MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (40)埼玉県 (101)千葉県 (9)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (3)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (2)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (55) (21)七福神巡り (2) (30)古墳 (6)古い町並み (16)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (13) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (1) (29)紅葉 (5)ダム (1)博物館 (16)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (7)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (20) (5) (9) (1)特集記事 (10)ピックアップ (5)旅のキーワード (3)

飯能「OH!!!」で始める、美味しく楽しい発酵習慣!【埼玉・飯能市】

本ページには広告が含まれています

発酵食品は昔から体に良いと言われており、最近は腸活なんて言葉とも結びついて、さらに注目されていますよね。
埼玉県飯能市には、そんな発酵食品に関するテーマパークがあるんです。
その名も「OH!!!」。

こちらでは食べるだけでなく、体験できる施設も用意されているのがユニーク。
自然に囲まれハイキングコースも充実した飯能で、美味しく楽しく発酵習慣を始めましょう!

目次

「OH!!!」飯能にある発酵食品のテーマパークに行ってみた!

飯能市ってどんなところ?

埼玉県飯能市が位置するエリアは、奥武蔵と呼ばれます。

500~800m程度の丘陵地帯が多く、その間を名栗川や高麗川が流れています。
そんな地形なので、ハイキングに適した景色の良い道が多くあるんですよ!

都心からも1時間程度でアクセスでき、自然を気軽に感じにゆけるのが魅力のエリアです。

そんな飯能には、北欧がテーマの施設「メッツァビレッジ」や、その敷地内にある「ムーミンバレーパーク」など、自然を生かしたスポットが人気です。

\ 自然の立地を生かしたスポット、メッツァビレッジの紹介はこちら! /

コンセプトは 『OH!!!』と驚くような発酵体験

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

そんな飯能に、またなんだか面白そうなスポットができたらしいので、出かけてみましたよ!

その名も「OH!!!」という施設。
名前からして、なにやら一癖ありそうな雰囲気。

「OH!!!と驚くような発酵体験、“食の魔法”を楽しもう!」を、コンセプトにした複合型観光施設とのこと。

ここではショップ・レストランのみならず、発酵食品をテーマとしたワークショップや料理教室、イベント等を開催するそうだ。

運営会社は「ご飯がススムキムチ」や浅漬けなどを製造する、ピックルスコーポレーションのグループ会社です。

ご飯がススムキムチは聞いたことがあるな
参加・体験型施設ってところがミソですね。

「八幡屋」 発酵食品ショップ、テイクアウトも美味しそう!

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

OH!!!は、「八幡屋(Shop)」「ピーネカフェ(Cafe)」「フェミー(Restaurant)」「パリシャキ研究所(Workshop)」の、4つの建物で構成されています

正面にドンと構えている、写真の建物は「八幡屋」。
まずは、発酵食品のセレクトショップが入っているこちらへ。

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

ナチュラルテイストのウッディーな建物前には、オープンテラス席。
ポカポカ陽気の本日は、こちらでソフトクリームをパクつかれている方々も多かったですね~。

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

「八幡屋」は老舗漬物会社。
店内には、自社の漬物と、全国の厳選された発酵食品が並べられている

見た目も楽しい”和ピクルス”。
にんじん、玉ねぎ、パプリカ、れんこん、さつまいも、胡瓜、かぶ、ミニトマト、きのこ、などなど。
どんなものでもピクルスになっちゃうんですね!って、ちょっとした新発見。

私は地元の酒蔵が製造販売している、「清酒 天覧山」を購入しました。
帰宅してから頂きましたが、すっきりとして飲みやすかったですよ。

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

ソフトクリーム以外にも、色々旨そうなテイクアウトメニューがありますなあ。

和牛キムチころっけ 150円ナリを頂きました。
ホックホクで美味しかった~。
生ビールもあるのかぁ、車の運転が無ければ。。。(遠くを見る目)。

玄米ご飯とセットの「お漬物食べ比べ」、な~んてメニューは気が利いてますね!
漬物の味比べしたら、きっとご飯が欲しくなりますからね!

