【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

川越城「本丸御殿」見学と、周辺遺構を探す散策に行こう!【埼玉・川越市】

川越城「本丸御殿」見学と、周辺遺構を探す散策に行こう!【埼玉・川越市】

川越城の城下町として栄えた小江戸川越。

川越には本丸御殿が東日本では唯一現存しており、貴重な遺構として是非とも見学したいスポットです。

折角見学に行くなら、他の川越城関連スポットにも立ち寄りたいですよね?

そんな歴史スポット歩き好きな方向けに、川越城本丸御殿と周辺の城郭関連スポットを紹介します!

『大手門跡碑と太田道灌像』 川越城の歴史

埼玉県川越市にあった川越城は日本100名城の一つに数えられ、その昔は関東七名城の一つといわれた城です。

旧川越城の遺構には、全国的に見ても貴重な現存本丸御殿があります。一方、それ以外の遺構については、それほど残っていない様子ではありますが。。。

僅かながら残る旧川越城の面影を求めての、川越本丸御殿と周辺スポット巡りを紹介します。

「大手門跡碑と太田道灌像」

川越城跡 太田道灌像

旧川越城散策は、川越市役所前からスタート。

ここは旧川越城入口にあたる大手門だった場所なので、城郭攻めのスタートには最適!それと。。。市役所の駐車場が停めやすかったから、という選択事情も大きいかな(笑)。

大手門跡は石柱碑のみで、残念ながら遺構などは残っていません。

川越城跡 太田道灌像

大手門碑の背後には、「わしじゃ!」とばかりに川越城を築城した武将・太田道灌の像が構えています。

定番の一つである狩装束のいで立ち。ワンポイントは右手に山吹の枝を持っている点ですね。

そーいえば、太田道灌をNHK大河ドラマに!という署名運動があり、川越市もこれにタイアップしてます。(私も博物館で署名しました!)

太田道灌の生い立ちや山吹の伝説に関しては、下記記事をご覧下さい。

「川越城の歴史概略」 河越城と川越城?

築城当時の川越の立地は、関東平野の中央に位置する交通の要衝であり、情報収集にも適した場所でした。

道灌は同時期の江戸城とともに、そんな川越に戦略的に城郭を築きました。

川越城跡

市役所前には川越城の縄張図の石板があります。

それをちょっと加工させて頂き、縄張図にこれから巡る順にスポット名を記入してみました。

大手門から二ノ丸から本丸へ進み、本丸御殿と周辺を探索。そんな大まかなルートになります。

散策の前に、簡単に川越城の歴史を振り返ってみましょう!

【川越城の主な出来事】

  • 室町時代
    • 長禄元年(1457年):河越城築城。
      扇谷上杉家が足利家対抗の為に築城。家臣の太田道真・太田道灌親子が縄張りを構築。
  • 戦国時代
    • 天文6年(1537年):北条氏綱が河越城を奪取。
      扇谷上杉家は山内上杉家との間で行われた長享の乱で弱体化。そのスキをついて駿河国・今川氏に仕えていた北条氏(後北条氏)が関東に進出。
    • 天文15年(1546年):河越城の戦い。
      扇谷上杉家はかつての敵・足利家と連合を組み、北条氏の川越城を包囲。しかし北条氏康(うじやす)の奇襲によって総崩れ(河越夜戦)。これにより関東は北条氏の時代へと移行。
    • 天正18年(1590年):豊臣秀吉による小田原征伐で落城。
      前田利家の攻撃を受けて落城。徳川家康が関東に配置換えになった際、川越も家康の領地となる。
  • 江戸時代
    • 寛永16年(1639年):老中・松平信綱が城主となる
      川越城や城下町の整備を実施。城の改築は慶安3年(1650年)から開始して、明暦2年(1656年)頃完成。
  • 明治時代
    • 廃城により城郭の解体実施。

