【最新記事:2022.9.23】「亀戸天神社」は東の太宰府天満宮、菅原道真公の御神徳を!【東京・江東区】

絶景!「根津神社」の千本鳥居とつつじまつり、江戸時代の社殿も貴重【東京】

絶景!「根津神社」の千本鳥居とつつじまつり、江戸時代の社殿も貴重【東京】

東京都文京区にある根津神社は1900年以上の歴史を持つ古社です。

つつじの名所としても知られる根津神社の見どころと歴史などを、春のつつじまつりの様子も満載で紹介します!

根津神社は人気の千本鳥居や貴重な江戸時代の建造物など、見どころが多くアクセスも良いので気軽に幻想的な世界へタイムトリップできますよ!

『歴史とつつじまつりを楽しむ春の参拝』

根津神社(東京都文京区)

下町風情を感じられる人気の谷根千エリアにあり、歴史を感じられる神社といわれる根津神社には一度参拝に出かけたいと思っていました。

折角なら名所として有名なつつじの時期に!ということで4月中旬の週末、春の季節感を感じに出かけてみましたよ。

根津神社(東京都文京区)

本日は天気もまずまずで、参拝者の出入りも多く活気を感じる境内でした。

「楼門」 国指定重要文化財

根津神社(東京都文京区)

境内を進むと神橋が見え、その先に立派な楼門のお目見えです。ちなみに。。。、来場者のカメラの先は楼門よりも、左手のつつじ苑が圧倒的ですね。

つつじ苑は鳥居からも見えておりすぐにでも飛び込みたいところですが、一通り参拝してから向かう事にしました!

根津神社(東京都文京区)

漆塗りされた朱色の落ち着いた色合いと、華やかさをあわせ持つ雰囲気の「楼門(ろうもん)」。

こちらは江戸時代の宝永3年(1706年)築が現存する貴重な建造物で、国指定重要文化財となってます。

根津神社(東京都文京区)

根津神社の起源は今から1900年程前とされ、日本書記などに登場する皇族・日本武尊(やまとたけるのみこと)による創建と言われます。いや~、歴史ありますねえ。

ちなみに、創建の地はここ根津よりもちょっと北の千駄木だったそうです。

どうやら室町時代には、江戸城を築城した武将としても知られる、太田道灌が社殿を奉建したらしいですよ。

根津神社(東京都文京区)

楼門の1階左右には守護神像が安置されています。

右側のこちらの像は水戸黄門こと水戸光圀公がモデル、と言われてますよん。

「唐門・透塀」 徳川家宣生誕の地

根津神社(東京都文京区)

楼門を抜けると、社殿エリアの入口の唐門と敷地を囲っている透塀(すきべい) が見えてきます。

実は前述の楼門及びこの唐門や透塀や西側の門、そして本殿・幣殿・拝殿の一式全てが江戸時代の現存建造物なんです!すべて国指定重要文化財となります。

なにせ江戸時代の江戸は大火が多発したし、その後も震災や戦火もありましたから逃れて残った建築物群は本当に貴重ですね。

様々な生き残りの御利益を頂けるパワースポットと信じて、念入りに参拝しておくかな。。。

根津神社(東京都文京区)

社殿エリアを囲む塀は、格子部から透けて内部が見えるので透塀と呼ばれます。

現在の根津神社の鎮座地ですが、元々は5代徳川将軍・綱吉の兄である甲府藩・徳川綱重(つなしげ)の下屋敷があった場所でした。綱吉といえば生類憐みの令で知られる将軍。

ゆえに寛文2年(1662年)には、綱重の子で将軍・綱吉の甥にあたり、後の6代将軍となる家宣(いえのぶ)の生誕の地にもなっています。

綱吉には跡継ぎになれる実子の男子がいなかったので、養子をとったのですよ。

そして、家宣が将軍の跡継ぎに決まった際、この地は幕府に献納されました。そこに綱吉の命による現在の社殿が建立され、根津神社が旧地より移ってきた、ということになります。

江戸幕府とゆかりが深いというか、それ以上の関係があった神社ですね。

「社殿」 権現造の建造物

根津神社(東京都文京区)

