【最新記事:2022.8.7】比企能員ゆかりの「岩殿観音正法寺」、北条政子の守り本尊がある古刹【埼玉・東松山市】

「水郷佐原あやめパーク」にハナショウブ150万本!舟で巡る花鑑賞【千葉・香取市】

「水郷佐原あやめパーク」にハナショウブ150万本!舟で巡る花鑑賞【千葉・香取市】

千葉県香取市「水郷佐原あやめパーク」では、6月になるとハナショウブが見ごろを迎え、400品種・150万本が咲き乱れる「あやめ祭り」が開催されます。

サッパ舟という子舟に乗っての園内巡りは、情緒たっぷり!

あやめ祭りの季節に訪問した、水郷佐原あやめパークの見どころを紹介します。

『水郷佐原あやめパーク』の紹介

水郷筑波国定公園について

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)
与田浦( 水郷佐原あやめパークと隣接)
「水郷佐原(さわら)あやめパーク」は、茨城県と千葉県にまたがった水郷筑波国定公園内に位置しています。

霞ヶ浦・潮来(いたこ)・佐原などの水郷地帯。そして鹿島神宮・香取神宮・犬吠埼~屏風ヶ浦に至る海岸線を含めた地帯。そして、筑波山・加波山を加えた地域で、水郷筑波国定公園は構成されます。

千葉県の北東部に位置し、利根川の北にある与田浦(よだうら)」という小さな湖沼に隣接する場所に、水郷佐原あやめパークはあります。

公園の一帯は与田浦の一部を埋め立てた場所で、 約8ヘクタールの敷地を有する水辺公園です。

水郷佐原あやめパーク概要

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

「水郷佐原あやめパーク」は、 昭和44年(1969年)に佐原市立水生植物園として開園したのが始まりです。

近年、平成23年(2011年)に発生した東日本大震災で、香取市に被害が発生。この水郷地域にも被害がでました。

その後は、営業を継続しながらコツコツと再整備が行われました。

平成29年(2017年)の整備完了時に、水郷佐原水生植物園から水郷佐原あやめパークに園名の変更が行われ、リニューアルスタートされています。
水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

こちらのパークでは通年色々な花を楽しむことができます。

中でも、6月には400品種・150万本のハナショウブが咲き乱れる「あやめ祭り」の開催が、なんといってもメインイベントとなります。

あやめ祭りが終わる頃、今度は7月~8月にかけて300品種の花ハスが咲き始めます。季節中には「はす祭り」の開催もあります。

写真正面には、長さ70mの藤棚が見えますね。5月上旬の花の季節には、藤の甘~い香りに包まれるそうですよ。

訪問日はハナショウブが見頃を迎えている6月中旬で、「あやめ祭り」 の最終日にあたる日でした。

『水郷佐原あやめパークのあやめ祭り』

2022年度の水郷佐原あやめ祭りの開催期間は、2022年5月28日~6月19日でした。

開催期間中は「嫁入り舟」のほか、佐原囃子の演奏と手踊りなどが催されます。

訪問時、イベントなどは既に終了してましたので、花の鑑賞を中心に園内を紹介します。

「サッパ舟で園内めぐり」

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

まずはここに来たらこれ!という雰囲気のある、サッパ舟と呼ばれる小舟に乗って園内を巡ってみます!

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

公園内には水面があり、その中に島や橋などが配置され、かつての水郷地帯の面影が表現されています。

風情がある園内ですね~。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

この周辺地域は水郷地帯と呼ばれ、水とは切っても切れない土地柄でした。

そして櫓を使う手漕ぎ舟のことを、この地域ではサッパ舟と呼ぶそうです。

  • さっぱ舟の名前の由来は、以下の3つのいずれかといわれています。
  • ■笹の舟説:舟の形が笹の葉の形に似ていることから付いた説。
  • ■田の端舟説:田んぼの端で作業する舟のタッパ舟が変化して、サッパ舟となった説。
  • ■作場田舟説:サクバタ(=作場田)舟が訛って、サッパ舟となったとする説。

んー、なるほどね~。どれが正解だか私にはサッパり分かりませんが。(すみません、ちょっと言ってみたかっただけです。。。)

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

ハナショウブです。舟上から見る花もなかなかオツなものですね。

水路から花を観賞できる植物園は、全国的にも珍しいそうです。そうでしょうねえー。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

相性の良い紫と黄色の花のコントラスト。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

舟上では、女船頭さんが所々楽しくポイント紹介をしてくれます。

この時期はハスの花が咲きだしているそうです。ピンク色の蕾が水の中から顔を出していますね!

ハスの花は朝方だけ咲いて、午後になるとまた花を閉じる特性があるそうですね。朝の弱い私にとっては、鑑賞するのに手怖い相手ですなあ(笑)。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

それぞれ品種名が書かれたプレートがあるので、品種名と花のイメージを確認するのも楽しいですね!