川越城の表記ですが、室町~戦国時代は河越城の表記です。以後の近世から川越城の表記になります。

複数の時代に掛かる歴史を持つ城郭は、様々な時代に想いを馳せる楽しみがありますよね!一方で、遺構の時代背景がごちゃっとなりがち。

基礎となる縄張は室町時代の太田道灌によるもの。残っている遺構があれば、ほぼ江戸時代以降のものと思われます。

川越市役所へのアクセス

川越市役所
住所:埼玉県川越市元町1丁目(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・西武鉄道「本川越駅」東口から徒歩約18分(約1.3km)
・東武鉄道「川越市駅」から徒歩約22分(約1.8km)
・東武鉄道・JR「川越駅」東口から徒歩約30分(約2.3km)
・「川越駅」東口・「本川越駅」より東武バスウエスト乗車、「市役所前」降車すぐ。又は「札の辻」下車徒歩7分
・「本川越駅・川越市駅・川越駅」からイーグルバス・小江戸巡回バス乗車、「市役所」又は「大手門前」で下車
・「川越駅」東口から市内循環バス「川越シャトル」乗車、「市役所」下車
車)
・最寄り高速道路ICは関越道「川越IC」
・駐車場あり

『川越城中ノ門堀跡』 唯一の堀跡

市役所前を西に向かう道路は”本町通り”と呼ばれ、人気の「駄菓子屋横丁」あたりに通じます。

東に向かう通りは”初雁城(川越城)通り”と呼ばれ、川越城本丸御殿の方角に通じています。本日はこちらの方向を巡ります。

川越城中ノ門堀跡

市役所から2~3分歩いた場所にある「川越城中ノ門堀跡」。

こちらは旧川越城内に残る唯一の堀跡の遺構ですので、是非押さえたいスポットです。ベンチもあり綺麗に整備されており、チラホラと訪問者も見受けます。

中ノ門があった「中曲輪」は、大手門から侵入した敵に対し、三ノ丸への侵入を阻止する役割を担っていました。

当時は2階建ての立派な櫓門があったそうですよ!

川越城中ノ門堀跡

堀の元々の規模は深さ7m・幅18m。城の外側(西側、写真では右側)の勾配は35度で、城の内側に当たる東側は60度でした。

堀に侵入しても、城側にはどうにも登れない仕様なのが一目瞭然だ!

川越城中ノ門堀跡

中ノ門堀の防御の仕組みの解説板です。

侵入した敵は中ノ門堀を含む3つの堀に囲まれ、屈折した細い通路を進まざるを得なくなります。

城側からはそれを待ち構えて、弓矢や鉄砲で迎撃!そんな防御の仕組みだったそうです。

侵入者からすると、いや~な門と堀ですね。

川越城 中ノ門堀跡
住所:埼玉県川越市郭町1丁目8-6(GoogleMapで開く
開園時間:9時~17時まで
休園:年末年始(12月29日~1月3日まで) ※都合により休園日を変更することもあり。
アクセス:川越市役所から徒歩約2~3分。

『川越市立博物館』 二ノ丸跡

「蓮池門跡碑と霧吹きの井戸」 別名 霧隠城

川越市立博物館

川越市役所から500m程離れた場所にある「川越市立博物館」は、蔵造りをイメージした漆喰風の白壁姿の外観が印象的です。

こちらは元々、旧川越城の二ノ丸があった場所。道路を隔てて本丸御殿があります。

川越市立博物館

敷地の東側には「川越城蓮池門跡」の碑があり、二ノ丸跡だったことを偲ばせます。

川越市立博物館
霧吹きの井戸

二ノ丸からは、発掘によって井戸跡が多く見つかっているそうです。

その一つでしょう、博物館前には「霧吹きの井戸」と呼ばれる井戸跡がありました。

この井戸には不思議な伝承があります。

普段は井戸にふたしているが、敵に攻められ危険が迫った時にふたを取る。

すると井戸の中から霧が吹きだし、城の周りを濃霧が包んで城を隠してしまったといいます。

これにより川越城は別名「霧隠城(きりかくれじょう)」とも呼ばれています!

なるほど、不思議な井戸だ。伝承の発端は何なんすかね?

