【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

古民家「ククリカフェ」で美味い野菜を!近場で田舎を楽しもう【埼玉・加須市】

古民家「ククリカフェ」で美味い野菜を!近場で田舎を楽しもう【埼玉・加須市】

埼玉県加須市にある古民家カフェ「ククリカフェ」を紹介します。

ここは農園の一角にあるカフェで、無農薬の野菜を使った美味しい食事を頂けるのみならず、泊まったり、耕したりもできる参加型の施設も併設されているんですよ!

「農」を楽しめる、ちょっと面白いスポットを紹介します。

『繭久里カフェ』を中心としたエシカルパーク

埼玉県加須市「ククリカフェ」

週末に車で出かけた際、埼玉県の加須に古民家カフェがある様なのでランチで寄ってみよう!と、そんな感じで車を走らせてました。

加須市は県内では唯一群馬・栃木・茨城の北関東3県に隣接している市町村。埼玉県北東の端っこに位置してます。

概ね都心50km圏内にある割には、利根川の豊かな水と土壌を生かした田園が広がる地域。まあ、近場の田舎、みたいな土地柄かな。。。

向かいでなぜか稲刈り。。。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

国道から離れ、畑や田んぼに囲まれた景色に変わる。

「道、あってるかな。。。」若干不安になり始めたころ、えらく大勢の人たちが稲の収穫をしている田んぼが出現。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

車を停めてみると、そこが目的地の「繭久里(ククリ)カフェ」だった。

到着しても「カフェと集団稲刈り、なんで?」という感じだった。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

大きな農家のお屋敷といった佇まい。本当にカフェあるのか?と思いつつ、中に入ってみます。

「繭久里カフェ」 100年前の繭小屋

埼玉県加須市「ククリカフェ」

改めて本日訪問したのは「繭久里(くくり)カフェ」というカフェです。

繭久里カフェのcucuri(ククリ)は、ギリシャ語で”繭(まゆ)”という意味だそうです。

カフェに使われている建物は、100年以上前に実際に繭を育てる小屋として使われていたものらしいですよ!

それを杉と漆喰の天然素材で、当時の趣を生かしリノベーションしたそうです。

後で調べたら、この地域は明治時代の中頃から第二次世界大戦前までは養蚕業が盛んな地域だった様ですわ。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

こちらにカフェがありました、ほっ。

単に創作和食のお店ということでは無く、農園の一角にあるカフェという位置付けだそうです。

農園は無肥料・無農薬の自然栽培による農業を推進。

そして、さまざまな農と触れ合う企画や、自然と調和したエシカルなライフデザインを提案する場、ということだそうだ。

ははあ、その一環としての先程の集団稲刈りだったんですな。

エシカルって言葉は最近時々耳にする言葉ですね!「環境保全や社会へ配慮する」っていう意味合いの理解です。ちょっと背筋が伸びるような話題だな。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

建物の中に入ってみると、意外にも小綺麗で素敵な、イマドキの和モダンな古民家カフェでした。

さっそくランチの注文を。メニューの一番上に記載でオススメっぽい、「たっぷり野菜のバーニャカウダー風」をチョイス。

「13種類以上の豊富な野菜が魅力。さっと茹でた香り豚をトッピング」とあります。野菜が主役で、豚肉はトッピングって位置付けが、”らしい”メニューでユニークですな。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

料理が来ました。いや~、ヘルシーな感じですな。

野菜は。。。みずみずしくてシャキシャキで美味しい!美味しい野菜を知っちゃうと、近所のスーパーの野菜が食べれなくなっちゃうよ~。

ご飯はなんと3種類から選べるのだ。寝かせ玄米・圧力釜で炊いた玄米・土鍋で炊いた白米。その中から寝かせ玄米というのを頼んでみた。

んー、この程よいもっちり感、たまらないな。今まで食べた玄米で一番美味しいかも。

寝かせ玄米は、まず玄米に黒米と塩を入れて圧力鍋で炊く。それを毎日天地返しして保温ジャーで数日間文字通り寝かせたものだそうだ。

手が込んでるんですねえ。 家庭での再現はなかなか難しそうだなあ。。。

デザートに添えられていたのがいちじく。いちじくってあまりスーパーで見掛けないし、興味の無かった果物だったけど。あー、これ柔らかくて上品な味で美味しいわ。

それぞれ素材を生かした美味しさで、ちょっとビックリでした。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

自然素材の食品の販売コーナーもあります。

2階は40席あるセミナー室だそうです。

農に参加するイベントも

埼玉県加須市「ククリカフェ」

田んぼで行われていたイベントは、こちらの「豊かな田んぼを守り隊」という企画の一環だった様ですね。本日はたまたま稲刈りの体験イベントの日だったみたい。

これは農薬・科学肥料不使用による田んぼの農法に、賛同・出資するというもの。

特典としては年3回の農業活動への参加(田植え・草取り・稲刈り)。そして収穫した米はオーナーでシェアできるようだ。

無農薬の農地を広げてゆくことが目的のようです。

家族で参加できる貴重な体験型レクレーションと考えれば、楽しそうですね!

