【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

「日原鍾乳洞」は都内のひんやりスポット!関東最大級の鍾乳洞【東京・奥多摩町】

「日原鍾乳洞」は都内のひんやりスポット!関東最大級の鍾乳洞【東京・奥多摩町】

東京都内のひんやりスポット、奥多摩「日原鍾乳洞」を紹介します。

独特の風景は、10万年以上の長い期間をかけて造られた貴重な風景。かつては自然崇拝の聖地とされてきたのもうなずける神秘的な場所。

暑い時期に出かけて探険気分を味わいたい、そんなスポットに出かけてみましょう!

『日原鍾乳洞』 都内最強のひんやりスポット!

日原鍾乳洞

東京都奥多摩町にあり、東京都内でも最強のひんやりスポットの一つと思われる「日原(にっぱら)鍾乳洞」を紹介します!

日原鍾乳洞

日原鍾乳洞は東京都の天然記念物に指定されています。

総延長は1,270mで、高低差134mある巨大な鍾乳洞です。関東地方の範囲で見ても最大級の鍾乳洞だそうですよ!

東京都内にこんな巨大な鍾乳洞があるなんてちょっと驚きです。

日原鍾乳洞

では入場料を払って早速入場してみます。

中へ入ると寒いくらいに冷え冷えですね~。通年11度くらいの温度だそうですよ!


日原鍾乳洞

水滴が常に滴っていて下は滑りやすいので、歩きやすい履物が良いと思います。

鍾乳洞は地下を流れる水が、石灰岩の侵食を繰り返すことにより発達するそうです。

日原鍾乳洞

ライトアップされて幻想的な「死出の山」と呼ばれるエリア。他にも三途の川とか地獄谷などと命名されたエリアがあり、さながら地獄巡り的な様相ですなあ。

高い天井から鍾乳石が垂れ下がっています。これらは。。。

天井から鍾乳石が僅か1cm伸びるのにかかる期間はなんと約70年!床に固まり積もる石筍(せきじゅん)は約130年もの時間を要するそうだ。

巨大な石柱に彩られた洞内の眺めは、数10万年以上の時を掛けて造られたものだという。

だそうです。気が遠くなるような期間を掛けて造られた風景なんですねえ。

日原鍾乳洞 弘法大師学問所

丸っとした空洞に仏様が鎮座している、「弘法大師学問所」と呼ばれる空間。弘法大使が修行に使ったとも伝わります。

日原鍾乳洞は、鎌倉時代からは自然崇拝の信仰を集める、修験道の聖地的な特別な場所だったそう。

日原鍾乳洞 十二薬師
十二薬師

鍾乳洞の洞穴そのものをお堂に見立て、そして、鍾乳石や石筍・石柱などを諸仏に見立てて信仰されていたという。宗教的な各所のネーミングはそのような名残りだそうですよ。

日原鍾乳洞 縁結び観音

縁結び観音。

こちらでは、縁結びをお願いしている方々が観音様と一緒に写真を撮っていました。(決め付けてすみません。。。)

地獄巡り的な場所ばかりじゃなくて、ほっ!

日原鍾乳洞公式ページ
住所:東京都西多摩郡奥多摩町日原1052(GoogleMapで開く
入場料:大人(高校生以上) 800円、中学生 600円、小学生500円 *ホームページに割引券があるので印刷して持って行きましょう!
アクセス:
電車)・JR奥多摩駅より西東京バス「鍾乳洞」停下車
車)・中央高速「八王子IC」から国道411号で約90分、奥多摩駅前交差点から約20分

『鳩ノ巣渓谷』 エメラルドグリーンの水

鳩ノ巣渓谷

日原鍾乳洞周辺には他にも「ここホントに東京?」的な自然スポットが多いです。

こちらはエメラルドグリーンに映る水が美しい「鳩ノ巣(はとのす)渓谷」。気持ち良さそうに川遊びをしている人達が沢山いましたよ!

鳩ノ巣渓谷

多摩川上流に位置する渓谷で、浸食により巨岩が多くあるのが特徴的でした。

鳩ノ巣渓谷
住所:東京都西多摩郡奥多摩町棚沢(GoogleMapで開く
アクセス: 電車)JR鳩ノ巣駅より徒歩約10分

出かけてみませんか?

自然が一杯で癒されました

東京都奥多摩のひんやりスポット、日原鍾乳洞はいかがでしたか?

鍾乳洞をはじめ、これだけ自然に囲まれた場所が都内にあるのは素敵ですね。マイナスイオンを感じる奥多摩エリアにリフレッシュしに出かけましょう!


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2020/8/16】
Pocket