【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

奥日光「華厳の滝・中禅寺湖」で絶景に出会う!明智平も立ち寄り【栃木・日光市】

奥日光「華厳の滝・中禅寺湖」で絶景に出会う!明智平も立ち寄り【栃木・日光市】

雄大な自然と秋の季節感を感じに栃木県奥日光に出かけ、明智平・華厳の滝・中禅寺湖を巡りましたので、その見どころを紹介します。

また、日本最古の西洋式リゾートホテル「日光金谷ホテル」に立ち寄り、宿泊したという著名人たちの紹介や、変わりダネランチの紹介などもありますよ。

『明智平』中禅寺湖と華厳の滝を一望!

学生時代に修学旅行で行って以来、日光って行ってないよなあ、とふと思った。混雑するイメージがあり、無意識に避けていたのかもしれないなあ。ある時、ウン十年前に 

でも、大人になってから改めて行く京都とか日光っていいよねって、良く聞くよね。そういえば、日光の社寺って世界遺産になっているんだよな。

なんて考えだしたら、無性に日光に出かけたくなった(笑)。そんなことで、11月半ばの平日に休暇を取得しての車による日帰り旅行に出かけてみることにした。

「日光連山の代表・男体山」 ロープウェイ駅より

栃木県日光市 明智平

今回は奥日光の自然を感じる定番的スポット中心に巡ってみました。

日光市内から中禅寺湖方面へと続く、上り専用自動車道「第二いろは坂」を走ると、その途中にあるのがこちらロープウェイの「明智平(あけちだいら)駅」ですね。

いろは坂の混雑を懸念して、ロープウェイ始発の9時前には到着するような時間帯でこちらに向かった。

結果、心配していたいろは坂の渋滞は無かった。というか、山の上の方の紅葉は既に終わっていて落葉し切ってる感じでしたねえ。ちょっと紅葉を見るには時期が遅かった様だ。

そんな感じで、紅葉に出会えればラッキー!ってな感じでのスタートです。

栃木県日光市 男体山

明智平駅から見た男体山。

男体山は、同一の火口からの複数回の噴火が発生し、その溶岩などが積み重なり形成された山です。山肌に木々が少なく、ゴツゴツした岩肌が特徴ですね。

この地域は「日光国立公園」に指定されている山岳地で、2,300m~2,500m級の山々が連なります。

その中でも標高2,486mの男体山は日光連山を代表する山で、日本百名山の一つでもあります。

ちなみに、国立公園の制度は昭和6年(1931年)に制定されました。その後の昭和9年に、日光を含む8つの国立公園が初めて指定されました。

日光は最初に指定された国立公園の一つなのか。老舗の国立公園なんですね。

栃木県日光市 明智平

明智平(あけちだいら)駅の駐車場から見た、周囲の色づきの様子。

これからの時期は標高の高い場所に遅れて、市内の社寺周辺で紅葉が楽しめる季節に移ってゆきます。場所によって紅葉が楽しめる時期がずれるのが日光の良いところですね。

それにしてもこの駐車場はキャパ60台程度なんで、ピークシーズンに駐車場がするのも想像に難しくないですねえ 。

「ケーブルカーの遺構」 昭和に活躍

栃木県日光市 明智平

東側の崖にケーブルカーの遺構があります。

ケーブルカーは昭和7年(1932年)に、日光市内の馬返駅から明智平駅までの1.2kmで開通されました。以降、昭和45年(1970年)までの38年間運行が続いたそうです。

開設当時の道路状況はというと、奥日光への道路は第1いろは坂しかなく、時間帯によって上り下りを分ける一方通行の道だったそうです(むちゃだ。。。)。そこにケーブルカーが輸送力増強に一役買ったというわけだ。

昭和40年(1965年)に第2いろは坂が開通して、以降、観光は自動車にシフトしてゆきその役割を終えたそうですえ。

ふ~ん、そんな歴史があったんですね。

「明智平展望台」 中禅寺湖と華厳の滝

栃木県日光市 明智平

さあ、本日の第1便ロープウェイによる、約3分間の空中散歩のスタートです。

おー、絶景だ!もうちょっと乗っていたい感じだな。展望台は標高1,373mの地点になります。

栃木県日光市 明智平

「明智平展望台」から見た中禅寺湖と、そこから流れ落ちる華厳の滝。

これだけの規模の湖から雄大に流れ落ちる滝の様が、これだけ分かり易い景色で見られるスポットもそうそうないんじゃないかなあ。

中禅寺湖と華厳の滝を唯一一緒に見られるスポット、というのがロープウェーが混雑する理由の一つなんですわ。

ずっと眺めていても飽きなさそうな景色ですなあ。

栃木県日光市 明智平

華厳の滝よりも右側に見える「白雲の滝」。日光には四十八滝があるといわれるほど、非常に滝が多いエリアです。

ちなみに展望台から中禅寺湖まで抜けれるトレッキングコースもあるみたいですね。(歩くにはそれなりのトレッキングの装備が必要。)

