【最新記事:2021.7.24】きっと蓮が好きになる!「古代蓮の里」、田んぼアートも楽しむ【埼玉県行田市】

実は不思議ワールド!「日光東照宮」、狩野探幽と天海僧正の演出

実は不思議ワールド!「日光東照宮」、狩野探幽と天海僧正の演出
日光 神橋
日光の社寺の玄関口にある神橋(しんきょう)

実は「日光東照宮」は色々な不思議と謎に満ちているスポットって知ってましたか?日本でも屈指の人気の観光スポットですが、江戸時代の絵師・狩野探幽と徳川将軍の参謀を務めた天海僧正が造り出した世界はなかなかにミステリアス!

知るほど何度でも足を運びたくなりますよ、東照宮。

世界遺産 日光の社寺について

世界遺産 日光の社寺
石碑「世界遺産 日光の社寺」

二荒山神社・東照宮・輪王寺の二社一寺と、それをとりまく遺跡からなる「日光の社寺」が1999年にユネスコの世界遺産に認定されました。

ここには国宝9棟、重要文化財94棟の計103棟の建造物群が含まれており見どころも満載です。

二社一寺は一帯に固まっているので比較的効率よく移動できますが、日光自体人気の観光エリアですので、季節によっては非常に混雑する事を考慮しての訪問が良さそうです。

「東照宮」見どころ多く予備知識をもって出かけたい

日光東照宮
東照宮の碑

日光東照宮では建造物毎に見るべきポイントが色々隠されているので、「ああ、見逃した。。。」とならない様に、色々情報をインプットして出かけることをお勧めします。

日光東照宮の起源です。

家康公は、元和2年4月17日駿府城(静岡県静岡市)で75歳の生涯を終えられ、直ちに久能山に神葬されました。そして御遺言により、一年後の元和3年4月15日、久能山より現在の地に移されおまつりされました。正遷宮は、同年4月17日二代将軍秀忠公をはじめ公武参列のもと厳粛に行われ、ここに東照社として鎮座しました。

出典:日光東照宮ホームページ

徳川初代将軍である家康公を”東照大権現”として神格化してお祭りしているのが日光東照宮で、現在の社殿のほとんどが三代将軍徳川家光公によって建て替えられたものです。(補足:元和2年は西暦2016年)

それにしても久能山(静岡県)で埋葬されたその後、わざわざ日光に移されたというのも不思議な話ですよね。

なぜ日光だったんですかね?などと考えながら、道順に沿って進んで行きましょう。

「石鳥居」「五重塔」は徳川家の威厳を物語る

日光東照宮 鳥居
石鳥居

「ここは634m、東京スカイツリーと同じ高さ」という看板が参道にあります。結構高い位置にありますが、この先も日光東照宮は地形のアップダウンを生かした造りになっています。

日光東照宮の境内の入口として出迎えてくれるのは重厚な造りの「石鳥居」。

これは九州筑前藩主・黒田長政公によってはるばる船と陸路を駆使して奉納されもので15個の石材を組み合わせて作られています。材質は花崗岩です。

日光東照宮 五重の塔
五重の塔

鳥居を抜けると現れる「五重塔」は、若狭の国(福井県)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納されました。(後、同藩主酒井忠進公によって再建)。

派手さは無いですが凛とした佇まいですね。

ちなみに、この五重塔の心柱は上から鎖でつり下げられており、最下部は数センチ浮いている状態で固定されていません。当時の五重塔などに採用されていた構造は地震や強風による振動の抑制効果があり、東京スカイツリーの耐震システム技術にも応用されているんですよ。まさに温故知新!

