【最新記事:2021.10.11】「川越熊野神社」で開運祈願し放題!手相鑑定まであるゾ【埼玉県】

日光街道「栗橋」宿場町歩き、関所跡と静御前の伝説【埼玉県久喜市】

日光街道「栗橋」宿場町歩き、関所跡と静御前の伝説【埼玉県久喜市】
宿場町 栗橋 八坂神社

日光街道唯一の関所があった埼玉県の栗橋(久喜市)は江戸時代は宿場町として、また、利根川の船運の町としてかつて栄えた場所です。そんな、栗橋宿を宿場町の面影を探して歴史散歩してみませんか?

栗橋と日光街道「栗橋宿」

日光街道は江戸時代の五街道のひとつで、江戸日本橋から徳川家康を祀る東照宮がある日光山への主要道路として整備された全長約142kmに及ぶ街道です。

日本橋を出て「千住宿」を過ぎると、次の宿場町からは埼玉に入り「草加宿」「越ヶ谷宿」「粕壁宿」「杉戸宿」「幸手宿」「栗橋宿」と6か所の宿場町が埼玉にありました。

「栗橋宿」は日光街道の埼玉県域にある宿場町としては6番目の最後の宿場町で、この先の利根川を越える為の日光街道唯一の関所があった町として知られます。

「静御前の墓石」栗橋駅近くの歴史ポイント

宿場町 栗橋 静御前の墓石

「栗橋駅」東口を出たすぐの所に小さな広場の様な場所があり、そこには「静御前(しずかごぜん)の墓」があります。これは源義経(みなもとのよしつね)の内妻であった静御前の墓と言われます。

宿場町 栗橋 静御前の墓石

説明板によると、静御前は、白拍子(しらびょうし)と呼ばれる舞を生業としていた女性で源義経からの寵愛を受けていました。義経を追って奥州に向かう途中義経の死を知り、1189年(文治5年)に当地で亡くなったと言われています。(静御前がなくなった場所に関しては各地で諸説ある様です。)

源義経は鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝の異母兄で、幼少期は「牛若丸」と呼ばれていた人物と聞くとピンとくるかもしれませんね。駅前から思わずぐっと歴史の世界に引き込まれます。特に綺麗な女性の話となると。。。

静御前の墓
住所:埼玉県久喜市栗橋中央1丁目2-7(GoogleMapで開く
宿場町 栗橋 宝治戸池

栗橋駅から利根川沿いの日光街道へ向かう途中、「宝治戸池(ほうじどいけ)」という池がありました。 742年(寛保2年)に発生した浅間川(利根川旧流路の一つ)の氾濫によりできた池だそうです。

「金の延べ棒が池底に沈んでいる。」という伝承がある様で、潜水夫が池を調査したが発見できなかったというエピソードがあるそうです。ロマンですね!

宝治戸池
住所:埼玉県久喜市栗橋北1丁目10 (GoogleMapで開く

旧日光街道を歩く

「旧街道の街並み」

栗橋宿の規模はそれほど大きい規模では無かったようです、埼玉県域の宿場町の中では杉戸宿についで規模は小さかったそうです。

宿場町 栗橋

栗橋の日光街道沿いには木造二階建ての家などが数か所で見られ、宿場町の雰囲気が少しだけ残っています。この辺は街道の幸手宿側。

宿場町 栗橋
宿場町 栗橋

東三丁目の交差点にも古い感じの木造家屋と石蔵のお宅がありました。

この横の道は”日光御廻道(にっこうおまわりみち)”と呼ばれ、川の氾濫に備えて将軍家が日光東照宮に参拝できないときに備えて造られた迂回路だそうだ。

宿場町 栗橋
宿場町 栗橋

街道の佇まいはあるが、宿場まちであった痕跡は正直あまり残っていないかなあ。

「顕正寺」 栗橋宿を開拓した池田家の墓

宿場町 栗橋 顕正寺

道中にあった「顕正寺(けんしょうじ) 」。

慶長年間(1596~1614年)に幕府に願い出て後の栗橋宿となるこのあたり上河辺新田を開墾した池田鴨之介の墓があるお寺。池田家は代々栗橋宿の本陣役を務めました。

顕正寺
住所:埼玉県久喜市栗橋3-14-14(GoogleMapで開く

「栗橋関所跡」入り鉄砲に出女の取り締まり

宿場町 栗橋 栗橋関所跡

ここが「栗橋関所跡」です。複雑な区画の街中では無いので迷う要素は無いはずですが。。。、周辺を行ったり来たりと探してしまいました。

元々は利根川の堤防沿いにあったようなんですが、治水工事の関係で設置場所が移動されたみたい。現在は上記の様な空き地みたいな空間の一角にあります。

宿場町 栗橋 栗橋関所跡
宿場町 栗橋 栗橋関所跡

大正時代に造られた「栗橋関所跡」の石碑があります。

利根川を越す房川渡に設置されたことから、対岸の中田と併せて「房川渡(ぼうせんわたし)中田関所」と呼ばれたそうです。

関所は江戸幕府が交通統制と治安維持のため、主要な街道の国境の山地や大河川を越す要地に関所を設け、特に「入り鉄砲に出女(でおんな)」を取り締まったものです。栗橋関所は日光街道唯一の関所です。

