【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

「富岡八幡宮」は江戸最大の八幡宮!大相撲ゆかりの地【東京・江東区】

「富岡八幡宮」は江戸最大の八幡宮!大相撲ゆかりの地【東京・江東区】

東京都江東区にある「富岡八幡宮」は、江戸時代には徳川将軍家の庇護を受けた江戸最大の八幡様です。

例祭である「深川八幡祭り」は「江戸三大祭」の一つとしても知られます。また、江戸勧進相撲発祥の地であり様々な記念碑が残ります。

地元では深川の八幡さまと親しまれている、富岡八幡宮の見どころを紹介します。

『深川の八幡様・富岡八幡宮を参拝』

「江戸最大の八幡宮」 江戸随一の門前町

東京都江東区 富岡八幡宮

地下鉄・門前仲町駅から5~6分程歩いてゆくと、朱色の立派な大鳥居が見えてきます。

社殿に向かって真っすぐ伸びている参道が、ことのほか賑わっていますね!

毎月第1・第2・第4・第5日曜日は骨董市の開催日だそうで、境内は非常に活気がありました。のんびりのぞきながら進んでみます。

東京都江東区 富岡八幡宮
富岡八幡宮は、江戸時代の寛永4年(1627年)に永代島と呼ばれる島だった当地に、菅原道真の末裔といわれる長盛法印が神託を受け八幡神を祀ったのが始まりとされます。

その後、周辺が埋め立てられ社有地が広がります。そして、徳川将軍家の庇護を受け江戸最大の八幡様となり、周辺も江戸随一の門前町に発展しました。

地元では「深川の八幡さま」として親しまれています。

「伊能忠敬像」 旅の無事を祈念

東京都江東区 富岡八幡宮

参道には「伊能忠敬像」がありました。

近代日本地図の始祖といわれる伊能忠敬は、50歳の時に現・千葉県より江戸に出て天文学・測量術を学びました。その際、富岡八幡宮近くに住まいを構えていたそうです。

全国の測量に出かける際、内弟子・従者と共に富岡八幡宮に参拝して旅の無事を祈念したのち、測量開始地点に向かって歩き出したそうですよ!

そんなことで、測量開始200年の節目の平成13年(2001年)に、ゆかりの地のここに銅像が建てられたそうです。

伊能忠敬ゆかりの地の記事はこちらにも!

「神輿庫と深川八幡祭り」 日本一の大神輿

東京都江東区 富岡八幡宮

参道を進むと、神輿庫の建物がど~んと現れます。富岡八幡宮はお祭りでも広く知られている神社です。

日枝神社(赤坂)の山王祭、神田明神の神田祭とともに、富岡八幡宮の例祭としておこなわれる「深川八幡祭り」は「江戸三大祭」の一つです。

深川八幡祭りは8月15日を中心におこなわれますが、3年に一度の本祭りは特に盛大で、50数基の町神輿が勢揃いして町内を練り歩きます。

東京都江東区 富岡八幡宮

江戸時代、富岡八幡宮には深川に屋敷のあった豪商・紀伊国屋文左衛門が奉納した豪華な神輿3基があったそうだ。しかし、これは残念ながら大正の関東大震災で全焼している。

その後神輿の復活が切望され、平成に入ってようやく復活した神輿がこちらの「一の宮神輿」。日本一の大神輿といわれます。

高さは4m39cm、重量は4.5トン、大輪幅1m51cm、屋根の最大幅は3m2cmとその大きさも凄いが、装飾の鳳凰や狛犬にはダイヤモンドやルビーが埋め込まれており、そのリッチな仕様にも驚きだねえ。

ちなみに祭りの際に担がれるのは、一の宮神輿の後に製作された二の宮神輿のようだ。

「大関力士碑と釈迦嶽等身碑」 市川団十郎寄進碑

東京都江東区 富岡八幡宮

参道には歴代の大関を顕彰して、昭和58年(1983年)に建てられた「大関力士碑」があります。

富岡八幡宮は、江戸勧進相撲発祥の地としても知られています(詳細は後述)。

東京都江東区 富岡八幡宮


これは「釈迦嶽等身碑」。

江戸時代に活躍した力士・釋迦ヶ嶽(しゃかがたけ)は、身長2m26cm、体重172kgの雄大な巨体を誇ったそうだ。この石碑はその身長と同じ高さにつくられたもの。いやあ、デカいなあ~。

円柱の背後右手の石碑は、明治31年(1898年)に9代目市川団十郎が寄進した碑で、江戸時代の大関の力士名が彫られています。

「本殿」 社は徳川将軍家が手厚く保護

東京都江東区 富岡八幡宮

見るもの沢山の参道をキョロキョロしながら進むと、やがて社殿に到着。

社殿の様式は重層八幡造りといわれるそうだが、多層階の城みたいな造りですなあ。立派だ。

御際神は八幡神である応神天皇(おうじんてんのう)。

相殿神として、神功皇后(じんぐうこうごう)・仁徳天皇・天照皇大神(あまてらすおおみかみ)・常磐社神・武内宿祢命(たけうちのすくね)・日本武尊(やまとたけるのみこと)・天児屋根命(あめのこやねのみこと)・竈大神(かまどおおかみ)の、八柱の神が祀られています。

