MENU

新着記事

人気記事

神社に参拝して良い年にしましょう!(おすすめ記事)
週末は「東京十社めぐり」で東京散歩!元准勅祭神社を巡拝【東京】

さいたま市の氷川三社探訪、一宮氷川・中山・氷川女体とその周辺【埼玉・さいたま市】

「東国三社」、水郷地域の風情を感じながら開運めぐり!【茨城・千葉】

開運!「新宿七福神めぐり」で運気up、御苑~神楽坂まで【東京】

専用御朱印帳で巡る!川口九社詣 勾玉巡りで運気アップ【埼玉・川口市】


日光街道・すぎと七福神めぐりスタンプラリー、田園コースを歩いて開運!【埼玉・杉戸町】

埼玉県の社寺記事一覧

東京都の社寺記事一覧

東京都 (38)埼玉県 (95)千葉県 (8)神奈川県 (2)群馬県 (4)栃木県 (9)茨城県 (4)長野県 (2)静岡県 (3)三重県 (1)山梨県 (2)京都府 (3)和歌山県 (2)福岡県 (2)北海道 (1)神社 (56) (19)七福神巡り (2) (27)古墳 (6)古い町並み (15)ハイキング・登山 (11)川・湖・滝 (14) (1)鍾乳洞 (2)ジオパーク (2) (24)紅葉 (7)ダム (1)博物館 (16)美術館 (1)動物園 (2)遊園地 (1)世界遺産 (8)夜景 (3)サイクリング (2)食べたり飲んだり (4)ふるさと納税 (1) (16) (4) (10) (1)特集記事 (7)ピックアップ (5)旅のキーワード (7)

「宗像大島」への小さな船旅!宗像大社と青き玄界灘【福岡・宗像市】

本ページには広告が含まれています

福岡県の世界遺産「神宿る島、宗像・沖ノ島と関連遺産群」の中心となる、海の正倉院とも呼ばれる沖ノ島。

この沖ノ島へは一般では行くことができませんが、「宗像大島」にはその沖ノ島を参拝するための遙拝所があります。

宗像大島は比較的アクセスしやすい割には、玄界灘に面した離島ならではの素晴らしい景色に出会えます。
そんな非日常が味わえる、離島への小さな船旅を紹介。

目次

『宗像大社と、海の正倉院・沖ノ島』

九州福岡県の宗像大社を中心とした遺産群は、世界遺産に認定されています。

『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群は、2017年にユネスコの世界遺産に認定されました。

遺産は、沖ノ島の「宗像大社沖津宮」、大島の「宗像大社沖津宮遙拝所」「宗像大社中津宮」、九州本土の「宗像大社辺津宮」「新原・奴山古墳群」で構成されています。

その中心で「海の正倉院」とも呼ばれる沖ノ島は、九州本土から約60kmはなれた玄界灘沖に位置します。
しかしこの沖ノ島、残念ながら一般では訪問できない島なんですねぇ。

一方、世界遺産の構成にふくまれる大島には、沖ノ島の御神体を遥拝する「宗像大社沖津宮遙拝所」があります
「神宿る島」に少し近づくべく、その大島に出かけてみました。

福岡県の離島・大島の「宗像大社 中津宮」「宗像大社沖津宮遙拝所」の訪問記を紹介します。

『宗像大島』 沖津宮遙拝所を訪ねる離島への旅

「神湊港から宗像大島へ」 特急バスむなかた号は便利

福岡県宗像市大島 神湊港渡船ターミナル

大島は福岡で一番大きい島で、福岡県本土からの距離は約6.5kmです。
調べてみると、大島は福岡市内からでも比較的アクセスしやすいことが分かりました。

大島へは宗像市の神湊(こうのみなと)波止場から船でわたります。
波止場へはJR鹿児島本線で近隣の東郷駅へ移動し、そこからバスの利用が通常ルート。

しかし、土日祝限定で一日一本、福岡市内の天神からのバス「特急むなかた号」が神湊の波止場まで直行するんですね!
運賃は片道1,020円で乗車時間は約1時間。

今回はこれを利用。
予約も不要で都合があえばこの利用が便利ですよ。

~「特急むなかた号」情報~
■特急むなかた号の最新の時刻表・料金は、西鉄ホームページで確認してからおでかけ下さい。(西鉄 時刻運賃検索) *停留所名:福岡市内発「天神日銀前」/ 宗像市神湊発「神湊波止場」

福岡県宗像市大島 大島行きフェリー

神湊から大島へは、フェリーと旅客船の2隻体制で一日7往復の運行
大島港へは所要時間約25分ほどの小さな船旅です。

さあ乗船!

