【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

後北条氏の城郭「武蔵松山城跡」、戦乱多き北武蔵の要衝【埼玉・吉見町】

後北条氏の城郭「武蔵松山城跡」、戦乱多き北武蔵の要衝【埼玉・吉見町】

埼玉県吉見町にある戦国時代の城郭跡「武蔵松山城跡」を紹介します。

国指定史跡になっている比企城館跡群の一つでもあるこの城は 扇谷上杉氏・後北条氏・甲斐武田氏・越後上杉氏などによる争いが絶えず起こった北武蔵の要衝にある城郭でした。

自然の地形を生かした中世の城郭で、空堀などの遺構が良く残っています。そんな、武蔵松山城の見どころや歴史について紹介します。

『比企城館跡群と武蔵松山城』

「比企城館跡群について」 松山城・菅谷館・杉山城・小倉城

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡
松山城跡 遠景

松山城跡は、埼玉県のほぼ中央に位置する吉見町にあります。吉見町を含む周辺のエリアは比企(ひき)地域と呼ばれて、丘陵地を有する地形が特徴です。

戦国時代の関東はというと、公方(くぼう)足利氏・山内上杉氏(やまのうちうえすぎし)・扇谷上杉氏(おうぎがやつうえすぎし)らによる争乱が激化・長期化していました。

その3つの勢力が交差する比企地域は特に城が多かったエリアで、69ヶ所もの城館跡が確認されています。

その中の代表的な4城館、松山城跡(吉見町)、菅谷館跡(嵐山町)、杉山城跡(嵐山町)、小倉城跡(ときがわ町・嵐山町・小川町)が国指定史跡になっています。これらは合わせて「比企城館跡群」と呼ばれています

*本記事内では四国の松山城と区別させる為に、一部「武蔵松山城」という呼称を使っています。

「松山城の立地と縄張について」 梯郭式の平山城

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡
天然の堀となった市野川

松山城は周囲にある荒川の支流・市野川(いちのかわ)を天然の堀として利用し、丘陵地帯のヘリに立地する平山城です。

市野川は下流で荒川本流に合流するので、河川を使った交通や物流にも適した要衝でもあります。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡
本曲輪にある縄張図

城郭は西から東に向かい本曲輪・ニノ曲輪・三ノ曲輪・曲輪4が一直線上に並ぶ、梯郭式(ていかくしき)の縄張です。

主要な曲輪を取り囲むように、笹曲輪・太鼓曲輪・兵糧倉跡などと呼ばれる腰曲輪が配置されています。

『武蔵松山城跡を歩く』 市野川が天然要害

本曲輪裏手から入城

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

松山城跡の史跡面積52,283m2、東京ドームの外周面積より少し大きいくらいの広さですかね。

史跡全体はこんもりとした小山になっていて周囲各所に出入りがありますが、こちらが整備された正面入口ですね。縄張図記載の看板があり、入口の階段も整備されています。

では入城しましょう!

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

最初の登り口は階段があり整備されてますが、すぐ土の山道に変わります。

歩きやすい靴で来た方が良さそうですね。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

自然の山道は山城歩きの醍醐味ではありますが。。。、根っ子が張ってる辺りは少し整備されると歩きやすいですね。

気を付けて登りましょう。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

整備され過ぎてない山城らしさを味わえるかな。

「本曲輪」 後北条氏支配下が長かった城

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

傾斜を登り切ると石の階段が見えてきます。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

階段を登ると視界が開け、平坦で広々とした「本曲輪」に到着です。

あっけなく本曲輪に攻め込んでしまいました(苦笑)。本曲輪は東西45m、南北45mほどの広さです。

当時本曲輪の裏手は市野川が自然の要害となってました。今入って来た入口は元々無かった見学者用の入口ですね。

徐々に攻め込んで行く感を味わいたければ、北東の大手口があった方から入ってくると良さそうです。次回はそうしてみようっと!