明智平展望台の基本情報・アクセス

明智平ロープウェイ公式ページ
住所:栃木県日光市細尾町深沢709(GoogleMapで開く
営業時間:9:00~15:30
運賃:大人 片道600円・往復1,000円、子供 片道300円・往復500円
アクセス)
電車)
・JR「日光駅」・東武「日光駅」より東武バス湯元温泉行または中禅寺温泉行バス乗車約40分、「明智平」バス停下車すぐ。
車)
・日光宇都宮道路「清滝IC」約12km。
・駐車場80台。

『華厳の滝』 日本三名瀑の一つ

「華厳神社」 二荒山神社の末社

栃木県日光市 華厳の滝

華厳の滝を間近に見たい!ということで、いろは坂を上った華厳の滝エレベーターにやってきました。

食事処やお土産屋が並び、観光地らしい風景が見られます。中禅寺湖もこの国道120号線道沿いにあるので、奥日光でも最もにぎわうエリアのひとつですね。

食事処の看板を見ると、日光名物のゆばを使ったゆば料理推しのお店が多そうですなあ。

栃木県日光市 華厳の滝

良い色に紅葉しているモミジを発見!鮮やかだなあ。

栃木県日光市 華厳の滝
華厳神社

華厳の滝駐車場の脇にこじんまりと可愛らしい神社がありました。

こちらは、日光二荒山神社中宮祠の末社の「華厳神社」になります。2020年6月に建立された新しい神社なんですって。

中禅寺湖湖畔にある「日光二荒山神社 中宮祠」で御朱印も頂けるそうですよ!

”那智の滝と並び神宿る滝と称えて、神社を創建”とあります。那智の滝(和歌山県)の傍に熊野那智大社があるのに、ウチも無いとまずいだろってことなんでしょうか? (今ごろですかい?)

「観瀑台」 100mを急降下!

栃木県日光市 華厳の滝

滝は駐車場脇からも見れますが、折角なのでもっと間近で。エレベーターに乗り一気に100m下まで降下しました!(エレベーターは有料です。)

栃木県日光市 華厳の滝

「観瀑台(かんばくだい)」から、見上げる角度で見る華厳の滝の御姿。華厳の滝は和歌山県「那智の滝」と茨城県「袋田の滝」とともに「日本三名瀑」に数えられます。

中禅寺湖を水源とするこの華厳の滝は、落差97m・幅7m。水量は毎秒3~5トンといわれます。その迫力に圧倒されますねえ。

冬はこの滝の水が凍結する日もあると聞きます。きっと神々しい光景なんでしょうね!

栃木県日光市 華厳の滝

お金払ってでも観瀑台からの眺めをお勧めしたい理由は。。。周囲を包み込み怒涛の如く響く落水の音!

滝は目と耳で楽しむと、迫力が増しますよ~。

栃木県日光市 華厳の滝

自然に包まれた空間で、一時日常を忘れてしまいます。

「ゆばカツ・ゆばコロッケを食す」

栃木県日光市 華厳の滝
ゆばカツ

名瀑を堪能して地上に戻ると、エレベータ入口周辺に小腹を満たせそうなお店が並んでるのに目が移ります。

ゆばカツは日光名物ゆば100%を揚げたもので360円ナリ。少し塩振って食べたが。。。、う~ん、元々淡白なゆばがコロモに負けてるかなあ。

ゆばコロッケ、310円ナリもトライ。こちらはコロッケにゆばが入っています。カツに比べるとこちらは普通に美味しいコロッケですね。ゆば感は低いですが。。。

まっ、値段もリーズナブルなので、行ったらお試しあれ。

華厳滝エレベーターの基本情報・アクセス

華厳滝華厳滝エレベーター公式ページ
住所: 栃木県日光市中宮祠2479-2(GoogleMapで開く
営業時間:12月1日~2月28日 9:00~16:30、3月1日 9:00~17:00、5月1日~9月30日 8:00~17:00、10月1日~11月30日 8:00~17:00 *時間は変動する場合あり
料金:大人 570円、小学生 340円 *中学生以上は大人料金、小学生は未満無料
アクセス:
電車)
・日光宇都宮道路「清滝IC」から15km
電車)
・JR「日光駅」・東武「日光駅」から東武バス乗車で約40分、「中禅寺駅」下車徒歩5分

