【最新記事:2021.4.15】日高市「高麗神社」は異文化感じる神社、”出世明神”として著名人も多数参拝【埼玉県】

人気No.1!「伏見稲荷大社」と、絶景紅葉スポット「東福寺」をハシゴしよう【京都】

人気No.1!「伏見稲荷大社」と、絶景紅葉スポット「東福寺」をハシゴしよう【京都】
伏見稲荷大社

観光地として大人気の「伏見稲荷大社」と、これぞ京都の紅葉スポット!と言える紅葉の名所「東福寺」の人気の理由と見どころをご紹介します。 京都市の南側に位置している「伏見稲荷大社」と「東福寺」はJR京都駅からもアクセスが良い場所で、両者は場所が近いので合わせての訪問もしやすいです。

「伏見稲荷大社」稲荷大社の由来と、人気の理由を探る

「伏見稲荷大社」は外国人の観光客が訪れるスポットの中でも人気No.1 を誇ります!伏見稲荷大社の由来を紹介しつつ、人気の理由も探ってみます。

全国の稲荷大社の総本宮、稲荷神社って?

全国各地に約3万社の「お稲荷さん」と呼ばれる神社がありますが、その稲荷神社の総本宮が「伏見稲荷大社」となります。
起源ですが、伏見稲荷大社の御祭神である稲荷大神様がこの稲荷山に御鎮座されたのは、奈良時代の711年(和銅4年)で、ご祭神は稲荷大神が神名化された田中社・四大神の五社が本殿に奉祀されています。
下記は稲荷大社の起源の言い伝えです。

山城国風土記」の逸文に《秦中家ノ忌寸等の遠祖、伊呂具秦公の的にして射た餅が白鳥と化して飛び翔けり、その留った山の峰に“稲”が生じた奇瑞によって、イナリという社名になった》とあるのが稲荷大社の起源とされます。

出典:伏見稲荷大社 公式ページ

お稲荷様とは、その名に稲が入っている通り「稲が生る=いなり」から来ており稲の豊作にご利益があると崇敬され五穀豊穣の神様でしたが、その後、商売繁盛や家内安全の神様などとしても信仰対象が広がり、後に身近な神様「お稲荷さん」と親しまれる様になっています。

豊臣秀吉が造営したと言われる大規模な「楼門」

楼門
楼門

本殿がある敷地に入る時にくぐる楼門です。
これは豊臣秀吉が母大政所(おおまんどころ)の病気治癒を祈願して天正17年(1589年)に造営されたのもと言われます。また、秀吉の祈願が成就すれば一万石奉加する、と記した“命乞いの願文”がこの大社に伝来しています。
神頼みをしたという秀吉の人間臭い一面が感じられる逸話ですよね?
伏見稲荷大社の楼門は規模としては最も大きいものに属します。
※楼門とは2階建ての門で、一階部分に屋根を持たない門の総称

稲荷大社といえばお狐様ですが。。。

桜門脇に鎮座するお狐様
桜門脇に鎮座するお狐様

狐は神様の使者とされます。
狐は農事が始まる春先から秋の収穫期にかけて里に降りて姿を現して、収穫が終わる頃に山へ戻っていくため農耕を見守る神様の様に考えられていたからという説などがあります。(諸説ある様です。)

伏見稲荷大社の楼門の左右にお狐様が鎮座していますが、左のお狐様は鍵を、右のお狐様宝球をくわえています。 鍵は蔵の鍵を意味して富貴・豊穣の成就を表し、宝珠は諸願成就の象徴だそうです。
全国にある稲荷大社の狐の像も何かくわえていることが多いらしく、上記の他に、稲束をくわえている場合は五穀豊穣の成就、巻物の場合は仏教の経典を表すなどの意味があるそうです。
その点を気にしてお狐様を見て行くと、稲荷神社を訪れる楽しみが増えるかもしれませんね。

「千本鳥居」は実は約1万本あります!

千本鳥居
千本鳥居
千本鳥居

この鳥居自体は比較的新しい時代の物で、信者の奉納によって作られたものです。一個21万円から奉納できるみたいですので、おひとついかが?
「千本鳥居」という呼び名ですが、現在は約1万本の本数があり稲荷山の上の方まで鳥居が続いている様は凄いですね。やはりこれは唯一無二のエキセントリックな景観。
人気スポットゆえ、鳥居の中が人混みで渋滞しているのはちょっと苦笑いしてしまいます。

千本鳥居
千本鳥居

外国人観光客の人気の理由

伏見稲荷大社が外国人観光客の人気No.1であるのは、次の様な理由が挙げられます。
・朱色の鳥居が千本もあり、日本らしい独特の神秘的な景観が楽しめる
・京都駅からも最寄りの駅からも近くアクセスが容易
・時間を気にせず入場でき訪問日時の調整がしやすい(24時間見学可)
・入場料が無料
・2005年のアメリカ映画「SAYURI」の影響。

