MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (38)埼玉県 (95)千葉県 (8)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (2)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (3)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (56) (19)七福神巡り (2) (27)古墳 (6)古い町並み (15)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (14) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (2) (24)紅葉 (7)ダム (1)博物館 (16)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (8)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (16) (4) (10) (1)特集記事 (7)ピックアップ (5)旅のキーワード (7)

畠山重忠館跡「菅谷館」は戦国の城跡、土塁や堀が残る縄張を巡る【埼玉・嵐山町】

本ページには広告が含まれています

埼玉県嵐山町の「菅谷館跡」は、鎌倉幕府の有力御家人・畠山重忠の館があった場所です。
これが、戦国時代には自然の地形を巧みに生かし、堀や土塁により防御を固めた城郭に改造されました。

続日本100名城にも選定されている菅谷館跡の縄張りを巡り、戦国時代の城歩きを紹介。
史跡博物館も併設されており、訪問しやすい城跡ですよ。

目次

「比企城館跡群について」 足利氏・上杉氏の争乱域

埼玉県嵐山町 菅谷館跡
嵐山史跡の博物館のパネルより

「菅谷館跡」のある埼玉県嵐山町を含む一帯は、比企(ひき)地域と呼ばれます。
比企地域は埼玉県中央部に位置し、水田地帯・丘陵地帯・山間部と三様の地形を有しています。

その比企地域には、戦国時代の城館跡が69か所も確認されています。

戦国時代の関東は、公方(くぼう)足利氏・山内上杉氏(やまのうちうえすぎし)・扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎし)らの争乱が激化・長期化していました。
そして、三つの勢力が交差する比企地方に、多くの城館が造られることになりました。

その中の代表的な菅谷館跡と杉山城跡(ともに嵐山町)、小倉城跡(ときがわ町・嵐山町・小川町)、松山城跡(吉見町)は国指定の史跡となっており、その4城館は「比企城館跡群」と呼ばれています

今回はそのうちの一つ菅谷館跡を訪問し、見どころや歴史について紹介。
菅谷館跡は杉山城・忍城(行田市)と共に、続日本100名城にも選定されています。

『菅谷館跡』 自然を生かした城郭を体感

「嵐山町の紹介」 景勝地 嵐山渓谷

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

東武鉄道で最寄りの武蔵嵐山駅へアクセス。
嵐山町は都心からも1時間程度で行ける、自然豊かな場所です。

埼玉を代表する景勝地の一つ「嵐山渓谷」は紅葉の名所で、バーベキュースポットとしても人気です。
そして、嵐山町には杉山城跡もあるので、城ファンにとってはたまらないエリアかと。

駅の西口には観光案内所があるので、そちらで周辺情報の入手もできます。

「菅谷館跡について」 畠山重忠の居住跡

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

駅から1kmほど歩いて、国道254号線沿いの菅谷館跡の入口に到着。

菅谷館跡は約13万m2(東京ドーム約3個分)に及ぶ、広大な面積を持ちます。
城は平地に建つ平城(ひらじろ)で、台地上の地形を生かして築城されていました。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

菅谷館跡は、平安時代~鎌倉時代に活躍した武士・畠山重忠(はたけやましげただ)の屋敷跡といわれます。
畠山重忠は鎌倉幕府の有力御家人だった一人で、歴史上の武将の中でも人気の高い人物です。

しかし、現存する菅谷館跡は住居跡では無く、合戦の防御に対応した土塁や堀などの遺構が残る城郭跡です。
戦国時代の城郭の絵図は残っておらず、畠山重忠の館後にどのように使われていたか不明確な部分が多いようです。

15世紀後半に山内上杉氏によって改修され、今の様な姿になった可能性が高いといわれます。

「搦手門跡」 正面入口

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

駐車場入口箇所は、早くも遺構のようですね。
この辺りは、当時は「搦手門(からめてもん)」と呼ばれる裏口だったそう。

現在の国道254号線の辺りは当時は自然の谷だったようで、それにより城の内外が隔てられていたとのこと。
更に城内へは坂虎口と呼ばれる登り坂があり、攻めにくくなっていた。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

入口直ぐの所にも小さな土塁がありますが、城内側のこちらにも高い土塁があり「二重土塁」になってました。

ちなみに訪問した際、作業員の方が土塁の草刈りによる手入れをされてました。
菅谷館跡は、全体的に良く管理されています。
草ボーボーだと遺構が確認しずらいですものね。