遠方からの奉納物に当時の徳川の威厳を感じながら参道を進んで行きます。

「表門」は狩野探幽のエキセントリックな世界の入口

日光東照宮 表門
日光東照宮 表門
表門

「表門」は、日光東照宮の独特の建築美と出会う世界への入口となります。と、共に現実世界では有料エリアの入口(笑)。お得な宝物館入館券とのセット券もあるので予定に合わせて入場券をチョイスしましょう。

象の装飾が出迎えてくれますが、我々の知っているつぶらな瞳の象とは雰囲気が違い。。。、妙な獣感がありますね。

表門は両側の仁王像があることから仁王門とも呼ばれます。

「上神庫」の奇妙な

「表門」をくぐると「三神庫(さんじんこ)」と総称される「上神庫」「中神庫」「下神庫」という、三つの建物が目に入ってきます。

ここには馬具や装束類が納められています。

日光東照宮 上神庫
上神庫
日光東照宮 上神庫
上神庫

「上神庫 (かみじんこ) 」の屋根下には江戸時代の絵師・狩野探幽が下絵を描いた動物の彫り物がありますが、この動物はなんだ??。

これ、実物の象が見れなかったので想像で書かれた象だそうです。エキセントリックな動物に仕上がっていますが、ユーモラスで愛嬌がある様にも見えてきます。

狩野探幽は江戸幕府御用絵師として活躍しましたが、日光東照宮の彫刻制作全般に関わっており、高い技術を駆使して独特の世界観を作り上げています。

「三猿」は三猿だけを見ないで!

日光東照宮 神厩舎の三猿
神厩舎の三猿
日光東照宮 神厩舎
神厩舎

三神庫の向かいにある「神厩舎(しんきゅうしゃ)」は神馬をつなぐ厩(うまや)で、有名な「見ざる聞かざる言わざる」を示す「三猿」の彫刻がある建物です。

猿が馬を守ると言われる言い伝えから猿の彫刻があり、8面に16匹の猿の姿で人の一生が描かれています。

三猿ばかりが有名ですがやはりすべてのセットで見ると感慨深いものがあり、それぞれ「これはどういう意味だろう?」と考えながら見るのが楽しいですね。

私が気になったのは下の「夫婦で人生の荒波に揉まれる」の場面ですね(笑)。

日光東照宮 神厩舎

「陽明門」が平成の大修理を経て煌びやかに輝く

日光東照宮 陽明門 神輿舎 神楽殿

鳥居の先、中央の建物が「陽明門」、左が「神輿舎(しんよしゃ)」 、右が「神楽殿」。

この手前の青銅の鳥居と陽明門を中心として結んだ上空に北極星が来る様に位置設計がされているそうです。これは昼間見学しても気が付けない部分ですね。

日光東照宮 陽明門
陽明門(国宝)

日光東照宮を代表するシンボル的な建造物といえばこの国宝「陽明門」。日光東照宮髄一の煌びやかで豪華な建造物です。

4年の歳月をかけて行われた44年ぶりの平成の大修理を2017年3月に 終えており、まさに名前の通り陽の光を浴びて明るく鮮やかに輝いていました。

日光東照宮 陽明門
日光東照宮 陽明門
日光東照宮 陽明門

陽明門には霊獣と呼ばれる古代中国神話上の架空の動物たちの彫り物が所狭しと配置されています。

一様に食って掛かってきそうな面構えですが、彼らは本当に平和な時にしか現れないと言われており縁起の良い生き物らしいっす。

同じ種類の霊獣でも口の開け方が違ったり、それぞれ別の表情になっているのがわかりますか?細かいかいところまでこだわった凝った造りになっています。

日光東照宮 陽明門
日光東照宮 陽明門

人物の彫刻は中国故事の逸話や、子供の遊び、聖人賢人などが描かれていると言われます。穏やかで平穏平和な雰囲気が醸し出されます。

日光東照宮 陽明門

門内部の天井に描かれている狩野探幽作の龍の絵。これは「降龍」と呼ばれ、「昇龍」もあります。門を通り抜ける時に見られるので、見逃しに注意!

