【最新記事:2022.5.12】小江戸・栃木「蔵の街」を歴史散策!ハイテク博物館も楽しいぞ【栃木】

嵐山町「菅谷館跡」の歩き方を徹底紹介!畠山重忠屋敷が戦国の城に【埼玉】

嵐山町「菅谷館跡」の歩き方を徹底紹介!畠山重忠屋敷が戦国の城に【埼玉】

埼玉県嵐山町にある中世の城郭跡「菅谷館跡」の歩き方を紹介します。

菅谷館は、鎌倉時代に鎌倉御家人として活躍した坂東武士・畠山重忠が居住した館だったといわれます。その地が戦国時代に、自然の地形を生かした城郭に改造されました。

戦国時代の遺構が多く残る城跡を歩き、城郭の造りや防御の工夫を体感する土の城の面白さを紹介します!

比企城館跡群について

嵐山町 菅谷館跡

「菅谷館跡」のある埼玉県嵐山町を含む一帯は”比企(ひき)地域”と呼ばれます。東は水田地帯・中央は丘陵地帯・西は山間部の三様の地形を有し、埼玉県の地理的特徴を縮図にしたような特徴を持ち、県の中央部に位置します。

戦国時代の関東は、公方(くぼう)足利氏・山内上杉氏(やまのうちうえすぎし)・扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎし)らの争乱が激化・長期化していました。その三つの勢力が交差する比企地域には、69か所もの城館跡が確認されています。

その中の代表的な4城館、 嵐山町の「菅谷館跡」「杉山城跡」、ときがわ町・嵐山町・小川町にまたがる「小倉城跡」、吉見町の「松山城跡」が現在国指定の史跡です。これらは合わせて「比企城館跡群」と呼ばれます。

今回はそのうちの一つである「菅谷館跡」を訪問しました!

菅谷館跡は杉山城・忍城(行田市)と共に続日本100名城にも選定されています

『菅谷館跡』自然を生かした城郭を歩こう!

埼玉県嵐山町という場所

嵐山町 菅谷館跡

今回は東武線で最寄りの「武蔵嵐山駅」へアクセス。都心からも、池袋から電車で約1時間で行ける場所です。関越自動車道「嵐山・小川IC」が近隣にあり車でも比較的アクセスしやすい場所といえます。

嵐山町は埼玉を代表する景勝地のひとつ「嵐山渓谷」があり、紅葉やバーベキュースポットとして人気があります。

ちなみに嵐山町の名前の由来は、京都の嵐山を思わせる景色から命名されています。(冷静に考えると凄い命名の仕方だがなあ。。。)

嵐山町 菅谷館跡

武蔵嵐山駅西口には観光案内所があるので、こちらで周辺情報などを入手できます。

菅谷館跡は駅西口から約1kmの所にありますが、東口方面には「杉山城跡」もあるので、お城ファンにはたまらない町だと思います!

「菅谷館跡について」

嵐山町 菅谷館跡

国道254号線沿いにある菅谷館跡の入口に到着。

菅谷館跡は約13万m2(東京ドーム約3個分)に及ぶ広大な面積を持つ、平地に建つ平城(ひらじろ)です。

台地上に築かれており、地形を生かした縄張が構成されています。なお、櫓などの建築物は模擬のものも含めて残っていません。

嵐山町 菅谷館跡

菅谷館跡は、元々は平安時代~鎌倉時代に活躍した武士・畠山重忠(はたけやま しげただ)が居住した屋敷といわれます。

重忠は”清廉潔白で坂東武者の鑑”といわれた鎌倉御家人の中でも人気が高く、歴史上の武将の中でも愛されキャラだった一人ですねえ。

しかし、現存する菅谷館跡は住居跡としてのそれでは無く、戦の防御に対応した戦国時代の土塁や堀などの遺構が残る城郭跡です。

戦国時代に描かれた城の絵図は残っておらず、その為畠山重忠後、城郭がどのように使われていたか不明確な部分が多いです。15世紀後半に山内上杉氏によって改修され今の様な姿になった可能性が高い、といわれています。

「搦手門跡」 正面入口

嵐山町 菅谷館跡

入口右手に「菅谷館跡」の石碑、左手に「埼玉県立嵐山史跡の博物館」の看板を見ながら場内に進みます。

嵐山町 菅谷館跡

おっと!駐車場に入った所に早くも説明板があります。

ここは現在は菅谷館跡の正面玄関ですが、当時は「搦手門(からめてもん)」と呼ばれる裏口だったとのこと。

現在の国道254号線の辺りは当時は自然の谷で、それにより城外と城内は隔てられていたらしい。更に城内へは「坂小口」と呼ばれる登り坂で攻めにくくなっていたとのことだ。

