MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (40)埼玉県 (101)千葉県 (9)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (3)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (2)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (55) (21)七福神巡り (2) (30)古墳 (6)古い町並み (16)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (13) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (1) (29)紅葉 (5)ダム (1)博物館 (16)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (7)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (20) (5) (9) (1)特集記事 (10)ピックアップ (5)旅のキーワード (3)

巾着田の曼珠沙華、清流 高麗川が生んだ日本一の群生地【埼玉・日高市】

本ページには広告が含まれています

都心にも比較的近いわりに、自然豊かでハイキングスポットなども多い埼玉県日高市。

その日高市にある「巾着田(きんちゃくだ)曼珠沙華公園」は、日本一の曼珠沙華(彼岸花)の群生地といわれる花の名所です。
秋の花期を迎えると、美しい水が流れる高麗川沿いにある広大な敷地が、深紅に染まります。

満開の巾着田の曼珠沙華を、「曼珠沙華まつり」の様子などを交えながら紹介します。

目次

『巾着田』 500万本の曼珠沙華の自生地

巾着田の曼珠沙華とは?

飯能市・秩父郡横瀬町・比企郡ときがわ町の境界が接する、苅場坂峠(かりばさかとうげ)付近を源流とする清流・高麗川(こまがわ)。

この高麗川の蛇行により、長い年月を経てつくられた土地。
それが巾着(きんちゃく)の形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。

その地形は、近隣の日和田山(ひわださん)に登ると、その形を見渡すことができます。
日和田山は標高305mの低山で、ハイキングがてら気軽に登れる山として人気ですよ。

そんな巾着田周辺の高麗川岸辺は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の群生地として知られます。

堤防状になった川岸に、巾50m程の花地が約600mも続いており花数は500万本!
その規模は全国的に見ても最大級といわれます。

そんな巾着田に、「曼珠沙華まつり」開催中の花真っ盛りの時期に訪問しました。
前から一度来てみたかったんだよね、ってことでゆっくり見れそうな平日に訪問しました。

10時ごろに到着しましたが、平日でも結構な人出だわ!休日はかなり混みそうだな。
特に車の訪問の際は、入口付近は混むので早めの到着をオススメしたい。

「下流エリア」 あいあい橋が目印

花期に発生する入場料を払って、園内へ入場。
お~、見事に真っ赤に染まった曼珠沙華のカーペットですね!

所々に立つ二セアカシアの木々が、まるで高原にでも来たような雰囲気を醸しだしてくれます。
良い感じですね~。

ちなみに、天皇皇后両陛下も平成29年(2017年)に訪問され、満開の曼珠沙華を観賞されています。

改めて、曼珠沙華という花の特徴について。

曼珠沙華は、中国原産国の多年草です。

花名の由来は、インドの古代語であるサンスクリット語で”天界に咲く花”という意味だそう。
赤い花が天から降ってくるという、仏教の経典からきているらしいですね。

別名は彼岸花(ひがんばな)。
秋のお彼岸の時期の数週間だけ咲く、という性質からつけられました。

曼珠沙華は花期になると葉もつけず、スッと伸びた茎に鮮やかな花だけをつけます。

花が終わると今度は葉が伸びて、青々としたま冬越しする、っていうのだから変わってますよねぇ。

球根に毒を持つことから、墓地にモグラや野ネズミ除けとして植えられる習慣もあったそう。

妖艶な花姿のみならず、あの世に通じやすい時期や場所で見かけやすい、というミステリアスな面を持った花なんですわ。

そんな曼珠沙華の花言葉は、情熱、悲しい思い出、独立、再会、あきらめ、などだそうですね。

園内の群生地は、下流と上流のエリアに分かれています。
まずは、下流エリアからの見学になります。

広大な範囲に広がる、曼珠沙華の花に圧倒されますわ。
巾着田の曼珠沙華は、主に自生したものらしいんですよ。

川の上流から球根が流され群生したのでは、といわれます。
また、畔道に植えられたものが洪水のたびに流出し、現在の群生地に流れたものとも考えられます。

レイアウトは、長く続く群生地を外側から鑑賞する形が多い。

人が映らない構図の写真が撮りやすいですね。
一方、花に埋まった感じの記念写真を撮るには、少々テクがいるかもな(笑)。

下流エリアの北端にある巨大な橋は、「あいあい橋」。

巾着田から高麗川に架かる歩行者用の木造の橋で、トラスト構造と呼ばれるつくり。
長さ91.2mで、木造のトラスト構造の橋としては日本一の長さなんだそうだ。へえ~。

後で渡ってみよう、と思ってたら忘れた。
橋は有料エリアの外側にあるもんで。

ふと、上の方にカメラを向けている方々を発見。
なになに?と近寄って見ると、あんな所にも曼珠沙華が!