「嵐山史跡の博物館」 名城スタンプ・御城印も

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

歩く前に全体像を知るべく、敷地内併設の「埼玉県立嵐山史跡の博物館」にまず立ち寄り。
御城印の販売や、続日本100名城のスタンプはこちらで対応されています

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

おっと!誰かいるのかと思った、ちょっとビックリ(笑)。
企画展示は忍者特集でした。

展示の見学には入場料(100円)が必要です。
入場無料のロビーには、菅谷館跡の全体模型やリーフレット、比企城館跡群の他城郭のリーフレットなどが置いてありました。

常設展示では畠山重忠の人物紹介や、中世の城や歴史に関する展示が行われていました。

「菅谷館跡の縄張構成」

嵐山町 菅谷館跡
博物館のパンフレットより

ここで菅谷館跡の縄張構成について。

  • ■城郭の東側と西側の外堀は、自然の深い谷を利用した堀。
  • ■南側の都幾川(ときがわ)に面した断崖の上に、城郭の中心部・本郭を設置。
  • ■本郭の北側を二ノ郭・三ノ郭・西の郭が取り囲んでいる。
    それぞれの郭を攻め落とさないと本郭に攻め込めない、輪郭式の配置。

自然の深い谷を上手く利用した縄張り構成になっています。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

見学路は整備され全般的に歩きやすいです。
ただし、端から端まで歩くなら多少アップダウンもあるので、歩きやすい靴や服装がオススメ。

では、菅谷館跡に攻め込んでみましょう!

「三ノ郭」 建物・井戸跡

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

城郭内の北側に位置する「三ノ郭」は東西約260m・南北130mの長方形の郭。
菅谷館跡内で一番広い郭で、駐車場や博物館も三ノ丸エリア内に該当します。

三ノ郭は広い面積や位置から、武士や騎馬の集合場所として利用されたと考えられています。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

博物館裏手。
国指定史跡・菅谷館跡の銘の台座にのった、城郭の立体地図。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

昭和48年(1973年)~昭和56年(1981年)の間に、三ノ郭を中心に5回の発掘調査がおこなわれています。
その際発見された堀立柱建築跡4棟・井戸跡3か所・溝跡などの内、建築跡1棟と井戸跡1か所の位置が示されています。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

建物跡は江戸時代のものと考えられています。

出土品から見ても、江戸時代にこの城内で生活していた人がいたことがわかっているそうです。
今後、その時代の詳細が明らかになるのを期待したいですね!

「二ノ郭」 東側に残る土塁

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

三ノ郭の先には二ノ郭がありこちらはそれを隔てる道路ですが、元々は堀だったそうです。

そして、右手の二ノ郭側の現在植栽がある場所には、高さ6mの土塁があったそう。
防御性を高めた造りだったようです。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

広々とした二ノ郭の東側全景。
二ノ郭は、本郭の西側~北側を取り囲む様に配置されており、本郭の防御上重要な郭です。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭の東側の端にあたる土塁の跡で、この付近にも虎口があったそうです。
この裏手は谷で川が流れており、天然の堀が形成されていました。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

ニノ郭の東側と西側の境目にある、県指定史跡の碑と案内地図。
この辺が丁度城内の真ん中辺りの位置かな。

「二ノ郭」 畠山重忠像

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭の西側の土塁の一角には、かつての菅谷館の主だった畠山重忠公の像があります。
これは昭和4年(1929年)に有志によって造られた、竹筋コンクリート製の像。

畠山重忠は長寛2年(1164年)に、現埼玉県深谷市畠山で生誕。
鎌倉時代に活躍した武将で幕府設立にも貢献、源頼朝からの信頼も厚かった人物です。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

重忠の最期は、鎌倉に向かう途中でした。
北条氏の陰謀により、42歳の若さで武蔵国二俣川(現、横浜市)で大軍に襲われ非業の死をとげます。

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」の中で、元久2年(1205年)に重忠はわずか134騎の手勢を率い、ここ菅谷館を出発したことが記載されてます。

像は穏やかで良い表情の像ですね!
畠山重忠は情理をわきまえた実直な武士といわれ、多くの逸話を残しています。

\ 畠山重忠の詳細はこちらを参照! /

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

畠山重忠公像を後にして、本郭周囲の堀沿いにニノ郭を西に進みます。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

本郭側の高さのある土塁には、「出桝形土塁(でますがたどるい)」と呼ばれる突き出た個所があります。
敵が侵入した際に、横矢を射かけるなどの防御ができるようにした施設。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭と本郭の間の空堀は、結構深さがあります。