「母屋」 一番大きな建物

埼玉県加須市「ククリカフェ」

ランチの後は農園施設内を探検してみます。

施設内の一番大きな建物「母屋」。こちらも築100年を超える古民家をリノベーションした建物です。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

母屋は宿泊ができる建物になってます。

施設としては、2階は宿泊部屋が2部屋と管理人室・ラウンジなど。1階は和室・シャワールーム(男女別)・洗面施設・トイレ(男女別)などがあります。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

ちょっと中をのぞかせて頂きますよ。

広々とした畳部屋が広がっています。昔行った田舎のおばあちゃん家を思い出すなあ。いや、こんな広くないけどね。

飲み会向けの簡易宿泊パックなんてプランもあり、地球にやさしい施設だが、飲んべえにもやさしい施設の様ですよ。

「離れ別邸」 大正築の宿泊施設

埼玉県加須市「ククリカフェ」

敷地内に暖簾が掛かった立派な門があり、これをくぐって奥を探検。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

離れには、大正11年築の古民家がありました。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

こちら「離れ別邸」は定員4名の一棟貸しの宿。ふ~ん、面白いですねー。

中は奇麗にリノベーションされており、バストイレ付。

田舎に行ったような非日常感を味わえる施設として、ちょっとユニークです。

「農産物の販売所」 自慢のイチジクを購入

埼玉県加須市「ククリカフェ」

敷地内には、小規模ではありますが農産物販売が行われてました。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

こちらで、白いちじくを1カップ購入して自宅で食してみました。

皮ごとでも食べれて、柔らかくて美味しかった!いちじくを見る目がちょっと変わりましたわ(笑)。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

園内には彼岸花が咲いてました。

まだ残暑が残りますが季節の変わり目はそろそろ、と彼岸花は言いたげでした。

裏手の農園をチラリと

埼玉県加須市「ククリカフェ」

裏手の駐車場。

埼玉県加須市「ククリカフェ」

駐車場に面した場所に畑が広がっていました。奥のビニールハウスがいちじく農園らしい。

周囲を遮る高い建物も無いので景色も良いです!

そうそう、七輪による手ぶらバーベキューもできるみたい。また来てみたいな。。。

基本情報・アクセス

繭久里カフェ公式ページ
住所:埼玉県加須市油井ヶ島1393番地1(GoogleMapで開く
営業時間:
月・火・金・土・日・祝日・祝前日)ランチ11:30~14:00LO・カフェ9:30~11:00LO/14:00~16:00LO 木)ランチ11:30~14:00LO・カフェ14:00~16:00LO、ディナー(予約制)は月・火・木・金・土・日)18:00~22:00
定休日:水曜日
アクセス:
車)
・東北自動車道「久喜IC」から約15分
・駐車場有
電車)
・東武伊勢崎線「花崎駅」から徒歩約45分(約4km)、「鷲宮駅」から徒歩約1時間(約6km)
・JR「久喜駅」から徒歩約1時間半(約7km)

森のカフェと緑のレストラン 首都圏で出会う、やすらぎの空間 (ぴあMOOK)

価格:1,080円
(2022/9/10 10:18時点)
感想(2件)

写真を見ていると出かけたくなってしまう、素敵なカフェ満載。

でかけてみませんか?

埼玉県加須市「ククリカフェ」

いかがでしたか?

埼玉県加須市は都心からの便が良い割には、田園風景があり田舎気分が味わえる場所でした。

たまにはこんな近くの田舎に出かけてみて、美味しい物を食べながら「地球にやさしい事って何だろう?」なーんて考えるのも良いかなと、思った週末でした。

そんなククリカフェに出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/9/19】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県加須市「あじさいロードと玉敷公園」

埼玉県羽生市「東北自動道 羽生PA」

埼玉県行田市「足袋蔵めぐり」

埼玉県吉見町「吉見観音」

Pocket