【最新記事:2021.10.11】「川越熊野神社」で開運祈願し放題!手相鑑定まであるゾ【埼玉県】

何これ!「吉見百穴」、謎多き遺跡の正体は?【埼玉県吉見町】

何これ!「吉見百穴」、謎多き遺跡の正体は?【埼玉県吉見町】

これは何だ!山に面した断崖にボコボコ穴が開いた異様な風景が広がる。実はこれ埼玉県吉見町にある「吉見百穴」で、国の史跡にも指定されている遺跡群です。

いつ誰が何の為に作ったの?遺跡を訪問してその謎を探ってみましょう!

『吉見百穴』不思議な史跡を歩いてみる

吉見百穴とは?

トップの写真の様に、断崖に無数のちっちゃい穴っポコが開いているのが「吉見百穴」です。ちょっと異様な光景ですよね。これ、何だと思います?

歴史をさかのぼると、江戸時代には既に穴に関する記録がありました。が、何の穴なのか?性格や成立ちは不明でした。

本格的な発掘調査は明治20年(1887年)に行われ、6か月間に渡る全面調査により237基の横穴が発見されました。かなりの数ですよね!

発見後、学会では「コロボックル居住説」と「墳墓(お墓)説」に説が分かれての論争となりました。コロボックルというのはアイヌの伝説に登場する小人のこと。

その後、徐々に全国各地の横穴に関する研究が進み、この穴は古墳時代の後期の埋葬施設であることが分かりました。

はい、結論は 古墳時代(6世紀末~7世紀後半)に作られた横穴墓(ぼ)という事になります。大正12年(1923年)に国の史跡に指定されています。

「吉見百穴」の読み方ですが、”よしみひゃっけつ”とも、” よしみひゃくあな”とも読まれます。

地元では”ひゃくあな”と読みを付ける場合が多いですが、文化庁のデータベースでは”ひゃっけつ”で読み仮名が付いています。ややこしいな。。。

私は”ひゃっけつ”派ですが、 振り仮名を振りませんので、お好きな方で読み進めて下さい(苦笑)。

では、吉見百穴を歩いてみましょう!

「軍需工場跡」戦争の痕跡

入場して地上部分から見てゆくと「軍需工場跡」という表記が目に入ります。

太平洋戦争末期の1944~1945年に、地下に巨大なトンネルが掘られ軍需工場が造られました。この際、当初発見された横穴の一部が破壊されています。(237基から219基へ減少)

工場の入口が残っていますが、現在は点検・調査により立ち入り禁止でした。以前は入場して一部見学できたのですが。。。

柵越しにトンネル内部を撮影。最近こういう時に、レンズの小さいスマホは至極便利なことに気づきました。(今頃か?ってツッコんでやってください。。。)

戦時中、現在のさいたま市にあった”中島飛行機 大宮製作所”で戦闘機のエンジン部品の生産が行われていました。それを空襲を避けて生産を継続する為にこの地に工場が造られました。

結局、本格的な生産への移行前に終戦を迎えた様です。

「天然記念物:ヒカリゴケ」自生地

地上ヶ所のもう一つの見どころとして、 天然記念「ヒカリゴケ」の自生地があります

ヒカリゴケはその名の通り、黄緑色の光を放っているように見えるコケ類の植物。中部以北の山地に生息が見られるもので、関東平野で見れることは珍しい。百穴中の冷涼な環境により自生している貴重なパターンらしいですよ。

で、すいません。ヒカリゴケの写真は暗すぎて撮影できず、のぞいているオジサンの様子での状況説明になります。ゴメンなさいよ。

のぞくとかすかに緑っぽく光るヒカリゴケが見えましたよ!ちょっと地味な天然記念物ではありますが。。。行ったら一見のほどを。

百穴に登ってみよう

では百穴がある岩肌には階段が付いているので登ってみましょう。結構急な階段。頂上までの高さは50mくらいです。

一見穴の並びは不規則にも見えますが、傾斜約45度を保ちながら左右に規則的に並んだ不思議なレイアウトになっています。

ぽっかりと口を開けている穴を近くで見ると、ちょっと不気味な感じも。。。

「棺座」埋葬の為の工夫

穴の中に入って横穴墓の構造が見れる個所があります。

穴墓の入口には石の蓋が立て掛けられていました。蓋を外せば再び石室内に入れる構造になっていたので、一般的な古墳と違い追葬が可能でした。現代のお墓に近い発想になってきていますね。

穴墓の中に入ってみましょう!

