【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

樹齢千年も!?「盆栽美術館と盆栽村」に盆栽の面白さを探りに行った【埼玉・さいたま市】

樹齢千年も!?「盆栽美術館と盆栽村」に盆栽の面白さを探りに行った【埼玉・さいたま市】
さいたま市 大宮盆栽美術館

埼玉県さいたま市には盆栽の聖地と呼ばれる「盆栽村」があり、その近くには「大宮盆栽美術館」があります。

近年、盆栽は人気があり、外国人からも熱い視線を送られていますよね!そんな盆栽について、盆栽のボの字も知らぬ筆者が、盆栽の聖地を散策しながらその魅力は何か?を探りに行きました。

大宮盆栽美術館と盆栽村の見どころや歴史を紹介します。

『盆栽美術館と盆栽町散策』 人気の秘密を探りに!?

さいたま市 盆栽村

埼玉県さいたま市には盆栽園が集まる「盆栽村」という地域があります。正式な住所も盆栽町で、ここは盆栽の聖地といわれています 。

近年は盆栽町の近くに「大宮盆栽美術館」も設立され、聖地の座を揺るぎないものにしつつあるようです。

一方、筆者は盆栽町に比較的近い場所に長く住んでいますが、今まで盆栽に興味を持ったことも無く盆栽町にも行ったことがなかった。

でも近年外国人にも注目されているくらいだし、なんでそんなに人気があるんだ?と、ふと思い立って盆栽の聖地周辺の散策に出かけてみました。

『大宮盆栽美術館』 世界初の盆栽専門美術館

さいたま市 大宮盆栽美術館

本日は大宮盆栽美術館の最寄駅・JR土呂駅から、東武鉄道・大宮公園駅近くの盆栽村までのんびりと散策します。

「さいたま市立・大宮盆栽美術館とは?」

さいたま市 大宮盆栽美術館

「大宮盆栽美術館」は盆栽に特化した世界初の美術館として、2010年3月に開館した市立美術館です。

市の盆栽文化振興の中心となる施設で、地元からすると悲願の施設設立だったことでしょうね。

さいたま市 大宮盆栽美術館

建物は和風で、落ち着いた雰囲気の建物。

さいたま市 大宮盆栽美術館

こちらには日本を代表する名品盆栽120点以上をはじめ、盆器や資料が収集され公開されています。

この美術館で”グッと”くるものがなければ、自分には盆栽の楽しさは分からんという事になりそうですねえ。

さいたま市 大宮盆栽美術館

チケットを購入して中へ。

ロビー内は撮影OKですが、ギャラリーと展示室内は撮影不可でした。

「コレクションギャラリー」 盆栽の見方を紹介!

さいたま市 大宮盆栽美術館

コレクションギャラリーには、 ギャラリー・座敷飾りの展示施設があります。

が、その前に「プロローグ」と称して盆栽の見方が紹介されていました。そうそう、初心者に優しくなくっちゃ!見方、紹介しておきますね。

  • 盆栽の見方
  • 1.正面を見極める: 正面と裏があり、正面に向け首を垂れているなど枝ぶりを見るとわかるそうだ。う~む、なるほど。
  • 2.下から見上げる: 小さな木の中に凝縮された小宇宙を感じるには、中腰が基本フォーム。直立不動じゃダメなのね。
  • 3.根張りを見る: 根は建物でいえば土台。あらゆる方向に根を伸ばす「八方根張り」が理想の一つとされます。なるほどね。
  • 4.幹(立ち上がり)を見る: 立ち上がりとは根元から第一の枝までの幹のこと。おっ、ちょっと専門用語。大木のような迫力を生み出す部分。
  • 5.枝ぶりを見る: 輪郭を形作るのが幹から伸びる枝。大きな枝がバランスよく配置されており、見苦しい枝が無いことが大事。
  • 6.葉を見る: 木の種類によっても好まれる葉の形があるそうです。ケース・バイなんですね。
  • 7.ジン・シャリを見る: 来た!シャリってなんだ、寿司か?歳月を経た松や真柏(しんぱく)は、幹や枝の一部が枯れてそのままの形を残すことがある。幹の白い肌と葉が美しいコントラストを生み出すそうです。
    枝先のものを「ジン(神)」、幹の一部が枯れたものを「シャリ(舎利)」と呼びます。
  • 8.水石を見る: 盆や水盤に自然石を配して、山水の情景や石の文様を鑑賞するもの。わびさびの演出ですね。

以上。事前知識無しで漫然と眺めるより、見どころが分かってありがたいですね!

さいたま市 大宮盆栽美術館

ギャラリーには5席、座敷飾りでは3席の盆栽が週替わりで紹介されています。

座敷飾りでは、実際に和室に飾った状態での作品の見方などが紹介されています。盆栽単体でジーっと見ているのとはまた違った趣です。

「盆栽庭園」盆栽60点を展示、樹齢1000年も!?

