【最新記事:2022.11.27】「江戸城外堀跡歩き」、多くの石垣に出会える散策【東京・千代田区周辺】

こんな崖に!「岩室観音堂」、胎内くぐりや四国88ヶ所の功徳を【埼玉・吉見町】

こんな崖に!「岩室観音堂」、胎内くぐりや四国88ヶ所の功徳を【埼玉・吉見町】

埼玉県吉見町にある「岩室観音堂」は、こんな所に寺院!?と驚くような山の崖の斜面に建つ寺院です。

洞窟の中にひっそりと並ぶ多数の石仏を参拝したり、石場にある胎内くぐりに挑戦したりと、ちょっとした非日常感を味わえるスポットでもあります!

そんな岩室観音堂の見どころや歴史について紹介します。

吉見丘陵にある吉見百穴、そして岩室観音堂

埼玉県吉見町は県内のほぼ中央に位置し、その吉見町の西地区には吉見丘陵と呼ばれる丘陵地帯が広がっています。

このエリアには、吉見町を代表する遺跡であり観光スポットでもある「吉見百穴」が良く知られます。

今回はその吉見百穴にもほど近く、やはり独特の丘陵地の地形を感じさせるスポット「岩室観音堂」を紹介します。

「岩室観音堂」 迫力ある懸造りのお堂

埼玉県吉見町 岩室観音堂

丘陵地の山の斜面に立つ寺院、「岩室観音堂」の外観がこちらです。どうですか?東北の山の中にある寺です、といわれても違和感無い外観じゃないですか?

山の間にパコッと挟まったような場所にあります。このように山や崖にもたせかけたりして造られた建築物は、懸造り(かけづくり)と呼ばれます。

山寺のような雰囲気を感じますよね~。

埼玉県吉見町 岩室観音堂

岩室観音堂は、吉見百穴の駐車場からも見えるくらいの直ぐ近くにあります。

ハイキング目的で通りがかる人々も「おおっ!」とばかりに、独特のフォルムをカメラに収めていましたよ!

「岩室観音堂の由緒」 松山城の戦いの兵火に

埼玉県吉見町 岩室観音堂

岩室観音堂の由緒です。

  • 平安時代の弘仁年中(810~824年):この頃の起源といわれるが、確かな記録は残ってない。
  • 戦国時代:松山城(武蔵国)城主が代々信仰し護持。天正18年(1590年)、小田原征伐をおこなった豊臣秀吉軍との松山城の攻防戦の際に兵火にあう。当時のお堂はこれにより焼失。
  • 江戸時代の寛文年間(1661~1673年):龍性院の堯音法師が近郷の信者の助力を得て再建。

ちなみに観音堂の裏手の小高い山が松山城があった場所で、かつての城郭の一部といって良い場所にありました。

「岩室観音堂」 比企西国三十三所の一寺

埼玉県吉見町 岩室観音堂

外から見ると建物は山門などの門の様にも見えますが、この建物自体が観音堂となっています。

本堂は2階にありますので、こちらの階段で上がります。

それにしても岩と建物が一体化しており、不思議な感じがする造りですねえ。

埼玉県吉見町 岩室観音堂

2階に上がる手前の階段は、ほぼ直角ですね。。。気をつけて上がりましょう。

埼玉県吉見町 岩室観音堂

2階にある本堂です。

戦国時代に松山城の兵火に会ってお堂は焼失しましたが、御尊像だけは岩窟内で無事でいらしたといわれます。

そんなこともあり、災難除けや交通安全を始め、商売繁昌、安産等の御利益があるとして知られているそうですよ!

埼玉県吉見町 岩室観音堂

岩室観音は、比企郡内の33寺院を巡拝する「比企西国三十三所観音札所」の第3番にあたります。

江戸時代に設置されたこの霊場は明治維新後に廃寺になったお寺も多く、残念ながら現在は12ヶ所しか現存しないようです。

埼玉県吉見町 岩室観音堂

素朴な感じですが立体感のある彫り物が施されています。

埼玉県吉見町 岩室観音堂

「八十八体の石仏」 四国、空海の御利益を!

