【最新記事:2023.2.6】「水戸城跡」の巨大空堀は凄いぞ!大手門・櫓が復元され見どころ多い【茨城・水戸市】

岩槻人形博物館&ヨーロッパ野菜カフェで、ゆるやかな週末を!【埼玉・さいたま市】

岩槻人形博物館&ヨーロッパ野菜カフェで、ゆるやかな週末を!【埼玉・さいたま市】
岩槻人形博物館

埼玉県さいたま市の人形の町・岩槻の「岩槻人形博物館」は、日本初の人形専門の公立博物館です。

開放的な造りで、気軽に見学できる感じの施設。
内容も人形に特別興味無くても、結構興味深く見れますよ!

見学後は同じ敷地内のカフェで、珍しいヨーロッパ野菜を使うランチも楽しめます。

博物館で文化的に過ごし、ヘルシーなランチをカフェで楽しむ、そんなゆるやかな週末はいかが?

「城下町・岩槻と人形について」 太田道灌ゆかりの町

岩槻人形博物館
太田道灌像

博物館の敷地内には、かつて岩槻城を築城したとしてゆかりのある武将、太田道灌(どうかん) の像があります。

太田道灌は室町時代後期に活躍し、最初に江戸城を築城したことでも知られる武将です。

今回紹介する埼玉県のさいたま市岩槻は、人形の町として良く知られています。
その人形の町の歴史も、実は城下町だったことと深く関わっているらしいんですよ。

江戸時代、岩槻は岩槻城の城下町として、また日光御成街道の宿場町として栄えました。

そこに宮大工らが流入して住むようになり人形作りを始めた、というのが人形の町として発展する背景だったと言われます。

『岩槻人形博物館』を見学

岩槻人形博物館とは

岩槻人形博物館

そんな人形の町に2020年、「岩槻人形博物館」が開館しました。
元々の岩槻区役所の跡地に建てられた施設です。

地元悲願であった博物館は、全国的に見ても日本初の人形専門の公立博物館で貴重な存在となります。

岩槻人形博物館

博物館の建物は和を基調としたテイストですが、ガラス張りの開放的でモダンな建物ですね。
自然光がたっぷり入る開放的な造りは好印象!

「常設展・埼玉の人形作り」

岩槻人形博物館

博物館の展示施設は、常設展と特別企画展からなる、2か所の部屋で構成されてます。
訪問時は新型コロナの影響で特別企画展は延期中で、残念ながら開催されていませんでした。

では、常設展示の様子を紹介してゆきますね。

「埼玉の人形作りコーナー」は、人形の製造過程の紹介から始まります。

岩槻人形博物館
岩槻は高度成長期の頃に人形の産地としての最盛期を迎え、当時は300軒近い工房と問屋が軒を並べていたそうです。
凄い数だ。

パーツは分業により生産されました。
そして、問屋がそれを仕入れた後、組み上げて商品仕立てをして販売する、という流通だったそう。

商品企画なども問屋がコントロールするそうです。

岩槻人形博物館
専門の作業道具

なんとなく職人作業というと、一から十まで自社でコツコツ製造して販売するイメージだった。

でも実際は、かなりシステマティックな生産・販売網が組まれていたみたいですねー。

「常設展・日本の人形」 コレクション展示

岩槻人形博物館

こちらでは、博物館所蔵作品の展示がおこなわれています。

その中から、印象的だったものをいくつか紹介。

岩槻人形博物館

江戸時代の雛人形。

18世紀後半に江戸で生まれた「古今雛(こきんびな)」は、現在の雛人形の原形だそうだ。
豪華な衣裳をまとって写実性の高い表現が特徴。

表情はまだのっぺりした感じですね。

岩槻人形博物館

こちらは江戸時代に、歌舞伎などの人気役者を模して作られた「似顔絵人形」。

見ての通り着せ替えが可能で、膝や関節を折って座ったりもできるそうです。
人形の表情も着せ替え衣装も、精巧にできており精密ですねえ~。

裕福な人の娯楽道具だったんでしょうなあ。

岩槻人形博物館

江戸時代の鼓打(つづみうち)の「衣装人形」は、躍動感を感じますね!

この腰つきが、なんともいいね。

岩槻人形博物館

江戸時代の「次郎座衛門頭立雛(かしらたちびな)」と呼ばれる、立雛人形。

雛人形はこういう立ち姿から始まったそうで、ルーツ的な人形として興味深いです。

岩槻人形博物館

雛人形の並べ方に関する変遷も紹介されてました。

江戸時代の雛人形には並べ方は細かい決まりは無く、もっと自由に並べられていたらしい。
昭和に入って昭和天皇即位式や天皇の肖像写真などが参考にされ、現代の並べ方に影響をしている様です。

現在の並べ方は、後の世代により作られた伝統だった、というのは意外ですね。

展示コレクションからは、人形文化の多様性・精巧さの移り変わりについて、興味深く知ることができましたよ。

今後の展示でも、見学者の後いくつものトリビアを持って帰れるような、そんな分かりやすい展示内容を期待したいな。

基本情報・アクセス

岩槻人形博物館公式ページ
住所: 埼玉県さいたま市岩槻区本町6丁目1-1 (GoogleMapで開く
開館時間:午前9時~午後5時
休館日:月曜日(休日の場合は開館)、年末年始(12月28日から1月4日まで)
観覧料:一般 300円、高校生・大学生・65歳以上 150円 ※展覧会により観覧料が異なる場合あり
アクセス:
電車)
・東武アーバンパークライン「岩槻駅」東口下車、正面の大通りを直進、2つ目の信号(岩槻駅入口)を左折、直進約500m右手。徒歩にておよそ10分
車)
・東北自動車道「岩槻IC」より国道16号線を春日部方面へ約3.5㎞進み、城町2丁目の交差点を左折し、信号2つ目を左折すると約1.2㎞先左側が博物館駐車場

『にぎわい交流館いわつき』 ヨロ研カフェでランチ!

