【最新記事:2022.12.1】秋の「旧古河庭園」、バラと紅葉を一緒に楽しむ贅沢【東京・北区】

「渋沢平九郎自決の地」を巡る!渋沢栄一の見立養子だった若き兵士【埼玉・越生町】

「渋沢平九郎自決の地」を巡る!渋沢栄一の見立養子だった若き兵士【埼玉・越生町】

幕末の若き兵士「渋沢平九郎」は旧江戸幕府軍の兵として戦い、現在の埼玉県越生(おごせ)町で壮絶な最期を迎えました。

平九郎は渋沢栄一の義弟かつ養子として知られ、栄一を主人公にした大河ドラマに登場する人物としても知られる様になっていますね。

渋沢平九郎の最期の足取りを追いつつ、終焉の地・越生の関連スポットを巡って紹介します。

『越生町と渋沢平九郎』

越生町と渋沢平九郎について

埼玉県越生町 渋沢平九郎終焉の地

埼玉県越生町は武将・太田道灌生誕の地と言われています。越生駅前にも太田道灌の銅像がどーんと建ってますよ。

越生駅には令和3年に新しい総合案内所が併設されており、こちらも「道灌おもてなしプラザ」という名称が付いています。

埼玉県越生町 渋沢平九郎終焉の地

そんな太田道灌推しの越生町ですが。。。2021年放送の渋沢栄一を主人公にしたNHK大河ドラマ「青天を衝け(せいてんをつけ)」に登場する、若き兵士・渋沢平九郎の終焉の地としても鋭意売り出し中となっています。

訪問時も、プラザ内のギャラリースペースで「渋沢平九郎展」が開催されていました。

平九郎は”イケメン侍”として語られることが多いですが、写真を見ると。。。なるほど、確かに端正でキリッとした顔立ちのイイ男ですな!

本日はこの渋沢平九郎の関連スポットを巡って紹介してゆきます。

渋沢平九郎の人物概略

埼玉県越生町 渋沢平九郎終焉の地

まずは、享年20歳の若さでこの世を去った渋沢平九郎(1847年-1868年)の概略紹介です。

  • 江戸時代の弘化4年(1847年): 現在の埼玉県深谷市下手計(しもてばか)の尾高(おだか)家に出生。
    ・渋沢栄一とはいとこの関係、後に姉・千代と栄一の結婚により義弟の関係になる。
  • 慶応3年(1867年): パリ万博で渡欧する栄一の見立養子(跡継ぎ)となる
    ・栄一とは義弟かつ養子という間柄になる。これは渡欧中に不測の事態が起きても、幕臣としての家系が途絶えぬ様に跡継ぎを届け出する決まりによるもの。
    ・平九郎の江戸での幕臣生活が始まる。直後、幕府の大政奉還で天皇へ政権が返上される。
    ・それを機に明治天皇側の新政府軍と、旧幕府側の旧政府軍が戦う戊辰戦争が各地で勃発。平九郎も旧幕府側として渦中の人となる。
  • 慶応4年(1868年)5月23日: 旧政府軍と新政府軍との間に「飯能戦争」が勃発。
    ・平九郎は従兄・渋沢成一郎を隊長とする旧政府軍側の振武軍(しんぶぐん)に参軍、実兄・尾高惇忠(おだかあつただ)とともに新政府軍と戦う。
    ・振武軍500名に対し、2000名とも3000名ともいわれる新政府軍が制圧に掛かる。兵数と装備による力差の前に、旧幕府軍は半日で敗退した。