福岡県宗像市大島 大島フェリー

乗船している客層を見た感じだと。。。8割が観光客、あとは釣り人かな。
島中を走りまわるぞっ!とばかりに自転車を持ちこんだ、スポーティーな出でたちの方々も見受けられますわ。

~市営渡船大島航路情報~
[所要時間] フェリー「おおしま」で約25分、旅客船「しおかぜ」で約15分
[運賃] 大人:570円(小学生を除く12歳以上)/ 小児:290円(1歳以上12歳までの小学生。小学校就学前の子供は 大人同伴1人につき1人無料。) ※自動車航送運賃:市営渡船大島航路のページ参照
[時刻表]
(神湊発)フェリー:第1便:7時40分・第2便:9時25分・第4便:13時50分・第6便:17時10分・第7便:19時00分 / 旅客船:第3便:11時15分・第5便:15時30分
(大島発)フェリー:第1便:6時50分・第2便:8時35分・第4便:13時00分・第6便:16時20分・第7便:18時00分 / 旅客船:第3便:10時15分・第5便:14時40分  *以上、2020年12月現在 
[運行情報] 九州のりものinfo.comで検索できます

島内の移動手段は? 自家用車、バス、レンタサイクルも!

福岡県宗像市大島

大島が見えてきましたね~。

福岡県宗像市大島

堤防には釣り人。
大島の住人は約700人で、漁業をはじめほとんどが海に関連する仕事をされているそう。

福岡県宗像市大島 大島マップ
大島マップ(出典:https://www.okinoshima-heritage.jp/

大島は周囲約15kmの島。
島内はけっこう起伏もあるので、徒歩で一回りするのは距離以上にシンドイと思われます。

さて、どう移動するか?

  • 乗り物を利用した島内の移動手段は下記になります。
  • ■カーフェリーで自家用車ごと渡り、車で移動。
  • ■島に1台だけあるタクシーで移動。
    料金は8,000円程度。(取扱い会社:みなとタクシー
  • ■観光路線バス利用。
    日によって「グランシマール号(定員29人)」「みあれ号(定員14人)」使いわけで1日7便。
    料金は1乗車:300円/ 1日乗車券:800円。(取扱い会社:西鉄、みなとタクシー)
  • ■フェリーターミナルでレンタサイクル。
    電動アシスト車が20台。料金500円。

そして今回の選択はこちら。。。

福岡県宗像市大島

ジャジャーン、相棒はレンタサイクルにしました。
電動アシストでグ~です。

実は電動自転車には初めて乗りましたが、楽ちんでいいですね。
自転車は台数に限りがあるので要注意です。

では出発!

「宗像大社 中津宮」 七夕伝説発祥地とも

福岡県宗像市大島 宗像大社中津宮

島めぐりの最初の目的地は、フェリーポートからほど近い「宗像大社中津宮」です。

宗像大社には宗像三女神が祀られています。
ここ中津宮に祀られるのは三女神の一柱・湍津姫神 (たぎつひめのかみ) です。

福岡県宗像市大島 宗像大社中津宮
宗像大社中津宮本殿

宗像大社は日本神話に登場する、日本最古の神社の一つです。

御祭神は天照大神の三女神で、「沖津宮」には田心姫神(たごりひめのかみ)、「中津宮」には湍津姫神(たぎつひめのかみ)が、「辺津宮」には市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が、それぞれ祀られています。

この三宮の総称が宗像大社です。

福岡県宗像市大島 宗像大社中津宮

境内にのぼって振り返ると、鳥居が海に向かって守神のごとく立っています。
海を隔てたその先の、九州本土の宗像大社・辺津宮の鳥居と向かい合っているらしいですよ。

福岡県宗像市大島 宗像大社中津宮

中津宮は七夕伝説発祥の地、ともいわれています。
境内の川は「天の川」と呼ばれ、それを挟むように牽牛(けんぎゅう)神社・織女(しょくじょ)神社の小さな社が祀られています。

8月1日~7日(旧暦の7月1日~7日)は七夕飾りが施され、7日の夕刻にはステージでイベントも開催されるそう。
7日は大島港から21:30発の臨時船も運行されるとのこと。

離島で過ごす七夕祭りというのも、幻想的な雰囲気が味わえそうですねぇ。

「沖津宮遙拝所」 玄界灘を望む地に佇む

福岡県宗像市大島 宗像大社沖津宮遙拝所
宗像大社沖津宮遙拝所

さて中津宮参拝後はアップダウンのある道を頑張ってこぎ、島の反対側に位置する「沖津宮遙拝所(ようはいしょ)」に到着。(電動アシストでもちょっとキツかった~。)

いやー、大自然の中に沖津宮遙拝所がポツンとたたずむ様は、この島ならではの独特の景色ですね!
自然にあらがわずに静かにたたずむ、そんな印象をうけました。

素晴らしい風景です!

福岡県宗像市大島 宗像大社沖津宮遙拝所

沖ノ島は女人禁制の島で、女性にとってはここが沖ノ島を拝観する場所でした。

女性禁制になった理由は、田心姫神(たごりひめのかみ)は女性の神様なので嫉妬しないように禁制になった説や、女性には危険な場所というシンプルな理由など、諸説あるようですよ。

福岡県宗像市大島 宗像大社沖津宮遙拝所

実は平成29年(2017年)までの沖ノ島では、全国公募の一般男性約200人が沖津宮現地大祭で年に一度入島が許されていました。

2018年以降は女性のみならず、神職以外は原則入島できません。

福岡県宗像市大島 宗像大社沖津宮遙拝所

沖ノ島には女人禁制の他にも、上陸時には海中で禊、一木一草一石たりとも持ちだせない、などの掟が今も厳重に守られています。

福岡県宗像市大島 宗像大社沖津宮遙拝所

天気が良い日はここから沖ノ島が見えるらしいですが目をこらしても。。。、残念ながら見えませんねえ。
他の訪問者の間でも「見えたか?」「いや、見えねえな。」の声が。
(自分だだけじゃなくて良かった。。。笑)

天候の状態によって、見えたり見えなかったりのようですわ。

「砲台跡」 かつては大砲があった!?