横穴墓の中には「棺座(かんざ)」といわれる遺体を埋葬する為の仕切りが設置されています。

ここは2つの棺座があるので、2体の遺体を納める造りです。 棺座のないものや単棺座・三棺座の穴もある様です。排水用の溝が設けられている墓もあり、色々な当時の工夫が見られる様です。

集団墓地の様なイメージですが、岩を掘る重作業を考えると誰でもという訳では無く、身分のある人物とその家族が埋葬された場所という見方がされています。

ここは昔の人のお墓かあ、とふと考えると。。。、急に落ち着かない気分になり、そそくさと外に出ました。

百穴の頂上に到着

吉見百穴の頂上。天気が良ければ富士山や秩父の武甲山あたりまで見えます。

前方左側に見える森は「武州松山城跡」がある場所です。百穴からは歩いて行けるんで、訪問時は立ち寄ってみるのも良いと思います。

松山城跡も国指定の史跡なんですよ。

頂上はこんな感じ。お店っぽい建物がありますが営業してませんでした。

頂上の両脇に迂回できる緩い階段があるので、こちらから下りました。

「吉見町埋蔵文化財センター」(資料館)

地上に戻りました。

吉見百穴の入場口から入って右手には、休憩所(写真右手)や、 資料館の「吉見町埋蔵文化財センター」(左手)があります

吉見町埋蔵文化財センター(資料館)

吉見町埋蔵文化財センターの前には吉見町のゆるキャラ”よしみん”の埴輪風の像があります。吉見町名産のイチゴの顔型はわかるが、2537って暗号は何?

後で調べたら、吉見町と鴻巣市にまたがる日本一の荒川の川幅の数値だった。わかりません!せめてm(メートル)とか入れて頂戴。。。

吉見町埋蔵文化財センター(資料館)

「吉見町埋蔵文化財センター」には出土品等の関連資料が展示されています。

ここには吉見百穴他、近隣の松山城跡や吉見漢音などの解説リーフレットや、詳細記載の印刷物が沢山置いてあり情報源として貴重!

”埴輪づくり”や”勾玉づくり”などの体験学習メニューもあるようなので、もっと土器土器、もとい、ドキドキしたいしたい方はそちらもチェックしてみて下さい。

休憩所は「吉見資料展示館」にもなっています。

こちらにも吉見百穴に関する解説や、松山城跡平面図などの解説パネルが展示されています。

休憩所のパネル
正岡子規の俳句の石碑

吉見町埋蔵文化財センターと休憩所の丁度真ん中に、「正岡子規の俳句の石碑」があります。正岡子規が明治24年に当地を訪問した際に詠まれた俳句が刻まれています。

「神の代は かくやありけん 冬籠」

平成16年に町の記念行事として造られた石碑だそうです。

お土産屋

そば・うどんなどの食事もできる土産物屋が2軒あります。

当地は五家宝が名物らしい。一般的なきな粉の他にチョコレート・オレンジ・レモン・クランベリーなど変わり種が結構もありますね!

一本売りしてるので、クランベリーを購入。甘酸っぱい感じでこれは美味しいですね。お試しあれ。

アクセス

吉見百穴埋蔵文化財センターの案内ページ
住所:埼玉県比企郡吉見町大字北吉見324(GoogleMapで開く
営業時間:8:30〜17:00(年中無休)
入場料:中学生以上 300円、小学生 200円、小学生未満 無料
アクセス:
電車)
・東武東上線「東松山駅」下車、川越観光バス「免許センター行」約5分、「百穴入口」下車徒歩約5分
・JR高崎線「鴻巣駅」下車、川越観光バス「東松山駅行」約25分、「百穴入口」下車徒歩約5分
車)
・関越自動車道「東松山IC」から鴻巣方面へ約5km
・圏央道「川島IC」から東松山方面へ約8km
・国道17号より鴻巣天神2丁目交差点から東松山方面へ約10km

まりこふんの古墳ブック [ まりこふん ]

価格:1,650円
(2021/9/23 22:10時点)
感想(2件)

都心から行ける日帰り古墳 関東1都6県の古墳と古墳群102 [ 日帰り古墳推進委員会 ]

価格:1,699円
(2021/9/23 22:11時点)

でかけてみませんか?

いかがでしたか?

「吉見百穴」は吉見町と言えば。。。という代名詞の様なスポットなんですが、吉見町って他にも歴史が好きな人なら興味を持ちそうなスポットがいくつかあるんですよ。
吉見百穴のすぐ近隣の「岩室観音堂」や「松山城跡」などは百穴から歩いて行けます。

ちょっと不思議なスポット「吉見百穴」に出かけてみませんか?


旅の予約はポイントも付く楽天トラベルがお得!

【記事の訪問日:2021/5/9】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県吉見町「岩室観音堂」

埼玉県吉見町「吉見観音 安楽寺」

埼玉県行田市「八幡山古墳」

埼玉県行田市「前玉神社」

埼玉県行田市「古代蓮の里」

Pocket