【最新記事:2022.1.24】鬼が主役! 嵐山町「鬼鎮神社」、武将・畠山重忠館の鬼門除け!?【埼玉】

【埼玉・ときがわ町】「小倉城跡」を徹底ガイド!戦国の山城歩き

【埼玉・ときがわ町】「小倉城跡」を徹底ガイド!戦国の山城歩き

埼玉県ときがわ町の「小倉城跡」は戦国時代の城郭跡。全国的にも珍しい石垣のある山城跡で、比企城館跡群として国史跡に指定されています。

自然の地形を巧みに生かした城郭跡が比較的綺麗に残っており、ハイキング気分で気軽に城郭歩きができますよ!御城印の紹介もあります。

『比企城館跡群と小倉城』

比企城館跡群について

小倉城(おぐらじょう)跡がある比企地域は、埼玉県の中央に位置して丘陵地帯を有する地域。この辺りは戦国時時代の城郭跡が非常に多い地域です。

戦国時代の関東は、公方(くぼう)足利氏・山内上杉氏(やまのうちうえすぎし)・扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎし)らの争乱が激化・長期化していました。その三つの勢力が交差する比企地域には、69か所もの城館跡が確認されています。

その中の代表的な4城館、吉見町「松山城跡」、嵐山町「菅谷館跡」「杉山城跡」、ときがわ町・嵐山町・小川町にまたがる「小倉城跡」が国指定の史跡になっています。これらは合わせて「比企城館跡群」と呼ばれます

これらの城郭は戦国時代の城の特徴でもある自然を生かした土の城で、それそれ特徴があり、比較しながら訪問するのも楽しいですよ!

今回紹介の小倉城跡は関東では珍しい石積みのある城郭で、城郭の保存状態も非常に良いです。

小倉城概要

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

小倉城(おぐらじょう)跡は埼玉県ときがわ町にある戦国時代の山城。

立地としては周囲を囲む槻川(つきかわ)を自然の堀として、川向こうには大平山などの山もあり、自然の立地を利用した攻め辛い城郭となっています。

史実に関しては、実は築城や廃城の時期を明記した資料が見つかっていません。

発掘調査から天文(てんぶん)~永禄年間(1532~1570年)頃最盛期を迎え、天正年間(1573~1592年)の後半に使われなくなったと推定されます。

城主は明確には不明らしいのですが、 江戸時代の文献から小田原北条氏の重臣・遠山氏あるいは上田氏が城主だったとされています

『小倉城跡を歩く』

小倉城の縄張り

埼玉県ときがわ町 小倉城跡
小倉城の縄張図

小倉城跡の面積は129,930m2で、縄張は標高140m程の山尾根から中腹までに見られます。

北東から南西に走る尾根に沿って郭(くるわ)1と郭2を並列に配置し(連郭式というそうです)、郭1と郭3の間と、郭2と郭4の間に大堀切を設置。主要郭周囲は腰廓などが囲みます。

すべての動線が郭1に集まっていることから、郭1は本郭に位置付けられています。山裾からは、それぞれの郭を登る様に進まなければ郭1に入れない構造になります。

大福寺脇から入場

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

城跡正面入口には大福寺というお寺があり、その脇に城跡見学者用の駐車場があります。

車が結構多いぞ、小倉城跡って結構人気なんだな!と、思ったんだけど。。。ここ、景勝地「嵐山(らんざん)渓谷」が程近く、紅葉シーズン真っ盛りにつきこちらの駐車場も利用されているみたい。

車下りたほとんどの方々が渓谷方面に向かってました。なんだ、山登らないんか(苦笑)。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

お寺の建物の前には、縄張図入りのパンフレットがケースに入って置かれてました。これがあるとありがたいですね!

近くにバイオ式のトイレも設置されています。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

整備された登り口ですね!では早速山に入ってみましょう。

ちなみにこの道は戦国時代には無かった道の様です。「めっちゃ攻めやすそうじゃん!」とはやとちりしないで下さい、念の為(笑)。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

それほど急坂では無いですが、深い杉林の中に一気に入って行く。森林浴気分でちょっとした低山ハイク気分が味わえますよ!

山城歩きはどんな城郭跡が現れるか?探しながら歩くワクワク感があり、ちょっと癖になります。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

足場の雰囲気が変わってきたなって思うと、程なく郭1の案内矢印が見えてきます。

「郭3の石垣」 最大の石垣

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭1方面への右手、郭3方面への左手と二方向への分岐点に出ました。

先に郭3に立ち寄ってみます。

写真は郭1方面から、郭3に向かう道の様子。峠越えみたいな雰囲気ですよね。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭3の斜面(切岸面)に積まれた石垣の遺構で、早速の見どころだ。