福岡県宗像市大島 砲台跡

大島には宗像大社以外の見どころもあります。
こちらに見えるのは、戦時中に造られた砲台跡ですね。

福岡県宗像市大島 砲台跡

明治時代以降の戦争の際、北部九州沿岸一帯の要塞では、砲台の建設などによる防衛強化がはかられた。
大島の砲台は昭和11年(1936年)に完成し、昭和20年には砲兵部隊が緊急配備されました。

当時は大砲(15センチキャノン砲)が4門が備えられたそう。
砲台が備えられたコンクリートの分厚い基礎が、今も残ります。

おだやかな雰囲気のこの島にも、戦中の痕跡があったのですね。
実際にはこの砲台は使われなかったと聞いて、ほっ!

「風車展望所」 玄界灘を見渡す景観!

福岡県宗像市大島 風車展望所

「風車展望所」は玄界灘をぐるっと見渡せる素晴らしいロケーションにあり、溜息がでるほど絵になる風景に出会えますよ。

福岡県宗像市大島 風車展望所

展望台頂上にある、可愛らしい風車小屋風の建物。
中には入れませんでした。

福岡県宗像市大島


展望台から見た島側の風景。
比較的手軽な船旅で来れるにもかかわらず、こんな離島感あふれる景色にであえ非日常が味わえますよ。

島内は結構アップダウンがあり、自転車でもけっこう体力を使います。
無理なく休憩を入れる移動プランにしましょう。

あと、ご覧のとおり日陰のない場所が多いので、暑い日は日射病・熱射病には要注意です。

「夢の小夜島」 可愛らしい海辺スポット

福岡県宗像市大島 夢の小夜島
夢の小夜島

フェリー港に戻りつつ立ち寄った「夢の小夜島(さよしま)」は、海中に立つ小さな鳥居と松の緑が美しい小さな島。
可愛らしい海辺のスポットです。

水深が浅く、潮が引いた時は歩いて渡ることもできるらしいです。
この辺りは「かんす海水浴場」という名の海水浴場になっています。

この向かいには、写真やパネルで島を紹介している「大島交流館」もあります。
入場無料なので、時間があればのぞくのもよろしいかと。

大島の食事処や宿泊施設について

福岡県宗像市大島

大島渡船ターミナルの2階のカフェで一服。
美味しいカレーパンと冷たいお飲み物(昼間っからすいません!)をいただき、渡船時間に合わせて撤収しました。
滞在時間はジャスト2時間でした。

今回は日帰りでの訪問でしたが、島内には宿泊施設は10か所ほどあります。
素泊まりできるリーズナブルな民宿から、一日一組のみの離島ならではエグゼクティブが味わえる宿まで、結構色々あるみたい。
宿の一覧は宗像観光ガイドを参照下さい。

食事処については、食事処マップ(掲載情報は2019年11月時点)を参考にしてみて下さい。
※お出かけの際は最新情報でご確認下さい。


福岡県宗像市大島

宗像大社の中津宮・沖津宮遙拝所の御朱印

福岡県宗像市大島 宗像大社御朱印

最後に宗像大社で頂いた御朱印を紹介。

沖津宮遙拝所の御朱印は、中津宮で頂けます。
沖津宮遙拝所自体には、有人の神社施設はありません。

宗像大島へのアクセス情報

宗像大島へのアクセス情報
住所:福岡県宗像市大島1811(GoogleMapで開く
アクセス:
主要駅から最寄り駅(JR東郷駅)まで: JR鹿児島本線で、JR博多駅から約30分、JR小倉駅からは快速約40分
JR東郷駅から神湊港まで: 福間行きバス(神湊経由)で「神湊波止場」まで約20分
神湊から大島まで: 市営渡船「しおかぜ」またはフェリー「おおしま」で大島港へ神湊発・大島発一日各7便(乗船時間:しおかぜ約15分、おおしま約25分)、フェリーは車・バイクの乗車可  *大島渡船運航時刻表
参考情報ページ: 世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群 / 宗像大社(公式ページ

\ 宗像市はお肉や魚などのラインアップが豊富!/

福岡大島へ出かけてみませんか?

 福岡県宗像市大島

福岡大島への小さな船旅を紹介しましたが、いかがでしたか?

当初の目的は世界遺産の沖津宮遙拝所でしたが、思っていた以上に離島の素晴らしい景色に感激!
小さな船旅で、非日常感たっぷりのワクワクが味わえました。

宗像大島への小さな船旅に出かけてみませんか?

記事の訪問日:2019/9/14


日本の世界遺産スポットをさらにチェック!

近隣スポットもチェック!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次