「上流エリア」 陰影を楽しむ

引き続き上流エリアへ。

こちらの方が群生地の幅が広く、より林間を歩いているように感じる。
花の密度も高かったように思う。

時間帯や天候も関係するが、こちらの方が光が多く入り、より陰影が楽しめた印象。

見栄えの良い花景色を紹介していますが、まだ蕾の状態が固まった箇所もありました。
陽当たりの加減で、開花が遅れているのだろうか?

それと、白い曼珠沙華は入口付近でちょこっと見かけましたが、園内は深紅の花一生という感じでした。

太めの木々がアクセントとなって、この辺はまた少し違った雰囲気。

エリアの入口にはこんな奇妙なオブジェも!これは朝鮮半島の魔除けと思われます。

\ なんで朝鮮半島の魔除けが?という方はこちらの記事を!/

「ドレミファ橋」 清流・高麗川の流れ

上流には河岸が開け、川べりに近づける場所がありました。
「ドレミファ橋」と呼ばれる木橋が架かっています。

元々は橋桁は架かっておらず、橋脚だけだったそう。
その橋脚を「ドレミファ!」と、歌いながら飛び越えて渡ったことからその名が付いたそうだ。
誰が言ったか知らないが(笑)。

橋桁の幅が狭く、人が交差する時はちょっぴりスリリング。
まあ、落ちても怪我はしなそうな浅さではありましたが。

川の水は澄んでとても綺麗!涼し気なスポットでした。

巾着田周辺の高麗川は流れも緩やかで、釣りや水遊びのスポットとして人気があります。

巾着田 曼珠沙華まつり(令和5年度)

曼珠沙華の花期には、日高市観光協会・日高市商工会主催の曼珠沙華まつりが開催されます。

令和5年度 巾着田曼珠沙華まつり 概要
日時:令和5年9月16日(土)~10月6日(金) 9:00~16:30
※開花が遅れたため、当初の最終日10月1日から延長されました
イベント:日高市内の特産・うまいもの市、栗フェスティバル(9月30日)など

特産・うまいもの市は、上流エリアと下流エリアの中間地点の広場で開催してました。
多くの人でにぎわっていました。

知りませんでしたが、日高市は栗が名物なんですね。
期間中は、西武鉄道の飯能駅~高麗駅間の臨時電車が運行されているそうです。(本年は~10月4日まで)。

一角では、猿回しのイベントがおこなわれていました。
軽快なおしゃべりの猿使いの方と、芸達者なお猿さんのコンビが会場を沸かせていました。

「日和田山を望む」 水車小屋やビオトープ

堤防からは離れた広場にあった水車小屋。
何故あるのか?などの詳細は不明。

近くの芝生広場では、遠足とおぼしき幼稚園児たちが、レジャーシートの上でランチタイムののどかな光景。

ビオトープの池。
水辺の生物が安心して暮らせるよう、隠れ場所や水草を整備している池だそうだ。

遠方に見えるのが日和田山。

日和田山方面に向かって、並木が続いていますよね?
これは約100本あるソメイヨシノの樹。

桜の季節には、右手の畑(?)に菜の花も咲くそう。
その競演を想像しただけでも、映える景色になるのは間違いなさそうですねぇ。

巾着田曼珠沙華公園の詳細情報・アクセス

巾着田曼珠沙華公園

公式ページ
住所:埼玉県日高市高麗本郷125-2(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・西武池袋線「高麗駅」下車、徒歩約15分
・JR川越線・八高線「高麗川駅」下車、徒歩約40分
・JR「高麗川駅」から国際興業バス、高麗駅経由飯能駅行乗車、「巾着田」下車徒歩約3分
・西武池袋線「飯能駅」から国際興業バス、高麗川駅行・埼玉医大国際医療センター行乗車、「巾着田」下車徒歩約3分
車)
・関越自動車道「鶴ヶ島IC」から14Km
・圏央道「圏央鶴ヶ島IC」から11Km
・圏央道「狭山日高IC」から8Km
・駐車場料金(1日): 二輪車 100円、普通車 500円、バス 3,000円

日高市ランチは事前予約やクーポン利用で、並ばずお得に!!

\ ふるさと納税の返礼品にサイボクハムもあるよ!/

巾着田に出かけてみませんか?

巾着田の満開の曼珠沙華を紹介しましたが、いかがでしたか?

曼珠沙華の花数も凄いのですが、高麗川に囲まれた高原のような雰囲気の美しいロケーション。
これがなんともいえません。
都内から1時間程度で来れる距離にありながら、豊かな自然を味わえますよ。

公園の前を走る県道の反対側には、国登録有形文化財の「高麗郷古民家」があります。
巾着田から歩けるので、訪問の際はぜひ立ち寄ってみてください。

巾着田に出かけてみませんか?

記事の訪問日:2023/9/26

本場ドイツで金賞を受賞した、日高市人気のサイボクハムをAmazonでお取り寄せしよう!

秋の花や紅葉スポットをさらにチェック!

近隣スポットもチェック!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次