【最新記事:2022.5.12】小江戸・栃木「蔵の街」を歴史散策!ハイテク博物館も楽しいぞ【栃木】

「江戸城跡」の気軽な散策ガイド!皇居東御苑の見どころ紹介【東京】

「江戸城跡」の気軽な散策ガイド!皇居東御苑の見どころ紹介【東京】

思い立ったら結構気軽に見学できる「皇居・旧江戸城」の見どころや歴史の紹介です。

江戸時代は徳川将軍の居城だった「旧江戸城」。現在は天皇・皇后両陛下のお住まいがある皇居ですが、一部のエリアに関しては予約無しで当日ふらっとでも見学ができるんですよ!

日本最大といわれる城郭跡の魅力を探ると共に、都心の憩いのスポットとしての一面もあわせて紹介します。

『二重櫓を見つつ、大手門へ 』

ある日ふと、皇居内を見学したこと無いな、と思い出しました。皇居って日本で一番大きい城・江戸城跡の一部だよな。。。、などと考えだしたら、急に無性に見学がしたくなりました(笑)。

皇居の見学というと、新年と天皇誕生日の一般参賀は良く知られますよね。その他に事前予約・当日受付による定員制の参観コースがありました。その他には。。。、予約不要&定員無しで見学できるエリアもありましたよ!出発!

ということで、今回は気軽に見学できる「皇居・東御苑」の見どころを紹介。私の様に、”急に皇居・旧江戸城を見学したくなった!”という方必見のレポートです。

皇居と江戸城について

江戸城跡(皇居) 二重櫓

東京の中心部に位置する皇居は、江戸時代には徳川将軍が住んだ旧江戸城で、明治時代以降は天皇・皇后両陛下が住まわれている住居です。

皇居は旧江戸城の本丸を守る内濠(うちぼり)に囲まれたエリア内にあります。そのあたり、最初に日本一の広さを誇った旧江戸城の概要を少々。

皇居の総面積は約115万m2で、東京ドーム約25個分の広さです。そして、皇居と皇居外苑を含む内濠エリアの周囲は約7.8kmで、面積は約230万m2。

参考に大阪城と比較すると。。。。大阪城公園の面積は約106万m2なので、 皇居+皇居外苑はその2倍以上の広さがあるということになりますね!

そして、かつては内濠の外側には大名屋敷や町人街などの城下町が広がり、その外側には外濠(そとぼり)がありました。

この城下町含む全体(=総構(そうがまえ))の外周は約15.8km。これは現在の中央区と千代田区が丸々入ってしまう広さと聞くと、そのデカさが実感できるかと思います。

