【最新記事:2023.2.6】「水戸城跡」の巨大空堀は凄いぞ!大手門・櫓が復元され見どころ多い【茨城・水戸市】

上杉謙信撃退も納得!「金山城」は石垣堅固な巨大山城【群馬・太田市】

上杉謙信撃退も納得!「金山城」は石垣堅固な巨大山城【群馬・太田市】

群馬県太田市にある、かつて難攻不落を誇った「金山城跡」を紹介。

関東では珍しい石垣を持つ戦国時代の山城で、山全体に縄張りを展開しておりその規模に圧倒されます。

そして、越後・上杉氏、甲斐・武田氏、相模・小田原北条氏などの有力大名からの攻撃を何度も受けながら落ちなかった金山城。

そんな難攻不落を誇った金山城は、日本100名城にも数えられます。

『金山城跡について』

金山城の概略

群馬県太田市 金山城跡

金山城は戦国時代に造られた城で、上野国(こうずけのくに)を代表する武士団だった新田一族の岩松氏により築城されます。
その後の由良氏よる支配が長かった城郭です。

戦国時代の上野(現群馬県)では、領地をめぐり越後・上杉氏、甲斐・武田氏、相模・小田原北条氏などの有力大名の抗争が多くありました。

その間、金山城下は10数回もの攻撃を受けますが、一度も城の中枢部に攻め込まれずその堅牢さを誇ったといわれます。

  • 金山城の概略年表
  • 文明元年(1469年):岩松家純により金山城築城。
  • 享禄年間(1528~1532年):下剋上により横瀬氏(後の由良氏)が城主となる。
  • 永禄8年(1565年):小田原北条氏に攻められたが、由良成繁が撃退。
  • 天正2年(1574年):上杉謙信に攻められたが、由良国繁が撃退。
  • 天正12年(1584年):金山城が小田原北条氏の支配下となる。
  • 天正18年(1590年):豊臣秀吉により小田原北条氏が滅ばされ、金山城は開城。その後廃城となる。

現在は国指定の史跡です。また、日本100名城の一城に数えられます。

史跡金山城跡ガイダンス施設

群馬県太田市 金山城跡

今回は最寄り駅の東武線・太田駅に電車で訪問。

駅から金山城までは、生憎公共の交通機関が無くアクセスに迷ったが。。。駅構内にある観光案内所でのレンタサイクルで攻めてみた。

距離は3km強、自転車は電動アシスト付なんで楽々!って思ったんですが、甘かった。
城周辺は結構な急斜面続きで、山城の洗礼を受けたわ。やっぱタクシーだったかな。。。


群馬県太田市 金山城跡

そんな感じだが何とか到着し、最初に訪れたのは「史跡金山城跡ガイダンス施設」。

えらいスタイリッシュな建築物だな、と思ったらなんと隈研吾氏が設計した建物だった。
外観は金山城の石垣のイメージだそうだ。力入ってるな~、太田市。

解説動画や展示物による城の紹介がされており、参考になりました。
展示物の撮影はNGでした。

金山城跡ガイダンス施設
開館時間:9~17時(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:無料
*日本100名城スタンプは設置してません。スタンプは南曲輪休憩所にあります。

