【最新記事:2021.7.24】きっと蓮が好きになる!「古代蓮の里」、田んぼアートも楽しむ【埼玉県行田市】

発酵の現場見学!「金笛しょうゆパーク」で食べて・学んで【埼玉県川島町】

発酵の現場見学!「金笛しょうゆパーク」で食べて・学んで【埼玉県川島町】
川島町 金笛しょうゆパーク

免疫力や代謝のアップが期待できるといわれる発酵食品。積極的に食事に取り入れたいですよね!埼玉県川島町に身近な発酵食材である”醤油”のテーマパーク「金笛しょうゆパーク」なるもがあるので出かけてみました。

ここがなかなか面白くて、そして美味しい!工場見学ができて、焼き立てのスイーツも有るよ!家族や友達を誘って出かけてみませんか?

川島町ってどんなところ?

川島町の読み方は”かわじままち”で読みには濁音が入りますので、そこよろしくお願いしますね。

埼玉県のほぼ中央に位置しており、その名の通り四方を東の荒川・西の越辺川(おっぺがわ)と都幾川(ときがわ)・南の入間川・北の市野川と五つの河川に囲まれたまさに”島の様な立地”となっています。川越市・東松山市・上尾市・桶川市・北本市・坂戸市・比企郡吉見町などが隣接する市町村。かなり取り囲まれてますなあ。

水源が豊かという事で農業が盛んですが、近年は圏央道が整備され、さらに「川島IC」も開通されたので企業誘致が進んでいる模様。圏央道周辺にでっかい倉庫なども目に付くようになってきています。

「金笛しょゆパーク」とは?

川島町 金笛しょうゆパーク

今回紹介する「笛木(ふえき)醤油」という醤油製造会社は江戸時代の寛政元年(1789年)に川島の地で醤油づくりを創業。以来、川に囲まれた自然豊かな町の環境を生かして約200年間伝統的な醸造方法を行ってきた老舗の醤油蔵です。

そんな、笛木醤油が2019年に工場見学&しょうゆ蔵のレストランを開業したのがこの「金笛(きんぶえ)しょうゆパーク」です。 ”金笛”というのは商品のブランド名の様ですね。

川島町 金笛しょうゆパーク
「しょうゆ蔵レストラン」が入るメインの建物
川島町 金笛しょうゆパーク

入口付近にあるのが「しょうゆ蔵レストラン」や直売所が入るメインの建物で、その奥にも貯蔵庫っぽい雰囲気の蔵が連なっています。

「しょうゆ蔵のレストラン」自家製麺中心のメニュー

川島町 金笛しょうゆパーク

昼時に伺ったので、工場見学の予約を入れた後レストランへすぐさまGo!

レストランのコンセプトは”しょうゆの美味しさを出汁とともに味わって欲しい”という事。店内で製麺する自家製麺のうどんを中心に川島のお米を使ったメニューなどがあります。

川島町 金笛しょうゆパーク

注文したのは「醤油屋の木桶うどん、2種のおつゆ」。柔らか角煮をトッピングして贅沢しちゃいました。

おつゆは”胡麻味噌すったて汁”と”葱ぶた汁”の2種類。すったて汁は「生の鯖を丁寧に炙り、麦味噌と白ごま、落花生と一緒にすりつぶしたもの」 とあります。すったて汁は川島の郷土食の様ですが、コクがあって美味しいですね。

川島町 金笛しょうゆパーク

うどんが入っている木桶は横からみると迫力のフォルム。目いっぱいうどんが入っているわけでは無く上げ底です、念のため(笑)。

麺はコシがあり、でも硬すぎないほどにツルツルってのど越しが良い感じです。ほろほろと柔らかい角煮もほんのり醤油の香りがするあっさり味でこちらも良いですね!

川島町 金笛しょうゆパーク

テーブルにはデフォルトで4種類の醤油が置かれていました。ここで味見して気に入ったのがあれば売店で購入して行くのがよろしいかと。

唐辛子しょうゆはありそうだけどあまり見た事が無い様な。帰りに購入して帰りました。ピリ辛が好きな人にはオススメ!

醤油にちなんだメニューにこだわりたければ醤油の味比べができる「食べ比べうどん」などもありますよ。

川島町 金笛しょうゆパーク

食堂の2階から広場側を望む。左側のでっかいトレーラーの様な施設に人が集まっており気になる。食後に探険だ!

ちなみに。。。、本日は席が空いているということでたまたま2階席でしたが、1階は売店があるので多少ワサワサ感もある。落ち着いて食べるなら2階席はオススメかもしれません。

「木桶バウム工房」時間帯限定で焼きたてを提供

川島町 金笛しょうゆパーク

トレーラーの様な施設は手づくりバウムクーヘンの工房でした。時間限定で焼き立てのバウムクーヘンを販売しているんですね。面白い。(注:販売時間以外はクローズしています。)

川島町 金笛しょうゆパーク

まだ販売している様なのでトレーラーの中へ。食べ歩き用に切り売りをしているので食後でも大丈夫!しょうゆ味のカットバウムを購入、220円ナリ。4/1サイズですね。

川島町 金笛しょうゆパーク

うん、しっとりとしてほのかに醤油の香りがします。甘すぎない素朴な感じで美味しいバウムクーヘンでした。

焼き立ての販売タイムは12時~12時半までの時間限定でのピンポイント販売なので、出かける時間にちょっと注意したいですね。

川島町 金笛しょうゆパーク

木桶バウム工房の前にはガラスのパネルが並んでいて、ミニ・ミュージアムってことになっています。醤油の原料やもろみ、商品紹介などを展示。

「金笛しょうゆ楽校」工場見学に是非参加するべし

そして、このパークが面白いのは醤油工場の見学ができるってことです。30分程度のコースで、当日の申し込みで参加可なので気軽に参加できてオススメ。子供でも楽しめますよ。

