【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

免疫力up!「発酵食品のテーマパーク”OH!!!”」レポート【埼玉・飯能市】

免疫力up!「発酵食品のテーマパーク”OH!!!”」レポート【埼玉・飯能市】
発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

埼玉県飯能市にある発酵食品のテーマパーク「OH!!!」。自然豊かな場所に、思わず「おおー」とつぶやくヘルシー志向の洒落た施設を紹介!

飯能といえばハイキングコースの宝庫。食べて歩いてヘルシーな一日を過ごしに出かけましょう!

飯能ってどんなところ?

埼玉県飯能市が位置するあたりは「奥武蔵」と呼ばれるエリアです。

500~800m程度の丘陵地帯が多く、その間を名栗川や高麗川が流れてハイキングに適した景色の良い道が多くあります

飯能は都心からも1時間程度でアクセスでき、気軽に自然を身近に感じられるのが魅力のエリアです。


北欧をテーマにした「メッツァビレッジ」や、その敷地内の「ムーミンバレーパーク」など、自然豊かなロケーションを生かしたスポットにも注目です。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」に行ってみた!

コンセプトは 『OH!!!』と驚くような発酵体験

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

そんな飯能に、またまた何か面白そうなスポットができた、と聞いて出かけてみましたよ!

「OH!!!」という施設。名前からして、なにやら一癖ありそうな感じですね、ムフフ。

「OH!!!と驚くような発酵体験、“食の魔法”を楽しもう!」を、コンセプトにした複合型観光施設とのこと。

ここではショップ・レストランのみならず、発酵食品をテーマとしたワークショップ開催や料理教室、イベント等を開催するそうだ。

運営会社は「ご飯がススムキムチ」や浅漬けなどを製造する、ピックルスコーポレーションのグループ会社です。

参加・体験型施設ってところがミソですね。

  • 施設は以下の4つの建物で構成されています。
  • ■Shop / 八幡屋
  • ■Cafe / ピーネカフェ
  • ■Restaurant / フェミー
  • ■Workshop / パリシャキ研究所

「八幡屋」 発酵食品のセレクトショップ

正面にどどんと構えている建物は、発酵食品のセレクトショップ「八幡屋」。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

オープンテラスの席があるので、ポカポカ陽気の本日は外でソフトクリームをパクついている方もいらっしゃいますね~。

建物はウッディーなナチュラルテイスト。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

老舗漬物会社である「八幡屋」の店舗には自社の漬物と、全国から厳選した発酵食品が色々並んでいて面白い。

販売されていた”和ピクルス”は、にんじん、玉ねぎ、パプリカ、れんこん、さつまいも、胡瓜、かぶ、ミニトマト、きのこなどなど、なんでもござれだ。

見た目も綺麗な商品が多く、目にも楽しい。

私は地元の酒蔵が製造販売している清酒「天覧山」を購入して帰りました。すっきりと飲みやすい味でしたよ。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

テイクアウトメニューは、ソフトクリーム以外にも旨そうなものが色々あるのですよ。

私は「和牛キムチころっけ」150円也を頂きました。ホックホクで美味しかった~。

生ビールもあるのかあ、車の運転が無ければ。。。(遠い目)

玄米のご飯とセットの「お漬物食べ比べ」は素敵ですね。漬物だけ味比べしてると、きっと「ご飯が欲しい!」となりますからねえ。

「ピーネカフェ」 ヘルシーなランチを

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

こちらの丸い円筒状の個性的な建物、「ピーネカファ」でランチを頂きました。

ぱっと見、レンガの建物の様に見えますが、実は木の建物なんです!洒落てるよなあ。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

店内に入ると、カウンターには何やらカラフルなドリングが。

野菜の色が鮮やかに出た麹甘酒だそうです。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

店内は建物の形状を生かして、自然光がたっぷり入ってくる造りになってました。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

