【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

東北道「羽生PA上り」に鬼平犯科帳の世界!グルメも満載!【埼玉・羽生市】

東北道「羽生PA上り」に鬼平犯科帳の世界!グルメも満載!【埼玉・羽生市】
鬼平江戸処

江戸の町をリアルに再現!入ってビックリの東北道 ・羽生PA(上り)にある「鬼平江戸処」を紹介。

一般道から入場しての買物・食事もOKなんですよ!グルメも満載、テーマパークの様なパーキングエリアでタイムトリップしてリフレッシュしましょう!

江戸の町がテーマの『鬼平江戸処』を楽しもう!

なぜ、埼玉・羽生PAに鬼平江戸処?

東北自動車道・上りの羽生パーキングエリア(以下、羽生PA)に、テーマパークの様なクオリティーで江戸の町がリアルに再現されている聞き、足を運んでみた。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

上りの羽生PAは栃木県を抜け、埼玉県に入って最初のPA。東京まで丁度100kmを切ったくらいの場所になります。

なんで埼玉の羽生PAに江戸の町?というと。。。

  • ・東北自動車道は、江戸時代の日光街道~奥羽街道の現代版にあたる。
  • ・そして、羽生のそばにある栗橋には江戸時代に関所があった。
  • ・それになぞって、江戸への入口に見立てた。

なるほど、温故知新で面白い設定ですね!(分かる人にとっては。。。)

そして、1本筋を通すテーマとして選ばれたのが小説家・池波正太郎氏の代表作「鬼平犯科帳」の世界。人情味あふれ、そしてグルメな主人公・鬼平をテーマに据え、鬼平にちなんだ江戸の町をリアルに再現。

江戸の人情の世界(=おもてなし)と、豊潤な食の世界がテーマとしてクローズアップされています。

「日本橋大通り」 鬼平犯科帳の世界を再現!

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

時代背景としては、鬼平が生まれた1745年から、江戸庶民が華やいだ文化文政時代終わりの1829年までの江戸の風景が創り出されているそうですよ!

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

駐車エリア側には、当時の江戸の華やかさを象徴する「日本橋大店(おおだな)」の雰囲気が再現されています。

大店は大店舗のこと。ここには「鬼平犯科帳」の物語の中で、盗賊に押し入られた大店が再現され並んでいるそうですよ。

リアルな設定が鬼平ファンにはたまりませんな!

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

鬼平こと長谷川平蔵は、江戸で重罪とされていた放火・盗賊・賭博を取り締まる ”火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)”という役職についていました。

実在の人物である長谷川平蔵をモデルに、池波正太郎が作品用に人物像を創作しています。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

「大野屋」は現存する足袋の老舗。

特に大野屋さんに関しては協力頂き本物の看板を掛けている、との事です。いやー、こだわりますねえ。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

和漢筆墨所「竜淵堂」前に掛けられた筆。でかっ!

「池波正太郎について」

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」
  • 池波正太郎(いけなみしょうたろう):1923年(大正12年)~1990年(平成2年)
  • ・ 東京浅草生まれ。戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。
  • ・1960年に直木賞。1977年に吉川栄治文学賞を受賞。
  • ・「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」「真田太平記」など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を発表。
  • ・美食家・映画評論家としても著名。

「フードコート・本所深川」 下町の食事処

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

次に食の世界の方をのぞいてみましょう!