享年22歳の若さでこの世を去っています。飯能戦争敗退後の平九郎の足取りを、関連スポットを周りながらたどってゆきましょう。

 飯能戦争の旧幕府軍の本陣となった「能仁寺」は、以下の記事で紹介しています。

渋沢平九郎自決の地

埼玉県越生町「渋沢平九郎自決の地」

最初に紹介するスポットは「渋沢平九郎自決の地」です。

名所「黒山三滝」にも程近く、山沿いの県道脇にポツンと碑があります。意識せず車で走っていたら、通り過ぎてしまいそうな静かな場所ですねー。

埼玉県越生町「渋沢平九郎自決の地」

平九郎は飯能で敗退した後、同軍の惇忠らともはぐれ標高500mの顔振峠(かあぶりとうげ)を越えて、単身でこの黒山村へ逃れてきました

ちなみに顔振峠の名は、鎌倉時代に源義経が歩いた際、美しい景観に何度も振り返ったことからその名がついたそうです。

平九郎は道中目立たない様にと、峠の茶屋で女主人に太刀を預けています。後にこの太刀は渋沢栄一の元に戻ることになります。

陣を敷いていた飯能の能仁寺からは、山道を含んで大体50kmくらいの距離。時間的には10時間程度を要すのではないかなあ。

埼玉県越生町「渋沢平九郎自決の地」

苦労して峠越えをした平九郎でしたが。。。、残念ながらここで新政府方の斥候3名と遭遇してしまいます。

敗残兵と見破られた平九郎は小刀で1名を切り伏せ、残り2名とも渡り合ったが右肩を負傷。そして銃弾で太股を貫かれてしまいます。

埼玉県越生町「渋沢平九郎自決の地」

負傷した平九郎は抵抗むなしい状況を悟り、道端のこの岩に座して自決しました。享年22歳(満20歳)という若さでした。

自刃した岩の前の砂利は写真の通り今でも血に染まっており。。。、すいません、それはウソです。そんな雰囲気を醸し出す赤い小石が敷かれている様です。

争いの様子が妙に詳細に残っていて、んっ?と思いましたが、実はここで負傷した斥候側の治療をした医者が状況の聴き取りしてたんですね。様子は絵でも残されていました。

斥候が遭遇した時点で兵士の身元を知る由はありませんでしたが、後にそれらが兵士が渋沢平九郎であったことを示す重要な情報元となりました。

埼玉県越生町「渋沢平九郎自決の地」

自刀した岩の脇には、岩に傘を差し出す様に枝を広げている1本の樹木があります。

これは「平九郎ぐみ」と呼ばれ、平九郎の血の色を宿す実を付ける、と案内板に記されています。合掌。

渋沢平九郎自決の地
住所:埼玉県入間郡越生町黒山(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)JR八高線・東武越生線「越生駅」西口より、川越観光バス黒山行き「黒山」下車、徒歩5分
車)関越道「坂戸西IC(スマートインター)」から約35分、「鶴ヶ島IC」から約45分

『全洞院』 渋沢栄一命の墓石

埼玉県越生町「全洞院・渋沢平九郎の墓」

次に自決の地から400m程離れた「全洞院(ぜんとういん)」を訪問します。越辺川(おっぺがわ)沿いにあります。

自決した後はむごい話なんだが。。。首をハネられ、ハネられた首は越生今市(現・越生町の市街地)に持って行かれ高札場にさらされたそうだ。厳しいなあ。

首を失った骸は哀れに思った黒山の村人の手により、こちらの全洞院に運ばれ葬られました。
埼玉県越生町「全洞院・渋沢平九郎の墓」

全洞院は龍穏寺(りゅうおんじ)の末寺です。

龍穏寺は太田道灌と道灌の父・道真の墓があるなど、見どころの多い寺院。ここからは約4km程の場所にあるので、行かれた際は立ち寄りをオススメします。

埼玉県越生町「全洞院・渋沢平九郎の墓」

墓の案内柱に沿って進みます。

埼玉県越生町「全洞院・渋沢平九郎の墓」

一番奥手のひっそりとした場所に、平九郎の墓石がありました。

埼玉県越生町「全洞院・渋沢平九郎の墓」

こちらの墓石は渋沢栄一の命によって建てられたものです。

平九郎の骸は明治7年(1874年)、後述の法恩寺に埋葬されていた首とともに、東京谷中の渋沢家墓地に改葬されています。

最後はきちんとした形で弔われて何よりですね!