ランチに頂いたのは「ピーネデリプレート」(1,300円)。

主菜はミートボール。主食は熟成玄米のおにぎり(全粒粉パンのチョイスも可)。

あとはサラダや野菜類、やさい麹ポタージュ、ほうれん草の麹甘酒。デザートのピーネ乳酸菌で作ったヨーグルトなどがプレートに載ってます。

ミートボールは味付けがしっかり付いていて美味。ちなみに、肉でできたものとSOY(大豆)でできたものからチョイスできます。今どきですね~。

熟成玄米おにぎりは、もっちりした食感。ほうれん草の糀甘酒はフルーティーな感じの酸味があり、好きな味かも。

レストラン「フェミー 」と「パリシャキ研究所」

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」
レストラン「フェミー 」

レストラン「フェミー」は、薪火窯で焼き上げた肉や魚が食べられる、本格レストラン

ピーネカファでお食事するよりはお値段お高め。

でもでも、”黒毛和牛の薪火焼き食べ比べステーキのコース”とか凄く美味そうなんですが。。。

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」
「パリシャキ研究所」

「パリシャキ研究所」はワークショップ・イベントスペース、キッチンスペースとなっています。

こちらではキムチ作りや、本格的なぬか床づくり等に挑戦するイベントなどがおこなわれたりします。

また、野菜と発酵の料理教室などもあったりします。

たとえばユニークなのは。。。、キムチ作りは20種類以上ある調味料から味をブレンドして、オリジナルの“ご飯がススムキムチ”が作れるというもの。

そして更に、自身の写真付きの特製ラベルも作れるとのことだ!お土産や話のタネにも最適だ。

ちなみにこれらは、有料で参加できるイベントになっています。

基本情報・アクセス

OH!!! ~発酵、健康、食の魔法!!!~公式ページ
住所:埼玉県飯能市飯能1333(GoogleMapで開く)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:
電車)
・西武「池袋駅」から西武池袋線特急で約40分、最寄り駅「飯能駅」下車。
・「飯能駅」北口から徒歩だと約15分
・「飯能駅」からバスの場合、飯07/飯30:西武飯能日高ゆき乗車約5分、「OH!!!・天覧山下」下車。徒歩0分。又は、飯01:湯の沢/飯02:名栗車庫/飯03:名郷/飯04:中沢/飯05:中藤(清石橋)/飯06:上赤沢/飯11:間野黒指ゆき乗車約7分、「市民会館・博物館」下車、徒歩約3分。
車)
・圏央道「狭山日高IC」から約15分、「青梅IC」から約20分

森のカフェと緑のレストラン 首都圏で出会う、やすらぎの空間 (ぴあMOOK)

価格:1,080円
(2022/9/10 10:18時点)
感想(2件)

写真を見ていると出かけたくなってしまう、素敵なカフェ満載。

気軽に歩ける「天覧山」も!

天覧山
天覧山登り口

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」は、ハイキングコースとして人気のある「天覧山(てんらんざん)」のふもとに位置してます。

是非、天覧山へのハイキングとのセットで、訪問してみて下さい。

天覧山
天覧山山頂から望む
標高195mの低山で、山頂まではゆっくり歩いても20~30分もあれば登れます。

お手軽に歩ける割には、眺望は結構良いですよ!
天覧山
住所:埼玉県飯能市大字飯能(GoogleMapで開く)

出かけてみませんか?

発酵食品のテーマパーク「OH!!!」

発酵食品のテーマパークというスローライフ的なモチーフは、自然豊かな土地柄のイメージとマッチしてますね。

洒落た感じのランドマークに仕上がっている印象を受けました。

都心からも比較的近い飯能は、自然に囲まれた見どころや歩きどころが沢山あります。

発酵食品やハイキングで、ヘルシーなリフレッシュをしちゃいましょう!


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/2/21】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県飯能市「飯能駅からレトロウォーク」

埼玉県日高市「日和田山」

埼玉県秩父市「美の山公園」

Pocket