「大手門」 正面入り口

江戸城跡(皇居) 二重櫓
二重櫓と桔梗濠

東京駅丸の内口から皇居へ向かいます。途中、丸の内の地名の由緒や江戸時代の地図などが載る説明板などもあり、短いながら楽しいお散歩コースです。

程なく皇居の桔梗濠が見えてきて、旧江戸城の面影を伝える「二重櫓(やぐら)」のお出迎えです。

旧江戸城には主要な櫓が20棟あったといわれますが、現在はこの二重櫓と富士見櫓・伏見櫓の3棟のみが残ります。

二重櫓を見ながら濠沿いを北に進むと、見学のスタート地点「大手門」に到着です。

江戸城跡(皇居) 大手門
大手門

皇居東御苑の見学は、大手門・北桔橋門・平川門の3か所から入退場できます

「大手門」は東京駅からも近く、旧江戸城の正面入口にあたるので一番一般的な入口ですね。

江戸城跡(皇居) 大手門
東御苑の案内図

大手門前にある案内図には東御苑しか表示されていませんが、皇居には様々な地区があります。

一般参賀で入場できる長和殿(ちょうわでん)や宮内庁は、東御苑の南西側にあります。(地図では東御苑の左上)。

天皇・皇后両陛下が住まわれている御所は更に西の吹上地区にあり、一般人は入場できないエリアです。

江戸城跡(皇居) 大手門

では入城。持ち物検査を受けてから、先にある高麗門をくぐって入場です。

江戸時代は多くの諸大名もここ大手門から登城しました。ドキドキして入場を待った大名もいたのかもしれませんね。

江戸城跡(皇居) 大手門

高麗門を抜けて振り返った景色。旧江戸城と現在の大手町が収まり、新旧東京がミックスした風景です。

江戸城跡(皇居) 大手門

高麗門を抜けるとちょっとした広場になっており、右手にどっしり構えた「大手渡櫓門(わたりやぐらもん)」が現れます。

入城しての正面に門が設置されてませんが、これは敵の侵入時に勢いを付けて直進させないようにする為の防御の手法。”枡形門”と呼ばれます。

現在の大手渡櫓門は、昭和42年(1967年)に復元された物です。

江戸城跡(皇居) 大手門

昭和20年の戦火で元々の大手渡櫓門は焼失しましたが、屋根に飾られていた明暦3年(1657年)製の鯱(しゃち)が残っており門前に展示されてます。

鯱は、姿は魚で頭は虎(または竜)という空想上の動物。織田信長が安土城に造ったのが始まり、といわれてますよん。

『三の丸エリア』

大手門を抜けたあたりは三の丸と呼ばれるエリアになります。

「大手休憩所」があるので、ここで順路を確認してから見学スタートすると良いと思います。城内は広いので。

順路としては、城の中心部である本丸に直接向かうか、二の丸を経由して本丸に向かうか、大まかにこのどちらかだと思います。

今回は、直接本丸に攻め込んでみたいと思います!

「三の丸尚蔵館」

江戸城跡(皇居) 三の丸尚蔵館

休憩所の向かいにある「三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)」では、代々皇室で継承されてきた美術・工芸品などの貴重な御物の保存・公開がされています。

「同心番所」

江戸城跡(皇居) 同心番所
同心番所

先へ進むと、大手三の門を警固する「同心番所」が現れます。

番所は警備詰所のことで、現在3つ残っている番所のうちの一つ。江戸時代後期の建物が復元されています。同心は幕府の下級武士のことです。

江戸城跡(皇居) 同心番所
屋根の上の徳川家の葵の紋

かつてはここに門があり、御三家(尾張・紀伊・水戸)をのぞくすべての大名・役人はここで乗り物からの下乗(げじょう)が命じられました。その為その門は下乗門とも呼ばれました。

ちなみに。。。大名が江戸城を訪問した際、馬から降りる下馬先(げばさき)で主人を待っている者達が噂話や世評の会話をしました。これが”下馬評”という言葉の語源だそうです。江戸城のプチ・トリビアでした。

『本丸入口の防御・警備』

「百人番所」 本丸の検問所

江戸城跡(皇居) 大手三の門

手前の「大手三の門跡」を抜けて、巨大な石垣が待ち構えている広場へと進んで行きます。

この広場も枡形門になっていますね。

江戸城跡(皇居) 百人番所
百人番所

広場に入ると、石垣に隠れる様に配置されていた長~い建物が出現!「百人番所」です。

こちら本丸御殿入口の最大の検問所で、江戸時代の貴重な遺構です。

江戸城跡(皇居) 百人番所

百人番所の警備は、徳川家と縁故のある甲賀組・伊賀組・根来(ねごろ)組・二十五騎組による精鋭チームの担当。昼夜交代で与力(よりき)20騎と同心100人が配置されたそうです。

*与力は同心のまとめ役で、馬に乗ることが許されていました。数も馬と共に騎で数えられます。

「中之門跡と大番所」 巨石に圧倒!

江戸城跡(皇居) 中之門跡

こちらは「中之門跡」で、いよいよ本丸の入口にあたる門になります。

石垣には入場する大名を威圧させる為に、城内でも最大級の巨石が使われており迫力!

使用された石は1個あたり35トン前後だそうだ(重っ~)。重機など無い時代の作業の苦労は、想像に難しくないですなあ。。。

江戸城跡(皇居) 中之門跡
伊豆半島産安山岩

門の手前には中之門の石垣が修復された時の説明板と、石垣の石が展示されており興味深い。

経年による変形や、内側から押される”はらみ出し”などの修復対応が行われ、展示されているのは入れ替えで外した石だそうだ。

写真の黒っぽい石は、伊豆半島産の安山岩。

江戸城跡(皇居) 中之門跡
瀬戸内産花崗岩

こちらの白っぽい外観の石は、瀬戸内産の花崗岩。小豆島などから遠路はるばる運ばれてきたもの。

ちなみに江戸城の築城工事は、全国の大名に作業を割り振って手伝わせる”天下普請(てんかぶしん)”によって築かれています

作業の中でも、遠方から巨石調達を担当した大名は大変そうだわあ。。。

江戸城跡(皇居) 大番所
大番所

中之門跡を抜けると、再び検問所。「大番所」には位の高い与力・同心が詰めていたそうです。

江戸城跡(皇居) 中雀門
中雀門

本丸手前にもう一丁!巨石が積まれる「中雀門(ちゅうじゃくもん)跡」が控えており、これを抜けるとようやく本丸エリアが見えてきます。

『本丸エリア』 旧江戸城の中心部

「本丸御殿跡と天守台」 最大の見どころ

江戸城跡(皇居) 本丸御殿
本丸御殿エリア

広々とした「本丸エリア」に到着。

ここは旧江戸城の中心部で、城内で最も広いエリア。敷地面積は約12万m2(約4万坪)です。芝のある広々とした空間は、かつて御殿が建ち並んでいた場所になります。

芝に寝そべっている人も見えますが(笑)、シートを広げてのランチタイムもOKです。

東京駅の駅ナカで美味そうな弁当でも物色して、ここで食べればよかったなあ。。。と、後々ランチ探しで丸の内をウロウロしている時に思い返しましたよ(苦笑)。

ちなみに皇居内には食堂・レストラン等の施設はありません

江戸城跡(皇居) 天守台
天守台

本丸御殿エリアを進んで行くと。。。、天守台が現れてきました。おおー、存在感あるなあ~。

やはり本丸は旧江戸城の最大の見どころになりますね!