「南郭」 裏手から本郭へ

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

二ノ郭の先で本郭の裏手にあたるの先には城内でもっとも狭い「南郭」があります。
他の郭より一段低い場所にあるのが特徴ですが、用途等は不詳とのこと。

その先には国蝶オオムラサキが見れる保護観察エリア、「オオムラサキの森」があったりもします。
ホント、自然豊かな場所ですね。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

本郭の裏手から本郭に向かいます。
木漏れ日のある林間道は、ハイキングコースのようで心地よい。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

右手は深い谷です。
こちら側から攻め入るのは不可能ですね。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

道は突き当たって、高台への階段が現れました。
これが本郭の入口でした。

「本郭」 城郭の中心部

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

広々とした城郭の中心部「本郭」です。

東西約150m・南北約60mの長方形をしている、約9千m2の空間です。
城内の配置としては、中心よりやや南に位置します。

本郭には城の中心となった建物があったとされます。
また、畠山重忠の住居もここにあったといわれますが、発掘されておらずいずれも明らかではありません。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

東側の外れは自然の崖となっており、谷底には川の流れが見えます。
ここから攻められることも、まずなさそうですね。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

本郭の正面北側の虎口。
裏口から入ってきたので、正面側虎口から退場します。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

本郭正面と二ノ郭の間の空堀。

現在は土橋でつながっていますが、当時は木橋が掛かっていたと考えられる。
木橋にはいざという際、破壊して外せるメリットがあります。

「西ノ郭」 木橋と正拈門

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

最後に、三ノ郭・二ノ郭の外側に位置する「西ノ郭」に立ち寄りました。
西ノ郭には大手門があったとされますが、不詳な点も多いそうです。

西ノ郭と三ノ郭との間には空堀があり、その付近で橋脚の基礎とみられる石積みが発見されています
それにより木橋が掛かっていたことが分かり、橋が復元されています。

三ノ郭側を高くすることにより、侵入しづらくする工夫がみられたそう。
実際の橋の形状や構造は分かっていません。

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

三ノ郭側には「蔀土塁(しとみどるい)」と呼ばれる、小さな土塁が設けられていました。
これは西ノ郭から、内部の様子を見通せないようにする工夫だそうです。

御城印・城カード

埼玉県嵐山町 菅谷館跡

「埼玉県立嵐山史跡の博物館」で御城印が購入できます。

台紙は繊細な独特の質感のもので、”ユネスコ無形文化遺産の細川紙を使用”とあります。
細川紙は埼玉県小川町や東秩父村で生産される、高級手すき和紙だって、へえ~。

味があるし、地元の伝統工芸の宣伝にもなって良いですね!

嵐山町・菅谷館跡 城カード

こちらは嵐山史跡の博物館で無料で頂ける、菅谷館跡の城カード。
裏面には城の概要紹介の記載もあるので、記念に頂くと良いと思いますよ!

基本情報・アクセス

埼玉県立嵐山史跡の博物館

公式ページ
住所:埼玉県比企郡嵐山町菅谷757(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:30(入場は16:00まで) ※7月1日~8月31日は、9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日および埼玉県民の日11月14日を除く)、年末年始(12月29日~1月3日)
観覧料:一般 100円、高校生・学生 50円、中学生以下 無料
アクセス:
電車)
・東武東上線「武蔵嵐山駅」下車、徒歩約15分
*駅からバス等はありません。公共交通機関はタクシーのみ。
車)
・関越自動車道「東松山IC」より、国道254号線を小川方面に約10分
・関越自動車道「嵐山・小川IC」より、国道254号線を東松山方面に10分

関東周辺の山城攻めをトレッキング視点でまとめた、ありそうでなかったタイプの城攻め本。
これから山城歩きをする人は、東京都にもタフな山城があったりするのには超驚くと思いますよ!

菅谷館跡に出かけてみませんか?

埼玉県嵐山町 菅谷館跡
むさし嵐丸(らんまる)

菅谷館跡歩き、いかがでしたか?

中世城郭跡を歩くのは実は初めてでしたが、実際歩いてみての菅谷館跡のオススメポイントを記載してみます。

・全体的に急な傾斜が無いので、初心者でも歩きやすい。(南郭の奥に若干深い谷がある。)
・博物館があるので事前の情報収集ができる。
また、続日本100名城のスタンプ・御城印・城カードなどが一ヶ所で揃う。
・最寄り駅「武蔵嵐山駅」から、徒歩での訪問も比較的容易。
・畠山重忠公の像があるので一緒に記念写真も撮れる。

などですね。
あと、敷地内に飲食店は無いので注意ですね。

菅谷館跡に中世の城跡歩きに歩きにでかけてみませんか?

記事の訪問日:2020/9/20


近隣スポットもチェック!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次