【最新記事:2022.9.23】「亀戸天神社」は東の太宰府天満宮、菅原道真公の御神徳を!【東京・江東区】

天の川!?「古利根川流灯まつり」、250基が水辺を照らす【埼玉・杉戸町】

天の川!?「古利根川流灯まつり」、250基が水辺を照らす【埼玉・杉戸町】

埼玉県東部にある杉戸町。

この町では、町を流れる川に畳1畳分もある大灯籠を繋留させる、「流灯まつり」が夏の風物詩となっています。

250基の大灯籠が水上約1kmにわたって繋留される様は、とても幻想的。「地上に降りた天の川」と称されていますよ!

3年振りに開催された、2022年の古利根川流灯まつりの模様を紹介します。

杉戸町・古利根川流灯まつり

「杉戸町と古利根川流灯まつりについて」

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり
古利根川沿いの杉戸町観光案内所

杉戸町は埼玉県東部に位置して、首都圏40㎞圏内の好立地にあります。また、県内でも人口の多い町でもあります。

地理的には東に江戸川、西に大落古利根川(以下、古利根川)が流れ、水と緑に恵まれて田園風景も多い、のどか~な風景にも出会える町ですね。江戸時代に日光街道の宿場町・杉戸宿として栄えた歴史があります。

そんな杉戸町には、隣町・宮代町との境を流れる古利根川に大灯籠(とうろう)を浮かべる、「古利根川流灯まつり」という夏のイベントがあります。

2019年の開催以降、新型コロナウイルス感染症対策にて開催中止になってましたが、2022年は3年振りに開催されることとなりました。

  • 「2022年・第27回古利根川流灯まつり」開催概要
  • 主催:杉戸町観光協会
  • 日程:令和4年8月3日(水)~8月16日(火)
  • 場所:古利根川河畔(東武動物公園駅東口徒歩2分)(GoogleMapで開く)*Map場所は杉戸町観光案内所
  • 実施予定:
  • ・大型灯籠(とうろう)の繋留
  • ・船の遊覧(詳細は後日) ※事前予約制、8月6日・7日のみ開催予定、時間帯は17時~21時頃
  • 備考:ステージイベント・花火・ぼんぼり・飾り灯籠・流し灯籠は開催無し

規模を縮小しての開催ですが、一度見てみたいなーって思っていたので足を運んでみましたよ!2022年度の杉戸町・古利根川流灯まつりの様子を紹介します。

水上1kmに渡り大灯籠繋留

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

で、早く着きすぎたかな、まだ全然明るいわ。へ~、灯籠はこんな風に繋留されているんですね。

古利根川流灯まつりは、畳一畳分ある日本最大級の大型灯籠250基が、東武動物公園駅にほど近い古川橋から下流側の清地(せいじ)橋までの約1kmの区間にわたって繋留されています。


写真手前のボートは事前予約制の遊覧船で、水上をぐるっと回り船上から灯籠を遊覧できます。

交通整備されている方に地元の通行人が、「あれ遊覧船?屋形船みたいのかと思ってたよ。」なんてツッコミに苦笑いしてましたが。まあこの川幅なら十分かと。ちなみに、遊覧船は満員御礼の盛況につき、締め切りとなってました。

そんな感じで、しばし日没を待ちます。

浮かび上がる250基の大灯籠

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

夕方7時近くになって、ようやく辺りが闇に包まれてきます。つれて灯籠の灯りが水辺に浮かび上がってきて、良い感じです。

日没の頃になると、私の貸し切り状態だった川河畔も家族連れやカメラを持った方々など、思い思いの人々で埋まってきました。

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

河川敷の施工記念石碑には流灯まつりの今昔が記されてたので、いくつか紹介。

流灯まつりは昭和10年頃の「流燈曾」が前身で、当時は旧暦の七夕の日(8月7日~8日)に古川橋や河原橋(古川橋の上流側)のたもとから小灯籠が流されました。

また、地元商家の宣伝を兼ねた大灯籠が繋留されたりもしたそう。

河川に親しむ地域の慣習から始まったようですね。ちなみに古利根川の名前は、古くは利根川本流だったことからきてます。

現在の流灯まつりは、町おこしの一環として開催されています。

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

古利根川流灯まつりは、2001年に読売新聞社が発行した本「訪ねてみたい!―21世紀に残す日本の風景遺産100選」でも取り上げられています。

また、夏の季節にはメディアでも取り上げられ、県内外から多くの訪問者が訪れるイベントとして定着しつつあるそうですよ。

都心に比較的近い地域で、こんな幻想的な風景が見れるなんて。埼玉県民なのに知らなかったなあ。。。

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

現在の大灯籠は縦90cm・横2mの長方形に統一され、枠部分は実行委員会で一括制作されているそうです。

ちなみに、枠は釘を使わない組み立て細工のようになっており、全て町の人々の手作りだそうです。

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

かつては大灯籠の形態も自由だったそうだ。

中にはろうそくの熱で影絵を回転させる回り灯籠なども製作されたりして、個性豊かな灯籠で彩られたそうな。

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

現在、絵の部分は公民館の絵画サークルなどの協力のもとに製作されているとのこと。一般公募もされるそうです。

かつて商家がおこなっていた大灯籠作りは、現在は町ぐるみでの製作イベントに変わっているようですね!

大灯籠の出品は、地元の商家や企業などが一灯あたりの賛助金を納め出品者となる運用だそうです。

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

まつりのポスターには、「地上に降りた天の川」のキャッチコピーがありました。

「またまた、大げさだなあ~」なーんて思いつつの訪問でしたが、いやいや、なかなか言い得て妙の美しい風景が見れました。大変失礼致しました!

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

前回の開催時には多くの露店が並び、ステージショーや花火などのイベント実施により祭りとして盛り上がったようだ。今年はその点でちょっと寂しい開催ではあった。

杉戸町へのアクセス

東武線「東武動物公園駅」までのアクセス
電車)
・「渋谷駅」から半蔵門線直通急行で約80分
・「大宮駅」から東武アーバンパークラインで約30分(春日部乗換)
・「柏駅」から東武アーバンパークラインで約43分(春日部乗換)
車)
・東北自動車道最寄りICは「蓮田スマートIC」、または「久喜IC」
・圏央道最寄りICは「白岡菖蒲IC」、または「幸手IC」

いまいちばん美しい日本の絶景

価格:2,090円
(2022/9/10 10:30時点)
感想(8件)

タイトル通り、いまいちばん美しい日本の絶景写真が楽しめます!

でかけてみませんか?

埼玉県杉戸町 古利根川流灯まつり

埼玉県杉戸町の古利根川流灯まつりをご紹介しましたが、いかがでしたか?

思っていたよりも映える風流な景色が見られ、なかなか良かったですよ!また、季節感を感じるという点でも楽しめました。

今回の様に静かに浮かぶ灯籠を静かに楽しむのも悪くないですが、そろそろにぎやかなお祭りも恋しくなってきますよね。来年以降は、またにぎやかなお祭りに戻ると良いですね!

機会があれば古利根川流灯まつりに出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/8/6】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県杉戸町「日光街道 杉戸宿歩き」

埼玉県杉戸町「日光街道 七福神めぐり」

埼玉県宮代町「象設計集団の不思議な建築物」

埼玉県春日部市「日光街道・春日部宿歩き」

Pocket