ん?タイトルの”楽校(がっこう)”の文字変換は誤っているって?いえ、あっています(笑)。楽しく学ぶ場所の意味だそうです。

川島町 金笛しょうゆパーク

時間になると奥手の工場敷地付近の蔵の軒先に集合。50ページ強ある教科書を配られ「金笛しょうゆ楽校」のスタートです。

川島町 金笛しょうゆパーク

「行きますよ~」という感じで工場エリアに進んで行きます。 ガイドはなんと!十二代目となる現在の社長さん御自らのご案内となります、ワクワク。 大きくわけて3つの箇所を見てまわります。

川島町 金笛しょうゆパーク

最初は醤油の原料が置かれる「前蔵」という蔵です。この蔵は工場の中でも比較的古い時代の蔵だそうです。

川島町 金笛しょうゆパーク

「醤油を作るのに必要な材料が3つありますが、なんでしょう~?」そんな感じで楽しく見学は進んでゆきます。

川島町 金笛しょうゆパーク

「秘密の扉がありますが、なんだかわかりますか?」の図です。話すのが上手な社長さんの説明と共に楽しくテンポ良く進んでゆきます。

川島町 金笛しょうゆパーク

次が「麹蔵」というエリア。蒸した大豆と炒って砕いた小麦に、麹菌を混ぜる工程(だったと思います。。。)

川島町 金笛しょうゆパーク
川島町 金笛しょうゆパーク

最近は醤油の木桶を作る職人さんも全国的に減っているそうで、木桶作りのサポートもしているというお話がありました。そうなんですね。

川島町 金笛しょうゆパーク
川島町 金笛しょうゆパーク

最後が「仕込み蔵」。38本の木桶が並んでいます。仕込まれた諸味(もろみ)という状態のものが時間をかけて発酵熟成される。表面の高さが低い樽は塾生がより進んだ状態。

川島町 金笛しょうゆパーク

発酵の進み具合によって諸味の色加減がずいぶんと違うのが素人目でもわかる。金笛醤油は最低2夏熟成、一番期間が長いものは3年間熟成させるという事だ。

手間暇掛けているんですね。

川島町 金笛しょうゆパーク

こんな感じで木樽が埋まっています。定期的に桶の中身をかき混ぜる作業がある様だが、桶の深さは2m強あるので”落下に注意”な作業ですね。

川島町 金笛しょうゆパーク

気が付けばあんなところにでっかい桶がありました。

川島町 金笛しょうゆパーク

仕込み蔵の前にある蔵が一番古い蔵だそうだが、傷んでいて建物として使えない状態。修理するのにウン千万円掛かるので今は直せない。修理できるくらい稼いだらいつか修理したいと思ってる、なんてお話も聞けました。

工場見学はきっちり30分で終わり、社長さんは次の回の見学者の方へ足早に向かって行かれました。タイトなスケジュールなのね。。。

「三つの広場」でちょっと遊べる

川島町 金笛しょうゆパーク

大きな規模のものでは無いですが、ちょっと遊べる広場があります。

川島町 金笛しょうゆパーク
もぐもぐ広場

中庭には巨大な木桶がどどんっと置いてあります。面白い写真が撮れそうですね、記念に是非。

川島町 金笛しょうゆパーク
のんびり広場

ハンモックでゆらゆらとのんびりできます。

川島町 金笛しょうゆパーク
わんぱく広場

ゲゲゲの鬼太郎の家?違います、木桶です(笑)。この広場にはブランコがあります。

基本情報・アクセス

金笛しょうゆパーク公式ページ
住所:埼玉県川島町上伊草660(GoogleMapで開く
営業時間:ショップ10:00~17:00、しょうゆ蔵のレストラン11:30~17:00(麺がなくなり次第終了)
アクセス:
電車)
・東武東上線・JR「川越駅」、または西武新宿線「本川越駅」より、東武バス「東松山・八幡団地」「鴻巣免許センター」行きバスに乗車20分、バス停「伊草小学校前」下車、徒歩5分
車)
・圏央道「川島IC」または「坂戸IC」より5分
・駐車場:普通車27台・大型バス3台可

出かけてみませんか?

川島町 金笛しょうゆパーク

いかがでしたか?今回の記事でお伝えできなかった点、それは。。。美味しい醤油の「香り」です。醤油ってこんなに良い香りがするものなんだな、と改めて感じました。出かけたら是非確かめてみて下さい。

結構色々楽しめて楽しい一日が過ごせるしょうゆパークの紹介でした!

【記事の訪問日:2021/5/30】

発酵食品に興味があればオススメかも! 【あわせて読みたい】

埼玉県飯能市「発酵食品のテーマパーク」

発酵食品は免疫力や代謝のアップが期待できるといわれますよね。発酵食品のテーマパークを名乗る「OH!!!」という施設が、埼玉県飯能市にオープンしました。飯能といえば。。。ハイキングコースの宝庫!飯能で食べて歩いてヘルシーな一日を過ごしますか!

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県東松山市「こども動物自然公園」

埼玉一大きい動物園、東松山の「こども動物自然公園」に行ったことありますか?コアラやレッサーパンダに会えて大人入場料が1000円でオツリがくるのはありがたい!動物との距離が近いオープンな造りになっていてびっくり!気軽に何度も足を運びたくなる動物園です。

Pocket