こちらが「社殿」になります。

随所に金色に輝くパーツが使われてますが、荘厳さと重厚さのバランスが取れた社殿の印象ですね。

建築物としては権現造という様式で造られているのが特徴です。参拝をする「拝殿」部分と、御神体を収める「本殿」が、「幣殿」という建物を介して一体化しています。

一つの大きな建物がど~んと構えております。

根津神社(東京都文京区)

ちょっと不思議なのが、拝殿正面の屋根に寺院のマークである卍(まんじ)の印がはっきりと残っている事。

神仏習合時代の名残なんでしょうね。江戸時代からの建物が残っている証の一つ。

根津神社(東京都文京区)

御祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)・大山咋命(おおやまくいのみこと)・誉田別命(ほんたわけのみこと)の三神。

相殿神として、大国主命(おおくにぬしのみこと)と菅原道真公が祀られています。

根津神社(東京都文京区)

社殿脇の狛犬は大正元年製の狛犬。

銅灯籠の年代は未確認ですが、屋根部に卍印が残っているので江戸時代の物っぽいですね。

根津神社(東京都文京区)

こちらは西側の乙女稲荷神社から望んだ社殿の遠景です。

右手側が拝殿側で、左手が本殿。両殿の間にあるのが幣殿です。

木で隠れて良く見えないですって?チラリと見えるぐらいがありがたいんですよー、きっと。

根津神社(東京都文京区)

本殿側の屋根にもしっかりと卍マークが残っていました。

「千本鳥居」 乙女稲荷神社と駒込稲荷社

根津神社・千本鳥居(東京都文京区)

根津神社の大きな見どころの一つが、摂末社「乙女稲荷神社」の千本鳥居です。

根津神社・千本鳥居(東京都文京区)

数ある鳥居は奉納されたもので、一基10万円から奉納ができます。もし願い事あらば一基いかがですか?

千本鳥居は良いですね~。都内にいながら一時幽玄の世界へと誘ってくれます。時折鳥居内渋滞により、現実世界へ引き戻されますが(苦笑)。

根津神社・千本鳥居(東京都文京区)
途中に「徳川家宣胞衣塚(えなづか)」という、一風変わったものがありました。

甲府藩の屋敷だった時代にここで徳川家宣が生誕しましたが、その際の胞衣が埋められていると伝わります。

胞衣とは、母体の中で胎児を包んでいた膜と胎盤のことだそうです。(思わず、生々しい感じのものを思い浮かべてしまった。。。)

昔は胞衣が大切に扱われる習慣があったそうですよ。

根津神社・千本鳥居(東京都文京区)

千本鳥居は緩やかに高台に向かって続いて行きます。

根津神社・千本鳥居(東京都文京区)
乙女稲荷神社

鳥居を上がり切った場所に「乙女稲荷神社」が鎮座。

根津神社がこの地に移った時に祀られるようになった神社です。

根津神社・千本鳥居(東京都文京区)

乙女稲荷神社からは少し高い位置からの社殿や西門周辺が望めます。趣のある雰囲気です。

根津神社・千本鳥居(東京都文京区)

乙女稲荷神社を下から望むと、ちょいと雅な雰囲気。

根津神社(東京都文京区)
庚申塔

乙女稲荷神社から更に続く千本鳥居を抜けると、明治以降の道路整備などに伴いこちらに納められた古い庚申塔が集められています。

寛永9年(1632年)建立の区内で最も古い庚申塔も含まれていました。

根津神社(東京都文京区)
さいのおおかみ

「塞の大神碑(さいのおおかみひ)」は、駒込の旧中山道と旧日光御成道との追分と呼ばれる分岐点に置かれていた石碑。

石碑は明治時代に造られたもので、そこは江戸時代には一里塚が置かれていた場所でもあるそうだ。

町の文化財の受け皿的な役割も担って頂いている様で、ありがたいですね。

根津神社(東京都文京区)
駒込稲荷神社

その先に乙女稲荷神社とは一変のモノトーンな祠が現れます。こちらは「駒込稲荷神社」。稲荷神社が隣接してあるのもちょっと珍しくないかい?