近隣に蓮池って水辺があった模様。湿地帯などにより霧が出やすかった。。。、などど推測しますが。皆さんは、どう思います?

本丸に攻め込む前に、折角なので博物館で川越の歴史を少し吸収してゆきます!

「館内」 城下町の模型

川越市立博物館

展示室中央には、幕末最大期の城下町のジオラマ模型が、ど~んと配置されています! 1/500スケールです。

中央の建物が密集している場所が本丸ですね。その右手下の曲輪が、博物館のある二ノ丸。その上が三ノ丸になります。

近世の城らしく、多くの水堀が見受けられますね!ちなみに外堀の水は川から引いておらず、湧き水の利用だそうです。

川越市立博物館

新河岸川(しんがしがわ)は、江戸との舟運による商人の町としての発展を川越にもたらしました

川越市立博物館

川越藩の家系に伝わる鎧兜。

川越市立博物館

木造の太田道灌像(複製)。道灌が仏門に入った姿を伝えます。

基本情報・アクセス

川越市立博物館公式ページ
住所:埼玉県川越市郭町2丁目30番地1(GoogleMapで開く
開館時間:9時~17時(入館は16:30まで)
入館料金:一般 200円、大学生・高校生 100円、中学生以下無料
休館日:毎週月曜日(休日の場合は翌日)、第4金曜日(休日は除く)、年末年始(12月29日から1月3日)、臨時休館日(館内消毒期間:6月下旬)
アクセス:
電車)
・西武鉄道「本川越駅」東口から徒歩約25分・約2km
・東武鉄道「川越市駅」から徒歩約30分・約2.4km
・東武鉄道・JR「川越駅」東口から徒歩約35分・約2.8km
・「本川越駅・川越市駅・川越駅」からイーグルバス・小江戸巡回バス乗車、「博物館・美術館前」下車、徒歩1分
・「川越駅」東口から市内循環バス「川越シャトル」乗車、「博物館前」下車、徒歩1分
車)
・最寄り高速道路ICは関越道「川越IC」
・駐車場あり

『川越城本丸御殿』 東日本唯一の本丸御殿遺構

「貴重な現存本丸御殿」

川越城本丸御殿

いよいよ、旧川越城跡巡りの最大の見どころである「川越城本丸御殿」に攻め込みます!

建物は入母屋(いりもや)造りで、正面中央の入口に掛かる2間(約3m60cm)の大唐破風が特徴的です。

きらびやかさはありませんが、武家屋敷然とした立派な建物ですね~。

正面駐車場があるエリアは整備中だった為、正面から近付くことはできませんでした。

川越城本丸御殿

現存御殿のある城は、高知城と川越城に本丸御殿が、二条城と掛川城にはニの丸御殿がそれぞれ残っているのみとなります。

そんなことで、川越城本丸御殿は全国的に見ても非常に貴重な遺構なんですよ!

「本丸御殿の概要」 城主 松平斉典による御殿

川越城本丸御殿

川越城は明治時代に廃城になりました。

ですが、本丸御殿は江戸時代後期の比較的新しい建築物だった為、再利用される形で一部が解体を間逃れたんですねー。

御殿の一部は県庁として使われ、その後も官庁や学校などの施設に利用され、現存に繋がっています。良かった!

ちなみに全国的な話ですが、明治時代に廃城令が出た時、城は陸軍の管理下にありました。

その為、兵営地確保の観点から、敷地面積を食っている御殿は邪魔っ!とばかりに真っ先に潰される憂き目に遭った様です。

どうやらそんな事情が、天守閣より御殿の現存数が少ない状況に繋がっているみたいですね。

川越城本丸御殿
赤で囲まれた部分が現存箇所(展示室にて)
川越城御殿の変遷
  • 江戸時代初期(17世紀)頃:本丸に御殿があり、徳川家光が鷹狩りの際の休憩・宿泊施設として使用。
  • 明和4年(1767年)頃:本丸御殿は解体され、御殿の役割は二ノ丸御殿に移っていた。家光以降御成が無くなった為。
  • 弘化3年(1846年):城主御殿の二ノ丸御殿が焼失。
  • 嘉永元年(1848年):城主・松平斉典(なりつね)による再建御殿が本丸に完成。