「唐門」古代中国の思想を色濃く反映

日光東照宮 唐門
唐門 (国宝)

陽明門を抜けて進むと、もう一つの印象的な建造物である国宝「唐門(からもん)」が現れます。

陽明門を見てしまうと一見大人しい印象にも見えますが 、本堂の正面に構える重要な門で、つぶさに見ると凝った造りの彫刻が施された美しい門です。

この門は江戸時代には位の高い家臣や大名のみが通過を許されました。

日光東照宮 唐門
唐門

陽明門の装飾の中心が霊獣だったのに対し、唐門は人物の彫刻が中心になっているのが特徴です。

古代中国の神話に登場し名君と言われる舜帝(しゅんてい) に臣下が拝謁している「舜帝朝見の儀(ちょうけんのぎ)」があります。古代中国の「儒教」の影響を受けていることが示されています。

ちなみに舜帝の顔は家康に似せて作られていると言われています。

「儒教」は中国古代の思想家・孔子によって体系化された、”礼を重んじて仁義を実践し、上下の秩序を守ること”を唱えた考え方。徳川はこれを国学として取り入れ、この思想が江戸時代が約260年間も続いた拠りどころの一つとなっています。

日光東照宮 唐門
唐門の龍
日光東照宮 唐門
唐門の恙(つつが)と呼ばれる霊獣

「眠り猫」は寝たふりをしているのかも。。。

日光東照宮 廻廊
廻廊 (国宝)

陽明門の脇から続き、本社を取り囲む国宝「回廊 (かいろう)」に彫られた花や鳥の彫刻は1枚の板から掘り出したもので、全部で25枚あります。

立体的で華やかなものになっています。

日光東照宮 眠り猫
眠り猫(国宝)
日光東照宮 眠り猫の裏側にある鳥の木彫り
眠り猫の裏側にある雀の木彫り

はい、お待たせしました。唐門の脇を抜ける門の上方には見どころの一つとして良く知られる国宝「眠り猫」の木彫りがあります。

一方、あまりクローズアップされない気がしますが、門の反対側には雀達が楽し気に遊ぶ彫り物があります。これは天敵である猫がうたた寝して襲ってこない様子から世の中の平和を象徴しています。

こんな舞台設定も事前に知っておかないと見逃しそうです。

さて、この眠り猫、角度を変えて見てみると薄っすらと目を開けてる様に見えると言われており、”何かあれば飛び掛かれる態勢で家康公を守っている”説があります。

どう見えるか?行かれた時に是非確かめてみて下さい。

「奥宮」うって変わって厳かで厳格な雰囲気

日光東照宮

眠り猫のある門と「坂下門」を抜けると、石づくしの道を経た先に石段を迎えます。

この207段の石段の先に「奥宮(おくやみ)」と呼ばれる家康公の墓所があります。折角ですから是非登ってみましょう!

日光東照宮 奥宮の鋳抜門
奥宮の鋳抜門(いぬきもん)

「奥宮」の青銅鋳物(いもの)で作られた門は一部に金の装飾が施されていますが、御本社周辺の煌びやかな建物とは対照的に厳かで厳粛な雰囲気に満ちており思わず背筋が伸びます。

日光東照宮 奥宮の御宝塔
奥宮の御宝塔

ここに家康公が眠るとされています。

日光東照宮 奥宮
奥宮

「奥宮」が一般に公開されたのは1965年からで、それまではほとんど人が立ち入ることが無い聖域でした。

この墓所こそが日光東照宮の一つの存在意義でもあるはずですが。。。実のところこの御宝塔は一度も開けられたことが無いので、本当に家康の遺骨が収まっているのか?確認されたことがありません。

駿河国(静岡県)の久能山東照宮が墓所という説もあり、両方とも開けて調べてみないと真偽のほどはわからないという謎が残っています。

魂を祭るという意味ではあまり重要な部分ではない気もしますが、ちょっとしたミステリーですね。

「鳴き龍」 とっても不思議!も忘れず体験して下さい

日光東照宮 鳴き龍
本地堂(鳴き龍)

天井に「鳴き龍」と呼ばれる龍の画が描かれている本地堂(薬師堂)も見逃せない不思議スポットです。

巨大な龍の顔の下で拍子木を叩くと、他の場所ではカーンという音が、そこだけは独特な残響音を伴ったキーン、キーンという音がして龍が鳴いている様な音と称されています。

音の反射の具合によるものなんでしょうが、「おおっ!」と唸る不思議現象でした。いや、本当ですよ。

日光東照宮 廻転灯籠
廻転灯籠
日光東照宮 廻転灯籠
東照宮 廻転灯籠

陽明門の手前にオランダ国から奉納された大きな青銅の回転灯籠がありますが、これ、徳川家紋の葵の紋の上下の向きが誤って逆さについている「逆紋の廻り灯籠」と呼ばれています。