江戸城跡(皇居) 天守台

旧江戸城の築城は初代徳川将軍・家康に始まり、2代将軍 秀忠・3代将軍 家光までの3代に渡る天下普請によって城郭が完成されます。天守もそれぞれの時代に3度建築されているんですね~。

慶長12年(1607年)に築かれた家康の初代天守は、本丸のもっと中央部寄りにあった様です。

次の元和8年(1622年)に築かれた秀忠の天守は、現在の天守台付近に建てられました。

家光の天守は寛永15年(1638年)、現在の天守台地に高さ約58mの5層の天守として築かれました。これが最後に築かれた天守となります。

江戸城跡(皇居) 天守台

その家光の天守は明暦3年(1657年)の大火で消失。後に現在残る天守台が築き直されましたが、天守そのものは以降再建されることはありませんでした。

この威圧感十分たっぷりの天守台は、実は天守の建物が一度も載らないまま台だけが残って今に至っています!

それを知ると。。。天守台が少し哀愁を帯びて見えてきますなあ。

江戸城跡(皇居) 天守台

石垣には明暦3年の大火による煤の跡も見られます。

江戸城跡(皇居) 天守台

天守台頂上からの展望。南側は丸の内のビル街が良く見えます。

反対北側は北の丸公園の木々により視界はあまり開けてません。日本武道館の屋根だけぴょこんと見えますけど。

江戸城跡(皇居) 天守台

天守台側から見た本丸御殿エリア。江戸時代初期にはここに多くの殿社が建ち並びました。

江戸城跡(皇居) 本丸御殿
本丸御殿の配置図

天守台にあるかつての本丸御殿の配置図です。御殿は大きく三つの空間に分かれてました。

将軍の公的な儀式・行事などの場の「表(おもて)」。 将軍の日常生活、政務を執る場の「中奥(なかおく)」。将軍の正妻や家族・女性たちの生活の場が「大奥(おおおく)」と呼ばれました。大奥は良く耳にしますね。

所狭しと建物が建ち並び、ちょっとした町の様な様相です!

「江戸城天守復元模型」 家光の天守

江戸城跡(皇居) 天守復元模型

本丸休憩所併設の増築棟には、天守の復元模型が公開されてました。こんな立派な展示物があるなんて知らなかったなあ!素敵だ。

家光の築いた寛永15年の天守がモデルです。高さ約58m(含、石垣の高さ)の5層天守の1/30スケールの縮小模型。

江戸城跡(皇居) 天守復元模型

屋根には金のシャチホコが載ってますね。

石垣をのぞいた天守の高さは約45mで、これは日本一だったとされます。

参考ですが、大阪城の再建天守の高さは約42m、名古屋城の外観復元天守の高さは約36mです。

「富士見櫓」 本丸で唯一残る櫓

江戸城跡(皇居)富士見櫓

本丸エリアに唯一残る櫓が三重の「富士見櫓」で、本丸エリアの東南隅にあります。

万治2年(1659年)の建築物で関東大震災で倒壊しましたが、大正14年(1925年)に旧来の材料を主要部材として再建されています。

旧江戸城の現存遺構の中では最も古いものの一つで、建物の高さ約15.5m、石垣の高さは約14.9mです。天守焼失後はその代わりの役目を果たしたといわれます。

写真は皇居の外側からのものですが、皇居内からも建物裏手に近寄れたみたいですね。超重要スポットが遠景ですんません!

「汐見坂と梅林坂」 最古の石垣も

中之門跡以外にも本丸への入口があり、こちらも忘れちゃいけないスポットで立ち寄りたい。

江戸城跡(皇居) 汐見坂
汐見坂

「汐見坂(しおみざか)」は二の丸から本丸へとつなぐ坂道。

坂名の由来ですが。。。江戸時代初頭までは皇居前近くまで東京湾の入江が入り込んでいたそうです!海を眺めることができたことから、汐見坂の名が付いたそうな。

江戸時代の地形は、現在とは大分違った様子が伺えますね。

江戸城跡(皇居) 汐見坂
白鳥濠(汐見坂)

汐見坂脇「白鳥濠」に掛かる石垣は徳川家康時代のもので、城内最古の石垣ともいわれます。見逃し注意!

