【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

「岩槻城下町」を城跡探し、城址公園だけじゃない!?【埼玉・さいたま市】

「岩槻城下町」を城跡探し、城址公園だけじゃない!?【埼玉・さいたま市】

埼玉県さいたま市岩槻には岩槻城があり城下町でした。岩槻城は岩槻城は川越城・忍城とともに県内三名城の一つに数えられ、現在は城址公園もあります。

ですが、実際のところ城郭跡はどれだけ残っているの?そんなテーマで岩槻の町歩きを紹介。

御城印の紹介もありますよ!

『岩槻城とその歴史について』

埼玉県のさいたま市岩槻は、岩槻城があった城下町として知られます。

また、江戸時代には日光御成街道の宿場町としても栄えました。

その宿場町に流入してきた宮大工の工匠が、人形を作り始めた。それが後に人形の町・岩槻といわれる産業にまで発展した、といわれます。

そんな歴史がある城下町・岩槻には、どれだけの城郭の遺構や面影が残っているのか?確かめてみたくなり岩槻の町を歩いてみました。

そんな岩槻の歴史散歩をご紹介します。

「岩槻城の歴史概略」 太田道灌で知られるが

 岩槻・芳林寺の太田道灌像
岩槻・芳林寺の太田道灌像

岩槻城の築城者については、実は明確になっていません。

扇谷上杉家の家宰・太田道灌(どうかん)とする説、父・太田道真(どうしん)とする説、後に忍城(おしじょう)城主となる成田氏とする説などがあります。

岩槻城の歴史概略
  • 室町時代末:築城
    16世紀前半には太田氏が城主となっていた
  • 永禄10年(1567年):現千葉県での三舟山合戦で城主・太田氏資(うじすけ)が戦死、小田原北条氏の支配となる
  • 天正18年(1590年):5月20日から豊臣秀吉方の総攻撃を受ける、2日後の22日に落城
  • 同年:豊臣秀吉が小田原北条氏を滅ぼすと、徳川家康が江戸に入る、岩槻城も徳川の家臣・高力清長(こうりききよなが)が城主となる
  • 江戸時代:岩槻城は江戸北方の守りの要として重要視される、幕府要職の譜代大名の居城となった
  • 明治維新後:廃城

明治維新後に廃城となりますが、城の歴史はおよそ400年続きました。川越城、忍城とともに県内三名城の一つといわれます。

『岩槻城址公園』 城郭の面影を探す

「岩槻城址公園について」 大構と呼ばれる外郭

岩槻城址公園

岩槻城があった場所の一部は、現在「さいたま市・岩槻城址公園」になっています

まずは基本情報を仕入れにこちらの公園を訪問です。

城址公園は県内有数の桜の名所なので、花見に来たことがあります。

ですが。。。、櫓や石垣のような城っぽいモニュメントは無いので、城址公園という意識で訪問したことはあまりなかったなあ。

岩槻城址公園

当然かもしれませんが、岩槻城について説明している看板がありました。

特に左の案内地図は非常に興味深く、江戸時代の城下町絵図に現在の公共施設などを表示したものだ。

*地図のアップはこちらのパンフを参照下さい。(絵図で知る岩槻城と城下町

これによると、江戸時代の岩槻城には以下の様な特徴や特筆点がみられる。

  • ■城の北東から南東は、元荒川をそのまま外堀としている。
  • ■本丸などの城の中心部分は、沼を自然の堀に見立てた造りとなっていた。
  • ■石垣は造らず土を掘って堀を造り、土を盛り上げた土塁による城郭だった。
  • ■城郭周囲は、約8kmに渡る大構(おおがまえ)と呼ばれる外郭で囲まれていた。
  • ■現在の城址公園は新曲輪・鍛冶曲輪と呼ばれる一部の曲輪跡にとどまる。
  • ■本丸など城の中心だった部分は、現在は市街地に変わっている。

特に大構を造り町全体を大きな城に見立てる考え方は、小田原城と同様ですね。

岩槻城址公園イコール岩槻城跡、くらいの感覚だったので多々驚きがありました!