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

松山城跡の説明があります。情報量が多いので、パンフレットも置いてあるとありがたいのですが。。。

  • 松山城関連の主な出来事
  • 元々の築城時期は鎌倉時代か室町時代の応永年間頃といわれますが、詳細は不明。
  • 15世紀半ば:戦国時代前期に扇谷上杉氏の元で城郭の体裁が整えられたと考えられる。
  • 天文6年(1537年):北条氏綱が江戸城・川越城を落とし、扇谷上杉氏の松山城を攻めた。
  • *天文年間~永禄年間(1532~1570年)は城を巡り扇谷・山内両上杉氏、後北条氏、甲斐武田氏、越後上杉氏などの争いがおきる。
  • 永禄6年(1563年):北条氏康・武田信玄の連合軍により松山城開城。後北条氏の支配下になり上田氏が城主となる。
  • 天正18年(1590年):豊臣秀吉の小田原征伐の際、前田利家・上杉景勝などの軍勢に攻め落とされる。
  • 徳川家康が関東に入り、松平家広を松山城主とした。後、慶長6年(1601年)に廃城となった。

北武蔵地域の要衝だったため、城をめぐり多くの合戦が起こりました。なかでも後北条氏勢力下の上田氏が支配した期間が長かった城です。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

主要な場所にはこのような縄張図入りの標柱があります。各曲輪を探す目安になり、現在位置の確認もできます!

松山城跡の発掘状況ですが、本曲輪と惣曲輪(搦め手側の曲輪)で発掘調査がおこなわれています。

調査によって柱穴や溝のあとが確認され、本曲輪では2回の造成と2面の生活面が確認されました。

それぞれの造成土には熱を受けた陶器や焼土が含まれて、戦闘による火災と復旧作業があった痕跡が見られます。

また15世紀後半から16世紀中頃の遺物が出土されています。


埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

現在は周囲に木々が茂っている為、眺望はほとんど望めません。木々が無ければそこそこ遠方まで望めそうですが、当時はどうなっていたんでしょうね?

「ニノ曲輪」 本曲輪間の深い空堀

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

では本曲輪を出てニノ曲輪方面へ向かいます。この辺は山道の雰囲気があり、山歩き気分が楽しめる。

右手はニノ曲輪に続く道。左手はおそらく本曲輪とニノ曲輪を隔てる深い空堀の底の方では?草が茂っていてちょっと状況が分かり辛い。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

平坦で開けた空間「ニノ曲輪」に出ました。

曲輪の最大幅は東西60m・南北65mほどで、本曲輪より1mほど低い位置に築かれています。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

本曲輪と二ノ曲輪の間には大きな空堀があり、二ノ曲輪はその空堀を包み込むような北に向かい縦長になっています。

左手の藪が本曲輪とニノ曲輪の空堀。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

本曲輪とニノ曲輪の間の深い空堀が少しわかりやすい位置へ。

堀っていうか、谷って感じですよね。自然の地形を生かした物なのか、人工的な切岸なのか。高低差は最大9mで松山城で最も深い空堀だそうです。

「三ノ曲輪」 細長い曲輪

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

ニノ曲輪から三ノ曲輪へ進みます。

間にはやはり空堀があり、通路となる土橋が残っています。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

ニノ曲輪と三ノ曲輪の間の堀切。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

「三ノ曲輪」は開けており比較的曲輪の形状が確認しやすいかな。

東西18m・南北60mほどの細長い形状の曲輪です。

「曲輪4」 後北条氏時代の堀切!?

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡
三ノ曲輪から曲輪4へ下る道

本曲輪が一番高い位置にあたる為、外郭へ移る程低地の地形になってゆきます。

なかでも、曲輪4はひと際下がった山裾に近い場所ですね。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

曲輪4の手前に三ノ曲輪との間の堀切が現れます。

左手が三ノ曲輪側ですが、ここを登って侵攻するのはかなり困難ですね。

この堀切ポイントは本曲輪・二ノ曲輪周囲の堀と比べても見やすく、松山城跡の一番の見どころかもしれない。しかも、堀切内を歩けるのが山城の体感スポットとしてポイントが高い。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