嵐山町 菅谷館跡

入口の方に戻って。。。写真の左手が国道254号線側で、栽植の辺りが小ぶりの土塁になっています。

右手が城内側ですが、こちらには高い土塁があり「二重土塁」で守りを固めています。なるほど、なるほど。

嵐山町 菅谷館跡

城内側の土塁。作業員の方が手入れをされていました。草ボーボーだと遺構が確認しずらいですものね。

菅谷館跡は全体的に良く管理された史跡施設の印象です。

「嵐山史跡の博物館」 名城スタンプも

嵐山町 菅谷館跡

歩く前に全体像を掴むべく、敷地内の「埼玉県立嵐山史跡の博物館」に立ち寄ってみました。

御城印の販売や、続日本100名城のスタンプもこちらで対応されています。

嵐山町 菅谷館跡

誰かいるのかと思った、ちょっとビックリ(笑)。企画展示は「実相 忍びの者」と題した忍者特集でした。

ロビーまでは入場無料。菅谷館跡の全体模型やリーフレット、また比企城館跡群の他の城郭のリーフレットも置いてあります。

嵐山町 菅谷館跡

展示室は入場料(100円)を払って見学できます。展示物の撮影はNGでした。

企画展「実相 忍びの者」は昔懐かしい忍者アニメの紹介から始まり、記録や特殊武器などによる忍者に関する考察を紹介。面白&マジメな内容で興味深かった。

常設展示では菅谷館に居住した武士・畠山重忠の人物紹介や、中世の城や歴史に関する展示が行われていました。

菅谷館跡の縄張構成

嵐山町 菅谷館跡
博物館のパンフレットより

菅谷館跡の城郭の構成(縄張)について。

城郭の東側と西側の外堀は自然の深い谷を利用した堀、そして、南側は都幾川(ときがわ)に面した断崖の上に中心部となる本郭(ほんぐるわ)が位置します。

本郭の北側は二ノ郭・三ノ郭・西の郭が取り囲んでおり、それぞれの郭(くるわ)と呼ばれる区域を攻め落とさないと本郭に攻め込めない”輪郭式”と呼ばれる配置になっています。

自然の地形を生かした強固な造りの城郭に見えますね。

嵐山町 菅谷館跡

見学路は整備され歩きやすい。また、各所設置の解説板に関しては、城に詳しくない者でもわかり易い平易な内容で説明されている点、好感度が高い。

端から端まで歩くなら多少アップダウンもあるので、歩きやすい靴や服装がおすすめ。

では、菅谷館跡に攻め込んでみましょう!

「三ノ郭」 建物跡と井戸跡

嵐山町 菅谷館跡

城郭内の北側に位置する「三ノ郭」は東西約260m・南北130mの長方形の郭で、 菅谷館跡内で一番広い郭です。駐車場・博物館がある場所もこのエリアに該当します。

三ノ郭は広い面積や位置から、武士や騎馬の集合場所として利用されたと考えられます。

嵐山町 菅谷館跡

博物館裏手にある”国指定史跡 菅谷館跡”の銘の台座と、その上に城郭の立体地図。

地図に少し角度を付けて設置してくれていると、全体良い感じに写真に収まるのですがね。。。

嵐山町 菅谷館跡

昭和48年(1973年)~昭和56年(1981年)の間に、三ノ郭を中心に5回の発掘調査がおこなわれています。

その際発見された堀立柱建築跡4棟・井戸跡3か所・溝跡などの内、建築跡1棟と井戸跡1か所の位置が示されています。

嵐山町 菅谷館跡

発見された建物跡は江戸時代のものと考えられ、また出土品から見ても江戸時代にこの城内で生活していた人がいたことがわかっています。

「二ノ郭」 東側に残る土塁

嵐山町 菅谷館跡

こちらは三ノ郭(左側)と二ノ郭(右側)を隔てる道路ですが、元々は堀だった場所。

そして、右手の低い植栽の場所には高さ6mの土塁があり、二ノ郭侵入に対する防御性を高めた造りだったそうです。

嵐山町 菅谷館跡

三ノ郭から、本郭の西側~北側を取り囲む様に配置されている「二ノ郭」に入ります。

嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭の東側の端にあたる土塁の跡で、この付近にも虎口がありました。

