【最新記事:2023.2.6】「水戸城跡」の巨大空堀は凄いぞ!大手門・櫓が復元され見どころ多い【茨城・水戸市】

秋の奥日光「戦場ヶ原・小田代原」を歩く!カラマツや白樺が輝く【栃木・日光市】

秋の奥日光「戦場ヶ原・小田代原」を歩く!カラマツや白樺が輝く【栃木・日光市】

秋に奥日光の自然を満喫するなら、戦場ヶ原・小田代原のハイキングがオススメ!

日光国立公園内の標高1400mに位置し、男体山をはじめとする山々を背景に季節感たっぷりの景色が楽しめます。

湿地帯に設置されてる散策コースはほとんど平坦で、遊歩道も良く整備されていてとても歩きやすいです。

行き帰りもには明智平や竜頭ノ滝など、紅葉が楽しめる立ち寄りスポットも多いですよ。

『明智平展望台』 色づく男体山といろは坂

栃木県奥日光 明智平

10月の最終週の平日、秋の季節感を感じに栃木県日光市へ車で訪問しています。

メインの目的は戦場ヶ原でのハイキング。まずは市内を抜けていろは坂経由で奥日光方面へと向かっています。

写真はいろは坂の手前辺りですが、山々が良い感じに色付いていますよ!

栃木県奥日光 明智平

はい、こちらは登り専用の第二いろは坂終盤にある「明智平」からの景色に移っています。

ここから見た男体山はゴツゴツとした岩山風景ですが、裾野の方が良い色に紅葉してますね。

平日の9時前ということで、恐れていたいろは坂の渋滞はありませんでした。坂の走行中は周囲の木々が邪魔で、紅葉自体はほとんど見えませんでしたわ。

栃木県奥日光 明智平

視線を下に向けると下りの第一いろは坂が見える。

絵の具をポツンポツンと落としたような、色とりどりの紅葉がいいねえ~。

空いてたんでロープウェーで明智平展望台まで行こうと思ったのですが。。。強風で一時運行中止だと。残念!

で、後から知ったのですが。。。本日午後、このロープウェーで原因不明の停止トラブルが発生。乗客を乗せたまま約30分間の宙づり停止が発生したそうな!ひゅ~、危ないニアミスだった。

明智平ロープウェイ公式ページ
住所:栃木県日光市細尾深沢(GoogleMapで開く

『戦場ヶ原・小田代原』秋に輝く湿地帯

「赤沼駐車場・赤沼自然情報センター」 自然研究路入口

栃木県奥日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原へは、いろは坂を抜け中禅寺湖沿いの国道120号線を道なりに登って行けば方面に向かうので迷う事はなさそうでした。

目印にしてた赤沼茶屋を見つけ、県営の無料駐車場「赤沼駐車場」へと入ります。

駐車場からして男体山を望む眺望の良いロケーションで、心が弾みますね~。

赤沼駐車場は「戦場ヶ原自然研究路」の入口付近にあり、戦場ヶ原を歩くにはこちらの駐車場が便利です。

約1km先にもう一ヶ所「三本松園地駐車場」があります。そちらはウッドデッキのある展望テラス「戦場ヶ原展望台」があり、戦場ヶ原を一望できます。

食事ができる茶屋もあるので、ドライブの休憩を兼ねて景色を見るのであればそちらが便利。


栃木県奥日光 戦場ヶ原

周辺情報入手のために敷地内の「赤沼自然情報センター」に立ち寄り。熊の目撃情報などの掲示があった。出会わない事を祈るが。。。

周辺マップを頂きたかったのだが、戦場ヶ原周辺の詳細マップは有料の物しかないみたい。ほんとかい?ちょっとシブイな。

必要なら事前での入手がオススメ。まっ、複雑なルートではないので、散策路内の案内板を見て歩けば迷わないとは思いますがね。

「戦場ヶ原自然研究路」 日光国立公園

栃木県奥日光 戦場ヶ原
戦場ヶ原がある日光国立公園は、日本の国立公園の中でも最も古い国立公園の一つです。

エリア的には栃木・群馬・福島の三県にまたがります。火山帯に属する山岳地帯で、火山活動によって作られた貴重な自然が楽しめるのが特徴です。

これから歩く戦場ヶ原という湿地帯も、元々は男体山の噴火によってできた湖だったそうです。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

では、整備されて歩きやすい感じの道から戦場ヶ原の散策スタートです。天気も良く絶好のハイキング日和です!

