【最新記事:2021.12.1】新宿の総鎮守「花園神社」を参拝!芸能界との結び付きも深い【東京都】

戦場ヶ原と小田代原を歩く!奥日光の秋模様を満喫【栃木県】

戦場ヶ原と小田代原を歩く!奥日光の秋模様を満喫【栃木県】

秋に奥日光の自然を満喫するなら戦場ヶ原・小田代原のハイキングが気持ち良いですよ!

標高1400mに位置し、男体山をはじめとする山々を背景に季節感たっぷりの景色が楽しめるエリアです。湿地帯に設置されてる散策コースはほとんど平坦で、遊歩道も良く整備されていてとても歩きやすいですよ!

行き帰りに明智平や竜頭ノ滝にも立ち寄って紅葉を楽しみます。

『明智平』 紅葉は見頃

日光 明智平

10月の最終週の平日、秋に季節感を感じに車で栃木県日光市に来ています。まずは市内を抜けていろは坂経由で奥日光方面へと向かいます。

写真はいろは坂のある国道120号線の山に入る手前ですが、山々は良い感じに色付いていますね!

日光 明智平

第二いろは坂(登り専用)の終盤にある「明智平」にジャンプしていますよ。

平日のまだ9時前ということで、渋滞を恐れていたいろは坂は空いてました。ちなみに坂の走行中は周囲の木々が邪魔して、紅葉自体はほとんど見えないもんなんですね。

混んでそうな明智平は当初スルーの予定でしたが、空いてそうなので駐車場に車を入れてみました。ロープウェーで明智平展望台までちょっくら行ってこようと思ったのですが。。。強風で運行一時中止だと。一便前までは運行してたようで残念!

再開に時間が掛かりそうなので、景色を眺めたら先へ進むことにします。

日光 明智平

男体山を望む。周囲が紅葉していて綺麗ですね~。

日光 明智平

下りの第一いろは坂は絵の具をポツンポツンと落としたような、色とりどりの紅葉がいいねえ~。

で、後からニュースで知ったのですが。。。本日午後、このロープウェーで原因不明の停止トラブルが発生。乗客を乗せたまま約30分間の宙づり停止が発生してました!ヒュ~、危ないニアミス。

明智平ロープウェイ公式ページ

『戦場ヶ原・小田代原』秋に輝く湿地帯

「赤沼駐車場・赤沼自然情報センター」

日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原へのアクセスはいろは坂を抜け、中禅寺湖沿いの国道120号線を道なりに登って行けば関ケ原方面に向かうので迷う事はなさそう。

このまま車を走らせたくなるような綺麗な風景が広がりますが。。。、目印の「赤沼茶屋」を見つけ駐車場へと入ります。(茶屋は本日休業。日曜営業ですが、それ以外は不定休の模様。)

日光 戦場ヶ原

こちら「赤沼駐車場」は県営の無料駐車場。

「戦場ヶ原自然研究路」の入口付近にあり、戦場ヶ原を歩くにはこちらが便利。男体山を望む眺望の良い駐車場で、駐車時点で心弾むね~。

約1km先にもう一ヶ所「三本松園地駐車場」があります。そちらは「戦場ヶ原展望台」というウッドデッキの展望テラスがあり、戦場ヶ原を一望できます。食事ができる茶屋もあるので、休憩を兼ねて景色を見るのであればそちらが便利。

日光 戦場ヶ原

周辺情報入手の為に敷地内の「赤沼自然情報センター」に立ち寄り。熊の目撃情報などの掲示がありました。出会わない事を祈るばかりだ。。。

周辺マップを頂いて早速歩きに、あれ?戦場ヶ原周辺の詳細マップは有料の物しかないみたいって、ほんとかい?シブイな。。。。ちょっと残念ポイント。

「戦場ヶ原: 自然研究路入口」 ハイキング日和!

