【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

延喜式社「調神社」には兎が沢山!?ツキを頂きに【埼玉・さいたま市】

延喜式社「調神社」には兎が沢山!?ツキを頂きに【埼玉・さいたま市】

埼玉県さいたま市「調(つき)神社」は、平安時代の延喜式神名帳にも記載がある歴史ある古社です。

一方、境内の入口には狛犬ではなく狛兎がおり、また境内のいたるところで兎に出会うちょっと変わった神社でもあるんですよ!

そんな、調神社の歴史もたどりながら、境内の見どころを紹介します。

『歴史ある調神社には兎が沢山!!』

「狛兎」 月待信仰の神社

埼玉県さいたま市 調神社

人の往来が多いJR浦和駅西口から、歩くこと約10分。駅前の通りからは外れた、旧中山道沿いの静かな場所に「調神社」は鎮座しています。

調神社と書いて、読みは「つきじんじゃ」です。調べないとちょっと読めないですねえ。地元では「つきのみやさま」の呼び名で親しまれています。

実は比較的近場エリアに住む私も、「あれ?つきのみや神社じゃないんっけ?」って改めて思っちゃいました(苦笑)。結構、調神社あるあるだと思います。

そんな調神社は、なかなかの個性派神社として知られます。

こちら神社正面ですが、まずこちらの正面には鳥居がありません

埼玉県さいたま市 調神社

そして、入口に座して参道を見守るのは一般的には狛犬ですが。。。、こちらでは狛兎になります!

社名の調(つき)の名が月と同じ読みであるところから、中世の月待(つきまち)信仰の神社とされたそうです。

それにより、境内各所に月の使者である兎のデザインが施されているので、探しながら巡ってみましょう。

埼玉県さいたま市 調神社

ところで、月に兎がいるっていわれるのは、いつの時代からなんだっけ?って、ふと気になってプチ調査したの。

元々の起源はインドの神話だそう。それが日本にも伝わり、平安時代の今昔物語集や民話を通じて広がったようです。蛇足でしたね。

調神社では、昔は同じ読みの「月」に掛けての信仰でしたが、現代ではさらにツキ(=運)という意味を掛けて勝運や金運のご利益を頂ける神社といわれています。

んんー、都合の良い解釈だが、折角だから参拝してツキを貰って帰りますかね。

埼玉県さいたま市 調神社

入口にあった狛兎は平成25年(2013年)に造られたものですが、初代の狛兎も境内に保存されてました。

こちらの先輩狛兎は、江戸時代の万延2年(1861年)のものです。左側のがコアラっぽく見えたのは私だけか?

「手水舎」 こちらにも兎が

埼玉県さいたま市 調神社

そして手水舎の奥からも、何やら視線を感じますね。。。

埼玉県さいたま市 調神社

「参拝前に清めていってね」。はいっ!

「社殿」 江戸時代の総欅造り

埼玉県さいたま市 調神社

ちょっと変わりダネ的な紹介から入った調神社ですが、実は平安時代に編纂された延喜式神名帳にも記載されている、歴史と由緒のある神社なんです。

調神社の起源は、2000年前の第10代崇神天皇の命による創建とされます。

その際、伊勢神宮へ納める貢物(=調物)である初穂を納めた倉庫群の中に造営された為、搬出入の妨げにならない様鳥居が無いと伝えられるそうです。

鳥居が無い理由の言い伝えもあるのですね、ふ~ん。

主祭神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)・豊宇気姫命(とようけひめのみこと)・素盞嗚尊(すさのおのみこと)の三柱が祀られています。

埼玉県さいたま市 調神社
  • 社殿の変遷
  • ・延元2年(1337年):南北朝時代、足利尊氏が命じて荒廃した社殿を復興。
  • ・天正18年(1590年):戦国時代に豊臣秀吉の小田原征伐の戦火により再び焼失。
  • ・江戸時代初期頃:次第に再建。

と伝わります。

現在の社殿は江戸時代後期の安政6年(1859年)に建てられたもの。総欅(けやき)造りで、様式は拝殿と社殿が一体化した権現造りです。

落ち着いた素朴な感じの雰囲気があります。木彫りの装飾は、柔らかい感じが伝わってきます。

一つ前の代の本殿も境内に保管されています。

埼玉県さいたま市 調神社

社殿の横で兎でなくて狛犬を見つけましたよ!