江戸城跡(皇居) 梅林坂
梅林坂

こちら「梅林坂」は、三の丸正面の「平川門」から本丸に通じる坂道。

良く知られることですが、江戸城を最初に築いたのは室町時代後期の武将・太田道灌(おおたどうかん)です。築城名人ともいわれる道灌が、康正3年(1457年)に江戸城を築城しています。

太田道灌はこの坂の辺りに菅原道真を祀る天神社を造り、数百株の梅を植えたことから梅林坂の名が付いたとされます。

現在は70本の紅白の梅が植えられており、12月末から2月まで花が楽しめるそうですよ。

『二の丸エリア』 自然を楽しむ

「二の丸庭園」

江戸城跡(皇居)二の丸庭園

二の丸と三の丸には将軍の世子(跡継ぎ)や、隠居した前将軍(大御所)などが居住する御殿がありました。

寛永13年(1636年)の御殿完成当時は、 江戸初期の大名茶人・小堀遠州作の庭園があったそうです。

江戸城跡(皇居)二の丸庭園

現在の庭園は昭和43年(1968年)に整備され一般公開されたもので、9代将軍・家重時代の庭絵図面をもとに復原されています。

都心のビル街の一角で、 豊かな緑が楽しめる都心のオアシス的なスポットです。

「都道府県の木・諏訪の茶屋」

江戸城跡(皇居) 都道府県の木

結構楽しめたのが「都道府県の木」のエリア。馴染のある都道府県の木を探して歩くと、結構楽しめます!

江戸城跡(皇居) 諏訪の茶屋
諏訪の茶屋

「諏訪の茶屋」は明治45年(1912年)に御所内の吹上地区に建てられたもの。昭和43年に現在の場所に移設されました。

こちらは外観だけの見学になります。

江戸城跡(皇居) 二の丸雑木林

武蔵野の風景を伝える「二の丸雑木林」。コナラ・クヌギなどの落葉樹があり、様々な生物や野鳥の姿も観察できるようです。

二の丸は庭園のみならず様々な表情の自然があり、一時都心に居ることを忘れてしまいます。

四季折々の自然の表情が楽しめそうなエリアでしたよ!

基本情報・アクセス

皇居(江戸城跡)宮内庁:皇居東御苑のページ
住所:東京都千代田区千代田1-1(GoogleMapで開く) *Mapは大手門
アクセス:
電車)
・東京メトロ東西線・都営三田線「大手町駅」から徒歩6分
・東京メトロ東西線「竹橋駅」から徒歩10分
・JR「東京駅」丸の内北口から徒歩11分
車)
・駐車場無し

[皇居東御苑の公開について]
入園料:無料
開園時間:午前9時より
閉園時間:3月1日~4月14日 17:00(入園は16:30まで)、4月15日~8月末日 18:00(入園は17:30まで)、9月1日~9月末日 17:00(入園は16:30まで)、10月1日~10月末日 16:30(入園は16:00まで)、11月1日~2月末日 16:00(入園は15:30まで)
休館日:月曜日・金曜日(ただし,天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は公開)、12月28日から翌年1月3日まで、その他行事の実施・その他やむを得ない理由のため支障のある日

家康、江戸を建てる (祥伝社文庫) [ 門井慶喜 ]

価格:946円
(2022/3/28 20:38時点)
感想(2件)

当時湿地ばかりが広がる関東の荒れ地だった土地に、徳川家康が江戸の基盤を作り上げて行く史上最大規模のプロジェクトが語られる人気の一冊!

家康、江戸を建てる [ 佐々木蔵之介 ]

価格:3,344円
(2022/3/28 20:39時点)
感想(1件)

「家康、江戸を建てるの」NHKドラマ化のDVD。前編「水を制す」は佐々木蔵之介・生瀬勝久多ほか、後編「金貨の町」は柄本佑・広瀬アリスほかの出演。

旧江戸城散策に出かけてみませんか?

江戸城跡(皇居)

旧江戸城跡を巡る散策、いかがでしたか?

今まで皇居を旧江戸城跡として意識したこともあまりなかったのですが、行ってみると思っていた以上に歴史の重みを感じられるスポットでした。もっと早く訪問してれば良かった!

城好きの方々のみならず、都心にありながら四季折々の季節感が楽しめる場所としてオススメできるスポットです。

旧江戸城跡がある皇居へ出かけてみませんか?


旅の予約はポイントも付く楽天トラベルがお得!

【記事の訪問日:2021/12/19】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

東京都千代田区「神田明神」

東京都中央区「築地本願寺」

東京都新宿区「新宿七福神めぐり」

Pocket