堀切の谷部分は折れ曲がりジグザグした形状で見通しが悪い。この先には城郭裏手の搦手口があるが、侵入者に対し死角を作り防備の構えが取れる様な造りを感じられる。

一説によると本曲輪から三ノ曲輪が扇谷上杉氏時代のもので、この辺りの堀切や曲輪4などは後北条氏時代に構築された部分ではないか?ともいわれる。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

「曲輪4」と呼ばれる平坦地。

城郭の本来の正面入口側(大手口)に面しているので、最初の防御のポイントとして重要な曲輪だったと考えられます。

「兵糧倉」 本曲輪北側の防御

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

本曲輪側に戻り、北側に降りたところにある「兵糧倉」。

主要の曲輪周囲には大小の曲輪があるが、ここもその一つ。本曲輪を防御する曲輪と考えられます。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

東西20m・南北45mほどの規模とありますが。。。、草木に覆われており全貌が分かり辛いですねえ。

「搦手門」 岩室観音堂の裏手に

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

松山城跡がある山の北側に「岩室観音堂」という、松山城とは繋がりの深い寺院があります。

その奥が松山城の搦手門跡だといわれているので、岩室観音堂側からアプローチしてみました。

ちょっとインディ・ジョーンズな感じですが。。。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

城郭がある山への入口はこんな感じ。

この辺が搦手門があった辺りではないか、と思われます。

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡

振り返るとこんな感じ。確かに入口っぽい感じはありますね。

この崖の上は曲輪4の切岸からも周ってこれる場所なんで、こからの入城はオススメしません。足場が悪いので。。。

以上で、本日の松山城城郭歩きを終了します。

アクセス、城カードについて

埼玉県吉見町 武蔵松山城跡
吉見百穴の無料駐車場が利用可
松山城跡
住所:埼玉県比企郡吉見町北吉見298(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・東武東上線「東松山駅」下車、川越観光バス「免許センター行」約5分、「百穴入口」下車徒歩約5分
・JR高崎線「鴻巣駅」下車、川越観光バス「東松山駅行」約25分、「百穴入口」下車徒歩約5分
車)
・関越自動車道「東松山IC」から鴻巣方面へ約5km
・圏央道「川島IC」から東松山方面へ約8km
・国道17号より鴻巣天神2丁目交差点から東松山方面へ約10km
埼玉県吉見町 松山城跡 城カード

松山城跡の城カードが無料配布されています。裏面には城の概要紹介も記載されているので記念に頂きましょう。

(配布場所)
配布場所:吉見百穴入口
住所:埼玉県比企郡吉見町北吉見324(GoogleMapで開く
配布時間:8:30~17:00
休館日:無し

関東戦国史 北条VS上杉55年戦争の真実 (角川ソフィア文庫) [ 黒田 基樹 ]

価格:924円
(2022/2/16 14:16時点)
感想(1件)

分かり辛い関東の戦国時代について、分かりやすく説明した良書。

杉山城の時代 [ 西股 総生 ]

価格:1,870円
(2022/2/16 14:18時点)

「杉山城問題」とも言われる杉山城の謎について迫る、興味深い1冊。

でかけてみませんか?

平山城・松山城跡の散策を紹介しましたが、いかがでしたか?

松山城跡を歩いてみると感じるのが、城郭に占める空堀の割合が大変多く、平坦な曲輪が少ないことを感じました。

少ない兵で大軍に対抗するための戦術の一つだったのかもしれませんね。

中世の山城は、近世の城のように石垣や天守閣などのような分かりやすい遺構は残っていません。ですが、縄張りを体感しながら歩く山城歩きは、結構楽しくてハマります。

山城は草が枯れる、秋から冬の季節が歩きやすいですよ!松山城跡を歩いてみませんか?

*参考資料について:史跡内の解説板等の他に、県立嵐山史跡の博物館が発行している「戦国の比企・境目の城」という冊子を参考にしています。


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/11/3】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県吉見町「吉見百穴」

埼玉県吉見町「吉見観音 安楽寺」

埼玉県行田市「忍城跡」

埼玉の城跡歩き

Pocket