本丸に再建された当時の御殿の敷地面積は、1,025坪(約3,400m2)で16棟もの建物を有する、か~なり巨大な御殿だったそうですよ。

現在は、玄関・大広間部分を含む建物と家老詰所が、その一部として残っており一般公開されています

「広間」 謁見の待機所

川越城本丸御殿
広間

現存御殿では一番広い座敷「広間」。36畳の広さを誇ります。

城主との対面は今は無い「大書院」で行われ、こちらは城主お出ましまでの待機所だったようですね。

この棟の座敷は、長い廊下に囲まれています。写真の左手からも、右手側からも出入りができる広々贅沢な造り。

川越城本丸御殿
広間

広間に残る松を描いた杉戸絵は、幕末期に活躍した川越藩の御用絵師・舩津蘭山(ふなつらんざん)によるもの。

元々は、もっと鮮やかな色彩だったんではないかな~。大分褪色している様に見受けます。

川越城本丸御殿

この棟には広間のほか、使者ノ間や詰所など7つの間が連なって配置されています。

川越城本丸御殿

御殿内には枯山水のある庭園がいくつかあります。

いにしえの訪問者達も庭園でなごみつつ、城主のお出ましを待っていたことでしょう。

川越城本丸御殿
徳川の家紋が入った鬼瓦。

南側の一角に「明治棟」と呼ばれる建物があり、展示室として使われています。

その名の通り明治時代に建てられた建物ですが、天井裏には解体された大書院の部材転用が見られるそうだ。

見えない部分にも歴史あり、なんですね。

「家老詰所」 家老人形がリアル!

川越城本丸御殿

「家老詰所」 全景。

大広間とは別棟で、御殿に勤務していた家老たちが詰めていた建物です。

この建物は明治初期に解体され、現ふじみ野市の商家に再築されてました。 (売却されたんでしょうなあ。。。)

その後、昭和62年に川越市に寄贈されたそうだ。

川越城本丸御殿

こちらの建物はうって変わって、廊下まで畳敷になっており庶民的。

川越城本丸御殿

家老詰所では3体のかな~りリアルな人形を使って、家老たちが藩政を論じる場面が再現されています。

あれ、部屋に誰かいる?という感じで最初ちょっとびっくり(笑)。この人形も本丸御殿の見どころの一つでしょう。

基本情報・アクセス

川越城 本丸御殿公式ページ
住所:埼玉県川越市郭町2丁目13番地1(GoogleMapで開く
開館時間:9時~17時(入館は16:30まで)
入館料金:一般 100円、大学生・高校生 50円、中学生以下 無料
休館日:毎週月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月3日)、館内整理日(毎月第4金曜日、但し休日は除く)
100名城スタンプ:受付窓口に設置(休館日は市役所の観光課で対応) アクセス:
電車)
・西武鉄道「本川越駅」東口から徒歩約25分・約2km
・東武鉄道「川越市駅」から徒歩約30分・約2.4km
・東武鉄道・JR「川越駅」東口から徒歩約35分・約2.8km
・「本川越駅・川越市駅・川越駅」からイーグルバス・小江戸巡回バス乗車、「博物館・美術館前」下車、徒歩約1~2分
・「川越駅」東口から市内循環バス「川越シャトル」乗車、「博物館前」下車、徒歩約1~2分
車)
・最寄り高速道路ICは関越道「川越IC」
・駐車場あり