岩槻人形博物館

博物館がある敷地内には、「にぎわい交流館いわつき」という施設が併設されています。
こちらは、観光情報発信やレストランなどを要する多目的施設です。

コロナの影響を受けて本日はレストラン以外はクローズでしたが、地域情報発信の場として今後注目したい。

「ヨロ研カフェ」 ヨーロッパ野菜のレストラン

ヨロ研カフェ

にぎわい交流館内にあるカフェレストランが、こちら「ヨロ研カフェ」です。

本日の訪問の楽しみの半分はこちらのカフェでのランチだった、って言ったら怒られちゃうかな(苦笑)。

でも岩槻界隈で、文化的に博物館を楽しんだ後に洒落たカフェランチが楽しめる空間、そういう空間も無かったんでね。どれどれ?て感じですよ。

ヨロ研カフェ

建物は人形博物館同様、ガラス張りでオープンな建物。
中はナチュラルテイストな店内だね。

ヨロ研カフェ

こちらのお店は、埼玉県産のヨーロッパの野菜他、県内の食材にこだわった料理を提供するお店なんですね。

ヨロ研カフェ

「デトックスウォーター」は無料。
ミント、レモングラス、ライム、ディルが材料とあります。

ランチプレートは目にも楽しい

ヨロ研カフェ

こちらは「ヨロ研野菜たっぷりのワンプレート」。
たっぷりの野菜が使われたヘルシーな感じの一皿です。

サラダ、ミネストローネ、パン、豚肉のポルケッタ(=ロースト)。
それに、プチヴェール、ラディッキオ・タルティーボ、ロマネスコという外人の名前みたいな(笑)、数種類のヨーロッパ野菜のソテーが添えらています。

プチヴェールはキャベツの仲間で、ラディッキオ・タルティーボはキク科の野菜。
ロマネスコはブロッコリーとカリフラワーが掛けあわさった野菜だとか。

ヨロ研カフェ

こちらは旬の野菜を使った「本日のランチパスタ」。

ヨーロッパ野菜のロマネスコは面白い形だな。
ブロッコローより柔らかい食感で、食べやすいかも。

あっさりしたトマトソースベースのパスタで、美味しかったです。

ジェラートも変わり種多し!

ヨロ研カフェ

変わり種のジェラートが販売されており、ついついデザートまで。
選んだのは「酒粕&バナナチョコチップ」と「カッサータ(リコッタチーズのアイスケーキ)」。

「酒粕&バナナチョコチップ」 は、バナナ感がリアルで半端ない。
素材の風味が素直に出ていて美味しいのだ。

他にも珍しい感じの種類があるので、次回も色々試してみたい。

店内でヨーロッパ野菜販売

ヨロ研カフェ

店内のショップには地元のおみやげ物の他、近所のスーパーでは見かけないヨーロッパ野菜の販売もありました。

ヨロ研カフェ

このカフェの運営会社は、そもそもはイタリア料理店の会社。
生産者や地域と密着して、さいたまの食文化を盛り上げよう!というコンセプトで活動されているそう。

例えば、さいたま市の学校給食でイタリア料理を提供する、な~んて試みなんかもされているようですよ。素敵ですね。

さいたま市や埼玉県の食文化を元気にする、面白い展開を期待したいな。

基本情報

ヨロ研カフェ岩槻店公式ページ
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町6丁目1−2 にぎわい交流館いわつき1F
営業時間:平日:ランチ10:00-14:30、カフェ14:30-17:00(L.O.16:30)、土日祝:ランチ10:00-15:30、カフェ15:30-19:00(L.O.18:00)
定休日:年中無休

にぎわい交流館いわつき公式ページ
住所:埼玉県さいたま市岩槻区本町6丁目1−2(GoogleMapで開く
開館時間:9:00~21:30、休館日:年末年始(12月29日~1月3日)

森のカフェと緑のレストラン 首都圏で出会う、やすらぎの空間 (ぴあMOOK)

価格:1,080円
(2022/9/10 10:18時点)
感想(2件)

写真を見ていると出かけたくなってしまう、素敵なカフェ満載。

出かけてみませんか?

岩槻人形博物館

伝統文化「人形のまち」で知られる岩槻は、少し古臭い街のイメージがあるかもしれません。

でも、岩槻人形博物館とヨロ研カフェが、地域の産業や観光を盛り上げるスポットになってゆくと楽しいなあって思います。

伝統文化に触れて美味しいランチを楽しみつつ、のんびりした週末を過ごしに立ち寄りませんか?


サステナブルにお得な買い物ができるって、いいんじゃない。

【記事の訪問日:2021/2/27】

近隣のスポットもチェック! 【あわせて読みたい】

埼玉県さいたま市「岩槻久伊豆神社」

埼玉県さいたま市「岩槻城址公園ほか歴史散策」

埼玉県さいたま市「大宮盆栽美術館」

埼玉県さいたま市「氷川三社 訪問ガイド」

Pocket