埼玉県吉見町 岩室観音堂

観音堂の1階部分には、左右2ヶ所に分かれた洞窟のような場所があります。そこには、写真のように沢山の石仏が安置されております。

ここには四国にある弘法大師・空海ゆかりの霊地、四国・八十八ヶ所の寺々の本尊を模した仏像が祀られているんですね~。

左手の洞窟には1番~51番まで、右手には52番~88番までの仏像が納められています。台座部分には第二番 極楽寺とか、寺の名前もきちんと掘られていますね!

埼玉県吉見町 岩室観音堂

台座に寛政十年の文字を見かけたので、江戸時代に作られた物のようです。

ここの石仏を拝めば四国・八十八ヶ所を巡拝したのと同じ功徳が得られるそうだ。それはありがたいですね!参拝して御利益を頂戴しました。

「胎内くぐり」 松山城に続く岩地

埼玉県吉見町 岩室観音堂

お堂を抜けた裏手は岩地になっており、そこに「胎内くぐり」があるそうです。

「ここをくぐると諸難を除き、安産、その他の願いが叶う」とあります。行ってみましょう!

埼玉県吉見町 岩室観音堂

こちらが裏手の岩場。

右手の道は松山城跡まで続いている道ですが、通行止めになっているようです。時折入って行く人を見かけますが。。。

左の岩場の壁に鎖が掛かっており、そちらに「胎内くぐり」があります。写真だと少しわかり辛いですね。

埼玉県吉見町 岩室観音堂

こちらがハート型の胎内くぐりになります。アングルが一息で、ややギザギザハートですね(苦笑)。

胎内くぐりは各地でも見られる風習で、胎内に見立てた輪をくぐると清らかな体に生まれ変わるという意味合いがあるそうですよ!

埼玉県吉見町 岩室観音堂

登り口は人がいる方が分かり易いので、失礼ながらこちらをパチリ(苦笑)。

安産のご利益有りとありますが。。。、足場があまり良くないので妊婦さんにはあまりおすすめできませんな。

アクセス

岩室観音堂龍性院公式ページ
住所:埼玉県比企郡吉見町北吉見309(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・東武東上線「東松山駅」下車、川越観光バス「免許センター行」約5分、「百穴入口」下車徒歩約5分
・JR高崎線「鴻巣駅」下車、川越観光バス「東松山駅行」約25分、「百穴入口」下車徒歩約5分
車)
・関越自動車道「東松山IC」から鴻巣方面へ約5km
・圏央道「川島IC」から東松山方面へ約8km
・国道17号・鴻巣天神2丁目交差点から東松山方面へ約10km
・吉見百穴の近隣につき吉見百穴の無料駐車場が利用可

御朱印でめぐる関東の百寺 坂東三十三観音と古寺 (地球の歩き方 御朱印シリーズ) [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,650円
(2021/9/23 10:53時点)

坂東三十三観音と他の素晴らしい寺をあわせて、関東の百寺を紹介。「地球の歩き方シリーズ」なのでしっかりした内容ですよ!

42 日本全国ねこの御朱印&お守りめぐり 週末開運にゃんさんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ) [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,760円
(2022/3/4 07:43時点)
感想(4件)

猫にゆかりのある神社とお寺の紹介。見るだけでも癒されます!関東の社寺の紹介が多めです。

でかけてみませんか?

埼玉県吉見町 岩室観音堂

不思議な建物のお堂「岩室観音堂」を紹介しましたが、いかがでしたか?

それほど山奥にあるわけではありませんが、ちょっと秘境っぽい雰囲気が味わえましたよ。

周囲にも色々見どころがあり、すぐ裏手には由緒深かった戦国時代の城・松山城跡があります。近くには古墳時代の史跡・ 吉見百穴もあります。そして、江戸時代の建築物・ 岩室観音堂。

なんと近隣エリアで古墳時代~戦国時代~江戸時代までをタイムトリップできるんですよ!

そんな岩室観音堂に出かけてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/5/9】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県吉見町「吉見百穴」

埼玉県吉見町「吉見観音 安楽寺」

埼玉県吉見町「松山城跡」

埼玉県行田市「埼玉古墳群」

埼玉県東松山市「こども動物自然公園」

埼玉県川島町「金笛しょうゆパーク」

Pocket