【最新記事:2021.7.24】きっと蓮が好きになる!「古代蓮の里」、田んぼアートも楽しむ【埼玉県行田市】

見沼の歴史を秘めた「氷川女体神社」を参拝、竜神様をお祀り【埼玉県さいたま市】

見沼の歴史を秘めた「氷川女体神社」を参拝、竜神様をお祀り【埼玉県さいたま市】
氷川女体神社

埼玉県さいたま市の見沼地域には昔主(ヌシ)である竜が住んでいたの、知ってますか?そこからさいたま市のゆるキャラ「ヌゥ」も生まれています。

「氷川女体神社」には見沼に住む竜神様を鎮める祭祀の遺跡があり、見沼地域を見守ってきた歴史を感じます。ちょっとミステリアスな雰囲気もある「氷川女体神社」を紹介します。

「氷川女体神社」は見沼の歴史を見つめてきた神社

神社のロケーション

「氷川女体神社」はさいたま市の南東部に位置する緑区にあり、農業用水である見沼代用水を中心に広がる”見沼たんぼ”と呼ばれる広大な緑地地域の中にあります。

見沼たんぼと呼ばれますが、現在はたんぼより畑が多い様ですね。

氷川女体神社

上の写真は隣の「見沼氷川公園」から見た「氷川女体神社」境内の遠景です。

境内はピンポイントで森に囲まれた高台の場所にあり、秘めやかな雰囲気のロケーションにあります。

神社を囲む社叢(しゃそう)と呼ばれる林はクス、モチ、シラカシなどの暖地性植物が多く繁殖していて一帯が市指定の天然記念物となっており、県の「ふるさとの森」にも指定されています

”武蔵国一宮”には家族構成があるってホントかね?

氷川女体神社

「氷川女体神社」は奈良時代に建立された有数の古社と言われます。

女体神社の”女体”は御祭神として祭られている稲田姫命(いなだひめのみこと)に由来します。

この氷川女体神社の入口にあたる鳥居には大宮氷川神社同様「武蔵国一宮」の額がしっかり掲げられていますね。

氷川女体神社

「武蔵国一宮」の言い伝えですが、大宮氷川神社は”須佐之男命”(すさのおのみこと)を御祭神とする男体社、姫君の稲田姫命を祀る「氷川女体神社」は文字通り女体社です。

そして、実はもう一社あり、息子である”大己貴命”(おおなむちのみこと)を祀る「中山神社」があります。この三社が「武蔵国一宮」であるとするファミリー説があります。

ホントなのか!?と思いますが、この三社の立地場所は地図上一直線上に配置されていると言われ、なるほどという事になります。

位置関係に関して念の為地図で確認しましたが、確かに三社はほぼ一直線のライン上の位置に並んでいました。疑ってスミマセンでした。

「社殿」は江戸時代に建立されたもの

氷川女体神社
境内全景
氷川女体神社
拝殿

拝殿にも「武蔵国一宮」の額があります現在の社殿は江戸時代の1667年(寛文7年)に徳川四代将軍家綱の名によって建立されたもので、県の有形文化財に指定されています。

この社殿は、神様をお祀りする”本殿”と、お参りをする”拝殿”が幣殿という建物で繋がっている”複合社殿”という造りになっています。

社殿は徳川八代将軍吉宗の時代に修復されたが以降修復が行われておらず傷みが激しい。修復が必要で修復の為の奉賛金募集しているとの看板がありました。 近年は雨漏りがひどいともあります。(貴重な社殿なのにヤバイね。。。)

氷川女体神社
拝殿
氷川女体神社
氷川女体神社
本殿

神社というのは実は本殿の屋根部分を見ると主祭神の性別がわかる様になっています。(私も今回初めて知りました、へえー。)

上の写真で屋根の上から左向きにニョキっと突き出ている木を見て下さい。空に向かって斜めに突き出ている角ばった木が”千木(ちぎ)”、横向きに突き出ている円柱形っぽい木が ”鰹木(かつおぎ)”です。本社の様に千木の先端の切り口が内側(上側)に向いている場合は女性、外側から切り口が見える様な形の場合は男性という区別になるそうです。

他の神社でも見てみよっと。

「ご神木」に熊の顔が浮かび出ている不思議!

氷川女体神社
氷川女体神社

ご神木からはなんと”熊の顔”が浮き出ています。んっ?見えますよね?熊。

これは実際不思議な感じで神様が宿った木と言われるのもさもありなんですね。とりあえずパワーを頂くために木の根元部分をスリスリとお触りしてきました。

「巫女人形」は他の社には無い物、願いあらば求めましょう

氷川女体神社

神社事務所脇に「巫女(みこ)人形納処」があります。

”お願い事が叶ったら、着物をきせてお礼参りいたしましょう”と書いてあります。戻ってきた巫女人形が沢山あるという事は、多くの願い事を叶えて頂いているという事なんですね。

巫女人形は1体1,200円也ですので願いごとがあればお連れして帰りましょう。

「竜神社」見沼たんぼの主と、さいたまのゆるキャラ「ヌゥ」

氷川女体神社

「竜神社」には竜神様が祀られています

かつて広大な沼だった見沼のほとりにあったこの氷川女体神社では沼の主(ぬし)であった竜神様を祭るために長年にわたり「御船祭」が行われていました。これは14世紀(室町時代)から行われていたとも言われているそうです。

この祭りは、神輿(みこし)を乗せた船を沼の最も深いところに繰り出し、沼の主である竜神様をお祭りするというものだそうです。(その後祭りの形態は「磐船祭」に変わっています。後述。)