「岩槻城城門・岩槻城裏門」 数少ない遺構建築物

岩槻城址公園 岩槻城城門

城址公園の一角にある「岩槻城城門」は、岩槻城関係の数少ない現存遺構として貴重なもの。

木材が黒く塗られているので通称「黒門」と呼ばれます。岩槻城内のどこにあったかは不明。

この門は廃城後に撤去。その後、浦和の埼玉県庁や県知事公舎の正門、岩槻市役所の通用門として転々とする。

1970年(昭和45年)に再びこの地に移築されたそうです。

こんな木造の遺構があるのを、今まで知らなかったなあ。。。

岩槻城址公園 岩槻城城門

門扉の両側に小部屋がある長屋門形式と呼ばれる門です。幅約13m、奥行約3.7m。屋根は寄棟造(よせむねづくり) で瓦葺きの造り。

アップでみると、だいぶ使い込まれた感があります。 補修した方が良さそうだが。。。

岩槻城址公園 岩槻城裏門

黒門から少し離れた場所に、城の裏門と伝えられる城門が残っています。こちらも城内での位置は不明。

間口約3m・奥行約2m、向かって門扉左に戸が設置されています。

岩槻城址公園 岩槻城裏門
江戸時代後期の明和7年(1770年)に当時の岩槻城主・大岡氏の家臣・武藤弥太夫らを奉行として改修されました。

また、文政6年(1823年)には、板谷官治らを奉行として修理されました。

それらは本柱の墨書銘により分かったそうで、建築年代の明確な遺構として貴重

廃城後は民間で大切に保存されていたそうです。よかった、よかった。

岩槻城黒門・岩槻城裏門
住所:埼玉県さいたま市岩槻区太田3丁目4(岩槻城址公園内)(GoogleMapで開く

「堀障子」 後北条氏の痕跡

岩槻城址公園

岩槻城址公園は、旧岩槻城の「新曲輪(しんぐるわ)」「鍛冶曲輪(かじぐるわ)」というエリアにあたります。

城址公園には曲輪を取り囲む空堀や土塁などの遺構が良好に残されている、とありました。なるほど、このあたり菖蒲池南側の遊歩道周囲は、土塁の跡っぽいですね。

※曲輪(くるわ):城の内外を土塁・石垣・堀などで区画した区域の名称のこと。

岩槻城址公園

案内板によると、写真の遊歩道では新曲輪と鍛冶曲輪との間の「堀障子」といわれる空堀(からぼり)跡が見つかっているそうだ。空堀は水の無い堀のことです。

説明によると。。。

調査の結果掘底まで3m程度埋まっており、掘底には堀障子があることを確認。

堀障子は堀に設けられた障害物のことで、後北条氏特有の築城技術とみられている。

それにより、戦国時代に後北条氏によって作られたことが判明した。

ということだ。

堀障子の跡が公開されたりすると、公園の歴史的な価値が上がると思うのですが。。。難しいのかなあ。

憩いの場としての城址公園

岩槻城址公園

岩槻城址公園は、広々した緑地公園として市民の憩いの場となっています。

城址公園内には芝生が広がる「ピクニック広場」、遊具のある「わんぱく広場」、「ロマンスカー展示広場」などがあります。

また、野球場やテニスコートなどのスポーツ施設が併設されてます。

岩槻城址公園

菖蒲池にかかる「八ツ橋」は、アクセントとして公園のトレードマークとなってます。

旧岩槻城と直接関連した建築物ではなく。。。雰囲気ですね。

基本情報・アクセス

岩槻城址公園
住所:埼玉県さいたま市岩槻区太田3-4 (GoogleMapで開く) ※住所・Mapは岩槻城城門に近い第一駐車場のもの
入園:24時間可、入場無料
アクセス:
電車)
・東武アーバンパークライン(野田線)「岩槻駅」より徒歩23分(1.8km)
・月曜日から金曜日のみコミュニティバスの運行アリ(岩槻区コミュニティバスルートガイド
車)
・東北自動車道「岩槻IC」から約10分
・駐車場:約300台(無料)

『本丸跡・三ノ丸跡』 街中の城痕跡

さてさて、旧岩槻城の中心部は城址公園内には無いことがわかりました。

今度は街中に城郭の痕跡を探しに出かけました。

岩槻城址 本丸跡

こちら、県道2号線線沿いの足利銀行岩槻支店の敷地内に、本丸跡碑を発見!