縄張り構成と石垣

群馬県太田市 金山城跡
館内唯一撮影OKの大手虎口模型
金山城は、標高約236mの金山の山頂に配置された実城(みじょう)を中心に縄張りされた、連郭式の山城です。

実城から、北・南・西の3方に延びる尾根に配置された主要部を中心に縄張りされています。

それぞれの要所は大小の堀切によって分断され、各所には土塁や曲輪が配置されていました。

金山は約360haの面積を持ちますが、その山の約8割強のエリアに防御施設を持っていたというのは驚き。

また、金山城の最大の特徴として挙げられるのが、石垣を使った防御施設が造られていたことです。

東日本の戦国時代の山城には石垣は無い、というのが通説でした。
金山城ではそれを覆すように石垣が多用されていました。

『西城・見附出丸』 見学開始

群馬県太田市 金山城跡

さて、一般的な見学コースは、ガイダンス施設よりさらに上にある駐車場がスタート地点となります。
ガイダンス施設からだと徒歩で15分程、車だと5分程の距離ですね。

ここまでで既に結構ぐったりだったりして(苦笑)。

群馬県太田市 金山城跡
西城の土塁

駐車場は西城と呼ばれるエリアに位置しており、周辺は土塁などの遺構が良く残っています。
少し歩くと、西側最前線だった見附出丸の跡があります。

西城周辺は小田原北条氏の支配下時代に整備されたとされ興味深いのですが、体力・時間と相談しつつソコソコの見学で切り上げ。

『西矢倉台西堀切』 西側の堀切

群馬県太田市 金山城跡

西城から北東に少し歩くと、改めて地図入りの案内板と史跡金山城の石碑があります。

ようやく実城への散策ルート入口ですね。

群馬県太田市 金山城跡

現在は一番左の地点にいますよ。オレンジ色の上側の道を進み、一番右上の実城を目指します。

ではスタート。

群馬県太田市 金山城跡

しばらく進むと山道っぽいルートに入ってゆきます。道は整備されていて歩きやすいですよ。

左手が散策路ですが、右手に当時の旧道跡がある箇所があります。

群馬県太田市 金山城跡

上がり切ったところで、「西矢倉台西堀切」に架かる木橋が現れます。

ここは西城から実城の間の堀切のうち、一番西寄りにある堀切です。

群馬県太田市 金山城跡
西矢倉台西堀切

堀切は尾根を断ち切り敵の通行を妨げる目的の物。
一方、城内では通路としても活用されます。

この堀切も、敷石の形跡が認められるなど通路として活用された痕跡が残っていました。

群馬県太田市 金山城跡

堀切を歩いて行くと、突き当りは山の斜面でした。

当時はこの崖に沿って、丸太を架けた桟道(かけはしみち)があったそうだ。
敵に発見された際には丸太を外せるような、簡易的な道だったようです。

桟道は西側の防御施設である西矢倉台近辺を通り、その先の中心部へ通じる通路に合流します。

『物見台周辺』 石垣の虎口

「物見台下虎口と通路、竪堀」

群馬県太田市 金山城跡
物見台下虎口

再び山城らしい道を上がって行くと、やがて平らで開けた場所にでる。
おー、立派な石垣を備えた「物見台下虎口」が現れましたね。

このエリアは侵入防御のための施設や工夫があり、見どころが多い。

群馬県太田市 金山城跡

石垣で視界が限定され、いかにも待ち伏せを受けてそうな造りだ。

当時虎口には門があり、その門を突破してきた敵を狙うための矢倉だったようだ。

群馬県太田市 金山城跡
物見台下堀切

この左手の高台に物見台がありますが、その下には人工的に造られた堀切があります。

断面からゴツゴツした石のような地質なのが分かる。
良く掘削したなあ。。。

石垣石もこの山中で調達できそうな感じですね。

群馬県太田市 金山城跡

虎口を抜けると、竪堀に架かった木橋が現れます。
橋の幅が狭いので一気に攻め込めない。

さらに丸太をゴロゴロっと崩されれば、橋自体容易に外されそうですな。

群馬県太田市 金山城跡

木橋の上から見た竪堀は深く続き、斜面を縦にえぐって谷底まで続きます。

橋の先方から攻撃されたら、後退するかこの谷底に落とされそうですね。

「馬場下通路」