日光 戦場ヶ原

日光国立公園は、日本の国立公園の中でも最も古い国立公園の一つなんですよ。

エリア的には栃木・群馬・福島の三県にまたがり、火山帯に属する山岳地帯。火山活動によって作られた貴重な自然が楽しめるのが特徴です。

湿地帯である戦場ヶ原も元々は男体山の噴火によってできた湖だったそうです。

日光 戦場ヶ原
日光 戦場ヶ原

貴重な湿地帯を保護する目的のラムサール条約という国際条約の登録地域。ルールを守って自然を楽しみたいですね。

熊のイラストが気になります。。。

日光 戦場ヶ原

整備されて歩きやすい感じの道ですね。天気も良く絶好のハイキング日和でした!

日光 戦場ヶ原

200m程歩くと最初の道標が出現。

エリア内の遊歩道の構成は比較的シンプル。湯ノ湖・戦場ヶ原・小田代原(おだしろがはら)・竜頭ノ滝あたりの位置関係を押さえれば、道標もあるので道に迷う事はほぼ無いと思う。

本日は戦場ヶ原を進み、途中から小田代原に向かいぐるっと巡って赤沼駐車場に戻るルートを歩きます。距離は4~5kmくらいだと思います。

まずは道標の湯滝方面に進みます。(標識は真ん中指して陰になってる部分で、ゴメンなさいね。)

「戦場ヶ原: 木道の道」 憧れの湿原の道

日光 戦場ヶ原

本格的に湿地帯の遊歩道に入って行くと「木道」が出現。これこれ、憧れのザ・湿原の道のイメージのやつだよ(笑)。

木道は湿地帯の植物の保護の為と、歩きやすさ・景色の見やすの確保の目的があり、自然にも訪問者にも優しい造りとなります。

確かに視点が大分高くなるので、周りの景色が見やすいですよ!

日光 戦場ヶ原

ひょろひょろっとした細い幹の白樺の木が、視界に現れてきます。陽の光を浴びて白く輝く。

日光 戦場ヶ原

開けた視界に深い秋色に染まった戦場ヶ原の風景が現れ始めます。

えらく枝分かれして、枯れた様な風貌の木も印象的です。

「戦場ヶ原: 湯川」 美しい川が流れる

日光 戦場ヶ原

美しく紅葉したカラマツが現れてきます。

そうそう、今日は修学旅行とおぼしき小学生の団体がハイキングしてました。「こんにちは~」って元気に挨拶してくれましたよ、すれ違いざまに 。

日光 戦場ヶ原

遊歩道の左側に湯川という川が流れてますが、これが抜群の透明度で素晴らしく美しいんですよ!感動もの。

日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原を象徴するカラマツの木。

紅葉した葉が、秋の陽の光を浴びて輝きます。こちらも綺麗ですね。

日光 戦場ヶ原

少しずつなんだけど変化して行く風景を感じながら歩くのが楽しい。

また、自然観察の視点で、色々気づきを感じると更に楽しいですなあ。

日光 戦場ヶ原

カラマツと白樺のコントラストが美しい散策路が続きます。

日光 戦場ヶ原

川の水が赤色に染まっている場所があります。

これは湿原に含まれた鉄分が、バクテリアなどの働きで赤褐色の物質になり沈殿したため、と説明があります。ふ~ん。

日光 戦場ヶ原

鉄分が多く養分が少ないこの湿地帯は、木々の育成にとっては決して良い条件ではない様だ。

倒木している木々をあちこちで見かけます。

日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原とは反対西側の景色。”秋が深まった感”の強いグラデーション。もう少し早い時期の方がより綺麗なのかもしれませんね。

「戦場ヶ原: 展望台」 戦場ヶ原の名の由来?

日光 戦場ヶ原

ちょっとしたデッキがある展望台に到着。

一番視界が開けて全体を見渡せる場所かな。位置的にも戦場ヶ原の丁度中間地点ですね。一面濃い黄金色に輝いていますよ!