さいたま市のPRキャラクターであるゆるキャラ「ヌゥ」も、“見沼たんぼ”の主の子孫という事で、ネーミングも見沼(ミヌマ)とフランス語のヌゥ=nu(飾り気のない、素)を引っかけて付けた名前だそうです。(さいたま市の 「ヌゥ」 のページ

「手水舎」には竜の彫り物

氷川女体神社
手水舎
氷川女体神社
手水舎

こちらにも竜がおりますね。

氷川女体神社
手水舎
氷川女体神社
境内社

「磐船祭祭祀遺跡」見沼の歴史をうかがえる貴重な遺跡

氷川女体神社

高台の境内から参詣路の石段を降り、その先の見沼代用水を越えたところに「磐船祭祭祀遺跡復元記念」の石碑が建っています

その先にはいかにも特別感漂う小道がずっと奥へと続いています。

氷川女体神社

かつて氷川女体神社では竜神様を祭る「御船祭」が行われていました。

これは御座船に乗せられた神輿が見沼を渡って下山口新田の御旅所まで流すものだったそうです。(下山口新田はここから5kmほど東京方面へ下った場所)。

これが江戸時代の”享保の改革”による新田開発奨励により、沼が水田へと変わってゆき、行き船が流せなくなりました。それで「御船祭」は中止せざるを得なくなりました。

そこで新たに祭礼場をつくり、「御船祭」の代わりにここに祭礼場を設け祭礼を行う事としました。それが「磐船祭」です。

氷川女体神社
氷川女体神社

神社鳥居下の突端であるこの場所に柄鏡形の土壇に池を掘りその中に土を盛って造られました。出島みたいな感じです。

氷川女体神社
見沼氷川公園

陽の光を受けて輝く水辺を鴨が行き来きする光景に和まされますね。

氷川女体神社

「見沼氷川公園」は隣接する小規模な公園

見沼氷川公園

「見沼氷川公園」は氷川女体神社の境内の眼下にある緑地公園です。

見沼たんぼの辺りには多くの緑地公園がありますが、ここはその中では比較的小規模な公園で遊具もありせん。大きな池と、磐船祭祭祀遺跡裏手にハーブガーデンがあるのが特徴かな。今はハーブガーデンはオフシーズンでした。

園内に梅の木がありましたが特筆する程の規模のものではありませんでした。地元の方のお散歩には良い公園かもしれません。

見沼氷川公園
見沼氷川公園

唱歌「案山子」発祥の地の記念碑はちょっと怖め

見沼氷川公園

見沼氷川公園には、この地で生まれた唱歌「案山子」の作者である武笠三を記念し建立された碑があります。 案山子の銅像の前には唱歌「案山子」の歌詞が刻まれています。

この像は「ちょっと怖いな」という印象を受けました(苦笑)。

山田の中の案山子君はもうちょっと愛嬌がある雰囲気の像の方が良かったんじゃないのかな?とチト思いました。(個人の感想です。)

見沼氷川公園

桜の季節はにぎわいます

見沼氷川公園

公園脇を流れる見沼代用水沿いに桜の木が並んでいます。

ここは小規模ながら地元の桜の名所で、桜のシーズンには賑わいます。本数は100本程度と特別多くないのですが、枝っぷりの良い木が密集して咲くのでとても華やかになります。

基本情報・アクセス

氷川女体神社 ※正式な表記は氷川女體神社
住所:埼玉県さいたま市緑区宮本2-17-1 (GoogleMapで開く
アクセス:
電車)・JR武蔵野線「東浦和駅」より国際興業バスさいたま東営業所行「朝日坂上」下車徒歩10分
車)・駐車場は見沼氷川公園の駐車場(20台分)を使用

見沼氷川公園
住所:埼玉県さいたま市緑区大字見沼500(GoogleMapで開く

出かけてみませんか?

いかがでしたか?「氷川女体神社」は古社の雰囲気があり、またパワースポットとしての御利益も頂けそうです。また「磐船祭祭祀遺跡」で霊験あらたかな雰囲気も楽しめますので一度訪問してみてはいかがですか?

ただ、境内敷地自体はそれほど広くないのでそれほど時間も掛からず一通りできてしまいます。桜の季節やハーブの花の季節に合わせて訪れるとか、また、他の見沼たんぼのスポットと合わせて訪れてみたりすると半日~一日楽しめるかなと思いました。

公園の駐車場が20台分のキャパしかないので桜の季節は路駐車があふれ毎年厄介な状態になるのでこの点だけ注意です

【記事の訪問日:2020/8/7】

近隣のスポットもチェック!【あわせて読みたい】

埼玉県さいたま市「岩槻久伊豆神社」

勝負運が欲しければ埼玉県さいたま市の「岩槻 久伊豆神社」に行ってみませんか?久伊豆=”クイズ神社”と読んで勝負運に強い神社って言われています。歴史ある神社ですが、見どころ多くて親しみやすいそんな久伊豆神社。元気をもらいに行きましょう!

埼玉県さいたま市「見沼通船堀公園」

さいたま市東浦和にある「見沼通船堀公園」には、江戸との河川交通の要所だった史跡・見沼通船堀があります。このあたりは散策やサイクリングにお勧めですよ。

埼玉県さいたま市「岩槻人形博物館」

人形の町・岩槻には古臭いスポットしかないと思ってませんか?「岩槻人形博物館」は開放的な造りで休日にのんびり見学するのにオススメ。敷地内には本格的なカフェレストランが併設されており是非立ち寄りたい。伝統文化と美味しいランチでリフレッシュしましょ!

Pocket