とても立派な灯籠なのですが。。。、やっちまいましたね。

東照宮創設の謎を紐解くヒントとは天海僧正にあり

日光東照宮
御本社のあたりを上から眺める

ひと回りしたところで、なぜ家康公の墓所がわざわざ久能山から移され、それがなぜ日光だったのか?という謎解きのヒントを探ってみます。

実は、現地で見学してもわからない地図上の不思議があります。「葬儀の行われた久能山と日光東照宮を結ぶと直線上には富士山が重なる」、また「日光東照宮はほぼ正確に江戸の真北の位置にある」など。

江戸幕府の背後には不死 (富士=不死) の神として生き続ける家康公が、江戸の真北の背後から睨みを効かせているぞ、とそんなメッセージが読み取れそうです。

家康公の生前の遺言にもとづき日光東照宮の創建に大きく寄与したのは、徳川将軍三代にわたって参謀を務めた天海僧正。彼は自然界の陰陽を取り入れる陰陽道に精通しており、緻密な配置設計により日光東照宮を創設したと言えます。

※陰陽道:中国の陰陽説や天文学の影響を受けた日本独自の”気学”。方位学もその一部。

日光東照宮境内マップ

日光東照宮マップ
日光東照宮境内マップ

基本情報・アクセス

日光東照宮公式ページ
住所:栃木県日光市山内2301(GoogleMapで開く
拝観料:
[日光東照宮単独拝観券]大人・高校生:1,300円、小・中学生:450円/[セット料金(東照宮拝観券+宝物館入館券)]大人・高校生:2,100円、小・中学生:770円/[宝物館入館料]大人・高校生:1,000円、小・中学生:400円/[美術館入館料]大人:800円、高校生:600円、小・中学生:400円
アクセス:
電車)
・浅草~東武日光(特急けごん):所要時間 約1時間50分
・浅草~下今市~東武日光(特急きぬ+各駅停車):所要時間 約1時間50分
・浅草~東武日光(東武鉄道快速):所要時間 約2時間5分
・新宿~東武日光(JR特急日光):所要時間 約2時間
・宇都宮~日光(JR日光線):所要時間 約45分
車)
・東北自動車道宇都宮ICから日光宇都宮道路を経て、日光ICで下りる。日光ICから約2km。

日光山輪王寺と二荒山神社

今回は日光東照宮の話を中心に紹介しましたが、同じく世界遺産対象の「日光山輪王寺」「二荒山神社」へも是非足を伸ばして頂きたい。

日光山輪王寺

日光山輪王寺
日光山輪王寺 本堂

「日光山輪王寺」は、奈良時代の766年に日光を開山した勝道上人の創建が起源。「輪王寺」の呼称は日光山にある寺院群の総称でもあります。

日光の社寺は明治時代の神仏分離令によって神社とお寺の区別をされた影響が顕著で、例えば 東照宮の境内にある「鳴き龍」のある「本地堂(薬師堂)」も輪王寺のお寺として扱われていたりします。

本堂は日光山随一、東日本でも最も大きな木造の建物 で、「輪王寺 宝物殿」も日光山の歴史を物語る歴史的・美術的価値の高いお宝満載の必見エリアです。

日光山輪王寺公式ページ
住所:栃木県日光市山内2300(GoogleMapで開く

二荒山神社

標高2486メートルの霊峰「男体山」をご神体としており、古くから日光における信仰の中心となっていました。

男体山山頂にある「奥宮」、中禅寺湖畔にある「中宮祠」、市内にある「御本社」によって構成されます。

日光の社寺の玄関口にある神橋も二荒山神社に属します。

日光 二荒山神社
二荒山神社
日光二荒山神社公式ページ
住所:栃木県日光市山内2307 (GoogleMapで開く

出かけてみませんか?

いかかでしたか?「日光東照宮、昔一度行ったよ!」そんな方でも、また視点と気分を変えて久しぶりに出かけてみませんか?新しい東照宮が見れて、何度でも出かけてみたくなると思いますよ。ぜひ!

【記事の訪問日:2020/11/13】
Pocket