プレートに肥後系とありますが、他には江戸系や伊勢系というのを見かけました。なにやら深い世界がありそうですねー。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

出島みたいな場所は「結の島」と呼ばれています。

あやめ祭りの期間中に嫁入り舟でここに入場して、結婚式が行われるそうです。

式は地元下総国一宮・香取神宮から神官を招き、ハナショウブに囲まれた中で行われるそうですよー。素敵ですね~。

女船頭の方からは、「天気が悪い場合は、香取神宮で式をする事になります。」と裏事情が。おっと、そっちも素敵ですねえ。

「徒歩で園内めぐり」

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

園内を歩いてハナショウブ観賞します。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

ここで、あやめパークなのにハナショウブなの?って、思った方向けに自主的にツッコミを入れてみます(笑)。

アヤメ・カキツバタ・ハナショウブ、それぞれ3つともアヤメ科の植物なんですよ。

本日学習の付け焼刃ですが、それぞれの特徴をメモしておきます。

  • アヤメ
    ・5月上旬から開花、栽培地は乾燥地(畑地)。
    ・外側の花びらの付け根の部分に網目模様。
    ・葉の中心の脈は目立たない。
  • カキツバタ
    ・5月中旬頃から開花、栽培地は日当たりの良い湿地(ハナショウブより水気の多い場所)。
    ・外側の花びらの付け根の部分は淡黄色。
    ・葉の中心に脈は目立たない。
  • ハナショウブ
    ・5月下旬から開花、栽培地は湿地で陽光を好む。
    ・外側の花びらの付け根の部分は黄色。
    ・葉の中心の脈が隆起。

あやめ祭りの時期は、一番遅咲きのハナショウブが見頃を迎える時期、ってことになります。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)
沖津白浜

「いずれアヤメかカキツバタ」。

甲乙つけがたい美人を形容する表現として、そんな慣用句を聞いたことがあります。

アヤメを間近でマジマジと見た事も、実は無かったですが。。。、やっぱり美人系の花ですね。とても品があり美しいです。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)
沖津白波(江戸系です)

品種についてはいくつかの系統がある様ですが、 江戸で完成された品種群が日本の栽培品種の基礎となっている様です。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)
火の舞(肥後系です)

一様に花びらの付け根部分に黄色のラインがありますね。

本日は、ハナショウブの花は見分けられるようになって帰れそうだな。

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)
千年の陰

十二橋めぐりについて

水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)

水郷佐原あやめパークが発着場となっている「十二橋めぐり」も、水郷観光の定番として人気です。

この辺りは、かつては家と家、あるいは田んぼの間に張り巡らされた水路をつたい、舟で行き来していました。

加藤洲の水路には、家と家を結ぶ一枚板の簡単な橋が12架っていたので、十二橋と呼ばれました。

十二橋めぐりは、今も残る橋の下を女船頭さんが操るサッパ舟にゆられながら水路を行く、約1時間弱の船旅です。

行かれた際は、是非こちらもお楽しみ下さい。

基本情報・アクセス

水郷佐原 あやめパーク公式ページ
住所:千葉県香取市扇島1837-2(GoogleMapで開く
開園時間:
・あやめ祭り期間中:8時~18時、はす祭り期間中:8時~16時30分、その他の期間:9時~16時30分
休園日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始12月28日~1月4日
※あやめ祭り・はす祭り期間中は無休
入園料金:
・4月・9月~11月)一般大人 200円、65歳以上 150円、小中学生 100円
・5月~8月)一般大人 600円、65歳以上 500円、小中学生 300円
・あやめ祭り期間中)一般大人 800円、65歳以上 700円、小中学生 400円
・12月~3月)無料
アクセス:
電車)
・JR「佐原駅」から関鉄観光バス・与田浦経由潮来車庫行きバス乗車、「水郷佐原あやめパーク入口」下車
・あやめ祭り期間中はJR「佐原駅」からシャトルバスの運行あり
・JR「十二橋駅」から徒歩3km
車)東関東自動車道「佐原香取IC」から約20分

日本の美しい幻想風景 [ 日本風景写真家協会 ]

価格:2,640円
(2021/9/30 22:56時点)

岩合光昭の世界ネコ歩き [ 岩合 光昭 ]

価格:1,760円
(2021/9/30 22:57時点)
感想(9件)

出かけてみませんか?

あやめ祭りの季節の「水郷佐原あやめパーク」の様子をご紹介しましたが、いかがでしたか?

小舟に乗っての花鑑賞は初めてでしたが、普段とは違う視点で見れて新鮮でした。サッパ舟はハナショウブの季節以外も、通年乗ることができますよ。

佐原市内の小野川沿いには伝統的建築物群保存地域があり、古い町並みの中の散策も人気です。

色々併せての訪問はいかがですか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/6/19】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

千葉県成田市「成田山新勝寺」

茨城県鹿嶋市「鹿島神宮」

Pocket