石垣は小倉城跡の最大の特徴で、全国的にも山城の石垣は珍しいらしい。小倉城跡内でもこの郭3の石垣は最大級で総延長約120m、最大高5mあります

石垣といっても、上に天守閣がそびえる近世の城のイメージとはだいぶ違いますよ。見ての通りですが(笑)。土の城郭を補強する、実戦に効く相違工夫の一つですね。

石垣は緑泥石(りょくでいせき)と呼ばれる石の片岩を積み上げた物。軟らかく、薄くはがれる特徴を利用したものです。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

各ポイントには分かり易い説明板が設置されてます。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

石垣とは別の斜面。この辺もちょっと土とは違う感じの斜面が露出しています。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

これは人工の石積みでは無いですが、山全体がゴツゴツとした岩山の特性を持っている様です。

城郭を造る際に発生した石をうまく利用しちゃった!とういうのが石積みの成り立ちですかね。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

斜面上の郭3です。

「東腰郭」 虎口にも石垣

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

先程の分岐に戻り、郭1方面の右に進みます。

見えてきたのは、郭1の東側を取り囲む「東腰郭」の虎口(こぐち)にあたります。虎口は郭の入口のこと。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

虎口の両斜面にも石垣が残っています。高さは3.5m程。

往年当時は山麓からも見渡すことができた様で、郭3と併せて城斜一面の石垣の化粧をビシッと見せつけ、威圧感を与えていたそうですよ!

しかしこの石垣、雨風にさらされているので保存には気を使いそうですね。郭3の方も土嚢による補強の跡が見られました。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭1を取り囲む腰郭。右手のこんもり部分が郭1側。

「東腰廓の桝形虎口」 北側の防御

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

東腰郭の北側にある「桝形虎口」。

写真は腰廓側から見たアングル。四角に開いた入口空間で、外の北郭に面した虎口は写真右手の真ん中辺にあります。

ここからだと、虎口自体は見えませんよね?敵も突入時は方向転換しないと場内が見渡せず、また、直進するとドン詰まりになる造りです。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

外側からは上り坂になっており、中が見通し辛い。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

掘削により岩盤が露出した部分。自然の岩を利用した強固な造り。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡
北郭方面

桝形虎口の外側の北側には杉林が続きつつ、山麓に向かって緩やかに下っています。右手は傾斜のある山の斜面。

縄張図によると「北郭」と呼ばれる郭や堀切跡がある様ですが、ちょっと見つけられませんでした。(確認できないまま歩き続けて、一度山の外に出ちゃった!山城あるあるですね。。。はは)

「郭1の北虎口」 石垣で堅固

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

腰廓から登りのスロープを描きながら、道は郭1の「北虎口」に繋がります。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

腰廓側から見た郭1の北虎口。

左右の袖からは基礎石が確認されているそうで、当時は門があったと想定されてます。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

石積みがされた堅固な造り。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭1側から見た虎口。

これは敵を狙い撃ちできますな!

「郭1」 中心部の本郭

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

平場の広い空間に出ました!こちらが郭1で、本郭と考えられる城郭の中心部です。

郭内には南北東の3箇所の虎口があります。

そして、柱穴と基礎の存在から郭内には5棟以上の建物が建ち、虎口には門が建っていたと想定されます。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭北側の小倉城概要の説明板と記念碑。

郭1は二段構造になっており、記念碑が建っている場所は一段高い場所になってます。

ちなみに。。。、写ってませんがこの横にはちょっとしたベンチがあり、ハイキングに来たマダムグループが昼食を楽しまれていました。

場内は良く整備されているので、気軽にハイキングを楽しめるコースになってますヨ。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

昭和11年(1936年)に埼玉県指定史跡に指定されたことを記す記念碑。小倉城跡の概要が刻まれています。

この碑は埼玉県と玉川村の連名の碑となっており、ときがわ町以前に建てられた碑もの。

所在地のときがわ町は平成18年、玉川村と幾川村が合併して成立した比較的新しい町なんですよ。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

「史跡 小倉城跡」の碑。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

石碑の裏手のエリアには”発掘調査中により立入禁止”の看板がありました。

発掘で新しい史実が発見されるといいですね!

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭1の北東からの眺望。

小倉城は周囲の槻川の上流と、槻川と合流する都幾川(ときがわ)東方にある菅谷城方面の視界も良好な立地。

また、鎌倉街道上道と、八王子城と鉢形城(現埼玉県寄居町)を結び更に上野国・高崎に抜ける山辺の道(現、県道飯能寄居線沿い)の二つの幹線道路の中間にありました。

このことから、築城においては河川・陸路の交通や輸送を監視・掌握する為にこの場所が選ばれたと考えられます。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭1の南側のヘリ。対面は郭3側でその間に通行ができる「切通し(きりどおし)」が造られています。

郭1と郭3側との間には当時は橋が掛けられてました。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

南側の虎口から郭1を出て、郭2へ向かいます。

「郭2」 南側の防御

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭2の入口。

合戦中の軍旗のイメージなのかもしれませんが、郭2は旗が多過ぎ(笑)。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭2の全景。東西に横長の形をした郭。

「郭2の大堀切」 最大の堀切

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭2の側面。郭の形が分かり易く残ってますね。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

郭2の最南端にあり、隣の郭4との尾根道を断ち切る「大堀切(おおほりきり)」。こちらは小倉城跡最大の堀切だそうです。

高さのある郭2側からは、南側から侵入した敵を矢で狙えます。

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

こちらが城郭の南側のヘリ。左手は山の斜面になります。

御城印

埼玉県ときがわ町 小倉城跡 御城印

小倉城跡の特色である石垣をあしらったデザインの御城印。

紙は国産樹木の武蔵楮(こうぞ)を原料として使い、ときがわ町ですべて手漉きで仕上げた貴重なものだそうですよ!

