MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (38)埼玉県 (95)千葉県 (8)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (2)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (3)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (56) (19)七福神巡り (2) (27)古墳 (6)古い町並み (15)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (14) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (2) (24)紅葉 (7)ダム (1)博物館 (16)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (8)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (16) (4) (10) (1)特集記事 (7)ピックアップ (5)旅のキーワード (7)

知るほど楽し!新宿歴史博物館で紐解く、昔の新宿の姿【東京・新宿区】

本ページには広告が含まれています

新宿の歴史を興味深く知ることができる「新宿歴史博物館」を紹介します。

新宿は副都心といわれる程、戦後に発展した現在の街のイメージは良く知られるところ。でも、昔の新宿ってどんな感じだった?新宿の地名はいつ頃から?

そんな素朴な興味を満たすには、地元の博物館に行くのが一番!新宿にゆかりのある、あの国民的文豪の紹介などもありますよ!

目次

『新宿歴史博物館へ行ってみよう!』

東京都新宿区 新宿歴史博物館

東京副都心の中心的な街である新宿。
やはり繁華街やオフィス街などの、都会のイメージが強いですよね。
そういえば、昔の新宿ってどんな街だかイメージが希薄だなあ。。。

そんな感じで、ふと、新宿の歴史を知りたくなった。
そんな時は博物館へ行こう!ということで、「新宿歴史博物館」に出かけてみました。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

電車での訪問.
新宿歴史博物館の最寄り駅は、JR四ツ谷駅、東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目駅、都営地下鉄新宿線・曙橋駅など。
いずれの駅からも1km弱圏内で、アクセスは比較的便利ですね。

本日は曙橋駅を利用。
A4出口から出たらすぐに案内板があったので、迷わず行けそう。

この辺は初めてなんで、散歩気分で向いました。
曙橋という名の橋があるんですね。

東京都新宿区 新宿歴史博物館
防衛省

靖国通り沿いに見える、一際高い鉄塔は防衛省市ヶ谷地区。

終戦後には東京裁判がおこなわれた場所。
昭和45年には、三島由紀夫が自衛隊決起を呼びかけた、三島事件の舞台にもなりました。

『新宿歴史博物館の紹介』 平成元年に開館

東京都新宿区 新宿歴史博物館

新宿歴史博物館は大通りから外れた、高台の閑静な住宅街の一角にありました。

「1階:エントランス、受付・ミュージアムショップ」

東京都新宿区 新宿歴史博物館

新宿の郷土資料を扱う博物館として、平成元年に開館した区立博物館です。
地上2階・地下1階の3フロアで構成されます。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

1階のエントランスには、受付・ミュージアムショップなどがあります。

「2階:図書館など」 市ヶ谷周辺の風景を楽しむ

東京都新宿区 新宿歴史博物館
2階からの景色

事務室・図書室・講堂・会議室などがある、2階に上がってみました。

窓からは、敷地内の木々と周辺の建物が見える。
都心にしては自然を感じられる景色で、良い感じです。

「地下1階:展示室、サンクンガーデン」 地下式庭園に桜

東京都新宿区 新宿歴史博物館
サンクンガーデン

展示室は地下1階フロアにあります。
建物は全面ガラス張りで、自然光がふんだんに入ってくる開放的な造りになっています。

中庭も地下1階部分にあり、サンクンガーデン(地下式庭園)と呼ばれています。
庭園にはコヒガンザクラやカエデが植えてあり、春や秋には季節感を感じられそうですね~。

建物は全面ガラス張りの、オープンな造り。
自然光がふんだんに入り、開放的感じなのが良いですね。

展示室は地下1階フロアにあります。
サンクンガーデン(地下式庭園)と名付けられた中庭も、地下1階にあった。

庭園にはコヒガンザクラやカエデが植えらえています。
小さいながらも、春や秋には季節感を感じられる空間になっています!

東京都新宿区 新宿歴史博物館
小田急ロマンスカー の復元運転席

ロビーには、昔の小田急ロマンスカーの運転席の復元がありました。

3100形NSEという型の車両だが、そのNSEは”New Super Express”の略。
いつの時代のNewかというと、昭和39年の東京オリンピックの少し前に登場したNew車両でした。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

先頭車両までが客室展望車両で、運転室はその2階にあったんだって!
その運転席だけを、切り取って再現したもの。

『常設展示室』 6つの展示ゾーン

東京都新宿区 新宿歴史博物館

一般入場料300円で、常設展示室の見学ができます。
企画展示を見るだけならば、見学はタダ。

さて、肝心の展示物の内容について。

一般的に歴史博物館って、石器時代あたりからしっかり説明が始まるイメージがある。
こちらの博物館の展示内容は、江戸時代以降~現代に比較的絞り込まれている印象がある。

そのため、取っつき易い印象を受けた。
逆に古墳や土器ファンには、少し物足りないかもしれないな(苦笑)。

各ゾーンで印象に残った展示物を紹介します。

「旧石器時代~江戸時代の遺跡」

最初のゾーンでは、新宿で発見された旧石器時代~江戸時代の遺跡紹介。
弥生時代の集落は、早稲田・高田馬場あたりの神田川流域に集中していたんだ、ふ~ん。

しかしこのゾーンの最大のトピックスはというと。。。、
建設時の博物館建設用地から、なんと!17世紀頃(江戸時代頃)の地下室が発見されたんだって!

