【最新記事:2021.4.15】日高市「高麗神社」は異文化感じる神社、”出世明神”として著名人も多数参拝【埼玉県】

飯能「発酵食品のテーマパーク OH!!!」とハイキングでヘルシーな休日にしよう!【埼玉県】

飯能「発酵食品のテーマパーク OH!!!」とハイキングでヘルシーな休日にしよう!【埼玉県】
発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

埼玉県飯能市に「OH!!!」という発酵食品のテーマパークが2020年10月にオープンしました。このあたりはハイキングコースが充実しているエリアでもあるので、歩いて健康、食べて健康なヘルシーな休日を過ごしに行きませんか? 都心からも一時間程度でアクセスできるので天気の良い日に出かけてみましょう!

飯能ってどんなところ?

飯能市は自然のロケーションを生かし北欧をテーマとしたショッピング&アミューズメントスポット「メッツァビレッジ」と、その敷地内にある「ムーミンバレーパーク」が人気。
このあたりは「奥武蔵」と呼ばれるエリアで、500~800m程度の丘陵地帯が多くその間を名栗川や高麗川が流れてハイキングに適した景色の良い道が多くあります。自然を身近に感じられるのがこのエリアの魅力ですね。 飯能市の大部分と日高市の一部・入間市の一部は「県立奥武蔵自然公園」に指定されています。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」に行ってみた!

コンセプトは 『OH!!!』と驚くような発酵体験

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

そんな飯能市にまたまたできた「OH!!!」という施設は、「『OH!!!』と驚くような発酵体験、“食の魔法”を楽しもう!」をコンセプトにした複合型観光施設とのことで、運営するのは「ご飯がススムキムチ」や浅漬けなどを製造するピックルスコーポレーションのグループ会社です。ご飯がススムキムチは食べたことがあるなあ。
ここはショップ・レストランのみならず発酵食品をテーマとしたワークショップ開催や料理教室、イベント等々による”参加・体験型”の施設やプログラムが用意されているのが特徴ですね。
「発酵食品」というスローライフ的なモチーフが自然豊かな土地柄イメージにマッチしており、洒落た感じのランドマークに仕上がっている印象を受けました。

「八幡屋」発酵食品のセレクトショップ、ちょい食べも充実

「OH!!!」は4つの建物で構成されています。
正面にどどんと構えている建物は発酵食品のセレクトショップ「八幡屋」。オープンテラスの席があるので、今日みたいなポカポカ陽気の日には外でソフトクリームをパクついている方も多いです。建物はウッディーなナチュラルな感じのテイスト。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」
発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

「八幡屋」は老舗漬物会社だそうで、自社の漬物と全国から厳選した発酵食品が色々並んでいて面白い。販売されていた”和ピクルス”は、にんじん、玉ねぎ、パプリカ、れんこん、さつまいも、胡瓜、かぶ、ミニトマト、きのこなど、なんでもござれな感じ。見た目も綺麗な商品が多く目にも楽しいです。
私は地元の地元飯能の酒蔵・五十嵐酒造が製造販売している清酒「天覧山」を購入してきました。すっきりと飲みやすい味でした。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

テイクアウトメニューはソフトクリーム以外にも色々あるのですよ。
私は「和牛キムチころっけ」150円也を頂きましたが、ホックホクで美味しかった。生ビールもあるのかあ、車の運転が無ければ。。。(遠い目)
「お漬物食べ比べ」は玄米のご飯とセットというのが素敵ですね。漬物だけ味比べしてると「ご飯が欲しい」となりますからね。

「ピーネカフェ」でヘルシーなランチ

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

丸い円筒状の建物「ピーネカファ」でランチを頂きました。これ、ぱっと見、レンガでできている様にも見えますが木の建物です。カウンターには何やらカラフルなドリングが並んでいますが野菜の色が鮮やかに出た麹甘酒です。
店内は建物の形状を生かして自然光がたっぷり入ってくる造りになってました。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」
発酵食品のテーマパーク「OH!!!」
発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

ランチに頂いたのは「ピーネデリプレート」(1,300円)。
主菜はミートボール。主食は熟成玄米おにぎりか全粒粉パンがチョイスできます。サラダと野菜類、やさい麹ポタージュ、ほうれん草の麹甘酒、そしてデザートにはピーネ乳酸菌で作ったヨーグルトなどがプレートに載っております。

ミートボールは味付けがしっかりされており美味しかったです。ちなみに、肉でできたものとSOY(大豆)でできたもののどちらかのミートボールが選べます。ツレが頼んだSOYのミートボールを一口もらいましたが、肉の食感とは少し違いますがこちらもなかなか美味しいものでした。(最初は「豆なんて」と思ったりして。。。、失礼しました。)
熟成玄米おにぎりはもっちりしてもち米みたいな食感。ほうれん草の糀甘酒はフルーティーな感じの酸味で好きな味かな。

