【最新記事:2022.9.23】「亀戸天神社」は東の太宰府天満宮、菅原道真公の御神徳を!【東京・江東区】

比企能員ゆかりの「岩殿観音正法寺」、北条政子の守り本尊がある古刹【埼玉・東松山市】

比企能員ゆかりの「岩殿観音正法寺」、北条政子の守り本尊がある古刹【埼玉・東松山市】

埼玉県東松山市にある「岩殿観音正法寺」は、1300年以上の歴史を持つ寺院です。

鎌倉時代には将軍・源頼朝が妻・北条政子の守り本尊とするため、鎌倉殿の十三人の一人である比企能員に命じて再興させたと伝わります。

岩殿観音にまつわる比企能員とのゆかりとともに、古刹の見どころを紹介します。

『岩殿観音 正法寺』

大河ドラマ「鎌倉殿の十三人」と比企地域

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

令和4年1月から、大河ドラマ・鎌倉殿の13人が放送されています。ドラマでは鎌倉幕府成立に至る戦いや、政権内部の権力争いが描かれてゆきます。

埼玉県のほぼ中央に位置する比企地域には、鎌倉幕府の創設や”鎌倉殿”と呼ばれた将軍を支えた、武蔵武士ゆかりの地が多くあります。

県や比企地域の各自治体においては、ドラマの放映にあわせて関連ホームページやリーフレット作成、現地でのイベント実施などによるスポット紹介がされています。

そんな中から、鎌倉幕府の有力御家人の一人である比企能員(ひきよしかず)ゆかりの東松山市「岩殿観音」を訪問しましたので、その見どころを紹介します。

同じく鎌倉幕府の有力御家人・畠山重忠のゆかりのスポットもあわせて読みたい!

「仁王門」 坂東三十三所霊場10番

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

寺院の正式な名称は「巌殿山正法寺(いわどのさんしょうぼうじ)」。

奈良時代の開基とされる真言宗の寺院で、岩殿観音の名で親しまれています。(以下、岩殿観音で表記。)

岩殿観音は、関東地方にある33寺院を巡礼する観音霊場「坂東三十三所観音霊場」の10番霊場にも数えられています。

ツツジの名所として知られる標高135mの物見山公園に隣接した立地。ちょっとした山側にある場所柄、森に囲まれた山寺のような雰囲気があります!

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

寺院の入口に立つ、雰囲気ある仁王門。

この右手に本堂や霊園がありますが、寺院の中心となる観音堂などはこの先の急な石段を登った上にあります。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

仁王門には元々運慶作とされる仁王像があったそう。

ですが、運慶作の像は江戸時代に焼失していることが、近年の解体修理の際わかったそうです。残念ですね~。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

現在の仁王像は、江戸時代の文化年間(1808~1814年)に再建されたもの。それでも歴史があるものですね。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」
奈良時代の養老2年(718年)、諸国を行脚する高僧・逸海上人が岩殿山に観音菩薩像を安置。傍らに正法庵という草庵を結んだことが、岩殿観音の始まりとされます。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

石段途中には、戦国時代の武蔵松山城主・上田朝直が岩殿山一帯の草木の刈り取りを禁じた旨の高札の復元がありました。昔より神聖な山として扱われていた様ですね。

高札の復元は文字も読めない状態だったので、写真割愛。折角なので手入れした方が良いかと。。。

季節的には終わってましたが、石段の両側にはアジサイが植えられています。

「比企能員とのつながり」 源頼朝、政子とも

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

石段を登ると観音堂などがあるエリアが広がります。

さて、岩殿観音は以下により源頼朝や妻・政子と繋がりがあり、頼朝の家臣だった比企能員とは特に関係が深かったといわれます。

  • ■源頼朝は観音信仰に篤い人物で、鎌倉時代初期に開設された坂東三十三観音霊場の制定に深く関わったとされます。
  • ■その際、比企能員の館が近くにあり能員自身深く帰依していた岩殿観音が第10番の札所に選ばれました。
  • ■そこで頼朝の庇護のもと、比企能員が頼朝の妻・政子の守り本尊として諸堂の再建をし中興したと伝わります。
  • ■頼朝の没後の正治2年(1200年)には、政子によって堂宇の再建がされたともいわれます。

坂東三十三ヶ所霊場は鎌倉を起点に、現在の関東7県(神奈川・埼玉・東京・群馬・栃木・茨城・千葉)の各地に点在した霊場が設定されています。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」
水子地蔵と修行大師

比企一族はこの比企地域一帯を領地としてましたが、鎌倉幕府内の政権争いにより一族もろとも誅殺されることとなりました。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

石段を登った所から振り返ると、見事に一直線に延びている参道が見えますよ!