ところで。。。、どうして「戦場ヶ原」って呼ばれるのでしょう、んん?栃木は戦国時代は下野国(しもつけのくに)だっけ。えっと下野国の大名はというと。。。

日光 戦場ヶ原

ブッ、ブー。正解は解説板で説明されていました。(ベタな一人芝居で失礼しました!)

由来は。。。いにしえの昔、男体山の神と赤城山の神が中禅寺湖の取り合いをしたそうだ。男体山はヘビ、赤城山はムカデを引き連れてここで戦った、という伝説の地。そこから名が付けられたといわれます。 んー、両者とも大人げない感じですなあ(笑)。

散策道には戦場ヶ原の自然に関する解説板がいくつもあり、楽しみながら歩けます。地図の併記があるので現在地の確認にも便利!

日光 戦場ヶ原

展望台入口付近にある、モニュメントの様な奇妙な形の枯れ木。倒木した木の根っこのようですね。

日光 戦場ヶ原

この辺は春から夏にかけて湿地性植物を中心に花が楽しめるとのこと。紅葉のイメージが強いですが、花と新緑の季節に歩くのも気持ち良さそうですねえ~。

木陰が少ないから夏場はちょっとキツいのかな。。。

道中は売店も自動販売も無いので、季節に関わらず歩く時は飲み物などの持参をお忘れなく。

日光 戦場ヶ原

枯れ木が印象的な風景。

遠方に背の低いカラマツがあります。小さいですが植林されて70年以上経つ老木だそうです。湿地帯の環境の厳しさゆえ高木になれない、らしいですよ。

日光 戦場ヶ原

歩道の向きが変わると景色の見え方が変化して新鮮。

「戦場ヶ原: 青木橋」水の美しさにため息

日光 戦場ヶ原

青木橋を渡り、ずっと木道の左側に見ていた湯川と交差します。

日光 戦場ヶ原

ここでも陽の光を浴びた美しい川に見惚れます。

「戦場ヶ原: 分岐点」 小田代原探勝コースへ

日光 戦場ヶ原

森の様な道に差し掛かります。足元には苔生す倒木。

日光 戦場ヶ原

再び道標。湯滝・湯ノ湖がある湯本方面と、小田代ヶ原方面の分岐点になります。

日光 戦場ヶ原

ここで戦場ヶ原の遊歩道から離れ、小田代原方面へ向かいます。小田代原展望台まで約40分とあります、頑張るぞ~。

「小田代原: 探勝コース」 関ヶ原とは違う雰囲気

日光 小田代原

シカの食害防止柵を抜けて森に入ります。ニホンジカによる植物の食害は生態系に大きく影響を与えるもので、その防止策の一環だそうです。

小田代原探勝コースに入ると戦場ヶ原とはまた少し違う雰囲気になりますね。軽く傾斜のある森を進みます。

日光 小田代原

視界が開けて来ました。こちらの遊歩道も良い感じ。

日光 小田代原

戦場ヶ原ではあまり見られなかった高木が見られます。こちらの方が育成しやすい環境なんでしょうね。

「小田代原: 黄金色のカラマツ」

日光 小田代原

紅葉したカラマツの高木の群生が見事!

日光 小田代原

奥行きのある景色が楽しめますね、綺麗だ。

日光 小田代原

群生する白い木々が景色のアクセントになっています。

「小田代原: 展望台」 小田代原の貴婦人に出会う

日光 小田代原

やがて視界が広がり小田代原の展望台に到着!

おー、あれが小田代原といえば、のシンボルの白樺「小田代原の貴婦人」ですね!凛として立っている姿は印象的。

日光 小田代原
日光 小田代原

枝分かれした枯れ木も近距離で見ると更に印象的ですねー。

「小田代原: 低公害バスについて」

日光 小田代原

展望台には木のベンチがあります。こちらでランチを取るのも気持ち良さそうですよ!