「ピーネカフェ」 ヘルシーなプレートランチを

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

こちらの個性的な丸い円筒状の建物、「ピーネカファ」でランチを頂きます。

一見レンガ造りの建築物に見えましたが、実はこれ、木の建物なんだって。
洒落てますなあ。

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

店内のカウンターには、何やらカラフルなドリングが。
野菜の色が鮮やかに出た、麹甘酒だそうだ。

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

店内は建物の円形状を生かして、自然光がたっぷり入ってくる造り。

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)

ランチに頂いたのはこちらの「ピーネデリプレート」、1,300円ナリ。

主菜はミートボール。
主食は、熟成玄米のおにぎり。こちらは全粒粉パンのチョイスも可。

そしてサラダや野菜類、やさい麹ポタージュ、ほうれん草の麹甘酒。
そして、ピーネ乳酸菌で作ったヨーグルトのデザートがプレートに載っています。

ミートボールはしっかり目の味つけで美味。
ちなみにミートボールは、肉でできたものと、SOY(大豆)でできたものからチョイスできます。

熟成玄米おにぎりは、もっちりした食感が旨い。
ほうれん草の糀甘酒は、フルーティーな感じの酸味がなかなか良い。

ちょっと珍しい感じの発酵食品も味わえて、なかなか美味なるランチでした!

レストラン「フェミー 」と「パリシャキ研究所」

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)
レストラン「フェミー 」

レストラン「フェミー」は、薪火窯で焼き上げた肉や魚がいただける本格レストラン
お値段は少々、いや結構高めかな。

でも”黒毛和牛の薪火焼き食べ比べステーキのコース”とか、凄く美味そうだなあ。。。

発酵食品のテーマパークOH!!!(埼玉県飯能市)
「パリシャキ研究所」

ネーミングが楽しい「パリシャキ研究所」。
ワークショップ、イベントスペース、キッチンスペースなどがあるそう。

こちらではキムチ作りや、本格的なぬか床づくり挑戦するイベントなどを開催。
野菜と発酵の料理教室などもあったりしますよ。

キムチ作りは20種類以上の調味料から味をブレンドして、オリジナルの“ご飯がススムキムチ”が作れるなど作れるのもユニーク。
さらに、自身の写真付きの特製ラベルが作れたりするのも、お土産やタネとしても最適だなあ。

これらは有料で参加できるイベントになっています。

気軽に歩ける「天覧山」も!

埼玉県飯能市 天覧山
天覧山登り口

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」は、ハイキングコースとして人気のある天覧山(てんらんざん)のふもとに位置してます。
これは、天覧山へのハイキングとのセットで訪問するしかないですね!

埼玉県飯能市 天覧山

天覧山は標高195mの低山で、山頂まではゆっくり歩いても20~30分もあれば登れますよ。
お手軽に歩ける割には眺望は結構良いです!

天覧山

住所:埼玉県飯能市大字飯能(GoogleMapで開く)

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」の基本情報・アクセス

OH!!! ~発酵、健康、食の魔法!!!~

公式ページ
住所:埼玉県飯能市飯能1333(GoogleMapで開く)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:
電車)
・西武「池袋駅」から西武池袋線特急で約40分、最寄り駅「飯能駅」下車。
・「飯能駅」北口から徒歩だと約15分
・「飯能駅」からバスの場合、飯07/飯30:西武飯能日高ゆき乗車約5分、「OH!!!・天覧山下」下車。徒歩0分。又は、飯01:湯の沢/飯02:名栗車庫/飯03:名郷/飯04:中沢/飯05:中藤(清石橋)/飯06:上赤沢/飯11:間野黒指ゆき乗車約7分、「市民会館・博物館」下車、徒歩約3分。
車)
・圏央道「狭山日高IC」から約15分、「青梅IC」から約20分

\ グランピング施設もあるよ /

\ 限定のムーミングッズもあるよ!/

発酵食品のテーマパークに出かけてみませんか?

埼玉県飯能市 発酵食品のテーマパークOH!!!

発酵食品のテーマパークというちょっとユニークな施設を紹介しましたが、いかがでしたか?

自然豊かな土地柄とスローライフなモチーフがマッチして、素敵なランドマークに仕上がってました。
また、発酵食品は馴染のあるものから、こんな食材も発酵食品に!と目新しいモノもあり目からウロコだったり。

都心からも比較的近い飯能。
発酵食品やハイキングで、ヘルシーなリフレッシュに出かけましょう!

記事の訪問日:2021/2/21

飯能周辺の立寄りスポットを探して予約しよう。割引プランも!

食がテーマのスポットをさらにチェック!

近隣スポットもチェック!

関東近郊へは、気軽なバス旅で出かけてみない?
発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次