史跡の碑を置いて頂ける企業や個人がいらっしゃるのは、ありがたい!こういう痕跡が無くなると、歴史の記憶自体もはかなく消えますから。

岩槻城址 本丸跡

説明板に本丸の形状に関する記載があります。

ほぼ正方形に外周を高さ6m前後の土塁が取り囲み、南西・南東両隅と南辺に張り出した桝形(ますがた)の三か所に櫓(やぐら)を配置。

さらに桝形に開いた出入り口には、二階建ての櫓門が設けられていました。

桝の様な四角い空間の一ヶ所に小さい入口を造り、抜けてきた敵を取り囲んで狙い撃ち。枡形は、そのような防御を行う為の出入り口の形状のことです。

岩槻城本丸跡
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本丸3-19-20(GoogleMapで開く
岩槻城址 三ノ丸跡

本丸跡からほど近い消防署の前の「三ノ丸跡碑」。この辺りが城の中心部だったあたりですね。

何とか痕跡が残っておりました。

岩槻 久伊豆神社

三ノ丸跡碑から北に向かうと、岩槻総鎮守「久伊豆神社」があります。写真だと遠方に見える森のあたりですね。

ところで、岩槻城城下町絵図によると、三ノ丸と久伊豆神社の間には沼がありました。

道の先にやけに窪んだ場所が見えます。もしかすると、当時の沼の名残の地形かもしれませんね。

岩槻城三ノ丸跡石碑
住所:埼玉県さいたま市岩槻区太田1-2-11(GoogleMapで開く

『久伊豆神社』 徳川家康も祈願した鎮守

岩槻 久伊豆神社

岩槻城址公園からは約1km程の場所にある、岩槻の総鎮守「久伊豆(ひさいず)神社」に来ました。

久伊豆神社は、岩槻城築城の際に城の鎮守として建てられた神社。境内は城跡の一部となっていました。

岩槻 久伊豆神社 新正寺曲輪

鳥居の向かいには、「新正寺曲輪 (しんしょうじくるわ) 」の標柱があります。

この辺りが城郭の一部だったことを示す碑ですね。新正寺自体は現存しません。

岩槻 久伊豆神社

久伊豆神社は江戸時代の歴代城主の信仰も厚く、徳川家康も祈願した神社といわれます。

「久伊豆神社」の詳しい紹介レポートはこちらへ

『愛宕神社』 大構の土塁跡

岩槻城 愛宕神社 大構

岩槻城は城と城下町を囲むように、土塁と堀で大構と呼ばれる外郭がありました。

大構の土塁はほぼ残っていませんが、こちらの愛宕神社には一部その貴重な土塁跡が残っています

岩槻城 愛宕神社 大構

土塁の頂上に神社が建っている、ということで撤去が行われなかった様です。神のお力ですな。

愛宕神社の創設に関する詳細は不明ですが、江戸時代初期には記録があるそうです。市の文化財に指定されています。

岩槻 大工町

愛宕神社の参道入口には「大工町」の標柱があります。城下町時代の町屋の痕跡ですね。

このあたりは、かつては岩槻城の増改築を行った職人が多く住んでいた、というのが呼び名の由来だそうです。

小さなお地蔵さんが可愛らしい。

愛宕神社
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町3-21-25(GoogleMapで開く

『裏小路と岩槻藩遷喬館』

「裏小路」 昔の武家屋敷

岩槻城 武家屋敷

岩槻人形博物館の裏手に、城下町らしい門構えを模した「裏小路公園」がありました。

元はさいたま市合併前の、岩槻市役所の一部だった場所らしい。更に以前は旧岩槻町町長・秋葉邸の跡地らしい。

岩槻城 武家屋敷

地図には江戸時代の通りの名称が書かれており、辿って歩くと楽しそうだねえ。

この一帯は昔は武家屋敷で、町人の住む城下町とは区別されてたそう。両者の境には木戸まであったようですよ。

ここ、裏小路(こうじ)は大手門に繋がる小路だったそうです。

岩槻城 武家屋敷

先程の大工町と比べると、道幅が広くゆったりした感じの町並みです。

岩槻城 武家屋敷
岩槻区内には、岩槻城下町としての歴史と伝統を残すための、石の標柱「城のまちの標柱」が24か所に、手作りの「旧通り名のプレート」が27か所に設置されているそうです。