フードコートは江戸時代の下町「本所深川」の屋台の雰囲気を再現しています。

下町の雰囲気には夕暮れ時が似合いますね~。ランチに伺いましたがすでにムーディーな雰囲気でした(笑)。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

「鬼平犯科帳」では食事が物語に欠かせない一部となってます。

フードコートのお店も作中に登場するお店の名前での出店がされ、料理も作中のイメージに合ったものを提供するなどこちらの凝りようもハンパない。

軍鶏鍋屋「五鉄」・蕎麦屋「さなだや」・鰻屋「忠八」などなど。オリジナリティー溢れる店が並び、迷いますね~。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

鬼平も軍鶏鍋(しゃもなべ)をつついていたという、「五鉄」で注文。

ここの名物は「一本うどん」。鬼平犯科帳の小説にも出てくる料理で、 商品開発に3年間も費やしたそうです。

メディアでもよく取り上げられているらしいっすよ。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

で、注文したのは親子丼。卵トロトロでウマー。

で、なんで「一本うどん」じゃないんだって? なんとなく食べ辛らそうな形だったもので。。。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

食事する場所もウッディな感じで、雰囲気があります。

「両国広小路」 みやげ処

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

ここは江戸で賑わっていた、「両国広小路」の屋台が並ぶ街並み風のお土産屋さんです。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

江戸下町っぽいお土産といえば佃煮ですね。色々な種類があるので選ぶのも楽しい!

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

こういう鬼平江戸処のオリジナルのお菓子もあります。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

私が気になったのはこの足袋の形をしたせんべい。思わずいコクうまカレー煎餅を購入。

最近のパーキングエリアって、洗練された品揃えのお土産屋さんが入っているところ増えてますよね。

「屋台連」 立食い処で小腹を

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

外にはちょっとした軽食が買えるお店もあります。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

立ち食い処「屋台連」。

アイスクリームや、小腹を満たすのに良さそうな串ものなどが売られています。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

鬼メンチはなんだかすごいトゲトゲ感だ!

実際はこんなに大きくありません、と注意書きがあるのが妙に親切(笑)。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

こちらは人形焼きの「文楽焼本舗」。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

人形焼きと鯛焼きを売っているお店ですが、単にあんこいりが売られているだけじゃないですよ。

チョコクリームやカスタードはもちろん、期間限定でイチゴレアチーズなるものも。甘いのが苦手な人向けにお好み鯛焼きなどもあり、ストライクゾーン広し。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

購入したら「植木屋の植半」のベンチで頂くのがよろしい。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

その中から、軽めのものをチョイス。元祖くず餅「船橋屋」の串くず餅を購入。
櫛に刺さったくず餅って、ありそうで見たことなかったかも。(店舗は建物内)

上のはあんこの餡がのったもので、下はアンズの餡がのったもの。アンズ餡もさっぱりしておいしゅうございました。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

植木屋の植半の前はちょっとした広場になっていて、大道芸や夕市などの催しが行われることもあるそうです。

一般道からも入場できます

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

このパーキングエリアは高速道路を利用しない人でも施設に入れるんですよ!

植木屋の植半の近くにこの「弥勒寺門入口」があり、ここから通行手形無し、もとい、高速料金無しで入場できます。

埼玉県羽生市「羽生PA(上り)・鬼平江戸処」

一般道からの来客用の駐車場です。

アクセス情報

東北自動車道 羽生PA(上) 公式ページ
住所:埼玉県羽生市弥勒字五軒1686 (GoogleMapで開く

鬼平江戸処 駐車場(一般道からの入場用駐車場)
住所:埼玉県羽生市弥勒1559(GoogleMapで開く

埼玉のトリセツ 地図で読み解く初耳秘話

価格:1,540円
(2022/9/10 10:34時点)
感想(1件)

地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。広く浅く埼玉を知るには便利な一冊。

出かけてみませんか?

いかがでしたか?土曜の午後に「どこかでランチを」、なんてノリで訪問してみましたが、とても楽しくて美味しいちょっと非日常的な半日が過ごせました。近くの方は一度寄ってみたらいかが?

もちろん東北自動車道を運転されるドライバーの方も、東京までもう一息っ!ていう場所にあるので、羽生PAに立ち寄ってリフレッシュしていって下さい。


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/5/5】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県行田市「歴史散策スポット 総ガイド」

埼玉県行田市「行田八幡神社」

埼玉県行田市「前玉神社」

埼玉県加須市「ククリカフェ」

埼玉県久喜市「鷲宮神社」

Pocket