『川越城富士見櫓跡』 城の物見の役割

川越城富士見櫓跡

本丸御殿から南に5分くらい歩いた場所に「川越城富士見櫓跡」があります。

民家が連なるエリアに、ポツンと小山が現れる。跡碑がなれば古墳か?と思うかもな。

ここは、旧川越城では「八幡曲輪」にあたる県立川越高校の裏手になります。

川越城富士見櫓跡

小山を登ると頂上付近に、平らな空き地が現れました。

柵があり中には入れず石碑なども見当たりませんが、この辺りに櫓が建っていたのでしょう。

旧川越城には天守閣が無かったので、こちらにあった三重櫓が物見の役割を担っていました。

川越城富士見櫓跡

その先には神社が鎮座しております。左手が「御嶽(おんたけ)神社」、右手が「浅間(せんげん)神社」。

川越城富士見櫓跡

更にその先には「富士見稲荷大神」。

富士見櫓や富士見稲荷というくらいですから、昔は遠くまで眺望できたのでしょうなあ。

現在は木が茂っていて、眺望は望めません。

川越城富士見櫓跡

富士見櫓跡も入り口が整備中で正面からは入れない状態でした。

正面側には解説板もあったようです。

川越城 富士見櫓跡
住所:埼玉県川越市郭町2丁目15(GoogleMapで開く
アクセス:川越城本丸御殿から徒歩約5分。

『三芳野神社』 “とおりゃんせ”発祥の地

川越 三芳野神社

最後に城内に鎮座していた「三芳野神社」に立ち寄ります。

ここは童唄「通りゃんせ」発祥の地といわれています。ハテ、どういういわれなんでしょうね?

神社は本丸御殿の近くにあるんですが、ちょっと大回りして参道正面から参拝しました。

「通りゃんせ」の唄に歌われた様な、雰囲気のある細道から入ります!(勝手なイメージですが。。。)

川越 三芳野神社

三芳野神社は平安時代初期の創建で、歴史ある古社と伝えられます。

このあたりは旧川越城内では「天神曲輪」と呼ばれていました。

川越 三芳野神社

大きな神社ではありませんが、社殿は結構立派で綺麗に整備されてます!

平安時代の創建ですから、川越城の築城より前に三芳野神社がここに鎮座してることになります。

どうやら城郭が後からできて城内に入っちゃった~、という経緯の様ですね。

川越 三芳野神社

童唄「通りゃんせ」発祥の由縁は以下の様です。

三芳野神社は「お城の天神さま」と呼ばれた城内の神社でした。

一般人が参拝するには、南大手門から城内に入り、更にいくつかの門を通り抜けて参道に至ります。

城内に入る為、帰りの際には密偵など不審者がいなかったか?確認が行われました。それが「帰りはこわい」という歌詞に繋がったようです。

なるほど。ありそうな感じのエピソードですね!

三芳野神社
住所:埼玉県川越市郭町2丁目25-11(GoogleMapで開く
アクセス:川越城本丸御殿から徒歩約1~2分。

川越城本丸御殿周辺 散策マップ

紹介したスポットのマップです。参考にされて下さい。

旧川越城散策に出かけませんか?

川越本丸御殿

旧川越城跡の本丸御殿周辺の散策をご紹介しましたが、いかがでしたか?

貴重な本丸御殿は綺麗に整備されており、是非見て頂きたいスポットでした。

旧川越城の縄張図を片手に、さらに小さな遺構や面影を探して歩くのも楽しそうでした。

ところで、訪問時、本丸御殿周辺を整備している動きを見受けました。

実は川越市は旧川越城をさらに観光資産として活用すべく、本丸周辺の公園化の整備を進めています。それにより、今後さらに魅力ある歴史スポットへの発展を期待したいですね!

旧川越城周辺散策に出かけてみませんか?

※参考文献:「川越城が知りたい!」(発行:川越市立博物館)

男の隠れ家 特別編集 古地図で紐解く! 城下町の秘密【電子書籍】[ 三栄 ]

価格:990円
(2022/5/25 17:35時点)

江戸の町をはじめ全国の城下町35を古地図と現代地図を照らし合わせて紹介。街歩きの楽しみが広がりますね!


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/3/13】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県川越市「川越氷川神社」

埼玉県川越市「川越熊野神社」

埼玉の城跡歩き

Pocket