東京都江東区 富岡八幡宮

江戸時代に建てられた社殿は、残念ながら大正時代の関東大震災で焼失しています。

社殿はその後、昭和8年(1933年)に復興されましたが、その社殿も昭和20年(1945年)の東京大空襲で焼失しています。

現在の社殿は昭和32年(1957年)に建立されたものです。

東京都江東区 富岡八幡宮

江戸時代には八幡神を尊崇した徳川将軍家の手厚い保護を受けました。また、明治維新後には准勅祭社に定められました。

現在は、元准勅祭社の東京十社の一つに数えられています。

東京都江東区 富岡八幡宮

社殿側から振り返って見た境内全景。賑わって楽し気な雰囲気ですね。

「大鳥神社・恵比寿社ほか」 酉の市や深川七福神

東京都江東区 富岡八幡宮

社殿向かって左手(西側)にある境内社。

右から大鳥神社・鹿島神社の合祀社、中央が恵比寿社・大国主社の合祀社 、左が金刀比羅社・富士浅間社の合祀社になります。

大鳥神社では11月の酉の日に酉の市が開催されます。恵比寿社には、「深川七福神」の恵比寿神が祀られます。

東京都江東区 富岡八幡宮

境内の西側にも所狭しと骨董店が店開きしてます。

「横綱力士碑」 江戸勧進相撲発祥の地

東京都江東区 富岡八幡宮

こちらは社殿の東側の奥まった所にある「横綱力士碑」です。大きさは高さ3.5m、幅3m、重量20トンと石碑もまさに横綱級のドデかいもの!

これは第12代横綱・陣幕久五郎(じんまくきゅうごろう)が発起人になり明治33年(1990年)に建立された碑で、歴代横綱を顕彰するもので横綱の力士名が刻まれています。

富岡八幡宮に相撲関連の石碑が多いのは、現在の大相撲の基礎が富岡八幡宮で築かれたという由縁によるものなんです。

  • 江戸勧進相撲発祥の地について
  • ■興行としての相撲は、江戸時代初期から主に勧進(かんじん)相撲としておこなわれた。これは社寺が建立や移築の資金を集めるための興行でした。
  • しかし勝敗をめぐる喧嘩等のトラブルなども多く、幕府がたびたび禁止令を出した。
  • ■一方、明暦3年(1657年)に江戸に起きた明暦の大火後、多数の寺社再建が急務となり、寺社奉行の管理下において職業相撲の団体結成等を条件に勧進相撲の興行が許可された。
  • ■貞享元年(1684年)、幕府公認の勧進相撲が富岡八幡宮境内で最初におこなわれた。
  • その後, 明和年間(1764~1771年)には、春・秋2場所のうち1場所がこの地で開催され、享和元年(1801年)までに、本場所31回が開催されました。
  • それにより富岡八幡宮は江戸勧進相撲の発祥地とされています。

東京都江東区 富岡八幡宮

近年の横綱の方々の名も刻まれてますよ。

新横綱誕生時には、こちらで相撲協会立会いのもとに刻名式がおこなわれるそうです。その際、新横綱の土俵入りが奉納されるそうですよ!相撲好きにはたまりませんな。

碑の両側には伊藤博文・大隈重信といった当時の賛同者の名が刻まれています。

「永昌五社稲荷神社」 東京大空襲の傷跡

東京都江東区 富岡八幡宮

社殿東側にも境内社があります。その入口にあたる鳥居は上部が欠落しており、何やら中途半端な形状。

看板に説明があり、昭和20年(1945年)の東京大空襲の際、焼夷弾の直撃を受けて上部は崩れ落ちたとあります。戦争の痕跡を後世に伝えるために、あえてこの状態で残しているそうだ、

東京都江東区 富岡八幡宮

「永昌五社稲荷神社」のミニ鳥居。

東京都江東区 富岡八幡宮

永昌五社稲荷神社は、東京大空襲による焼失を免れた数少ない建物の一つ。

「七渡神社と弁天池」 静けさ漂う

東京都江東区 富岡八幡宮

「七渡(ななわたり)神社」は八幡宮が創設以前から祀られていた地主神で、七渡弁天さまと呼ばれてるそうです。粟島神社が合祀されています。

東京都江東区 富岡八幡宮

「弁天池」があるこちら東側エリアは、参道・社殿側とはうって変わって静けさに包まれています。

東京都江東区 富岡八幡宮

歌碑や石碑なども色々あります。

東京都江東区 富岡八幡宮

東京都無形民俗文化財指定の「木場の木遣りの碑」。

木場は材木置場(貯木場)のこと。江戸で木材の需要が高まった時期、木材の置場がこの地・永代島に集められたそう。

木場の作業の時に木遣り(きやり)と呼ばれる掛け声(仕事唄みたいなもだと思うが)が、無形民俗文化財に指定されているようですよ。一度聞いてみたいものだ。

御朱印

東京都江東区 富岡八幡宮

アクセス

富岡八幡宮公式ページ
住所:東京都江東区富岡1-20-3(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)
・東京メトロ東西線「門前仲町駅」より徒歩3分
・都営地下鉄大江戸線「門前仲町駅」より徒歩6分
・JR京葉線「越中島駅駅」より徒歩15分
・JR「東京駅」より車で15分
車)
・首都高速「箱崎IC」より10分、「木場IC」より5分、「枝川IC」より7分

でかけてみませんか?

東京都江東区 富岡八幡宮

富岡八幡宮を紹介しましたが、いかがでしたか?

本文では紹介しませんでしたが、実は富岡八幡宮は、近年に宮司の地位継承や金などに起因する事件があったことでも知られています。現在は体制が一新され、運営の健全化が目指されているようです。最後に負の部分の話題も紹介させて頂きました。

江戸三大祭りの一つ「深川八幡祭り」が行われる神社。そして、江戸勧進相撲発祥の地であったり、伊能忠敬にもゆかりがあったりと見どころ多い神社でした。


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/5/8】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

東京都江東区「亀戸天神社」

東京都文京区「湯島聖堂」

東京都中央区「築地本願寺」

東京都「東京十社めぐり」

Pocket