さいたま市 大宮盆栽美術館

中庭は「盆栽庭園」になっており、約60点の盆栽が展示されています

「庭園は写真撮影大丈夫ですよ」と警備員の方が声を掛けて下さりました。

さいたま市 大宮盆栽美術館

ちょっとねえ。。。、この庭園は素人が見ても「おお!」と驚く様な作品が並んでますよ!いくつか紹介してゆきます。

さいたま市 大宮盆栽美術館

こちらの野梅(やばい)は推定樹齢200年だって。文字通りやばいね!

さいたま市 大宮盆栽美術館

この”立ち上がり”の迫力!(にわか学習の成果が。。。笑)

さいたま市 大宮盆栽美術館

こちらは推定樹齢300年の真柏(しんぱく) 。 基本フォームの中腰で見ると、あたかも大木の様に見えてくる不思議を感じます。

真柏という樹木は松ではなくヒノキ科の木で、白く白骨化する幹の芯とねじれていく特徴から盆栽では人気の品種だそうです。ふ~ん、そうなんだね。

さいたま市 大宮盆栽美術館

山もみじ「紅陵(こうりょう)」 推定樹齢120年。

これなんかは素人が見ても形が良く、幹も枝もシャリシャリな感じ。葉とのコントラストが映える分かり易い美しさですな。紅葉の姿も映えそうだ。

さいたま市 大宮盆栽美術館

なんじゃこりゃ?な、五葉松(ごようまつ)「青龍(せいりゅう)」、推定樹齢350年。

縦にはしるシャリは龍の腹を思わせ、黒い肌は鱗を、葉はたてがみや空を切る風を思わせるとあります。たしかに見えるわ。頭の部分もハッキリありますね。

こんなのはどうやって作るんですかね?狙って作れるものなんだろうか?

さいたま市 大宮盆栽美術館

推定樹齢50年の藤。

庭園の中で花が咲いていたものはこれくらいかな。

さいたま市 大宮盆栽美術館

五葉松「千代の松」は推定樹齢500年!こちらも形の良さが見て取れて、ゴージャス感が伝わってきますね。

しかし、樹齢500年でこんなに立派で元気なのも不思議な世界。まさに小宇宙の神秘。

台座は回転可能で日当たり調整ができる造りになってますよ。

さいたま市 大宮盆栽美術館

でた!推定樹齢1000年!蝦夷松(えぞまつ)「轟(とどろき)」。

幹はだいぶ空洞化しています。じつはこれ、向きは裏側。傷み対策の為に表側を直射日光に当てない様に配置している、と係員の方がお話されてました。

しかし、手入れをするのも気を使うでしょうなあ。下手するとポキっと。。。

「盆栽テラス」2階から全体を見渡す

さいたま市 大宮盆栽美術館

2階からは全体を見渡せ、ベンチもあり休憩できます。

美術品を扱う一般的な美術館も管理は大変だと思いますが、植物を扱う美術館はまた違う大変さがあるのも想像に難しくないですね。

特にこのような庭園の管理には、ゲリラ豪雨や積乱雲は天敵じゃないですかね。名品が被害に遭わない様、気を使いそうだ。

「盆栽共同販売所」

さいたま市 大宮盆栽美術館

「見ているうちに、盆栽を買いたくなったわあ」そんな方向けに美術館を出た敷地内に販売所がありますよ。

さいたま市 大宮盆栽美術館

小さいものは3,000円くらいから始められそうな感じ。

奥の方の枝っぷりが良い物になると、5~6万円くらいからのお買い物になりそうですなあ。

基本情報・アクセス

大宮盆栽美術館公式ページ
住所:埼玉県さいたま市北区土呂町2-24-3(GoogleMapで開く
開館時間:(3月~10月)9:00~16:30 ※入館は16時まで、(11月~2月)9:00~16:00 ※入館は15:30まで
休館日:木曜日(祝日の場合は開館)、年末年始、臨時休館日あり
観覧料:一般 310円、高大生・65歳以上 150円、小中学生 100円
アクセス:
電車)
・JR宇都宮線「土呂駅」下車、東口より徒歩5分
・東武アーバンパークライン「大宮公園駅」下車、徒歩10分
車)
・首都高速埼玉新都心線「新都心西」出口より約6km
・東北自動車道「岩槻」出口より約9km
・駐車場:一般車39台(2時間まで無料)

『大宮盆栽村』 盆栽の聖地を歩く

大正時代に形成、街並みは都市景観100選にも

さいたま市 大宮盆栽村

大宮盆栽美術館から少し南に歩いた所に「大宮盆栽村」があり、ここは”盆栽の聖地”として知られます。

住所はさいたま市北区盆栽町で、この辺りは国交省指定の”都市景観100選”に選ばれたこともある閑静で綺麗な街並みです。

一般庶民が住んでいるイメージは無く。。。、ここはいわゆる高級住宅地です、ハイ。

さいたま市 大宮盆栽村

盆栽村がなぜできたのか?というお話を。

かつて、東京の団子坂(文京区千駄木)周辺には江戸の大名屋敷などの庭造りをしていた植木職人が多く住んでいました。それが明治には盆栽専門の職人へも発展したそうです。

しかし、大正12年の関東大震災で盆栽業者は大きな被害を受け、育成に適した土地を求めこの地に移住。そして、共同自治体としての大宮盆栽村が生まれたそうです。

最盛期には約30の盆栽園があったそうですよ!

