
これには現在の行田市で利根川から取水して、延々60kmにわたる用水路を設けました。

この用水路は見沼に代わる用水路の意で、「見沼代用水路」という名が付けられました。

へえー、さいたま市内では見沼代用水は身近な川ですが、そんな歴史背景によるネーミングだったんですね!

「見沼通船堀跡」 パナマ運河より古い!国内最古の閘門式運河の一つ

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)

さらに為永は、見沼代用水路と芝川とを結ぶ運河をつくり、村々と江戸とを結ぶことに着手。
東西の代用水路と芝川が最も近い八丁堀付近を開削して、「見沼通船堀」を作りました

ここで、ようやく見沼通船堀の登場です!

見沼通船堀は享保16年(1731年)に築造された、国内でも有数の古さを誇る閘門(こうもん)式運河です。

東西の代用水路と芝川を結んでつくられ、東西2ヶ所ずつの関が設けられました。
これにより3mの水位差を調整して船を通します。

これは江戸時代中期の土木技術を知る上で貴重で、昭和57年に国指定史跡になりました。

実は見沼通船堀は仕組みとしては、太平洋と大西洋を結ぶパナマ運河と同じなんですよ!
規模はだいぶ違いますがね(苦笑)。

でも、パナマ運河よりも180余年前に開通させている点は、自慢できるんじゃないかなぁ。

当時船は年貢米を積んで江戸へ行き、帰りは肥料、塩、酒などの商品を積んできました。

見沼通船堀跡の仕組みとは?

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)
かつての見沼用水と芝川の接点

見沼通船堀りの仕組みを追ってみましょう。

芝川は荒川の支流で、江戸の墨田川につながる一級河川でした。
こちらが江戸につながる本流ですね。

そこに流れ込んでいる細い川が、見沼代用水。
利根川から引かれた見沼代用水は、芝川より最大3m高い位置にあります。

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)
東縁一の関

船が芝川から見沼代用水へ入るパターンを追ってみます。
まずは芝川寄りの「一の関」に入り、水位が調整されます。

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)
東縁二の関

次に「二の関」に入り、最終的な水位の調整がおこなわれます。
この工程により船はひっくり返ったりせず、無事に合流できるんですね。

見沼通船堀公園(埼玉県さいたま市)
西縁一の関

仕組みを紹介したのは東側の通船堀ですが、芝川を挟んだ西側にも同じような関の復元があります。

埼玉県さいたま市 見沼通船堀公園
「満席ですよ」

散策路の休憩所で一息つこうとしましたが。。。満席でした(苦笑)。
この辺では、猫を良く見掛けます。

「水神社」 かつては八丁河岸があった

水神社(埼玉県さいたま市)

通船堀跡の見学の後は、通船堀に関連する周辺スポットを散策してみます。

旧八丁堤近辺には「水神社」があり、地域が川と密接な関係だったことがうかがえます。

水神社は見沼通船堀開通の翌年である、享保17年(1732年)の創建とされます。
水の神である、罔象姫命(みずはの めのみこと)が祀られています。

水神社(埼玉県さいたま市)

船の荷物の積み下ろしをする河岸場(かしば)は、芝川と東西の見沼代用水沿いに59ヶ所もあったそうですよ。

ここ八丁にもその一つがあり、河川輸送に携わる人たちが水難防止を祈願しました。

水神社

住所:埼玉県さいたま市緑区大間木2395(GoogleMapで開く

「稲荷社」 沼地時代の御船祭の御旅所

水神社より少し東にある「稲荷社」。
こちらはまだ見沼溜井があり、大きな沼が広がっていた当時に関連する場所。

見沼通船堀(埼玉県さいたま市)

ここから5km程北に離れた場所に、「氷川女体神社」があります。
この神社では長年にわたり、「御船祭(みふねまつり)」がおこなわれていました。

これは豊作を願い神輿(みこし)を載せた船を沼にくりだし、沼の竜神様をお祀りするもの。
その終点である御旅所が、かつてこの地に置かれていたそうだ。

\ 御船祭と竜神様についての詳細はこちらで!/

稲荷社

住所:埼玉県さいたま市緑区下山口新田18(GoogleMapで開く

「鈴木家住宅」 船割りを担った江戸時代の役宅

鈴木家住宅(埼玉県さいたま市)

水神社や稲荷社がある県道沿いに残る、こちらの立派な屋敷「鈴木家住宅」。
こちらも、見沼通船堀に大変関連が深いスポットです。

鈴木家は井沢弥惣兵衛為永にしたがい、見沼の干拓事業に参加。

見沼通船堀の完成と同時に、幕府から差配役に任じられます。(高田家と2家にて)。
それにより各船に対する積荷や、船頭の割り振りなどの船割りをおこないました。

現在残る建築物は、文政年間(1818~1831年)頃に建立されたもの。
見沼通船の船割り業務を担っていた役宅として貴重で、史跡見沼通船堀の一部として国指定史跡となっています。

鈴木家住宅(埼玉県さいたま市)

正面の母屋内部は非公開ですが、土曜日・日曜日のみ敷地内の米倉と納屋が公開されています。
倉の内部では通船堀に関する資料や、当時の農機具などを展示。

鈴木家住宅(埼玉県さいたま市)

こちらは当時通船堀で使われた、「ひらた船」と呼ばれる船の1/2サイズ模型がありました。
寝泊まりできるように、屋根が付いていたそうです。

鈴木家住宅

住所:埼玉県さいたま市緑区大字大間木1889(GoogleMapで開く
公開日:土曜日及び日曜日(12月28日~翌1月3日を除く)
公開時間:10~16時
見学料:無料

見沼通船堀公園の詳細情報・アクセス

見沼通船堀(埼玉県さいたま市)
見沼通船堀周辺マップ(「見沼代用水と見沼通船堀」パンフより)

見沼通船堀周辺の駐車場について
紹介した見沼通船堀跡、および周辺施設には駐車場施設はありません。
今回は見沼通船堀公園から北に歩いて5分程度の場所、「大間木公園」の駐車場を使わせて頂きました。ご参考まで。

大間木公園 住所:埼玉県さいたま市緑区大間木地内(GoogleMapで開く

見沼通船堀公園

住所:埼玉県さいたま市緑区大字大間木(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)JR武蔵野線「東浦和駅」より徒歩8分
車)駐車場なし

見沼通船堀周辺ランチは事前予約やクーポン利用で、並ばずお得に!!

地球の歩き方」の国内ガイドに「埼玉」登場!
約500ページあり情報量が凄い!これで隠れた面白スポットを探すぞ~。

見沼通船堀公園を歩きにでかけませんか?

見沼通船堀跡とその周辺を紹介しましたが、いかがでしたか?

見沼通船堀跡は、比較的地味めなスポット(苦笑)。
ですがその歴史を紐解いてゆくと江戸時代の治水工事が、さいたま市をはじめ現在の関東圏の生活基盤につながっている、大工事だったことを知れます。

また、水神社や鈴木家住宅などの通船堀を取り巻くスポットもあり、散策としてもとても有意でした。

そんな見沼通船堀周辺を歩きに出かけてみませんか?

記事の訪問日:2020/5/23

さいたま市周辺の立寄りスポットを探して予約しよう!割引プランも!

近隣スポットもチェック!

関東近郊へは、気軽なバス旅で出かけてみない?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次