最後の映画「SAYURI」は2005年のアメリカ映画で、アメリカ人作家のアーサー・ゴールデン(英語版)による小説『さゆり』を映画化した作品。
第二次世界大戦前後にかけて京都の祇園で活躍した芸者の話で、伏見稲荷大社の千本鳥居をロケ地に使った印象的なシーンがあります。この作品は第78回アカデミー賞で6部門ノミネートされ、3部門で受賞しました。

[伏見稲荷神社の基本情報・アクセス]

大社マップ(出典:伏見稲荷大社 公式ページ
伏見稲荷大社(公式ホームページ: http://inari.jp/
住所:京都市伏見区深草薮之内町68番地 (GoogleMapで開く
拝観料:無料
アクセス:
電車)
・JR奈良線 稲荷駅下車 徒歩直ぐ (京都駅より5分)
・京阪本線 伏見稲荷駅下車、東へ徒歩5分
バス)
・市バス:南5系統 稲荷大社前下車、東へ徒歩7分

「東福寺」京都でも屈指の紅葉の名所を楽しむ

東福寺は25か寺の山内寺院を有する臨済宗の禅寺の大寺院で、紅葉の名所として有名なお寺です。
東福寺は伏見稲荷大社からも比較的近い場所に在り、伏見稲荷大社とセットでの訪問もお勧めです。
訪問した際は紅葉のベストシーズンということも、訪問客の数が半端無いですが、焦らず人の流れに任せて進んで行きます。

境内の渓谷や橋が立体感のある景観を演出

通天橋を見上げる
通天橋を見上げる
方丈
方丈
通天橋から渓谷を眺める
通天橋から渓谷を眺める

境内を東西に横切るように「洗玉澗(せんぎょくかん)」という渓谷があり一筋の川が流れています。
川に掛かる橋が3つあり、その中でも本堂近辺から開山堂へと延びる「通天橋」から渓谷を眺めるのが最大の紅葉絶景ポイントになります。
渓谷や橋が織りなす高低差のある立体的な紅葉景色を楽しめるのが、東福寺の最大の魅力です。紅葉の絨毯の様な景色は素晴らしかったです。

通天橋から渓谷を眺める

濃い色と淡い色のグラデーションがとても綺麗。ずっと眺めていたい美しさです。

「開山堂」で名園を楽しむ

開山堂の庭園
開山堂の庭園
開山堂
開山堂

通天橋からつながる開山堂の庭園は江戸時代中期の名園です。(この人の列も見て頂きたい。。。)
境内には国指定の名称「東福寺本坊庭園」もありますのでそちらもお勧めです。

[東福寺の基本情報・アクセス]

東福寺境内と周辺地図(出典:東福寺 公式ページ
東福寺(公式ホームページ:http://www.tofukuji.jp/index.html
住所: 京都府京都市東山区本町15丁目778 (GoogleMapで開く
電車)
・JR・市営地下鉄:JR奈良線東福寺駅下車、徒歩10分
・京阪電車:京阪東福寺駅下車、徒歩10分
・京阪電車:京阪鳥羽街道駅下車、徒歩8分
バス)
・京都駅:京都市バス(88/208系統)で東福寺バス停下車(約15分)、徒歩4分
・四条河原町:京都市バス(207系統)で東福寺バス停下車(約19分)、徒歩4分
・東山三条:京都市バス(202系統)で東福寺バス停下車(約18分)、徒歩4分
・祇園:京都市バス(202/207系統)で東福寺バス停下車(約14分)、徒歩4分

拝観時間:
4月~10月末:9:00~16:00(拝観受付終了は16:00、16:30閉門)
11月~12月第一日曜日まで:8:30~16:00(拝観受付終了は16:00、16:30閉門)
12月第一日曜日~3月末:9:00~15:30(拝観受付終了は15:30、16:00閉門)

拝観料:
通常期)*下記の秋季期間以外 [通天橋・開山堂] 大人:600円/小人:300円
[東福寺本坊庭園(方丈)] 大人:500円/小人:300円
[東福寺本坊庭園(方丈)・通天橋・開山堂(共通拝観券)] 大人:1,000円/小人:500円

秋季拝観料)*11月10〜30日
[通天橋・開山堂] 大人:1,000円/小人:300円
[東福寺本坊庭園(方丈)] 大人:500円/小人:300円
[東福寺本坊庭園(方丈)・通天橋・開山堂(共通拝観券)] 設定なし

※小人:小中学生

出かけてみませんか?

伏見稲荷大社の魅力と、東福寺の紅葉の素晴らしさが伝わりましたでしょうか?
参考にして頂き京都の豊かな季節感を味わいに 是非出かけてみて下さい。

【記事の訪問日:2018/11/23】
Pocket

社寺カテゴリの最新記事