それは驚きですな。
貯蔵庫的な目的の地下室だった、と推定されています。

「中世:宿場町・内藤新宿」 店蔵の再現

東京都新宿区 新宿歴史博物館

江戸時代に、日本橋を起点とした五街道が整備されました。

その一つである甲州街道は、八王子・甲府を経由して、信濃国(現長野県)で中山道と合流する街道です。

当初の甲州街道は、日本橋を出発すると最初の宿場町が高井戸宿。
高井戸までは距離があり不便だったため、元禄12年(1699年)、現在の新宿に「内藤新宿」という宿場町が設置されました。

譜代大名だった内藤家の下屋敷の一部が宿場町の用地に充てられたので、その名が付いています。(現在の新宿御苑のあたり)

ここで、新宿の地名が登場。
新しい宿場の意味から始まっているんですね!

当時の宿場町の様子が、120分の1の縮尺模型で再現されています。
これが約300年前の新宿の姿かあ。

模型は上の方が四谷・日本橋側、手前の方が西の高井戸方面です。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

新宿にあった、江戸時代の蔵造りの商家の実物大の復元です。
店蔵は防火建築の観点で、江戸時代から明治時代にかけて、江戸・東京に多く広まりました。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

江戸には木造建築が多かった。
そのため「火事と喧嘩は江戸の華」って言われるほど、火事の多さでは知られてました。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

お菓子(らくがん)の型。
この商家はお菓子屋でした。

「近代:文学にみる新宿」 ゆかり深い夏目漱石

東京都新宿区 新宿歴史博物館
漱石が晩年を過ごした家・漱石山房の模型

明治時代の文学を担った多くの文学者が、新宿を生活や活動の拠点としました。
その中でも最も著名なのが、国民的文豪である夏目漱石です。

彼は新宿区で生まれ育ち、その生涯も新宿で閉じました。
そんな夏目漱石の作品には、たびたび新宿の地が登場しています。


\ 夏目漱石の新宿ゆかり地を巡る記事はこちら! /

「昭和以降の新宿」 市電や文化住宅

東京都新宿区 新宿歴史博物館

昭和初期に新宿駅前から四谷へ向け走っていた、5000形(半鋼製)市電の復元。
当時は”わめく市電”といわれ、騒音が凄かったとか(苦笑)。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

昭和10年頃、洋間を取り入れた住まいが憧れとされた。
「文化住宅」と呼ばれる住まい。

そのほか、新宿各所の移り変わりを、戦後から10年ごと定点的に紹介した写真は興味深かった。
戦後復興の様子がたどれ、感慨深いものを感じました。

『企画展示:新宿はなざかり』 歌川広重の玉川堤の花

東京都新宿区 新宿歴史博物館

「企画展示室」は無料で見学できます。
常設展示を見たことがあれば、こちらだけサクッと見学するのもアリかも。

訪問時は「新宿はなざかり」と題して、桜を中心とした新宿の花の名所の今昔を紹介。
ゆかりの錦絵・絵画・陶器などが紹介されていました。

特に印象的だったのは、江戸時代の浮世絵師の巨匠、初代歌川広重の描いた「玉川堤の花」。

そのモデル場所は玉川上水沿いらしいが、「実はこんな立派な桜並木はなかったはず」、な~んて、ちょっと不思議なエピソードがあるのも興味深かった。

東京都新宿区 新宿歴史博物館

訪問時、テレビアニメ「啄木鳥探偵處(きつつきたんていどころ)」とタイアップした、デジタルスタンプラリーが開催中でした。
※現在はこの企画は終了しています。

新宿区立の記念館各所をまわると、記念品がもらえる企画。
スタンプラリーもスマホでやる時代なのね、って、軽く驚き。

新宿歴史博物館の基本情報・アクセス

新宿都立新宿歴史博物館

公式ページ
住所:東京都新宿区四谷三栄町12-16(GoogleMapで開く)
開館時間:9:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日:第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)、※全館燻蒸作業日(12月)と年末年始(12/29~1/3)は休館
観覧料:常設展示 一般300円、小・中学生100円
電車)
・JR中央線・総武線、東京メトロ南北線「四ツ谷駅」より徒歩10分
・東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」出口4より徒歩8分
・都営新宿線「曙橋駅」出口A4より徒歩8分

新宿ランチは事前予約やクーポン利用で、並ばずお得に!!

新宿歴史博物館へ出かけてみませんか?

今はビルが多い新宿ですが、歴史を色々知ると普段行き慣れたスポットもまた違った風景に見えてきますよ!
歴史の面影を探しに歩いてみたい場所も新たに発見できて楽しいです。

まだ知らない新宿を見つけに、新宿歴史博物館へ足を運んでみませんか?

記事の訪問日:2021/2/21

新宿の立寄りスポットを探して予約しよう!割引プランも!

近隣スポットもチェック!

関東近郊へは、気軽なバス旅で出かけてみない?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次