この裏手は谷になっており、川が流れる自然の堀が構成されていました。

嵐山町 菅谷館跡

東側の土塁側から振り返って、二ノ郭の東側部分の全景です。

嵐山町 菅谷館跡

ニノ郭の東側と西側の境目にある”埼玉県指定史跡の碑”と案内地図。

この辺が丁度城内の真ん中辺りの位置。

「二ノ郭」 畠山重忠像

嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭の西側の土塁の一角に菅谷館の主だった「畠山重忠公像」があります。

これは、昭和4年(1929年)に有志によって造られた、竹を芯にした竹筋コンクリート製の像。(竹筋コンクリートというのは初めて耳にします。)

畠山重忠は平氏全盛の長寛2年(1164年)に、現在の埼玉県深谷市畠山で生まれました。 鎌倉時代に活躍した武将で、幕府設立にも貢献し源頼朝からの信頼も厚かった人物です。

嵐山町 菅谷館跡

重忠の最期は、幕府の権力争いにまきこまれ鎌倉に向かう途中、北条氏の陰謀により42歳の若さで武蔵国二俣川(現在の横浜市)で非業の死をとげました。

鎌倉幕府編纂の歴史書「吾妻鏡」の中で、元久2年(1205年)に重忠はわずか134騎の手勢を率い「菅屋館(=菅谷館)」を出発したことが記載されています。そんなことで、この像も鎌倉の方向を向いて建てられています。