ただ、数が少ないもので。。。、私はゲージの外の日陰のベンチでランチしました、グスン。

日光 小田代原

小田代原展望台の脇には道路があります。ここは一般の車は入れない「低公害バス」専用の道路です。バスはディーゼル・電気併用のハイブリッド型になります。

展望台には低公害バスの停留所があるので、コイツで楽ちん帰還しようと目論んでいたのですが。。。、ちょっと良い時間のバスがないなあ。歩くか。

日光 小田代原

赤沼駐車場方面に向かう小田代原歩道を歩き、駐車場へと帰還しました。

低公害バス詳細ページ
料金:大人(中学生以上) 500円、小人(6才~12才) 250円 ※フリー乗車制。マイカー規制区間では国道を除いてどこでも自由に乗り降り可。
運行区間:赤沼車庫~石楠花橋~小田代原~西ノ湖入口~千手ヶ浜

アクセス

赤沼自然情報センター(赤沼駐車場)
住所:栃木県日光市中宮祠2494(GoogleMapで開く
開館時間:休憩スペース:8時から最終バス到着時間まで、展示スペース:9時から最終バス到着時間まで
開館期間:4月24日~11月30日
休館日:5月~11月:無休、4月 月曜日(祝日の場合、翌日以降に振り替え)
アクセス:
電車)
・東武鉄道「浅草駅」から特急スペーシア、リバティで「東武日光駅」下車
・JR「新宿駅」からJR・東武直通特急で「東武日光駅」下車
・東北新幹線「宇都宮駅」からJR日光線「日光駅」下車
・駅から: 東武バスでJR「日光駅」発、東武日光駅経由「湯元温泉行き」で「赤沼」下車、徒歩約3分
車)
・東北自動車道「宇都宮IC」から日光宇都宮道路に入り、「清滝IC」いろは坂経由約70分
・無料駐車場あり(160台)

日本の美しい幻想風景 [ 日本風景写真家協会 ]

価格:2,640円
(2021/9/30 22:56時点)

岩合光昭の世界ネコ歩き [ 岩合 光昭 ]

価格:1,760円
(2021/9/30 22:57時点)
感想(9件)

『竜頭ノ滝』 帰りに立ち寄り

日光 竜頭ノ滝

市内方面から戦場ヶ原へアクセスする場合は、竜頭ノ滝近辺を通るので立ち寄ってみてはいかが?

日光 竜頭ノ滝

食事や軽食がある茶屋があります。日光ならではのゆばソフトが気になりますね。

日光 竜頭ノ滝

渓流の趣がある滝で、展望台手前の岩で二つに分かれて滝壺に落ちる姿はなかなか味があります。

華厳滝・湯滝と共に奥日光名瀑三滝の一つとして数えられています。

岩の形が竜の頭の形に似ているといわれることからの滝名ですが、どうですか?似てますかね?

竜頭ノ滝
住所:栃木県日光市中宮祠(GoogleMapで開く

日本の美しい幻想風景 [ 日本風景写真家協会 ]

価格:2,640円
(2021/9/30 22:56時点)

岩合光昭の世界ネコ歩き [ 岩合 光昭 ]

価格:1,760円
(2021/9/30 22:57時点)
感想(9件)

出かけてみませんか?

日光 戦場ヶ原

戦場ヶ原と小田代原のハイキングコース、いかがでしたか?

人気の日光には色々な楽しみ方があると思いますが、今回は自然の中を歩く楽しみが味わえました。男体山を始めとした山々の景色を背景に従えた散策道は開放感ありオススメのスポットですよ!

歩きに出かけてみませんか?


旅の予約はポイントも付く楽天トラベルがお得!

【記事の訪問日:2021/10/29】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

栃木県日光市「日光二荒山神社 中宮祠」

栃木県日光市「日光東照宮」

栃木県日光市「明智平・華厳の滝・中禅寺湖」

Pocket