甲府藩の屋敷時代である寛文元年(1661年)から祀られている、古い守り神だそうです。

「つつじ祭り」 令和4年の開催模様

お待たせしました、令和4年の「第51回つつじまつり」の模様です。

つつじまつりは根津神社と文京区観光協会の共催で毎年開催されており、本年の開催期間は4月2日~5月1日までの約1か月間です。開苑時間は9時30分~17時30分まで。

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

それでは入苑料300円を払い、一杯に咲いているつつじと一杯の人混みの中にgo!

つつじは苑外からでも見れますが、折角なので是非入苑してつつじの風景の中に埋もれて頂きたいですね。

苑内には約100種3000株のつつじが植えられています。

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

同じピンク系統でも濃淡の違いがあり、群生して織りなすグラデーションは素晴らしいですね。

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)
根津神社・つつじまつり(東京都文京区)
根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

色合いも様々ですが、花弁の形もそれぞれ個性がありますね!

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

色とりどりが集合する一角!黄色のは初めて見たかも。キレンゲという品種だそうですよ。

つつじは比較的身近でも見れる花ですが、こんなにマジマジ鑑賞するのは初めて。本日はつつじの世界の深さを知りましたわ。

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

苑内には起伏があり、丘の上から望む立体的な景観が素晴らしいですね~。

大分見頃ではありますが、開花していない株もあり満開では無い様です。

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

こちらは入苑口近隣にある、愛子さま(敬宮愛子内親王)のお印のゴヨウツツジ。

あれ?お印(おしるし)って何だっけ?って、帰ってからふっと思い調べました。

皇室の方々は、それぞれ身の回り品などに付けるシンボルマークをお持ちだそうです。それがお印。

ちなみに令和の天皇陛下・徳仁(なるひと)さまのお印は梓(あずさ)という木、后妃・雅子さまのお印はハマナスだそうです。
根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

千本鳥居とつつじ。

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

こちらは楼門とつつじ。神社の建物とのコラボ写真が撮れるポイント探しも楽しいです。

御朱印

根津神社 御朱印

御朱印はつつじまつりの季節限定のものを頂きました。社殿とつつじが切り絵であしらわれており、とても素敵です!

アクセス

根津神社公式ページ
住所:東京都文京区根津1-28-9(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・東京メトロの千代田線「根津駅」「千駄木駅」、南北線「東大前駅」よりいずれも徒歩5分
・都営地下鉄・三田線「白山駅」より徒歩10分
車)
・駐車場は境内パーキング(25台分)、その他周辺のコインパーキングや駐車場を使用

谷根千のイロハ [ 森 まゆみ ]

価格:1,430円
(2022/4/26 10:19時点)

なつかしい街並みが残る谷根千歩きが楽しくなる、谷根千の歴史読本。

根津神社へ出かけてみませんか?

根津神社・つつじまつり(東京都文京区)

根津神社とつつじまつりの様子をご紹介しましたが、いかがでしたか?

都内のつつじ苑でいうと、青梅市の方にはもっと規模の大きい名所もある様ですね。比較しての根津神社の良さは、やはり都心からのアクセスが良く気軽に訪問できるところです!

そして、つつじまつりは季節限定ですが、江戸時代の貴重な社殿や、魅惑の千本鳥居は通年楽しめますので是非訪問してみて下さい。帰りに下町風情が楽しめる谷中あたりを散策するのも楽しいですよ。

根津神社に出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/4/17】

御朱印さんぽ 東京の寺社 (諸ガイド)

価格:1,430円
(2022/3/4 07:47時点)
感想(2件)

東京都内で人気の高い御朱印のある寺社がたっぷり紹介されています。効率的におさんぽできる「モデルコース」などもありますよ!

42 日本全国ねこの御朱印&お守りめぐり 週末開運にゃんさんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ) [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,760円
(2022/3/4 07:43時点)
感想(4件)

猫にゆかりのある神社とお寺の紹介。見るだけでも癒されます!関東の社寺の紹介が多め。

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

東京都千代田区「江戸城跡(皇居東御苑)」

東京都千代田区「神田明神」

東京都新宿区「新宿御苑」

Pocket