”出女の取り締まり ” って何?と思われるかもしれませんね。江戸幕府が諸大名の謀反を受けない様江戸に住まわせた妻女を関外に出るのを厳しく取り締まることが主な目的だった様です。

宿場町 栗橋 栗橋関所跡

灯籠みたいなものには扉がついていて、「宿場めぐり 栗橋宿」のパンフレットと記念スタンプが入っていました。ちょっと分かり辛いかも。。。

関所の近くには江戸時代には本陣などの施設がありましたが、建物や記念碑などは今は残ってはいない様です。

栗橋関跡
住所:埼玉県久喜市栗橋北2丁目5(GoogleMapで開く

「八坂神社」栗橋地域の総鎮守

宿場町 栗橋 八坂神社

八坂神社は元々は現在の茨城県側の元栗橋(現在の茨城県五霞町)に鎮座してましたが、利根川の大洪水に見舞われた為江戸時代の慶長年間(1596~1615年)に現在の場所へ移されたと言われます。

栗橋の町自体も元々は栗橋村(現在の茨城県五霞町)にあり、やはり利根川の大洪水により寛永年間(1624~1644年)この地に移ってきました。

以来、栗橋宿の総鎮守として崇敬されるようになったとのこと。

宿場町 栗橋 八坂神社

そんな栗橋の総鎮守である「八坂神社」ですが、訪問時はなんと!引っ越しの真っ最中でした。こちらは移転先の高台にある移転先の新しい社殿。

宿場町 栗橋 八坂神社
宿場町 栗橋 八坂神社

社務所は完成している様です。

宿場町 栗橋 八坂神社

この神社は狛鯉(こまこい)の像が特徴的。この辺りは昔から利根川のとともに暮らしている地域につき、鯉と亀との縁起から地元で厚く信仰されてきたようです。

宿場町 栗橋 八坂神社

こちらが元々の八坂神社があった場所で、現在はほぼ更地になってます。

この辺りは日本最大の流域面積である利根川が流れるエリアということで、 堤防の決壊が無き様に利根川堤防強化対策が行われている現況です。その一環として八坂神社も移動せざるを得ないという事情でした。

昔も今も利根川との共存というテーマが地域としては続いている様ですね。

宿場町 栗橋 八坂神社

ここ辺りは関所や本陣、関連した屋敷などの遺跡が多く埋まっている可能性から、対策工事と並行して埋蔵文化財の発掘作業が進められています。

宿場町 栗橋 八坂神社
2020年に訪問した際の八坂神社(現在の更地の場所にありました)
宿場町 栗橋

現在の利根川橋。橋を越えると茨城県古河市中田になります。

八坂神社公式ページ
住所:埼玉県久喜市栗橋北2-15-1 (GoogleMapで開く
アクセス:
電車)「栗橋駅」東口より徒歩15分
車)国道125号線 利根川橋南詰大利根方面に進み左側坂下

栗橋へのアクセス

電車)*最寄り駅はJR「栗橋駅」
・JR「上野駅」からJR宇都宮線乗車で「栗橋駅」まで約1時間
・JR「池物駅」からJR湘南新宿ライン乗車で「栗橋駅」まで約55分
・東武線「北千住駅」から「栗橋駅」まで急行利用で約50分(南栗橋駅で乗換えあり)
 車)
・最寄りICは、東北自動車道「加須IC」、圏央道「五霞IC」「幸手IC」

ちゃんと歩ける日光街道・奥州街道 日光道中二十一次/奥州道中十次 [ 八木牧夫 ]

価格:1,760円
(2021/9/23 21:45時点)
感想(3件)

新版 ちゃんと歩ける東海道五十三次 東+姫街道

価格:1,760円
(2021/9/23 21:46時点)

出かけてみませんか?

栗橋の宿場町歩きはいかがでしたか?街道の雰囲気と、利根川が県境になっている独特な街の雰囲気は楽しめました。

ただ、宿場町だったあたりは残っている史跡や説明板なども正直少ないので、関所跡や八坂神社にはお隣の幸手の宿場町歩きとセットで立ち寄ってみる感じでも良いのかなあ、とも思いました。

また、久喜市では観光ボランティアガイドを実施しているので参加してみるのも良いと思います。説明板では伝わらない地元の魅力的な話が聞けるはず。こちらも検討してみてはいかがでしょうか?


久喜市観光ボランティアガイドの紹介ページ


旅の予約はポイントも付く楽天トラベルがお得!

【記事の訪問日:2021/5/8】

特集:日光街道 埼玉六宿の歩き方【あわせて読みたい】

日光街道 埼玉六宿の歩き方、御宿場印の楽しみ方も紹介!

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

羽生PA「鬼平江戸処」

加須市「あじさいロードと玉敷公園」

Pocket