レストラン「フェミー 」と「パリシャキ研究所」

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」
レストラン「フェミー 」

レストラン「フェミー」は薪火窯で焼き上げた肉や魚が食べられる本格レストランで、ピーネカファでお食事するよりはお値段お高め。でも、”黒毛和牛の薪火焼き食べ比べステーキのコース”とか凄く美味そうなんですが。
(コロナ対応でランチのみの営業でした。 2021年2月現在。 )

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」
「パリシャキ研究所」

「パリシャキ研究所」はワークショップ・イベントスペース、キッチンスペースになっています。キムチ作りや本格的なぬか床づくり等に挑戦するイベントに参加できたり、野菜と発酵の料理教室に参加で来たり出来るスペースです。(各種有料のサービスです。)

たとえばキムチ作りは20種類以上ある調味料から味をブレンドでき、オリジナルの“ご飯がススムキムチ”が作れるというもの。なんと!自身の写真付きの特製ラベルも作れるとのことで、お土産や話のタネにも最適ということですね。

OH!!! ~発酵、健康、食の魔法!!!~(公式ページ: https://oh-hanno.jp/
住所:埼玉県飯能市飯能1333(GoogleMapで開く)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:
電車)
・西武「池袋駅」から西武池袋線特急で約40分、最寄り駅「飯能駅」下車。
・「飯能駅」北口から徒歩だと約15分
・「飯能駅」からバスの場合、飯07/飯30:西武飯能日高ゆき乗車約5分、「OH!!!・天覧山下」下車。徒歩0分。又は、飯01:湯の沢/飯02:名栗車庫/飯03:名郷/飯04:中沢/飯05:中藤(清石橋)/飯06:上赤沢/飯11:間野黒指ゆき乗車約7分、「市民会館・博物館」下車、徒歩約3分。
車)
・圏央道「狭山日高IC」から約15分、「青梅IC」から約20分

気軽に歩ける「天覧山」でハイキングもしましょう

「OH!!!」は「天覧山」のふもとにあります

天覧山
天覧山登り口

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」はハイキングコースとして人気のある「天覧山(てんらんざん)」のふもとに位置しており、「天覧山のハイキングに行ったら、帰りに寄ってね。」と言わんばかりの場所にあります(笑)。天覧山へのハイキングとセットでのヘルシーな訪問を是非ともお勧めしたいです。

天覧山は標高195mの低山で、登り口から山頂への距離は1キロも無いのでゆっくり歩いても20~30分もあれば登れてしまいます。標高が低い割には景色は結構良いですよ。

天覧山
天覧山山頂から望む
天覧山
住所:埼玉県飯能市大字飯能(GoogleMapで開く)
※アクセス情報は「OH!!! ~発酵、健康、食の魔法!!!~」の情報を参照下さい

「能仁寺」はテレビドラマのロケ地としても活躍

能仁寺
能仁寺

「OH!!!」は「能仁寺(のうにんじ)」というお寺の敷地内にできた施設です。こちらは室町時代が起源で500年以上の歴史がある由緒あるお寺です。
ちなみにこのお寺、石原さとみさんと山下智久さん共演で2015年に放送されたのテレビドラマ「私に恋したお坊さん」のロケで使われたお寺なんですよ。へえ~。ファンの方は是非聖地巡礼していって下さいな。

能仁寺(公式ページ: http://noninji.net/index.html
住所:埼玉県飯能市飯能1329(GoogleMapで開く
※アクセス情報は「OH!!! ~発酵、健康、食の魔法!!!~」の情報を参照下さい

出かけてみませんか?

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

都心からも比較的近い飯能市は自然や見どころも沢山あるので気軽に出かけて、発酵食品とハイキングでヘルシーなリフレッシュをしましょう!

【記事の訪問日:2021/2/21】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

飯能市「天覧山」

「天覧山(てんらんざん)」は埼玉県飯能市にある標高195mの低山で気軽なハイキングコースとして人気です。都心からも比較的近い飯能市は自然が多く、また由緒あるお寺など見どころもあるので自然の中でリフレッシュしたくなったら気軽に出かけてみましょう。

飯能市「街中散歩」

西武「飯能駅」から天覧山入口にあたる「能仁寺」まで飯能の街を歩きました。蔵造りの建屋などあり、古い建物が好きな人には楽しい道中です。また、人気漫画「ヤマノススメ」の聖地や、世界でここにしかない「鉄腕アトム像」があったり意外な楽しみも待っています。道中アップダウンもありハイキング気分もちょこっと味わえますよ!

飯能市「ムーミンバレーパーク」

同じく飯能市にある北欧のライフスタイルをテーマにした施設「メッツァビレッジ」でゆったりした時を過ごし、「ムーミンバレーパーク」の妖精たちに会ってほっこりしたりするのもお勧めですよ。

Pocket

テーマパークカテゴリの最新記事