室町時代には観音巡礼が盛んになり、門前町として賑わいました。

戦国時代後期には大伽藍を構えていたそうで、門前には僧坊と呼ばれる僧侶の為の宿舎が66もあったそうです!

しかし、永禄年間(1558~1570年)には(武蔵)松山城合戦の戦火により、岩殿観音の伽藍は焼失しました。

その後は江戸時代に向けて徐々に再建がおこなわれました。

「鐘楼と銅鐘」 古い木造建築

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

「鐘楼」は元禄15年(1702年)に作られたもので、東松山市内で最も古い木造建築だそうです。屋根は萱葺き。市の指定文化財です。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

「銅鐘」は元亨2年(1322年)に造られた、鐘楼より更に古い時代のもの。

天正18年(1590年)の豊臣秀吉による関東征伐の際に、武将・大道寺政繁(だいどうじまさしげ)がこの鐘を引きずりまわして打ち鳴らし軍勢の士気を鼓舞したとされます。鐘についている傷はその時についたものといわれてますよ。

こちら、県の指定文化財です。

「観音堂」 北条政子の守本尊

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

こちらが岩殿観音の中心的な建物である「観音堂」です。

現在の観音堂は明治時代に移築されてきたものだそう。江戸後期のものとされる建物は、年代感を感じます。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

お堂の正面には親切に「北条政子の守本尊・千手観世音菩薩」の案内書きがありますね!

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

こちらが千手観音菩薩坐像ですね。

我々が拝める金色に輝く御本尊は前立本尊(まえだちほんぞん)と呼ばれるもので、奥の厨子に秘仏本尊が納められています

秘仏本尊は室町時代作の青銅製で、12年に一度午歳(うまどし)の時にのみ直接拝むことができるそうです。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

彫り物による様々な装飾が目を惹きます。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

こちら、舟から突き落とした状況がみょ~にリアルに伝わってくる彫刻ですが、どういうシチュエーションですかね?訳アリ感が気になる一品。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

木製のお地蔵さんがお堂の隅から参拝者を見守ってくれていますが、ヒビが入っているせいかちょっと怖げに見えた。。。

「石仏」 日本百観音の写し本尊

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

岩殿観音の名の通り、観音堂の裏手の山肌を露出させた切り通しが、独特の景観を造っています。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

その岩肌に無数の石仏が並んでおり、更に独特の雰囲気を見せます。

こちらには四国八十八ヶ所と日本百観音の写し本尊が納められており、参拝するとその全てを巡礼したのと同じ功徳が頂けるそうです。

「日本百観音」は、西国三十三ヶ所・坂東三十三ヶ所・秩父三十四ヶ所の計100箇所観音巡礼のこと。

長野の善光寺がその番外札所に設定されており、日本百観音を巡礼した後、善光寺を参拝するという習わしになっているそうです。

一ヶ所で各所の功徳が頂けるとは便利な、もとい、ありがたい場所ですね。

「薬師堂」 薬師如来像開帳中

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

天正19年(1591年) に徳川家康より寺領25石の寄進を受け、その際に「薬師堂」が建立されました。

薬師堂は、病気平癒などの効験がある薬師如来像を安置する堂です。


埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

元々の薬師堂は寛永年間(1624~1645年)に焼失しており、その後再建されたのが現在の堂になります。

薬師如来像の御本尊は寅年に御開帳される習わしで、直接拝見できました

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

右側の金色に輝く御本尊が薬師如来像で、その周囲には薬師如来を守護する十二神将(じゅうにしんしょう)が安置されてます。

それと、左側の閉じられた厨子(ずし)の中には、明治20年に信州善光寺より分身安置された一光三尊阿弥陀如来が安置されています。

令和4年は7年に一度の信州善光寺の如来が御開帳となりました。それに併せてこちらの善光寺如来も開帳されていたそうです。

両尊が同時に御開帳されるのは、なんと84年に一度だそうです。

善光寺如来の開帳は令和4月3日~6月29日までで、訪問日の本日は7月3日。一週間早く訪問してれば。。。、う~む、残念!