群馬県太田市 金山城跡

木橋を抜けたところは「馬場下通路」。

階段上り口が見えますが、手前に建物を配して死角を作る工夫がありました。
ちなみに建物跡には、当時の礎石がそのまま残されています。

上り口をスルーして直進すると、その先は行き止まりという罠。
狭い場所で右往左往しそうだね。

「物見台」

群馬県太田市 金山城跡

馬場下通路から上部へ抜けると開けたエリアになり、物見台跡に見晴らし台が設置されています。

基壇中央に4本の柱穴が発見されており、周囲からは火縄銃の弾丸なども出土されているそうですよ。

物見台エリアと東側の馬場曲輪間には、石敷された通路もあったそう。

群馬県太田市 金山城跡

見晴らし台に上がると、先程通って来た虎口が見えます。
おっと、丸見えじゃん。

これじゃあ狙い撃ちですね。

群馬県太田市 金山城跡

北側は視界が開けており、なかなかの良い眺望。
中央部遠方に見えるのは赤城山。

城郭の最高地点は実城ですが、死角も多かったため中間地点に物見台が設置されたようだ。
なにせ広大ですからねえ。

『馬場曲輪と大堀切・月の池』

「馬場曲輪と大堀切」

群馬県太田市 金山城跡
馬場曲輪

物見台の東側は「馬場曲輪」。

こちらでは柱穴が240個以上見つかっており、建物や柵列があったことが分かっています。

大手虎口も近いので、多くの兵が控えてた曲輪なんでしょう。

群馬県太田市 金山城跡
大堀切

この馬場曲輪と、東側の大手虎口側との間に「大堀切」があります。

城郭中心部手前ということで、長さ約46m・掘り幅約15m・深さ約15mの大規模な堀切です。

現在は当時よりも土で埋まって(埋めて?)浅くなってますね。
草ボーボーでちょっと見ずらい。

群馬県太田市 金山城跡
大堀切

堀底には長さ約7m・高さ約1.5m・幅約1.8mの、石積みで畝状の障害があったとのこと。
これだと思います。

「月ノ池」

群馬県太田市 金山城跡

大手虎口の手前に、「月の池」と呼ばれる石積みの人工的な池があります。

斜面から流れてきた水や浸透水を貯めるもので、飲料水や生活用水の確保が設置目的とされます。

『大手虎口周辺』 堂々たる石積土塁

「大手虎口」

群馬県太田市 金山城跡

そして、金山城最大の見どころで城の象徴でもある、「大手虎口」に到着です。
いや~、いかついですねー。

ガイダンス施設の模型によると、ここには木造の門があったわけですね。
間口が狭くて、攻め手からするとやらしい感じの造りですな。

群馬県太田市 金山城跡

両側の石垣積み土塁から、横矢を受ける様子が目に浮かびますわ。
正面にもひな壇状の石垣土塁がドンと構えてますね。

ちなみに、入口から見た通路は右にカーブしながら、延々と先まで続いているようにも見えます。

しかしよく見ると、進むにつれて間口の幅が狭くなっていることに気付きます。
遠近法の錯覚を使い、実際以上に通路を長く感じさせるテクニックが使われていたようだ。

通路両側に、随分しっかりした排水路があるのも特徴的。

「大手虎口北下段曲輪」

群馬県太田市 金山城跡

虎口南側から見た、虎口北側の曲輪全景。高台が段々になった特徴ある造り。

この曲輪の上段には三ノ曲輪があります。
そしてその先には二ノ曲と実城が続きます。

城の中心部に侵入させぬよう、兵を張るための防御の形なんでしょうね。

群馬県太田市 金山城跡

地形維持のため、水捌けへの配慮がかなりあったことがわかる。

水路は虎口の排水路につながっています。

群馬県太田市 金山城跡

石階段は、発見当時のままを残しているそうです。

周囲と比べて若干不揃いな感がありますが、しっかりしたものですね。

「日ノ池」

群馬県太田市 金山城跡

大手虎口裏手にも人工的な「日の池」があります。
大手口近辺にこんな大池が造られているのも、ちょっと不思議。

生活水での使用のみならず、戦勝や雨乞の祈願を行った場所と考えられるそうです。

「南曲輪周辺」

群馬県太田市 金山城跡

北側から見た虎口と、虎口南側の曲輪全景。

群馬県太田市 金山城跡