埼玉県さいたま市 調神社

でも。。。ちっちゃ!どうも、こちらでは兎と比べると狛犬の立場は弱そうですね(笑)。

「神楽殿」 十二日まちは歳末の風物詩

埼玉県さいたま市 調神社

神楽殿には、干支の大絵馬や熊手が飾られています。

埼玉県さいたま市 調神社

毎年12月12日に行われる「十二日まち」の熊手。

調神社の十二日まちでは、例年大歳の市が開かれます。熊手をはじめ縁起物を売る露店が並び、明治時代から続く歳末の風物詩となっています。

「神池」 地元の偉人碑や不思議な像

埼玉県さいたま市 調神社

こちらは社殿の東側にある神池。

木々の緑が水面に映し出され、清らかな感じが良いですね!綺麗に整備されています。

埼玉県さいたま市 調神社

はい、神池の中にもやはり兎がいらっしゃいました。

埼玉県さいたま市 調神社

池の歩道沿いにある「長谷川かな女」の碑。

長谷川かな女さんは、高浜虚子の指導を受け大正・昭和初期を代表する女性俳人として、俳句界の発展に貢献した方です。

40年余り調神社の近くに居住、浦和市の名誉市民になっているとあります。地元の偉人の方ですね。(浦和市は現在はさいたま市に編入)。

埼玉県さいたま市 調神社

う~ん、こちらは祭神と関係がありそうな雰囲気の石像ですが。。。、詳細不明。

いかつい棍棒みたいなものを持ってますね。

「旧本殿は江戸時代中期の建造物」

埼玉県さいたま市 調神社

神池周囲に沿って歩くと、こちらの旧本殿が設置された場所に巡って行きます。

埼玉県さいたま市 調神社

スケルトンな状態で、旧本殿を近くで拝見することができますね。

通常本殿は参拝客側からは見え辛い所にあるので、古い建造物という事もあり身近で見れるのは貴重です。

埼玉県さいたま市 調神社

こちらが現在の本殿の前に本殿として使われていた「旧本殿」。

江戸時代中期の享保18年(1733年)に建立されたもので、市指定の有形文化財です。

一間社流造り(いっけんしゃながれづくり)という様式の造りで、前側の屋根庇が一間分(約1.8m)突き出た造りになっています。

まだ現役でゆけそうなくらい綺麗で色彩豊かですね~。

埼玉県さいたま市 調神社

おお、こちらには黄金に輝く兎がいましたよー。

埼玉県さいたま市 調神社

兎の他に、鮮やかな色の霊獣の彫り物もありました。

埼玉県さいたま市 調神社

現在は稲荷神社の本殿という扱いになっているようです。

「神輿庫」 なぜか街中で神輿に出会う

埼玉県さいたま市 調神社

「神輿庫」は平成22年に作られた物の様です。

埼玉県さいたま市 調神社

ところで。。。帰りにJR浦和駅前の浦和コルソというデパートにたまたま立ち寄ったら、調神社の神輿が展示されていましたよ!

埼玉県さいたま市 調神社

どういうイベントの展示なのか、良く分かりませんでしたが。。。、周囲の街とのつながりも深いという事のようですね!

御朱印

埼玉県さいたま市 調神社

御朱印にも兎がおりますが、背中向きでちょっと哀愁を帯びた感じですな(笑)。

埼玉県さいたま市 調神社

可愛らしい御朱印帳。

アクセス

調神社
住所:埼玉県さいたま市浦和区岸町3丁目17-25(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)JR「浦和駅」から徒歩約10分
車)東北自動車道「岩槻IC」から約20分

御朱印さんぽ 埼玉・秩父・川越の寺社 (諸ガイド)

価格:1,430円
(2022/3/2 19:06時点)

埼玉県内で人気の高い御朱印のある寺社が紹介されています。手にしたら参拝に出かけたくなる1冊!

42 日本全国ねこの御朱印&お守りめぐり 週末開運にゃんさんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ) [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,760円
(2022/3/4 07:43時点)
感想(4件)

猫にゆかりのある神社とお寺の紹介。見るだけでも癒されます!関東の社寺の紹介が多めです。

出かけてみませんか?

埼玉県さいたま市 調神社

調神社はいかがでしたか?

古社としての歴史を感じつつ、また境内の可愛い兎を探しつつ楽しく参拝できる神社ですよ!

駅に近くアクセスも便利なので、ツキを頂きにちょっと立ち寄ってみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/7/22】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県さいたま市「氷川三社 訪問ガイド」

埼玉県さいたま市「大宮盆栽美術館」

埼玉県さいたま市「岩槻人形博物館」

埼玉県さいたま市「岩槻城址公園ほか歴史散策」

Pocket