これ、楽しいじゃないですか!お散歩マップもあるのかな?もっと力入れてアピールして欲しいなあ。。。

「岩槻藩遷喬館」 県内唯一の現存藩校

岩槻城 岩槻藩遷喬館

そして、裏小路の一角に「岩槻藩遷喬館(せんきょうかん)」があります。

岩槻藩遷喬館は江戸時代後期の寛政11年(1799年)に、岩槻藩の儒者・児玉南柯(こだまなんか)が開いた私塾。

後に藩校となり、岩槻藩の武士の子弟が勉学や武芸の稽古に励んだ場所だそうです。

埼玉県内では唯一現存する藩校の建物で、埼玉県指定の史跡です。
岩槻城 岩槻藩遷喬館

建物の中は綺麗で広々とした立派な日本家屋。

木造家屋は柱や梁などがしっかり残っていれば、綺麗に復元できるんだなと感心します。手間とお金は掛かるんでしょうけどね。

岩槻城 岩槻藩遷喬館

藁ぶきの屋根が当時の雰囲気を思わせます。

ちなみに。。。、史跡の係員さんはやはり歴史好きな方も多く(最近そう感じる)、岩槻城にまつわるお話も色々お聞きできました。

岩槻藩遷喬館
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町4-8-9(GoogleMapで開く
開館時間:9時~16時30分
休館日:月曜日(休日を除く)、休日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)、その他特別整理期間・臨時休館日
入館料:無料
アクセス:
電車)東武アーバンパークライン(野田線)「岩槻駅」東口より徒歩10分、岩槻本町公民館向かい
車)駐車場施設は無いので注意

『時の鐘』今も時を告げる

岩槻城 時の鐘

裏小路を北に進むと、城下町に時を知らせるために設置された鐘楼「時の鐘」があります。

鐘は江戸時代中期の享保5年(1720年)に鋳造された銅鐘です。

この場所は武家屋敷の外れで、城の正面口「大手門」からほど近い場所でした。

岩槻城 時の鐘

「時の鐘」といえば川越のが有名で、岩槻の時の鐘ってあまり知られてないのでは?

でもこの岩槻の時の鐘、凄いんですよ!

現在でも6時・正午・18時の3回に鳴らされる現役の鐘なんです!

江戸時代の岩槻城内に響いた鐘の音色が、時を越えた今も毎日響いているなんて。。。歴史のロマンを感じませんか!!

時の鐘
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町6-2-229(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)東武アーバンパークライン(野田線)「岩槻駅」より徒歩10分
車)駐車場施設は無いので注意

『岩槻城 御城印』記念にいかが?

岩槻城 御城印
城下町岩槻を歩いた記念に、岩槻城「御城印」を購入しました。岩槻人形博物館前の太田道灌公の像の前でパチリ。

現在、岩槻区内の2ヶ所で販売されており、1枚300円ナリ。なお購入した際、限定武将印「太田資正公 武将印」というのも置いてありました。

岩槻城 御城印販売場所
水野書店
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町4丁目2−10(GoogleMapで開く
営業時間:10時~20時、休日:第2・第4日曜

田中屋本店
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町2丁目2−43(GoogleMapで開く
時間:9時~18時30分、休日:月曜、不定期の火曜休みあり

販売場所の最新情報は岩槻情報サイト「キラリいわつき」でチェック願います。

岩槻城 城郭巡りマップ

本丸跡周辺を訪ねる際は「岩槻本丸公民館」を、愛宕神社や岩槻藩遷喬館や時の鐘を訪問する際は「にぎわい交流館」(岩槻人形博物館隣接)を、それぞれ起点に歩くと良いと思います。

車の駐車も可。

目指せ!全国制覇 御城印ガイド お城版“御朱印”をもらおう! [ 萩原さちこ ]

価格:1,870円
(2022/10/10 16:00時点)

城下町歩きにでかけてみませんか?

岩槻城

岩槻城の城郭を巡る街歩きはいかがでしたか?

岩槻城址公園には城の櫓などを復元した建物や石垣もないので、自分的にあまり盛り上がらないかな?と正直思っていたのですが(苦笑)。

城郭の全体をイメージしながら街歩きを始めると。。。これがまた楽しい!

まだ巡り足りない感がありますので、また次回、機会があれば”歴史の街・岩槻の街”を歩いてみたいと思います。

皆さんも城下町岩槻を歩いてみませんか?


たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/7/4】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県さいたま市「岩槻人形博物館」

埼玉県さいたま市「久伊豆神社」

埼玉県さいたま市「氷川三社 訪問ガイド」

埼玉県さいたま市「氷川女体神社」

埼玉の城跡歩き

Pocket