「百地蔵堂」 空海作の地蔵菩薩

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

薬師堂の右手にある「百地蔵堂」です。

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

中央に弘法大師空海の作とされる地蔵菩薩が祀られ、それを囲むように100体のお地蔵さまが祀られています。

こちらも御本尊は厨子のようなものに入っていて、直接は見えない様になっているようですなあ。

「大銀杏」 樹齢700年越

埼玉県東松山市「岩殿観音正法寺」

観音堂傍の「大銀杏」は推定樹齢700年越えのご長寿大木!健康長寿の御利益があるとされてます。

しかし、根の部分は迫力ある大変な状態になっている。精霊とか住んでそうな雰囲気だねえ。

東松山市の指定天然記念物に指定されています。

アクセス

岩殿観音 正法寺公式ページ
住所:埼玉県東松山市岩殿1229(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)・東武東上線「高坂駅」下車、西口から鳩山ニュータウン行きバス「大東文化大学」下車、徒歩10分
車)・関越自動車道「東松山IC」から川越・川島方面へ20分

『判官塚』 比企能員追福の塚

埼玉県東松山市「判官塚」

岩殿観音の参拝を終えて参道へ。

比企能員のゆかりの場所がこの門前町沿いにもある、という事で立ち寄ってみます。

参道沿いの各戸では、屋号を掲出して往年の雰囲気を偲ばせる工夫がされているそうですよー。


埼玉県東松山市「判官塚」

参道を数百m進んだ場所で、目的の「判官塚」の小さな看板を発見。駐車スペースもありました。

埼玉県東松山市「判官塚」

看板の矢印に従いこちらの小山を登って行きます。

埼玉県東松山市「判官塚」

小山を登ったひっそりとした場所に、「比企大神」の額が掛かった石の鳥居がありました。傍らには「判官塚由来」の石碑があります。その先には石の小さな祠。

埼玉県東松山市「判官塚」

こちらが「判官塚」。

判官とは比企能員の役職名で、判官塚は健保6年(1218年)頃、岩殿山に居た能員の孫・員茂が観音堂の東南の地に塚を築き、能員の菩提を弔ったものといわれます。

その場所は現在は大東文化大学の敷地内にあたり、大学建設の際にこの場所に移設されたそうです。

新しいものに変わってしまったとしても、伝承の場所を残すことは大事だと思います。

判官塚
住所:埼玉県東松山市岩殿1169-2(GoogleMapで開く

『武蔵野うどん 竹國』 昼ごはん

武蔵野うどん 竹國

岩殿観音から1.5km程離れた場所ですが、地元では人気の「武蔵野うどん・竹國(たけくに)」で昼食。県内最大の動物園・こども動物自然公園の入口の真ん前にありました。

「武蔵野うどん」は、東京多摩~埼玉西部にかかる武蔵野台地で生産された小麦粉を使用したうどんのこと。太めでコシがある麺が特徴で、温かい肉汁うどんで食べるのが一般的。

最近この肉汁の武蔵野うどんがプチ・マイブームで、うどんも揚げたてサクサクの天ぷらも美味しく頂きました。

ちなみに、こちらフランチャイズで手広くやられているお店の様ですが、店舗は麺・天ぷら・白米・漬物が食べ放題という変わりダネの特徴が人気の理由の一つ。私はそんなに量は食えんかったが。。。

武蔵野うどん竹國・東松山店公式ページ
住所:埼玉県東松山市岩殿647-9(GoogleMapで開く

でかけてみませんか?

比企能員ゆかりの地

鎌倉殿の十三人の一人である比企能員ゆかりの古刹「岩殿観音」を紹介しましたが、いかがでしたか?

比企能員は正直、歴史上それほど知られている武将では無いと思います。しかし、大河ドラマの波及効果により関連する隠れた歴史スポットがクローズアップされて、その土地に出かけ行く楽しみにつながるのは嬉しい事ですね。

鎌倉殿の十三人に関連する武蔵武士のゆかりのスポットに、出かけてみませんか?

頼朝の武士団 鎌倉殿・御家人たちと本拠地「鎌倉」 (朝日新書841) [ 細川重男 ]

価格:1,045円
(2022/8/7 19:12時点)
感想(2件)


鎌倉幕府を御家人たちの溜まり場と表現するなど、生々しい表現とユーモアで語られてゆく鎌倉幕府の真実。
たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2022/7/3】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県東松山市「こども動物自然公園」

埼玉県嵐山町「菅谷館跡」

埼玉県嵐山町「杉山城跡」

埼玉県吉見町「吉見百穴」

Pocket