このエリアは、貴重な湿地帯を保護する目的のラムサール国際条約の登録地域。ルールを守って自然を楽しみたいですね。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

200m程歩くと最初の道標が出現しました。

エリア内の遊歩道の構成は比較的シンプルです。

湯ノ湖・戦場ヶ原・小田代原(おだしろがはら)・竜頭ノ滝あたりの位置関係を押さえれば、道標もあるので道に迷う事はほぼ無いと思います。

本日は戦場ヶ原を進み、途中から小田代原に入りぐるっと巡って赤沼駐車場に戻るルートを歩いてみます。距離は4~5kmくらいですね。

まずは道標の湯滝方面に進みます。(標識では真ん中の陰になってる方向です。)

「木道の道」 植物の保護と歩きやすさと

栃木県奥日光 戦場ヶ原

本格的に湿地帯の遊歩道に入って行きます。

これこれ。憧れの湿原歩きのイメージといえばこの「木道」歩きですね。

木道は湿地帯の植物の保護と、歩きやすさ・景色の見やすさの確保の目的があるそうだ。

確かに視点が大分高くなるので、周りの景色が見やすいですね!自然にも訪問者にも優しい造りだったのか。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

ひょろひょろっとした細い幹の白樺が、陽の光を浴びて白く輝いています。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

視界が開けると、深い秋色に染まった戦場ヶ原の風景が現れます。

えらく枝分かれして、枯れた様な風貌の木も印象的ですよ。

「抜群に透明な湯川」 カラマツが美しく紅葉

栃木県奥日光 戦場ヶ原

美しく紅葉したカラマツが現れてきます。

そうそう、今日は修学旅行とおぼしき小学生の団体が来てました。すれ違いざま「こんにちは~」って、元気に挨拶してくれましたよ 。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

遊歩道に沿って流れる湯川という川。

これが抜群の透明度で、感動ものの美しさでした!

栃木県奥日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原を象徴するカラマツの木。

紅葉した葉が、秋の陽の光を浴びて輝きます。こちらも綺麗ですね!

栃木県奥日光 戦場ヶ原

周囲の木々や植物の雰囲気も変化してゆきます。少しずつなんだけど、その変化を感じるのが楽しい。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

カラマツと白樺のコントラストが美しい散策路が続きます。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

川の水が赤色に染まっている場所があります。

これは湿原に含まれた鉄分が、バクテリアなどの働きで赤褐色の物質になり沈殿したため、と説明があります。ふ~ん、不思議な現象ですねえ。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

鉄分が多く養分が少ないこの湿地帯は、木々の育成にとっては決して良い条件ではない様だ。

倒木している木々をあちこちで見かけます。

「展望台」 男体山と赤城山の合戦の地!?

栃木県奥日光 戦場ヶ原

ちょっとしたデッキがある展望台に到着して、一息。

視界が開けて全体を見渡せる場所ですね。位置的にも戦場ヶ原の丁度中間地点みたい。一面濃い黄金色に輝いていますよ!

この辺は春から夏にかけて、湿地性植物を中心に花も楽しめるそうだ。

ちなみに、道中はご覧の通り売店も自動販売も無いので、飲み物などの持参をお忘れなく。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

ところで、どうしてここは「戦場ヶ原」って呼ばれてるんでしょうか?んん?栃木は戦国時代は下野国、えっと下野国の大名はというと。。。いや~、違うんですねー。

戦場ヶ原の名の由来ですが。。。いにしえの昔、男体山の神と赤城山の神が中禅寺湖の取り合いをしたそうなんです。

男体山はヘビ、赤城山はムカデを引き連れ戦ったというという伝説の地がこちら。そこから戦場ヶ原の名が付けられたといわれます。

んー、中禅寺湖が取り合いしたくなるほど美しいのは分かるとしても、両者とも大人げないですなあ(笑)。

散策道にはそんなエピソード紹介や自然に関する解説板がいくつもあり、楽しみながら歩けます。現在地を示す地図の併記があるので、行程の確認にも便利!

栃木県奥日光 戦場ヶ原

展望台入口付近にある、モニュメントの様な奇妙な形の枯れ木。倒木した木の根っこのようですね。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

枯れ木が印象的な風景。

遠方に背の低いカラマツがありますが、植林されて70年以上経つ老木だそうです。湿地帯の環境の厳しさゆえ高木になれないらしいです。

「青木橋」 水の美しさにため息

栃木県奥日光 戦場ヶ原

再び歩き出しますが、歩道の向きが変わるとまた景色の見え方が変化して新鮮ですねえ。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

やがて再び美しい湯川と再会。

ここでも陽の光を浴びた美しい川面に見惚れます。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

湯川にかかる青木橋を渡ると、また少し見えてくる風景が変わってきます。

「小田代原探勝コースへ」 湯本方面との分岐

栃木県奥日光 戦場ヶ原

道は森のような様相になり、足元に苔生す倒木などが見えだしたところで、再び道標。

湯滝・湯ノ湖がある湯本方面と、小田代ヶ原方面の分岐点になります。

ここで戦場ヶ原の遊歩道から離れ、小田代原方面へ向かいます。展望台まで約40分とあります、頑張るぞ~。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

シカの食害防止柵を抜けて森に入ります。ニホンジカによる植物の食害が一帯の生態系に大きく影響するらしく、その防止策の一環だそうです。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

視界が開けて来ました。小田代原探勝コースに入ると戦場ヶ原とはまた違う雰囲気になりますね。こちらの遊歩道も良い感じ。

戦場ヶ原では見られなかった高木の森林も現れます。こちらの方が育成しやすい環境なんでしょうね。

「黄金色のカラマツが輝く」

栃木県奥日光 戦場ヶ原

紅葉したカラマツの高木の群生が見事!