さいたま市 大宮盆栽村

ちなみに、当時の盆栽村に住む為の規約がこれまた細かい。

  • (1)盆栽を10鉢以上持つこと
  • (2)門戸を開放すること
  • (3)二階建ては建てないこと
  • (4)垣は生け垣とすること
  •  以上、四点。

この面倒な、もとい、厳しい規約が現在の街の美観を生み出したわけですね。

ちなみに現在は10鉢以上無くても住める様ですよ。

「盆栽園 清香園」 家元は盆栽家・山田香さん

さいたま市 大宮盆栽村

現在、盆栽村には6つの盆栽園があります

どんな感じなのかな?その一つ、江戸時代創業の「清香園」に入ってみました。店内は撮影NGでした。

沢山の盆栽が置かれた庭園の様な造りになっており、眺めるだけでも楽しめます。

店員さんも気軽に話しかけられる距離にいらっしゃいます。「盆栽の松は、大きくならない特殊な種類のものなんですか?」「そんなことないです。器が小さいとそれに合わせて成長してゆくんです。不思議ですよねー」「へえー、そうなんですね。」

「普通に植えられている木より、樹齢が長かったりする盆栽って凄いですよねー」なんて若い女性の店員さんが気さくに話してくれました。盆栽って若い方にも魅力的に映ってるんだなーって思いましたね。

ちなみに清香園の現在の5代目家元は盆栽家・山田香織さんで 、以前はNHKのテレビ番組・趣味の園芸のキャスターなどを務めていらっしゃいました。園芸好きにはお馴染みの方。

盆栽園「清香園」公式ページ
住所:埼玉県さいたま市北区盆栽町268(GoogleMapで開く
受付時間:9時~18時
アクセス)
電車:東武「大宮公園駅」より徒歩5分、JR「土呂駅」より徒歩12分
車:隣の盆栽四季の家に無料駐車スペース有

「盆栽四季の家」 無料の休憩室あり

さいたま市 大宮盆栽村

清香園の隣の「盆栽四季の家」は、無料の休憩室と、茶会・会合などに利用できる和室(有料)があります。

茶会、この町に似合うイベントですねえ。

盆栽四季の家
住所:埼玉県さいたま市北区盆栽町267-1 (GoogleMapで開く
開館・利用時間:休憩室:9時~17時まで、和室:9時~21時30分
休館・休業日:12月29日から翌年1月3日まで
アクセス)
電車:東武「大宮公園駅」から徒歩7分
車:駐車場11台(うち身体障害者用1台)

「漫画会館」北沢楽天氏の邸宅跡

さいたま市 漫画会館

盆栽町には他にも「漫画会館」があります。

日本で最初の職業漫画家として明治~昭和初期に活躍した北沢楽天(きたざわらくてん)氏の晩年の邸宅跡。そこを漫画に関する美術館にしたものです。

さいたま市 漫画会館

北沢楽天氏の仕事場などが再現・保存されています。また、漫画をテーマにした企画展示が行われています。

入場無料なので一度立ち寄ってみるのも良いと思います。

さいたま市立漫画会館さいたま市の案内ページ
住所:埼玉県さいたま市北区盆栽町150番地(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~16:30
休館日:月曜日(休日は開館し、翌平日が休館です)、年末年始(12月28日から1月4日)入館料:無料
アクセス:
電車)
・東武野田線(東武アーバンパークライン)「大宮公園駅}から徒歩5分
・JR宇都宮線「土呂駅」東口から徒歩15分
車)駐車場無し

大宮盆栽美術館・大宮盆栽村歩きマップ

埼玉のトリセツ 地図で読み解く初耳秘話

価格:1,540円
(2022/9/10 10:34時点)
感想(1件)

地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。広く浅く埼玉を知るには便利な一冊。

出かけてみませんか?

さいたま市 大宮盆栽美術館

大宮盆栽美術館と盆栽の聖地・盆栽村の散策はいかがでしたか?

私自身は。。。、盆栽の面白さがほんの少しだけわかった気がしました!改めて見てみると小さな鉢の中に、ミニチュアの様な松が立派に生えているのはとっても不思議な状況だ。

世界に通じるBONSAIの魅力をちょっぴり感じとった週末でした。

武蔵国一宮・氷川神社や大宮公園も近いので、訪問とあわせて盆栽の聖地をちょっと歩いてみませんか?

【記事の訪問日:2021/4/24】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県さいたま市「氷川三社 訪問ガイド」

埼玉県さいたま市「岩槻久伊豆神社」

埼玉県さいたま市「岩槻人形博物館」

埼玉県さいたま市「岩槻城址公園ほか歴史散策」

Pocket