虎口上の南上段曲輪には井戸があったほか、石敷きされた建物の基礎が発見されています。

建物は武器庫、兼兵の詰め所だったと考えられています。
跡地には当時をイメージした建物が建ちます。

カマド跡なども見つかっており、生活感が感じられる曲輪です。

群馬県太田市 金山城跡

さらに一段上った南曲輪には、日本百名城の石碑。
記念写真はこちらでどうぞ。

群馬県太田市 金山城跡

無料の休憩所があり、百名城スタンプもこちらに置かれています。トイレも完備。

飲み物の自動販売機もあるので、実城を攻める前にこちらで一息させて頂きましたよ、ふう。

南曲輪休憩所
開場:8:30~17:00(6月~9月は18:00まで)
休日:年中無休(夜間は施錠)

『 本丸残存石垣と実城(本丸)』

群馬県太田市 金山城跡

実城へ向かうために、南曲輪からさらに一段高いエリアに上がります。

少し歩いた先に石段が現れます。
この上が実城ですが、「残存石垣を見たければ、神社の裏へ」の看板あり。
まずはそちらへ回ってみましょう。

ちなみに、このエリアには金山城の歴史を見守ってきた、推定樹齢800年の大ケヤキがあります。

群馬県太田市 金山城跡

実城西側には二の丸跡があり、実城との間には堀切も確認できます。

二の丸・三の丸は私有地らしく、中に入っての見学はできませんでした。

群馬県太田市 金山城跡

こちらは本丸裏手の「天守曲輪裏馬場」で、馬小屋があった曲輪だそう。

群馬県太田市 金山城跡

こちらが残存石垣です。

石垣用材には、金山で採れる火山砕屑岩である金山石が使われている。

金山石は柱状に発達する特徴があり、小さい面を外側にして長手が奥に埋まっているそうだ。
そのため、石垣の積み方は野面積みだが、ゴボウ積みなどとも呼ばれるようだ。

金山で調達できる石といえども、山麓から持ってくる苦労があったことでしょうなあ。

群馬県太田市 金山城跡

先程の正面の石段を上がると、そこが金山山頂であるとともに実城(本丸)跡になります。

こちらには、明治時代に建てられた金山神社が鎮座しています。
参拝の後、下山しました。

アクセス情報

新田金山城公式ページ
住所:群馬県太田市金山町40-106ほか(GoogleMapで開く
アクセス(ガイダンス施設まで):
電車)
・東武線「太田駅」から徒歩50分、又はタクシー10分
車)
・北関東道「太田桐生IC」から10分 「太田藪塚IC」から30分
・関越道「東松山IC」から60分、「花園IC」から60分
・東北道「館林IC」から45分、「佐野藤岡IC」から50分

攻める山城50城 関東周辺歴史トレッキング [ 清野明 ]

価格:1,650円
(2022/12/12 09:33時点)
感想(2件)

関東周辺の山城歩きをトレッキングの視点でまとめた、今までありそうで無かったタイプの本。

金山城にでかけてみませんか?

難攻不落といわれた金山城を紹介しましたが、いかがでしたか?

城跡内の散策路は良く整備されて歩きやすい中、山城らしい山歩きを楽しめました。

そして、関東の戦国時代の山城では珍しい石垣造りが、広範囲に渡って復元されており圧巻でした。
ちょっと綺麗に仕上がり過ぎている、と思ったのは贅沢かな。。。

駐車場近くの西城エリアや実城南側の八王子山ノ砦は、小田原北条氏の支配下時代に拡張されたエリアではないかといわれています。
八王子山ノ砦は本日回れませんでしたが、まだまだ、見るべき箇所がありそうですね。

金山城を歩いてみませんか?

現地の案内板の他に、ガイダンス施設で購入した「新田金山城ガイドブック(群馬県太田市教育委員会発行)」を参考にしました。


サステナブルにお得な買い物ができるって、いいんじゃない。

【記事の訪問日:2022/7/18】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

群馬県安中市「廃線ウォーク アプトの道」

群馬県富岡市「世界遺産 富岡製糸場」

長野県軽井沢町「白糸の滝とハルニレテラス」

Pocket