栃木県奥日光 戦場ヶ原

山を背景に奥行きのある景色が楽しめるポイント。綺麗ですね。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

群生する白い木々が良いアクセントになっています。

「小田代原の展望台」 シンボル・小田代原の貴婦人

栃木県奥日光 戦場ヶ原

やがて視界が広がり小田代原の展望台に到着!

おー、あれが小田代原といえば、のシンボルの白樺「小田代原の貴婦人」ですね!凛として立っている姿は印象的。

栃木県奥日光 戦場ヶ原

展望台には木のベンチがありますので、こちらでランチを取るのも気持ち良さそうです!(ちょっと数は少ないんだが。。。)

ここは一般の車は入れないエリアですが、低公害バスというディーゼル・電気併用のハイブリッド型のバスが運行してます。時間が合えばこれで駐車場に戻るのに使えますよ。

本日はバスの時間が合わなかったので、赤沼駐車場方面の小田代原歩道を歩き駐車場へと帰還しました。

低公害バス詳細ページ
料金:大人(中学生以上) 500円、小人(6才~12才) 250円 ※フリー乗車制。マイカー規制区間では国道を除いてどこでも自由に乗り降り可。
運行区間:赤沼車庫~石楠花橋~小田代原~西ノ湖入口~千手ヶ浜

アクセス

赤沼自然情報センター(赤沼駐車場)
住所:栃木県日光市中宮祠2494(GoogleMapで開く
開館時間:休憩スペース:8時から最終バス到着時間まで、展示スペース:9時から最終バス到着時間まで
開館期間:4月24日~11月30日
休館日:5月~11月:無休、4月 月曜日(祝日の場合、翌日以降に振り替え)
アクセス:
電車)
・東武鉄道「浅草駅」から特急スペーシア、リバティで「東武日光駅」下車
・JR「新宿駅」からJR・東武直通特急で「東武日光駅」下車
・東北新幹線「宇都宮駅」からJR日光線「日光駅」下車
・駅から: 東武バスでJR「日光駅」発、東武日光駅経由「湯元温泉行き」で「赤沼」下車、徒歩約3分
車)
・東北自動車道「宇都宮IC」から日光宇都宮道路に入り、「清滝IC」いろは坂経由約70分
・無料駐車場あり(160台)

いまいちばん美しい日本の絶景

価格:2,090円
(2022/9/10 10:30時点)
感想(8件)

タイトル通り、いまいちばん美しい日本の絶景写真が楽しめます!

『竜頭ノ滝』 奥日光名瀑三滝の一つ

栃木県奥日光 竜頭ノ滝

日光市内方面から戦場ヶ原へ向かう場合は、通りがかりの位置になる竜頭ノ滝への立ち寄はいかが?

竜頭ノ滝は、華厳滝・湯滝と共に奥日光名瀑三滝の一つとして数えられています。

栃木県奥日光 竜頭ノ滝

こちらが竜頭ノ滝です。

渓流の趣があり、展望台手前の岩で二つに分かれながら滝壺に落ちる姿はなかなか趣があります。

入口近辺には食事や軽食が楽しめる茶屋もあり。紅葉シーズンの休日は混みそうなので、時間の余裕を持っての訪問をオススメします。

竜頭ノ滝
住所:栃木県日光市中宮祠(GoogleMapで開く

いまいちばん美しい日本の絶景

価格:2,090円
(2022/9/10 10:30時点)
感想(8件)

タイトル通り、いまいちばん美しい日本の絶景写真が楽しめます!

出かけてみませんか?

栃木県奥日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原と小田代原のハイキングコース、いかがでしたか?

人気の日光には色々な楽しみ方があると思いますが、今回は自然の中を歩く楽しみが味わえました。男体山を始めとした山々の景色を背景に従えた散策道は開放感ありオススメのスポットですよ!

歩きに出かけてみませんか?


サステナブルにお得な買い物ができるって、いいんじゃない。

【記事の訪問日:2021/10/29】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

栃木県日光市「日光二荒山神社 中宮祠」

栃木県日光市「日光東照宮」

栃木県日光市「明智平・華厳の滝・中禅寺湖」

栃木県栃木市「小江戸・蔵の街」

Pocket