重忠に会ったことがないので(そりゃそーだ)像が本人に似ているのかわかりませんが、穏やかで良い表情ですね。

畠山重忠は情理をわきまえた実直な武士といわれ、その為多くの逸話も残している愛されキャラだった様ですよ。

嵐山町 菅谷館跡

畠山重忠公へのご挨拶後は、本郭周囲の堀沿いにニノ郭を西に進みます。

嵐山町 菅谷館跡

本郭側の高さのある土塁には、凸字状に突き出た「出桝形土塁(でますがたどるい)」と呼ばれる個所があります。

敵が侵入した際に横から矢を射かけるなど、効果的に防げるようにしたものです。

嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭と本郭の間の堀は結構深さがあります。

嵐山町 菅谷館跡

ポツンと咲いている彼岸花が、いにしえの城跡の情景に似合っている気がしました。

「南郭」 詳細は不明

嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭の先に城内でもっとも狭い「南郭」があります。

他の郭と比較して一段低い場所に造られているのが特徴ですが、南郭の詳しい用途は分かっていないそうです。

嵐山町 菅谷館跡

南郭の奥まで歩くと大分探険気分になりますねー。

この先には雑木林を生かした保全観察林「オオムラサキの森」があり、国蝶オオムラサキが見れる自然豊かなエリアになります。

嵐山町 菅谷館跡

「本郭」 裏手から向かう

嵐山町 菅谷館跡

下り過ぎたので再び本郭を目指す道に戻り、本郭の裏手(南側)を進みます。左手の高台になっている場所が本郭です。

嵐山町 菅谷館跡

道は整備された林間のハイキングコースの様相。

嵐山町 菅谷館跡

右手は深い谷になっています。こちら側から攻め入るのは不可能ですね。それこそ忍びの者などでないと。。。

嵐山町 菅谷館跡

道は突き当たって、高台への階段が現れました。

「本郭」 城郭の中心部

嵐山町 菅谷館跡

広々とした「本郭」が現れました。東西約150m・南北約60mの長方形をしている約9千m2の空間です。城内の配置としては中心よりやや南に位置します。

ここには城の中心となった建物があったとされます。また、畠山重忠の住居があった場所ともいわれますが、本郭は発掘されていないのでいずれも明らかではありません。

嵐山町 菅谷館跡

本郭内は草が茂ってましたが、平坦なので安全に一周できました。

東側の外れから周囲を見渡すとやはり自然の崖があり、谷の底にはちょろちょろとした川の流れが見えます。ここから攻められることもなさそうですね。

本郭の東側には「生門(しょうもん)」と呼ばれる出入口の跡が残っています。

嵐山町 菅谷館跡

明治~昭和の思想家・安岡正篤(やすおかまさひろ)の詠んだ漢詩の碑が建っていました。城跡とは直接由縁の無い内容の物の様です。

嵐山町 菅谷館跡

本郭の正面側(北側)の出入口。裏の南側から入ってきたので正面口から退場します。

嵐山町 菅谷館跡

本郭正面と二ノ郭の間の高低差のある空堀。

現在は土の橋でつながっていますが、当時は木橋を掛けてつなげていたと考えられています。

「西ノ郭」 木橋と正拈門

嵐山町 菅谷館跡

最後に途中通らなかった北西部に位置する「西ノ郭」に立ち寄ります。西ノ郭には大手門があったとされますが、確認を要する点も多々ある様です。

西ノ郭と三ノ郭との間には空堀があります。その空堀の三ノ郭「正拈門(しょうてんもん)」付近で、西ノ郭との間の橋脚の基礎とみられる石積みが発見されています

それにより木橋が掛かっていたことが分かり復元されています。三ノ郭側が高くなっており、侵入し辛い工夫がされていました。 なお、実際の橋の形状や構造は分かっていません。

嵐山町 菅谷館跡

三ノ郭側には「蔀土塁(しとみどるい)」と呼ばれる小さな土塁が設けられていました。これは西ノ郭から内部の様子を見通せない様に工夫されたものです。

御城印・城カード

嵐山町 菅谷館跡

「埼玉県立嵐山史跡の博物館」で購入した御城印です。台紙は繊細そうな独特の質感のもので、”ユネスコ無形文化遺産の細川紙を使用”とあります。

細川紙は埼玉県小川町や東秩父村で生産される高級手すき和紙だそうです、へえ~。味があるし、地元の伝統工芸の宣伝にもなって良いですね!

嵐山町・菅谷館跡 城カード

こちらは「嵐山史跡の博物館」で無料で頂ける菅谷館跡の城カード。裏面には城の概要紹介の記載もあるので、記念に頂くと良いと思います。

基本情報・アクセス

埼玉県立嵐山史跡の博物館公式ページ
住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷757(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:30(入場は16:00まで) ※7月1日~8月31日は、9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日および埼玉県民の日11月14日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料:一般 100円、高校生・学生 50円、中学生以下 無料
アクセス:
電車)
・東武東上線「武蔵嵐山駅」下車、徒歩約15分
*駅からバス等はありません。公共交通機関はタクシーのみ。
車)
・関越自動車道「東松山IC」より、国道254号線を小川方面に約10分
・関越自動車道「嵐山・小川IC」より、国道254号線を東松山方面に10分

関東戦国史 北条VS上杉55年戦争の真実 (角川ソフィア文庫) [ 黒田 基樹 ]

価格:924円
(2022/2/16 14:16時点)
感想(1件)

分かり辛い関東の戦国時代について、分かりやすく説明した良書。

杉山城の時代 [ 西股 総生 ]

価格:1,870円
(2022/2/16 14:18時点)

「杉山城問題」とも言われる杉山城の謎について迫る、興味深い1冊。

菅谷館跡のオススメポイント(最後に)

嵐山町 菅谷館跡
むさし嵐丸(らんまる)

菅谷館跡歩き、いかがでしたか?

これだけ広い中世城郭跡を歩くのは実は初めてでしたが、最後に実際歩いてみての菅谷館跡のオススメポイントを記載してみます。

・全体的に急な傾斜が無いので、初心者でも歩きやすい。(南郭の奥に若干深い谷がある。)
・博物館があるので事前の情報収集ができる。また、続日本100名城のスタンプ・御城印・城カードなどが一ヶ所で揃う。
・最寄り駅「武蔵嵐山駅」から、徒歩での訪問も比較的容易。
・畠山重忠公の像があるので一緒に記念写真も撮れる(笑)。

最後のは「んっ?」かもしれませんが、櫓や天守閣などのモニュメントっぽいものが無いので「坂東武士・畠山重忠公の館だったんだぞ、ほらっ!」「おっ!」と他の人に紹介(自慢?笑)する時に便利かな、と思います。

あと、敷地内に飲食店は無いので注意願います。

菅谷館跡歩きにでかけてみませんか?


旅の予約はポイントも付く楽天トラベルがお得!

【記事の訪問日:2020/9/20】

近隣のスポットもチェック!【あわせて読みたい】

埼玉県嵐山町・ときがわ町・吉見町「比企城館跡群 山城歩きガイド」

埼玉県嵐山町「杉山城跡」

埼玉県ときがわ町「小倉城跡」

埼玉県吉見町「吉見観音」

埼玉県行田市「歴史散策スポット 総ガイド」

Pocket