『中禅寺湖と二荒山神社中宮祠』 男体山登山口

「中禅寺湖」 男体山の噴火でできた湖

栃木県日光市 中禅寺湖

次に華厳の滝からもほど近い「中禅寺湖」へやってみました。

華厳の滝へ行ったら、やはり中禅寺湖へも是非立ち寄りたいですね。

湖面に映り込んだ山並みや雲が美しい風景を作り出しており、しばし、のんびりと眺め入ります。美しいですね。

中禅寺湖は周囲およそ25kmの湖で、2万年ほど前に男体山が噴火し、流れ出た溶岩が川をせき止めて生まれたといわれます。


栃木県日光市 中禅寺湖

中禅寺湖湖畔から見た男体山。

こちらから見た男体山は、明智平から見るより岩場も少なく穏やかな表情に見えます。見る場所によって随分表情が変わる山の印象です。

栃木県日光市 中禅寺湖

湖畔の木々に紅葉がちょっぴり残っていました。

「二荒山神社中宮祠」 男体山登山口

栃木県日光市 二荒山神社中宮祠

中禅寺湖の北側に鎮座する「二荒山神社中宮祠(ふたらさんじんじゃちゅうぐうし) 」。

日光二荒山神社は男体山を御神体山として仰ぐ神社で、男体山の山頂に二荒山神社奥宮(おくみや)があります。

ここは日光市内の二荒山本社と奥宮との中間にあるので中宮祠と呼ばれます。

二荒山神社奥宮がある男体山山頂へ登山する場合は、二荒山神社中宮祠で受け付けして入山します。登山者専用の駐車場もあります。

奥宮がある男体山は標高2,486mあるので、きちんと山登りの準備をして訪問しましょうね!

『日光金谷ホテル』 神橋に隣接、歴史的なホテル

「海外の著名人も宿泊」 アインシュタインやルー・ゲーリック

栃木県日光市 日光金谷ホテル

奥日光の雄大な自然スポットを見終わり、市内の方に戻ります。

「日光金谷ホテル」は、二荒山神社の神橋の隣に位置し、東照宮などの社寺の玄関口にあります。

こちらにちょっと立ち寄って、リゾート地・日光の歴史を感じてみたいと思います。

栃木県日光市 日光金谷ホテル

「金谷ホテル」は明治6年(1873年)に開業した現存する日本最古の西洋式リゾートホテルで 、建物は登録有形文化財に指定されています。

古き良き高級ホテルって佇まいが、良い感じです。

ホテルの周囲にはモミジも多く植えられており、本日巡った中ではここが一番きれいな紅葉スポットだったりします。

栃木県日光市 日光金谷ホテル

ロビーに敷き詰められたレッドカーペットが印象的。

館内は落ち着いた感じで、格調高い静けさが心地よい。

栃木県日光市 日光金谷ホテル

>宿泊者には海外の歴史的著名人の名前も多くあります。宿帳は明治24年(1891年)から残っており、サインや写真が1階館内で紹介されておりホテルの歴史をさかのぼれます。

著名な宿泊者としては、ノーベル賞受賞決定直後に来日した物理学者アインシュタイン博士(1922年)、アメリカメジャーリーグの野球選手ルー・ゲーリック(1931年)、視覚・聴覚の障害者でありながら福祉活動に尽くしたヘレン・ケラー(1937年)、アメリカ大統領アイゼンハワー(1946年)などなど。

誰でも耳にしたことがあるであろう、伝説的な著名人達の名前が連なります。

「名物 百年ライスカレー」 大正時代のレシピ再現

栃木県日光市 日光金谷ホテル

レストランではビジターでも食事ができるので、本日はこちらでランチを頂きました。平日に関わらず1時間以上の順番待ちで、さすがの人気!

こちらでは、気軽に楽しむ&土産話的に「百年ライスカレー」がオススメ。

これは2003年に金谷ホテルの蔵の中から発見された、大正時代のカレーのレシピを再現したライスカレー。ビーフ・チキン・鴨が選べました。

ココナッツミルクが入ったまろやかさに、程よい辛さが効いてとても上品な美味しさです。

で、写真撮り忘れて気が付いたら食べ始めていました。すみません。。。

日光金谷ホテル の基本情報・アクセス

日光金谷ホテル公式ページ
住所:栃木県日光市上鉢石町1300(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・東武「日光駅」から、シャトルバスあり
・東武・JR「日光駅」駅前から東武バス・奥細尾・中禅寺温泉・湯元温泉行乗車約5分、「神橋」バス停で下車
車)
・日光宇都宮道路「日光IC」が最寄りIC

出かけてみませんか?

栃木県日光市 日光金谷ホテル

いかがでしたか?

今回は自然が堪能できる奥日光の定番のスポットを巡りました。やはり人気があるだけに素晴らしい景色が楽しめました。

日光に初めて行く場合、また、私みたいに久々~に訪問する場合、自然が楽しめる定番コースと、世界遺産「日光の社寺」を組み合わせて出かけて行くと、期待を裏切られない一日が過ごせそうです。

自然と歴史が楽しめる日光に出かけませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2020/11/20】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

栃木県日光市「日光東照宮」

栃木県日光市「日光二荒山神社 中宮祠」

栃木県日光市「戦場ヶ原・小田代原」

栃木県栃木市「小江戸・蔵の街」

Pocket