埼玉県越生町「全洞院・渋沢平九郎の墓」

渋沢栄一は全洞院に2度来訪しています。

1度目は明治32年(1899年)、平九郎の兄・尾高惇忠と共に飯能の能仁寺と平九郎自決の地を訪問した後、全洞院で法要を行いました。

その後の明治45年(1912年)に再訪しています。

全洞院
住所:埼玉県入間郡越生町黒山674(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)・JR八高線・東武越生線「越生駅」西口より、川越観光バス黒山行き「黒山」下車、徒歩5分
車)・関越道「坂戸西IC(スマートインター)」から約35分、「鶴ヶ島IC」から約45分

『法恩寺』 埋首の碑

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

高札場でさらされた首の部分は、越生今市宿の民によりひそかに近隣の「法恩寺」に持ち込まれ埋葬されました

法恩寺は越生駅から歩いて1~2分の場所にあります。

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

法恩寺は、天平10年(738年)頃、行基によって創建されたとされる真言宗の寺院です。

明治時代に火災にあってますが、こちらの中門は江戸時代の正徳元年(1711年)の建立で、越生町では最古の木造建築物だそうです!

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

こちらの鐘楼も古く、享保6年(1721年)の貴重な木造建築物となります。

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

まずは本堂でご挨拶をします。

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

「渋沢平九郎埋首の碑」は墓地に入る手前の、階段の脇にありました。

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

こちらが埋首の碑。昭和39年に建てられたものの様です。再び合掌。

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

本堂の前に「四国八十八霊場御砂場」というものがありました。

足形の下には、四国八十八ヶ所各霊場の本堂前から拝領した石が納められているとのこと。合掌して踏めば八十八ヶ所各霊場を一度にお参りしたのと同じ功徳がある、と書いてあります。

これを踏んでありがたく八十八ヶ所の功徳を頂いたところで、本日の渋沢平九郎の終焉スポット巡りを終了します。

法恩寺公式ページ
住所:埼玉県入間郡越生町越生704(GoogleMapで開く
アクセス:
電車)JR八高線・東武越生線「越生駅」より徒歩1分
自動車)関越自動車道「坂戸西スマートIC」から約7km、「鶴ヶ島IC」から約9km

「越生町インフォメーションセンター」 名物は梅

埼玉県越生町「越生町インフォメーションセンター」

本日はちっと物悲しいスポット巡りになりましたね。気分を変えて、帰りに駅前の「越生町観光案内所」で地元のお土産を買って行きましょう!

越生は「越生梅林」が看板の観光スポットになります。名物の梅にちなんだマスコットキャラクター”うめりん”印のお菓子を購入。

写真は、越生産梅肉ペースト入りのあんこで餅を包んだあんころ餅です。甘さを抑えた、さわやかな梅の風味が特長の人気商品です!

埼玉県越生町「越生町インフォメーションセンター」

こちらではコーヒーや軽食を頼むこともできます。行かれたら観光パンフをもらいがてら立ち寄ってみましょう。

渋沢平九郎の終焉スポット マップ

本日訪問した渋沢平九郎の終焉スポット3ヶ所のマップです。

でかけてみませんか?

埼玉県越生町「法恩寺・渋沢平九郎埋首の碑」

短い人生となってしまった渋沢平九郎の終焉の地を巡ってみましたが、いかがでしたか?

江戸幕府の終焉において江戸城は無血開城されたと言われますが、その裏側の時代のはざまにおいては流血があったことを改めて感じました。

それと。。。、平九郎と一緒に参戦した兄・尾高惇忠は戦い後も生きながらえて、日本初の官営模範工場・富岡製糸場の初代工場長になるなど経済界で活躍しました。平九郎も生き延びていればきっと明治時代に活躍していただろうに。。。、と思うと残念ですね。

ちょっと物悲しいスポット巡りになりましたが、太田道灌ゆかりのスポットなどと併せて、歴史の物語を巡りに越生町へ出かけてみませんか?

青天を衝け 一(1) [ 大森 美香 ]

価格:1,540円
(2022/3/1 08:24時点)
感想(1件)

大河ドラマ「青天を衝け」を小説で振り返ってみるのも楽しいですね!
たまには、少しリッチなお取り寄せを楽しみませんか?

【記事の訪問日:2021/10/10】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県越生町「太田道灌生誕の地」

埼玉県越生町「黒山三滝」

埼玉県行田市「歴史散策スポット 総ガイド」

Pocket