和紙は今どき貴重なんでしょうなあ。質感に独特の風合いを感じます。

アクセス

小倉城跡ときがわ町のページ
住所:埼玉県ときがわ町大字黒田字城山1184(GoogleMapで開く
電車)
・東武東上線「武蔵嵐山駅西口」からときがわ町路線バス 十王堂前経由せせらぎバスセンター行き(と02系統)乗車、「田黒バス停」下車、徒歩20分(1.4km)
※明覚駅経由せせらぎバスセンター行き(と01系統)は「田黒」バス停を通らないので注意りません。
車)
・国道254号線「嵐山渓谷入口交差点」からときがわ町方面へ約2.5km、3つ目の信号を右折、直進1.4km

「髙栁屋」 ランチに地元のうどん!

埼玉県ときがわ町 髙栁屋

実は御城印はちょっと離れた場所での販売で、購入に向かう途中で昼食にしました。

地元の製麺所が営むセルフ式のうどん屋「髙栁屋」。車が入れ変わり立ち代わりで、地元の人気店の様ですね!

埼玉県ときがわ町 髙栁屋

最近はセルフ式のうどん屋も珍しくないですが、チェーン店とは違う地場の活気がある雰囲気が良~い感じでした。

埼玉県ときがわ町 髙栁屋

肉汁ときのこ汁のつけ汁で迷いましたが、両方入ったつけ汁うどんが有ったのでそれを頂く。

程よい弾力の麺と具沢山のつけ汁で旨し!

うどん「髙栁屋」公式ページ
住所:埼玉県比企郡ときがわ町玉川1338(GoogleMapで開く
営業時間:飲食10:30~15:00、売店10:30~17:00
定休日:毎週水曜日、他有り(月に1回日曜日休み有)
駐車場:あり

「建具会館」 御城印の販売施設

埼玉県ときがわ町 建具会館

「ときがわ町立 建具会館」という施設で御城印の購入ができます。小倉城跡からは10km程離れていて、車で15分程度掛かります。

地元の木工品などがあり、ちょっとのぞくのも面白いです。喫茶コーナーもあり。

ときがわ町立 建具会館
住所:埼玉県比企郡ときがわ町西平709-3(GoogleMapで開く
営業時間:4月~10月 9:30~17:00、11月~3月 10:00~16:30
休業日:年末年始を除き年中無休
駐車場:あり
埼玉県ときがわ町 やすらぎの家

建具会館の向かいに目を引く建物がありました。明治31年建築、築百年越えの木造二階建ての古民家「やすらぎの家」。

観光案内所・休憩所施設で、地元の「うどん」を味わえるほか、うどん打ち体験(要予約)もできる施設になっています。へえ~、面白いね。

埼玉県ときがわ町 やすらぎの家

裏山にはトトロがいた!

やすらぎの家
住所:埼玉県比企郡ときがわ町西平720-1(GoogleMapで開く
営業期間:10~16時(食事は11~14時)
定休日:毎週火曜日、お盆休み、年末年始

日本100名城と続日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき (歴史群像シリーズ) [ 日本城郭協会 ]

価格:1,100円
(2021/9/25 16:13時点)
感想(4件)

目指せ!全国制覇 御城印ガイド お城版“御朱印”をもらおう! [ 萩原さちこ ]

価格:1,870円
(2021/9/25 16:14時点)

でかけてみませんか?

埼玉県ときがわ町 小倉城跡

ときがわ町の山城歩き、いかがでしたか?

上記の写真は本郭を散策されていたグループをパチリさせてもらったものです。 小倉城跡は地元の努力もあり、歩道も歩きやすく城郭の造りも見やすく整備されており気軽に歩けます。

里山を思わせる、ときがわ町ののどかな土地柄ものんびりできて良かったです。

城好きにも、それほど城好きというわけでは無い方にも(笑)、オススメのハイキングコースですよ!


旅の予約はポイントも付く楽天トラベルがお得!

【記事の訪問日:2021/11/21】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県嵐山町「菅谷館跡」

埼玉県飯能市「発酵食品のテーマパーク」

埼玉県飯能市「飯能駅からレトロウォーク」

埼玉県秩父市「秩父神社」

埼玉県秩父市「三峯神社」

Pocket